孤独は体に悪い、タバコを毎日15本吸うのと同じくらい


ここ数年、「孤独」公衆衛生を脅かしていると言われてきました。

「孤独」は、タバコを毎日15本吸うのと同じくらい、体に悪いというのです。

けれどもその一方で、今は誰もが「自分は内向的だ」と自称し、人と付き合うのはとても疲れるから、ひとりの時間がほしい考える人が多いのも事実。

さて、どちらが本当でしょう。実はどちらも本当です。

なぜなら、「孤独(loneliness)」と「ひとりでいること(being alone)」は、完全に異なる概念だからです。

この2つの違いは何か、そして、それぞれの言葉の意味をより深く理解することが、なぜ役に立つのかをご説明しましょう。

「孤独」と「ひとりでいること」

ここ数カ月、私たちは人との接触を避け、フィジカル・ディスタンス(身体的距離)を取り、自宅待機してきました。ひとりで生活している人は、さぞ孤独を感じているだろうと考えられてきました。

実際、孤独を感じている人がいる一方で、孤独を感じていない人もいます。そういう人は、たとえバーチャルなつながりであっても、自分は常に、友だちや家族や同僚に囲まれていると思っているのです。2つの概念は、互いに相容れないものではありません。

それぞれの言葉が何を意味するのかを考えてみましょう。

健康的なライフスタイルに関するウェブサイト「MindBodyGreen」で、Margaret Paul博士は次のように説明しています。

「孤独」とは、誰かとつながりたいと思ったときに、つながる人が誰もいなかったり、パートナーと話したいと思ってもそれに応えてもらえなかったりするときに抱く感情です。

Eglantine Julle-Daniere博士は、心理学の情報誌『Psychology Today』のウェブサイトで、次のように述べています。

ひとりでいることは人間であれ動物であれ、ほかの個体と物理的に一緒にいない状態のことを指す。

一方で、孤独とは自分の社会的関係が、数および質において、期待値より低いと(自己)認識されるときに起こる辛い経験によって特徴づけられる心理的状態のこと。

別の言い方をすれば、ある時点での社会的接触が、自分にとって充実していない状態にあると、「孤独」を感じるのです。

もしあなたが今ひとりなら「その時間をチャンスととらえ、自分自身を見つめ直し、自分に必要なものは何か、自分が楽しいと感じることは何かを考えるよう」とJulle-Daniere博士は提案しています。

自分は誰とつながりたいか。どんな趣味をもちたいか。それを見極めるために使う時間なのです」と博士は書いています

ここで重要なのは、自分の時間のほとんど(あるいはすべて)をひとりで過ごしても、孤独を感じない場合があるということです。逆に、絶えず人に囲まれていても、常に孤独を感じる場合もあります。

「孤独」と「ひとりでいること」の違いを理解すれば、あなたが今どんな状況に置かれていても、もっと生きやすくなるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

引きこもり生活を乗り切る、宇宙飛行士が孤独を克服する方法

「孤独感」を癒やすための10の方法【LHベストヒッツ】

Image: Shutterstock

Source: Psychology Today, NCBI, HRSA, Thought Catalog, Phych Central, mbgmindfulness

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

見栄や体裁を気にしなければ気楽に生きて行ける


くだらねーーーwww


「タバコを毎日15本吸うのと同じくらい」←この部分の医学的根拠でも書かれているのかと思ったら、なんだただのスピリチュアル記事か


孤独が好きという感覚は、群れたがる連中には分からないんだと思うよ。別に分かって欲しくもないが、そういう奴もいるんだっていう程度に思っていればいいのに、何故この記事のように、いちいち詰まらんちょっかいを出そうとするのやら。もしかして、群れたがる人間のほうが優れているってカン違いしているのかな?


ネイバーまとめかよってくらい中身ゼロだなストレスない方を選べばそれでいい話仕事はあれとしてプライベートで集団に強制的に参加させる人が一番のガン


???「群れると人間強度が下がる」


15本だなんて細かい数字にこだわっちゃって。


会話のできるセクサロイドを普及すれば躍起になって延命措置で嵩増ししてる平均寿命が勝手に伸びる可能性が微粒子レベルで存在している…?


これを中共は狙ってバイオテロ引き起こしたんだろ、とでも言わせたいんだろ


ココアシガレット15本くらいなら大丈夫だな。


すげえ分かる!!!一人暮らし始めてから胃腸の具合が散々で、40歳まで生きられる気がしない。結婚してえええええええええ!!!!!


大丈夫だ、私は周りに10人位他人がいるだけで吐き気がする。むしろ独りの方が落ち着くから毎日タバコ15本吸わないのと同じ位の健康度を手に入れている。


孤独×タバコだとどうなるのか


1箱と言えなかったところに、心の葛藤がうかがわれる。


仕事で他人とほどほどに接触するだけでもストレス溜まる。


信頼できる人が傍に居るならいい。愛する人が出来たならなおさらいい。孤独が悪いわけじゃない、ただ人は脆いものだから縋るものは多い方がいい。(かえってこいよより抜粋でございます)


環境の変化がストレスだってだけ。群れたがる人が一人の状況に置かれたらストレスだろうし、一人が気楽な人が群れに押し込まれたらストレス。


セントルイス大学の研究によると、ロボット犬アイボと本物の犬とではどちらも人の孤独感を大いに癒す効果があったとのことだが、ほんまかいな?


むしろ今ほど孤独から縁遠い社会は無いと思うけどな。老害世代は無理だろうけど、ネットワーク上で繋がりは作れるし、それで助かることも非情に多い時代だよ。俺は助かった。


孤独感を強く感じるのはデートコースになりうる施設やイベント、体調不良で身動き取れない時くらいなんだが、それ以上に他人といる、他人と一緒に行動することがストレスなんだよなぁ。友達すらいないボッチ生活して以降、片頭痛、原因不明の吐き気、胃痛もなくなったんだ。大分健康を取り戻したよ。


孤独が特別体に悪いのかと思って読んでみたけどストレスに感じること全部そうなんじゃないのか


割りと孤独でも平気だと思ってたけど、やっぱり友人や自分を慕ってくれる人ができるとそのことがいかに幸せかわかった。無理する必要はないけど、大切にしたほうがいいと思う。


ただ単に1人が向いているひとと向いてない人がいるだけでしょうね。1人は無理という人は無理にでも結婚したほうがいいぞ。まじで




この記事へのコメント

人気記事