「罪を犯した少女たちは、被害者でもあった」女子少年院のリアル 元レディース総長、ドキュメンタリー映画製作


女子少年院という施設を知っているだろうか。窃盗、詐欺など、何らかの罪を犯し、家庭裁判所から「保護処分」(立ち直るために必要な指導や教育などを受けること)として送致された少女たちが入所する施設である。

この女子少年院を舞台にしたドキュメンタリー映画『記憶』が、共感を呼んでいる。監督したのは、自身も女子少年院で過ごした経験のある中村すえこさん(44歳)で、この作品が初監督となる。

コロナ禍で予定されていた上映会は中止や延期に追い込まれたが、また新たに上映会を始めた。秋からは本格的に始動していく予定だ。

「私は少女たちが更生する映画を作ったのではありません。現実を知ってもらって、みんなの意識を変え、罪を犯した少年、少女たちが立ち直れる社会を作りたい」という中村さんに話を聞いた。(ルポライター・樋田敦子)

「共通項は、加害者になる前に、被害者だったこと」

映画の舞台となったのは、群馬県榛東村にある榛名女子学園。12~19歳までがここで生活し、教科学習や職業訓練を受けている。

映画には、4人の少女が登場する。学園側と本人、家族が取材を許可し、中村さんらは撮影にこぎつけた。覚せい剤、薬物、窃盗、援助交際、美人局と様々な犯罪に手を染めたり、犯罪を犯す恐れがあるとして収容された少女たちだ。

A子(18歳、年齢はいずれも撮影当時):幼少より乳児園や児童養護施設などで育つ。高校受験に失敗し、中学卒業後に寮付きの美容室で働きだしたが、当時付き合っていた恋人と覚せい剤を使用していたのが上司に見つかり、警察に出頭して逮捕された。

B子(19歳):窃盗で逮捕されたが、援助交際や薬物使用などもあった。2歳の子ども児童相談所に保護され、養護施設にいる。

C子(18歳):男性と関係を持った後に、共犯者が「未成年者を買春したことをばらす」と相手を恐喝。C子も恐喝で逮捕された。

D子:家裁の審判決定により、虞犯(ぐはん。罪を犯す恐れがある)として少年院に収容された。パパ活を繰り返し、稼いだお金はホストに貢いだ。そのホストから暴力を受け、あざを発見した母親が警察に相談したのがきっかけだった。

「彼女たちの共通項は、加害者になる前に、被害者だったということです。そう生きたかったのではなく、そう生きるしかなかった子たち。家にも学校にも職場にも社会にも居場所がなかった。

例えば、ある子の母親は生活保護を受けており、躁鬱病の薬を飲んでハイになってしまう。そんな母を見た彼女も、いつしか自分も薬に手を出してしまいました。

一方、高級車を所有しているような裕福な家で育っても、母親が厳しくて何か刺激が欲しいと犯罪に手を染めてしまった子もいました。恵まれているのだけれども、彼女は、生きているという感じが欲しかった、と言いました。私もその気持ちはよくわかるのです」

16歳少年院に入所「大人はこんなにも温かいのか」

かつて中村さんも同じような境遇にあった。物心つくと、商売を始めた両親は、仕事で不在にすることが多かった。中学生になった頃、居酒屋を始めた母親は深夜まで帰ってこなくなった。

母は優しく中村さんを思ってはくれたが、貧困と放任の状態で、家は非行少年のたまり場となり、そこから夜遊びに向かうようになった。不良グループに入り、万引きや窃盗を繰り返し、補導された中村さんを母親は何度も引き取りに来た。

中2でレディースと呼ばれる女子暴走族に入る。卒業後は、高校に進まず、最年少で総長になり特攻服に身を包んで、他の暴走族と殴り合いのけんかに明け暮れた。そのうち、ある傷害事件で相手に大けがを負わせた主犯格として逮捕。16歳少年院に入所している。

入所中にワープロの資格を取り、規則正しい生活で健康的になった。

「頑張れば結果が伴うということに気づき、協調性や達成感を感じることはできました。面会してくれる家族には感謝の気持ちでいっぱいでしたが、少年院では反省しているふりをしていました。頭の中ではレディースのことだけを考えていました」。

