飲酒直後なら「酒気帯び運転」にならない? 驚きの判決「事故が起きてからじゃ遅いのに…」


「飲んだら乗るな」じゃなかったのかーー。東京地裁が7月3日に出した判決に疑問の声があがっている。

裁判を起こしたのは、酒気帯び運転で免許を取り消された東京都の男性。裁判所は、原告の「飲酒はしたが、まだ酔いが回っていなかった」旨の主張を支持し、取り消しは無効と判断したという。

報道によると、男性は2016年11月、焼酎の水割りを飲みながらオートバイの運転を開始したといい、呼気1リットルあたり0.16mgのアルコールが検出されたという。0.15mg以上は酒気帯び運転だ。

ネットでは「事故を起こしてからじゃ遅い」「酒飲みながらの運転はダメだろう」などの疑問の声があがっている。

いったいどうして、こういう判決になったのか。大山滋郎弁護士に聞いた。

検査までの30分がポイントに…

なぜ取り消しが無効と判断されたのか。

「本件は、検査したときのアルコール濃度が基準値を超えていたので、行政側は違法と判断したわけです。

ただ、検査の時点と、運転の時点とで、かなり間隔がある場合には、運転していたときにはそこまでのアルコール濃度ではなかったのではないかという疑いが生じえます。裁判所は、その点について、厳密に考えたことになります」(大山弁護士

報道によると、警察に呼び止められたのは飲酒開始から約5分後。検査はそこから30分ほどたってから行われたという。

悪いのは「裁判官」ではなく「法律」?

しかし、今回は「アルコールが残っていた」というケースとは正反対で、時間がたつほど、酔いが回っていた可能性が高い。

呼気中のアルコール濃度だけで判断するのなら、飲酒しながらの運転でも、しばらく走ってからでないと取り締まれないことになりかねない。飲酒していたドライバーライダーもなるべく検査までの時間を引き伸ばそうとするだろう。

「確かにそういう心配は出てきますね。今回のケースで、免許の取り消しができないというのは、相当常識外れに思えます。現行の免許取り消しの制度に欠陥があるのは明らかです。

ただ、だからといって、今回の判決を出した裁判官がおかしいというのは、少し違う気がするのです。ネットコメントなどを見ていますと、裁判官を批判する人は多いのですが、法律自体を批判したり、さらには『こういう法律にすればよいのでは』といった意見はほとんどありませんでした。

行政にしろ、裁判にしろ、法律に基づいて行うのが、近代国家の原則です。行政が法律を離れて勝手に決めたり、広い裁量権を持ったりするのは妥当でないとされてきました。

今回の事案でも、法律で『飲酒しながら運転したら免許取り消し』と定められていたなら、特に問題なく取り消しもできたはずです。

『法律の厳密な規定がなければ、人権制限はできない』『法律はできるだけ厳密に解釈することが必要』という、近代法の大原則を考えると、今回の判決を単純に不当だともいえないように思えるのです」

【取材協力弁護士
大山 滋郎(おおやま・じろう)弁護士
刑事弁護と企業法務が得意分野。メーカーの法務部門に長く勤め、勤務のかたわらニューヨーク弁護士資格を取得し、日本の司法試験にも合格した。会社の法律問題を扱う一方、多数の刑事事件を手がける。
事務所名:弁護士法人横浜パートナー法律事務所
事務所URLhttp://www.ypartner.com/

飲酒直後なら「酒気帯び運転」にならない? 驚きの判決「事故が起きてからじゃ遅いのに…」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

<(--;う-ん 福岡・博多、名古屋・栄で同様なこと多発しそうですねぇ<(^^;ヤレヤレまぁ裁判官の家族親類縁者にこの件と同様な事態で死傷者が出れば何をやったか理解されるのではないでしょうかねぇ<(^^;あはは


重要なのは検査時点のアルコール濃度なのに、なんで運転開始時点はどうたらとかアホな言い訳を聞いてるんだ?運転開始時に酔いは回ってなくても、警察に止められて検査した時点では酔いは回ってたんでしょ?裁判官は*しかいないのか?


↑ 厳密に言えば本人 アルコール濃度自身で図ってこれなら法律上の数値に届かないから大丈夫だろうで乗ったか または極普通に憶測でこれなら大丈夫であろうでのったとしか  まず後者であろうそれでいてつかまってあーでもないこうでもないが始まったと推測される


不法移民に関しては法を捻じ曲げてでも擁護するのに、こういう謎判決の時は法整備の所為にしちゃうんだ。たまげたなぁ


なになに?検査官が飲酒運転したバカに気を利かせてアルコールが抜けるようなるべく時間をおいて検査したらそれが裏目に出ちゃったっていう話?


これは単純に弁護士の勝利だと思う。突然出された論理に検察側も応戦できなかったんじゃないかな?控訴すれば、結果がどうなるかはわからない。酒を飲みながらバイクを運転、って。警察は、ずっと、こいつのことを見張っていればよいと思う。


やっぱ裁判官も「ピンからキリ」までなんだね。


地裁は頭おかしいのが多いよってだけじゃろ、だから上告されまくっとるわけじゃしな


今の法律だとビール片手に運転してても飲み始めから数分程度なら問題ないのか。飲酒運転する時に悪用するやつが出てきそうだな。ゴネまくって、時間が経ったせいで酔いが回ったんだ!!とか。てかこれじゃ呼気検査の意味ないな。


