「庇」読める?似ているけど…オナラのことではありません


読めない漢字「庇」

この字を見て、「へ」だ! と思ったら違います。それは「屁」です。ちょっと似ていますけどね。

さて、何と読むでしょう?

「庇」読める?似ているけど…オナラのことではありません

「庇」から野球帽を想像した人は、分かってる人!

日差しをさえぎる野球帽

Deja-vu / PIXTA(ピクスタ)

字はオナラの「屁」に似ていますが、役割は日差しをさえぎること。
住宅で野球帽の「つば」の部分に当たるのが「庇」です。もう分りましたね。

そう!玄関や窓の上についているアレです

齋藤さんの家

設計/佐藤哲也+布施木綿子(佐藤・布施建築事務所

正解は「ひさし」です。

窓や玄関の上部に取り付けられた小型の屋根のこと。この「庇」が、夏の強い日差しや雨から守ってくれます。

四季のある日本では、夏は真上からの日差しをさえぎり、冬は斜めからの日差しを室内の奥まで取り込む、まさに快適に暮らすための「仕掛け」。

1年365日、「ひさし君」は、住む人が快適に過ごせるよう、休まず頑張ってくれているんです。

この漢字にもチャレンジ!

読めそうで読めない「矩計図」

「矩計図」読める?平仮名だと6文字のおうちに関する漢字

yomenai03


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

庇護、庇う(かばう)だと思ったけど、ひさしとも読むのか


芥川か誰かは「廂」の字の方を使っていたが、日本の新字体に代わっていたのか。国によっては旧字体が残っていたりするだろうから、漢字圏も移り変わりがすごいなあ


おう、ミスリード誘うなや。庇が本当に屁に見えてきたじゃねーか。


建築やってれば、かなばかりず、はすぐ読める。


オナラじゃないのよ、オナラじゃないのよ


へー


ラブラブルート21という漫画の主人公がまさにこの庇(ひさし)という名前だった


しまった。疵(きず)と間違えちった……。屁とは流石に思わなかったけども。




この記事へのコメント

人気記事