「昭和のサラリーマンやりたかった」に反響 「今はバイト、派遣、契約が多すぎる」 という声相次ぐ


本当に昭和は良かったのか?

本当に昭和は良かったのか?

キャリコネニュース7月8日に配信した「『昭和時代にサラリーマンをやりたかった』に反発相次ぐ』」という記事がネット上で話題になった。昭和時代を「終身雇用で安定」「誰でも家と家族が持てた」「努力なしで商品が売れた」などと賛美し、夕方には帰宅して家族団らんで「普通に働いていれば、それだけでよかった」などとうらやむ投稿者に対して、反論が相次いだという内容だ。

同日夜の5ちゃんねるスレッドが立ち、この話題に「終身雇用だろ。テキトーにやってても将来安泰だったからな」「女子は一般職しかなく30代で退職迫られる」など次々とコメントが書き込まれた。。(文:okei

「ちゃんと雇わないから国内に還元できなくて歪になってる」

過去をうらやんでも始まらないが、いまに続く経緯を振り返ることで分かることもある。スレッドの書き込みには、記事と同じように「机でタバコが吸えた時代。酒が飲めて、麻雀ができないと生きていけない時代」など、今ではありえない文化を指摘する一方で、素直に昭和の好景気時代に憧れを抱く人も散見された。

しかしその反動か、”平成や令和の厳しさ”を揶揄するように書き込む人も相次いだ。

「終身雇用なのはいいな。今はバイト、派遣、契約が多すぎる。ちゃんと雇わないから国内に還元できなくて歪になってる」

などのほか、今の立場がどうあれ、「派遣がいなかったという点では間違いなく良かったと思うはず」など、小泉政権下で派遣法が改正され非正規雇用が増加したことが、不景気やいまの苦しみにつながっていると批判する人も多かった。

不安定な低賃金労働者が増えると、社会全体が沈んでいく

派遣について、「昭和でもいた」「いなかった」と議論になる場面もあったので整理すると、昭和時代にも派遣会社はあったが、労働者派遣は公には禁止されていた。それが1986年昭和61年)に労働者派遣法が施行され、派遣が13の専門職にのみ解禁。その後段階的に業種が拡大され続け、小泉政権下の2004年には派遣が禁止されていた製造業も対象となり、事実上なんでもありになった。

2002年に43万人だった派遣社員数は、2007年には140万人に急増。2008年リーマンショックの折に派遣切りが相次ぎ一時期減ったが、現在は143万人と再び増加している(総務省「労働力調査」より)。派遣解禁が、爆発的に非正規雇用が増えたことの一因であることは間違いない。

角川新書『人間使い捨て国家』(明石順平著)には、なぜ派遣労働が禁止されていたかの記述がある。派遣労働者は、企業にとっては労務管理不要でいらなくなったらすぐ切れる、派遣会社にとっては「本来労働者が全部もらえるはずの報酬からピンハネして儲かる」という。

著者は「損をするのは、いらなくなったらすぐ切られる上にピンハネのため給料が低くなる労働者」だとし、

「不安定な低賃金労働者が増えすぎてしまうと、消費が伸び悩み、結婚も減り、少子化が加速する。(中略)長い目で見ると社会全体が沈んでいく羽目になるのである」

と警鐘を鳴らし、経済界の利益を優先してきた自民党と財界を批判している。

もちろん望んで非正規雇用という人もいるが、氷河期世代をはじめ、不安定な雇用を続けて結婚や安定した生活が難しい人は少なくない。スレッドコメントには、若い世代から”仕事ができない50代以上”に厳しい声も数多く入っていた。派遣法改悪のような政治を許してしまったのも昭和のサラリーマンであり、それに対して様々な思いが渦巻くのは無理もないことだ。

「昭和のサラリーマンやりたかった」に反響 「今はバイト、派遣、契約が多すぎる」 という声相次ぐ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

高給が見込める専門職だけなら斡旋と言う意味で派遣職は良かった。ただ、これからITが発展することで、派遣業自体も無くなって別の形の仕事斡旋システムになるのではないかと思う。


そりゃいいところだけ見るとそうなるわな。


"月月火水木金金"って言葉知ってるか?休みなく働くから家でのんびり趣味にいそしむ事ができず、パワハラ・セクハラ・モラハラのオンパレードで問題視もされず、退勤後は呑みに連れてかれて道端でぶっ潰れ、身体壊しても「自己責任だ!」で済まされる時代だよ


キャリコネの目線は毎度ながら下から過ぎて


確かに昔は植木等や高田純次のせいでサラリーマンは9時から5時まで働けばそれなりに給料が貰えて楽な商売だと思っていた時期がボクにもありました…考えてみれば朝9時から夕方5時までに昼休みを考えると労働時間は8時間に足りないんだからありえないんだけどね.


リゲイン片手に休みなく24時間働かされるんだけどいいの?w


アルハラ・パワハラ・プライベートへの干渉当たり前、上のいう事には絶対服従、会社泊常態化、福利厚生何それ美味しいの?娯楽といえば酒に煙草にギャンブルと女。そんなゴミみたいな状態、幾ら金貰ってもお断りだわ。


バブルの時代は給料にはさほど反映されなかったけど毎晩会社の金で飲み食いしてたとは年配の人たちに聞いた


昭和の当事者でもない世代が昭和の方が羨ましいと言い出すのは、親とかの昭和世代が「昔は良かった」という愚痴を連発しているからでは?もちろん「昔は酷かった」という愚痴を語る人もいるけど、どちらにせよ、良い・悪いの結論ありきで偏った情報ばかり伝聞している気がする。


昭和が良かったと言うより、景気が良かった、将来に希望があった状態で働ければよかったね。まあPCもネットもロクに無い昭和時代のエンタメとか無理なんでプライベートは今のほうがいいです。