この判決した裁判官あほなのか。法律では警察官の検査した時点になってるのだから、いくら感覚が空いていようがまずその時点だ。まだ酒が回ってないなんて言い訳通すなよ。アルコール濃度で定義されているとはいえ酔わなければ酒を飲んでいいという解釈する時点で脳みそが犯罪者よりなんだな。法律家ってやつはその専門がゆえにそういう抜け道みたいなこと日頃やってんじゃねぇか。


飲んだら乗るな、乗るなら飲むな。なんだから飲んで乗った時点で少なくとも酒気帯び運転未遂な訳だ。酔ってないからオッケーなんて言い訳通じる訳ないでしょ、ごめんで済んだら警察いらんのよ


運転時に酔ってなかったんだから正着だと思う。警官に呼び止められなかったら飲酒運転になってただろうが、それを根拠にはできないしな。それに「検査した時点」をあまりにも固持するなら、逆用も可能になるからね(醒めた後に検査)。


エ-ト(--;薬物、アルコ-ル等の運転行為に影響を及ぼすものを摂取した後の運転行為自体も処罰の対象だった気がするが....<(--;)また飲酒検問でひっつかまった時点での検出されたアルコ-ル濃度で処罰の軽重・罰金金額が決められるものd(--)やはりこの判断/裁定を下した裁判官の所属・氏名を明示して査問会を開き、罷免するしかないと考えるd(▼▼メ)


飲酒運転の現行犯だろが。


もうひとつ...すべての法律について言えること”公序良俗”に反する行為は処罰の対象である、という不文律が存在するということ。d(--)したがって、道路交通法の規定に基づく裁定だけではなく、公序良俗に反した行為で処罰すべきと考える。


はあ?ドリンクストックに缶ビールあっても飲み始めだからセーフなの?飲酒運転という犯罪予防ができないね?予防する気ないでしょこれ


お前らの大好きな法律がそういってんだから従えよw普段は人治は*法治最高って言ってるんだからw


東京地裁ってことは、今回も例の原島麻由裁判官の可能性がある。


法治国家の奇跡ですわよ。記事が指摘するように法改正を求めるのが一番早い。


こんなしょうもない言い訳で判決取り消しとかアホクサ。学生時代に飲酒運転の車に自転車乗ってて撥ねられた者としては断じてあってはならないし、許せんわ。


かたや法律の穴をついて犯罪者を無罪にする守銭奴弁護士、かたや『今回のケースで、免許の取り消しができないというのは、相当常識外れに思えます』とバッサリ切り捨てる弁護士。同じ弁護士なのにこうも違うのか


こういう理不尽だと思われる判決が下されたことを記事にするときはその裁判官と弁護士、検察の名前も一緒に記載してほしいな


アルコール濃度にもよるけど 他の飲料よりも吸収されやすい事実と 人によって耐性が違うのだから低濃度でも悪影響が出やすい事と運転中に問題が発生したら(「急に酔いが回って来たら」の意味)如何するのかを含めて もっと厳罰化しないと駄目みたいですね反省しない犯罪者は駆逐しないと繰り返す事と それによる迷惑が出続ける事を認識させないといけないね♪


「科学的に厳密に判断する」っていうんなら、たしかに飲酒直後はまだ酔いが回ってないかもな。じゃあもっと厳密に個別に判断して、泥酔してても素面と同じ能力のある人は飲酒運転OKにしようか?そんな人いるのか知らんが。


これが正しいなら車で来てる客が飲酒して帰っていくのを店にも責任があるっていうのはおかしいな、酒が回るまでは運転してもよいなら提供した後酔いが回るまでに運転をしてなければいいんだから提供した側には判断不能でしょ。


OK、被告も裁判官も死刑だ。


逆転裁判のやりすぎや


酒気を帯びる(=内に持っている・含む)なのだが、これで法律がどうのというのは違うだろう。裁判官の名前だせよ


一休さんかお前は


酔っ払いは「酔ってません」って言うやん あれ全面的に信じるんか? さっき飲んだばかりだから!酔ってないから! っての通すの? おかしいでしょ


殺人未遂って犯罪があるんだが。


これは常識的には法律の方がおかしいけど「悪法でも、法は法」という裁判所の杓子定規な解釈が悪い方向で見事に出た形の判決。


酒気帯び運転の定義が『呼気1L中のアルコール濃度が0.15mg以上の状態で運転した事』だからね。ぶっちゃけた話、法律の不備だから裁判官を叩くのはおかしいと思うし、記事にもあるように法改正を急ぐべきだな。


現行法では事後に呼気から検出したアルコール濃度での判断基準なので事故時に酔いは回っていなかったという主張が取ってしまうケースというのは想定するべきなのよね。


飲酒運転に関しては呼気のアルコール濃度にかかわらず「飲酒した事実」を重く踏まえて飲酒開始から一定時間内の事故はすべて飲酒運転扱いにするよう法改正が必要なんではないかと。


裁判官の名前出せよ。次の選挙で落とすから。


ちょっと人と違う判決出して目立ちたかったんだろな。俺はこういう着眼点なんだぜ、どや!てな感じで。その時点で自分が不適格だということには気づいてないみたいだが。人のための法じゃなくて、法のための法って意識しかないんだろ。


飲んで乗って10分くらいで到達する距離だったから15分後に計測は無意味って感じ?良く解らんな...


アル中は*んでくれ。それ以上は望まん。


別に作用が回ってない状態なら運転されてもかまわない。まぁ回っているとは思うけど。


PCで飲酒戦闘していると、急に寝落ちするコトがあるからな。その場合は「NOOB」と罵られるぐらいで済むが、クルマの運転中だとどうなるか……。




この記事へのコメント

人気記事