それから1年2カ月後、少年院を出ると、中村さんは元いたレディースに戻ろうとした。

ところが、仲間は冷たく言い放った。「あんたは破門。ここに居場所はないよ」。

「最年少で総長になったり、レディー暴走族誌に取り上げられたりしたことで、周囲の嫉妬も大きく、リンチにもあった。疎まれた存在になっていたのです。やっと帰れると思っていたのに、ここにも居場所はないのかと思い、つらかったですね」

居場所を失った中村さんだったが、普通の生活をしようにも、普通の生活の仕方が分からなかった。普通って何、どんな洋服を着て、どんな趣味を持ち、どんな遊びをするのか。普通の友達もいなかった。そのうち自暴自棄になり、覚せい剤に手を出し、半年後に逮捕されてしまった。

拘置中に妊娠が発覚「変わらなきゃ」

しかし、思いがけない展開を迎えた。この逮捕の拘置中に妊娠が発覚したのだ。

面会に来た母親に「命の重さ」を諭され、初めて「変わらなきゃ」と思ったという。家裁の審判は、社会の中で立ち直れるかを家裁調査官が見守るという試験観察処分になった。大人たちみんなが、私を信じてくれたという強い思いは、中村さんの強い原動力になり、中絶して一から出直しを図った。

少年院を出た少女の行く手は、そう甘いものではなかった。

少年院出身というレッテルを貼られた者を社会が受け入れてくれない現実に直面した。受け入れてくれた働き先で働きながら、やがて結婚。2度の離婚を経て、4人の子どもシングルマザーになった。学校職員をしながら子どもたちを育て、高卒認定試験を受験して合格。通信制の大学で学び、2020年3月に卒業している。上の2人はすでに巣立ち、孫もいる。

転機は2009年にやってきた。少年院を出た少年少女の自助団体「セカンドチャンス!」の創設メンバーとなったのだ。その前年には「紫の青春~恋と喧嘩と特攻服」を出版した。末っ子はまだ2歳。過去を一切封印して生きてきたのに、初めてオープンにした。

「それでずいぶん気が楽になりました。社会はそういう過去を持った人を受け入れてくれる人は少ないですが、ママ友に知られることで心も軽くなっていきました。

セカンドチャンス!』の設立者だった静岡県立大教授・津富宏さんからも言われました。“きみたちの経験はきっと社会の役に立つはずです”と。自分の過去を隠すように生きてきましたが、私の経験が誰か必要な人に届くことがあるのだということを実感し、活動にのめりこんでいきました」

少年院出身者の前で自分の体験談を話し、交流会を定期的に催す。実際に少年院にも出向いて入所者の前で講話した。

8年前、映画を企画した。法務省に行き、映画の構想を語ると、その職員は話を熱心に聞いてくれた。しかし予算を出してもらうことはかなわず、その後準備に明け暮れ、2年前からクラウドファンディングで資金を集め、18年から撮影に入った。

法務省の許可を得て、撮影の打ち合わせに行ったときに、学園担当法務教官たちは『少女たちの心をみだしてもらっては困る』と言いました。私は『周囲が懸念している見世物パンダ的な映画には絶対にしません』と泣きながら約束していました。家族が撮影に同意をしてくれ、学園側が推薦してくれた4人に話を聞きました」

撮影時間や場所も限られていて、踏み込みたくても描けない部分もあったという。2019年に映画は完成。更生保護団体などに上映権を買ってもらったり、寄付を募ったりしながら上映を続けている。

「幸せになれる」ということをわかって欲しい

鑑賞後のアンケートには様々な感想が寄せられている。

『その罪を犯してしまった人だけのせいではないのだと思った。特に少年犯罪では、育った環境等影響してくるのだと。加害者が被害者であったという事実を知らず、悪い子という失礼なイメージしかもっていなかった』(大学院生

『現実をリアルに感じた。実際に少年(少女)の声を聞いたのは初めてだったので深く考えるきっかけになった』(団体職員)

『わかりやすく最後まで見れた。事例を通して、支援の難しさ、繋がることの難しさを感じた。人生は長く、あきらめなければチャンスやきっかけはつかめる』(社会福祉士)

「虐待、貧困、ネグレクト。加害者だった子どもたちが置かれている状況は過酷でした。少年院出身者という偏見を少しでもなくし、状況を理解してもらいながら人は変われるのだ、ということを分かってもらいたいと思っています」