職場がタバコの煙で満たされる中で、赤い棒グラフの書いた紙指さしながら上司が机を蹴って「この売上倍にするまで帰ってくるな!」と怒鳴る職場がご希望なら昭和に転生して、どうぞ


外国人労働者が溢れかえっているのも問題だ。人件費の値下げ合戦が始まって日本人がどんどん追いやられてしまった。学生バイトと同じような給料で何年も働かされて、未来に展望がない派遣が増えすぎている。


昭和のリーマンやりたかったとか言ってる時点で良いとこだけしか見てない上に楽がしたいって魂胆が透けてる。そんなんじゃどこの時代に生まれてても今と境遇変わんねーよw


時代を問わず働きたくないが大正時代の教育なら受けてみたかった


今現在とどちらがチャンスがあるかと言われたら昭和のリーマンだろ貧困率考えるだけでもわかるわ


残業代やボーナスがちゃんと出ると思うとちょっと考えちゃうかも。ああでも、昭和でも出ないところがあったのかな


新卒から先達に頼りきり、責任が生じてくると優秀な同世代を蹴落とし氷河期世代に丸投げしたバブル世代サラリーマンが現在どう見られているか知ってて羨ましがっているんだろうか。あの時代を駆け抜けてきた世代はあんな屑どもに教えるのも仕事投げられるのは2度とゴメンだって言うだろうな


昭和の労働環境はさておき、90年代以前は正社員がやってた末端業務の多くが今じゃ非正規か安い委託会社だからね。それだけ被雇用でまともな収入得られる席が減ってるってのはある


>暁 櫻華 CMの煽り文句とは言えあの歌を笑って流せるのはスゲエ時代だった


終身雇用年功序列で身分が安定していたのも一面。過労死、パワハラは当たり前で過労死、過労自殺は自己責任だったのもまた一面。


タバコに燻されてアルコール漬けモラハラパワハラセクハラに暴力沙汰、衛生管理も怪しいヤニ臭い部屋で日夜残業か御免被るわ


縄文時代が良かった。土器作ってればいいんでしょ?


ダメな奴ほど場所を変えたがる


隣の芝生は青く見えるってだけの話よね


昭和がいいというより上を目指すような希望を持てる時代というのが羨ましい。生活環境としては今のほうが優れているだろう*


非正規雇用を続けるなら報酬を上げればいい。責任?そういうお前は重たい責任背負ってる?スキル?あぁ、優秀な低賃金奴隷が増えましたね。で、いつまで沈み続ける方法で社会という船を動*の?


昔は弁当と怪我は自分持ちって位に労災もクソも無かったし有給何それ美味しいの?定時は23時ってレベルの時代なんだが・・・・・それでもやりたいかね?


終身雇用だ9時5時生活だと妬み嫉みを言う前に、20代でクルマ買って結婚して30にもなれば自分でローン組んで家まで手に入れられた時代だったというのは紛れもない事実。無い物ねだりではなく、なぜ、今それが無くなっているのか、何が問題で無くなったのかという根本的な部分に疑問を持て。時代のせいというなら時代は誰が動かしたのかそこを考えろ。


まあねえ。うちの父親は地方の高卒で国鉄(JR)、電電公社(NTT)、日本専売公社(JT)好きなとこ選びなさいって言われて、友達と一緒に適当に決めたって言ってたから就職と安定は限りないね。公務員なんか試験はあってないようなもの。藤井フミヤもそんな感じだったそうだし。


昭和って 今、老害といわれている人たちの価値観だけの世界だけど


「若者の○○離れ」という言葉が昨今多用されるのは価値観の変遷ももちろん有るけど、何より今の若者はカネが無いというのが根底にある。新自由主義やら雇用の規制緩和やらと中途半端に欧米に倣って経営者側の意識を変えられなかった結果、低賃金非正規で使い潰されるワーキングプアが増大したのは事実。


庶民「派遣?いやだよ、終身雇用年功序列がいいよ」 政府「大丈夫大丈夫、専門職だけだから スペシャリストの高級取りだけ」 dんt「ハケンの品格どーん!」 庶民「おっ、ええやん」 20年後 庶民「4割派遣の低賃金で不安定な雇用 老後の備えも結婚も出産もできないよ」 dんt「ハケンの品格どーん!」庶民「見ねぇよ」 政府「移民入れるから 民度の高い金持ちの専門職(


頑張って働けば、勝手に結婚相手見繕ってくれるし、それなりの幸せを得られたと思う。


昭和は、常にお母さんが家に居てご飯作ってくれる家が大半


今も昔も良い所と悪い所が大き過ぎる。どっちの方がよかったか、は個人差が大きいから一概に言えない。少なくとも俺は、昭和に生まれてたら辛過ぎてとっくの昔に氏んでた


現代人が思い描く黄金の昭和時代ってのはどうせ高度成長期しか見てないだろ。貧困から裕福への過渡期なんだからそりゃまぁ景気は良かったろうよ。今の時代に高度成長期並の景気を求めるのは、とっくに20歳を過ぎた成人が「背を伸ばしたい」と言ってるのと同じ。バカの寝言でしかない。それと高度成長期もオイルショックと共に終焉して、80年代前半ぐらいは不況だったと聞く


そりゃ今の日本じゃ厚生年金や健康保険料福利厚生etc企業が受け持つの無理ってのが大半でしょ


ないものねだりだから実際に昭和のサラリーマンになっても今のサラリーマンになりたかったって言うのでは?


ロリコン向けの写真集が売られていた時代らしいからそこだけは評価する。他には口を閉じよう。


ここに昭和の労働環境を書きもんでいる何割が実際に働いていたのか…あ、もちろん自分も当時を生きていない世代です




この記事へのコメント

人気記事