自分がかつてそうだったように、自ら道を切り開いて、歩んでいくことはできる。後輩たちにも「幸せになれる」ということを分かってほしい、という。昨今、民法の改正で、成人年齢が18歳になるのに伴い、少年法の適用も20歳未満から18歳未満に引き下げようとする動きが活発だ。最後に中村さんに聞いてみた。

「少年犯罪の件数は近年、減っています。少年院の収容数も、ピーク時に比べておよそ半分に減りました。少年院での教育をはじめ、現行制度がうまく機能しているからで、引き下げる必要はないと思っています」

「罪を犯した少女たちは、被害者でもあった」女子少年院のリアル 元レディース総長、ドキュメンタリー映画製作


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

少年院出身というのはレッテルでもなんでもなく事実だろうがアホか。


今まで散々人に迷惑かけてきたくせに被害者面して改心アピールですか?ゆたぼんのパパと同じ匂いがするな


罪の内容にもよるが「加害者が被害者に対し、罪を償い心身共に被害者が社会復帰してから、セカンドチャンスで幸せになって下さい」。この映画の監督は当然、記事に掲載された4人に被害を受けた被害者を題材にした映画を撮るのですよね!撮らなければ学園の運営者もこの映画に関わる全ての関係者は加害者擁護の屑!


同じような境遇で罪を*た人と罪を犯さずにまじめに生きた人の割合も出してほしい。


実際に被害者ヅラしてる彼女たちのせいで”被害にあった”人達の声も収録してほしい。あんまりそういう作品ないから、そこまで収録されてるなら是非とも見させてもらいたい。


被害者に厳しく、犯罪者に甘々。それが日本!


最終的な被害者の人達がまずこの人達に責任を取ってもらって、この人達はその分も上乗せしてこの人達に加害した人達に責任求めればいい。


*言え、それでも自分のしでかした事の責任は自分にあるんだ。それで不当にレッテルを貼られたとしても、そんなものは免罪符にならねえ。


覚せい剤、薬物、窃盗、援助交際、美人局って…どれか一つでもやってたらアウトだしそんな連中が被害者面ってどのツラ下げて言ってんだって話かねぇ?それら、被害者ぶってる辺り反省してる様に見えないんだけど反省の色どの辺にあります?


あの、A~D子の誰一人被害者がいないんだけど気のせいっすか。親が被害者?それなら納得


「そう生きるしかなかった」って・・・なんで薬とか美人局やる必要があるのか


いやその、それ事実なら「クソ親からはクソガキが育つ」って差別上等な事になりませんかね


被害者である(精神的勝利)


情状酌量の余地がある人もいるかもだけど、でもそれ罪を*た側が言い出すことじゃないよね


いや、罪を犯さない社会をつくれよ


加害者は一生罪悪感を背負うと言うけどさ、56された被害者は、その一生を失ったんだよね。


赦しとは被害者が加害者に与えそれを第三者に拡散するものであって、加害者が第三者にアピールして被害者を無視するものでは無いぞ。


被害者要素皆無の自業自得のただの犯罪者じゃねーか!!


なんで被害者なの?性別が女だからっていうポリコレ?


死人や言い出せない弱者に口無し。被害者にも寄り添ってあげて欲しい。


この方は刑に服し更生してるのに飯塚幸三お前は法の裁きも受けないのか


その映画に出てくる登場人物の罪状を見る限り、「被害者」よりも「被害者面した加害者」にしか見えないんですがね。あと、罪を*た以上は罪人且つ加害者であり、どう転ぼうが被害者ではない。


環境のせいで非行に走るっていうのは男でもいえることなんだがね、犯罪の動機の言い訳にはならないよ。


また女性下げの安定の記事ですね。少年でも虐待受けた子がグレてヤクザや半グレになったケースたくさんある。


被害者って言い方は、余計に同情引こうとしてるなと感じてしまうな。不運とか不幸とかならまだ解るんだが。


それで? この人たちの被害にあった人はどうするの? 無視するの?


ちゃんと叱るべき所で叱らず、傷付け無いようとするあまりに「貴方は悪くない」なんて事を繰り返すとかえって更正の機会を失わせると思うよ。


同情する要素なくて*


ネットかどこかで見たけど、「碌でもない加害者はまず自分が被害者だと主張する」って言われてたの思い出したな。


ヤンキーが校正した程度で美談にする自体がおかしい( ー`дー´)


Cが辛うじて同情できなくもない程度で、それも冒頭の男性と関係を持つ経緯が売春・パパ活なら微塵も同情できません。


だから許せと?ふざけるなよ。


↑注 あくまで「後記の共犯者がCを利用して恐喝を行ったのであれば」の話であり、男性と関係を持つこと自体が美人局としてのターゲットを得るであれば同情どころか批判されて当たり前の犯罪です。


戦後、在日コリアンが勝手に戦勝国を自称した。しかし軍服などないので、日本軍の飛行隊の制服を強奪して「朝鮮進駐軍」を作った。山口組に入り込み、街宣右翼を作った。労組に入り込んでテロをやり、大学に入り込んで学生運動をやって、日本赤軍、よど号で北朝鮮に帰った。孫世代には高校で暴走族をやらせた。特攻服は朝鮮進駐軍の親の名残だ。


今じゃ信じられないと思うが、80年代頃の暴走族は、親世代の街宣右翼と一緒に、「愛国活動に参加する」と言うノルマがあった。暴走族が港とかで集まる事を「集会」と呼ぶのはそのため。


暴走族が「特攻服」を着用するのは、祖父世代が朝鮮進駐軍だったから。戦後直後、在日コリアンは戦争に参加してないくせに戦勝国を名乗り、米軍を真似して進駐軍を勝手に作った。でも戦争に参加してないんだから軍服がない。そこで日本軍の飛行隊の制服を強奪し、着用して横暴を働いた。


▲【新志有裕】弁護士ドットコムの編集長。一橋大学商学部、慶應義塾大学研究科、西日本新聞社で記者。 ▲【亀松太郎】前編集長、現アドバイザー。東大法学部、朝日新聞で記者、J-CAST記者編集者、ニワンゴの幹部に天下りし、このニコニコニュースの編集長


【弁護士ドットコムは朝日新聞】 亀松太郎。東京大学法学部卒業後、朝日新聞記者になる。J-CASTニュース記者を経てニコニコ動画ドワンゴに転職。ニコニコニュース編集長。2013年から弁護士ドットコムニュースの編集長。ヤフーニュースなど記事配信。ハフィントンポストやBLOGOSに記事提供。早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース非常勤講師。


ご存知?このニコニコニュースと【弁護士ドットコム】って朝日新聞の息がかかってるんだぜ? 元編集長「亀松太郎」 @kamematsu 朝日新聞の新メディア「DANRO」編集長。「あしたメディア研究会」座長。


犯罪者の言い訳をグダグダと。本人の素養がそうっだったから、なるようになったってだけだろ


環境のせいだろうとまっとうに生きなかった(ようとしなかった)のが悪い。ほかのやつも全員が平等じゃないんだから今ある環境でまっとうに生きようとしろ。ただそれだけだ。それができないなら加害者以外の何物でもない。親がおわってたとしてもそういうやつは小学校のころから先生から百回は注意されてるだろ。それでも治らないならそいつ自身の問題以外ありえない。


全然被害者じゃなくて草。こういう奴が社会ガー世の中ガー!になって最終的にアベガー!になるのかね(笑)


毎度思うけど、10歳以上の犯罪は普通に処罰で妥当だよな。弁護士の大好きなミライアルワカモノって已むに已まれぬ子以外ないんだわ。他ならぬお前ら*な弁護士が証明してるよ。


まあ、こんなこと言い出したら世の中の犯罪者の9割くらいは被害者だよね。罪を*たくて*てる人間なんてそう多くはないぞ。


どんな悲惨な過去かと思いきや自ら犯罪者になりにいってるのばっかで草。女は楽で良いねw


犯罪擁護弁護士ドットコムって、少年少女の犯す犯罪の被害者の声は絶対に拾わないよな。


暴走族とかいう屑はNG間接的な殺人罪なんだしもっと重罰にすべし


まあこれ(蛙の子は蛙)は本当で、社会としてはその負の連鎖を断ち切らないといけない。それも犯罪を犯す前に。どうやって実現すればいいのか見当もつかないが


これが男なら被害者っていう単語すら出ないだろ。まぁどっちにせよ被害者ですらないからな。親が最悪被害者か共犯者じゃね?




この記事へのコメント

人気記事