貧乏人は3タイプ。「無気力貧乏」の僕が「不勉強貧乏」の君に贈る言葉


―[負け犬遠吠え]―


ギャンブル狂で無職。なのに、借金総額は500万円以上。
それでも働きたくない。働かずに得たカネで、借金を全部返したい……。

マニラのカジノで破滅」したnoteで有名になったTwitter上の有名人「犬」が、夢が終わった後も続いてしまう人生のなかで、力なく吠え続ける当連載。

 今回はコロナで見えない貧困者がさらに窮す今、無気力貧乏である犬が考える「貧乏」の性質についてです。


=====

 自分のことなんだからそりゃそうだという感じだが、よく貧乏について粛々と考えている。僕を含めた周りの貧乏人は以下の3つに大別できると思う。

「無気力貧乏」

「覚醒後貧乏」

「不勉強貧乏」

 この3つだ。僕は「無気力貧乏」に該当する。自分の性格や在り方については何度も書いているが、ただひたすらに今日や明日に対して無関心で、持ってる金額がそのまま生活水準になる。見栄を張ることも奮起することもない。一度破ってしまった決まりはもう意味をなさず、例えば僕の場合で言うとこの記事の毎週の締め切りを一度破ってしまってから「最低ライン」がググッと下降し、未だに1日以上遅れての納品になっている。

 この場合、判断材料が「他者との約束を守るかどうか」というより「自分をどこまで甘やかすかどうか」という方が大きい。自分に降りかかる責任を負う自覚が無いのだ。法律や世間体を飛び越え、自分の中にある道徳・倫理の枠からのみ選択をする。徹底的に自分本位だが、自分自身を粗末に扱うという、一見、矛盾に見える特性のせいで周囲からはよく、

「頑張れば君だって」

 と言われることが多い。自己の平静を一番尊いと思って生活しているため、鬱屈した感情との付き合い方が上手い分、尚更「悩みが無いのに頑張らない人間」に見えてしまう。まだ本気を出していないだけではなく、大人になってようやく本気を出さずに済んでいる現状に大満足している。井戸の底で空すら見上げることもないので、こうして社会に露出した場合に快く思わない人も多い。スカして世の中を舐めているようにしか見えないからだ。

 個人的には彼らに救いの手を伸ばす必要はない。本当にやばくなった時にギリギリの生活を維持するために、一番楽をする方法を勝手に見つける。

「覚醒後貧乏」は貧乏のタイプというよりは過程であり、状態だ。短い期間で何かのきっかけを経て学習した貧乏で、人間社会というレースコース上に周回遅れで合流した者たちだ。どこかのコミュニティに属していたり、金が無い中で一発逆転を目指してとにかく働きまくっていたりする。彼らは成功するかどうかわからない挑戦をし続けていて、貧乏の中でも比較的応援しやすい。自伝の中で貧乏エピソードが入る成功者は皆この状態を経ている。

「金が無いなら頑張るしか無いだろうが」

 そんなのは当然、と感じる人も多いだろうが、すでに周回遅れが確定している貧乏という環境の中から飛び出すことは生半可な覚悟ではできない。覚悟があったせいで失敗して貧乏になったのか、覚悟を抱いた段階で覚悟を身につけたのかは人それぞれだが、野心を持った人間は強く、前を向いているので精神的にも安定している。

 ここまでの2種類の貧乏は正直放っておいてもいい。社会に参加しようとしなかったり、社会の中で足掻いたり、正の意味でも負の意味でも外界と接点を持ち続けている限り不安を抱えることは少ないし、自己責任の自覚もある。

◆貧乏代表の顔をしていると相談を受ける

 まるで貧乏人代表みたいな顔でSNSをしていると、よく福祉の受け方や金の借り方、グレーアルバイトについて質問されることがある。多額の借金を抱えている人間は何かしら悪いことをしているだろうという先入観があるのはわからなくはないが、僕はただ流されて借金が膨らんだだけなので、それほど裏事情に精通してるわけではない。至って普通の人がインターネットなどを使って普通に調べた結果が今だ。僕のところに相談に来る人の多くが「不勉強貧乏」にあたる。

 例えば福祉についての質問で彼らからよくあるのは、

「どこに電話をかければいいですか」

「今仕事をしていないのですがもらえますか」


などの、「本当の最初の一歩」に関する質問だ。普通に受け取ることのできる人は、自分の住民票がある自治体に連絡をして聞いてみればいいと思うだろう。だが、それが難しい。

 僕はサラリーマンだった時によく法務局や特許庁に行く仕事をしていた。もちろん会社が置いてある自治体に行って話をすることも多く、後に貧乏になった時もその経験が活きて、よりたくさんの福祉を受けることに成功し、無職になった後も生き汚く生活している。

 貧乏は楽だが、触れる世界はどうしても狭くなる。出ていくお金も入ってくるお金も自分のすぐそばにしかないので、役所なんかはかなり遠い存在に思えるだろう。役所側のホームページも福祉の相談をするためにどういう手順を踏めばいいか詳細にわかりやすく書いてあるが、そもそも「役所のホームページをチェックする」というアイデアが存在しないのだ。消費者金融で金を借りるにしても、アコムやレイクのホームページも見ないし、携帯の地図アプリでその所在を調べることもない。そして多くの場合、彼らの周りは彼らを救わない。

「そんなの調べればいいじゃん」

 これは調べればわかるということを知っている人間の台詞だ。ほとんどの人は自分が教育を受けてきた過程を軸にして他人と接するため、突き放すつもりがなくても結果として相手にとって論理が飛躍してしまう。

 初めて会社勤めになった時、

「普通に考えたらわかるだろうけど」

 と前置きをされてほっとかれた経験がある人もいるだろう。こんな上司は嫌だ、なんて意見もよく見る。これはどんな仕事も初めての人にとっては未知で難しいはずだとみんなが思っているからだ。僕は、ここが教育レベルの平均値だと思っている。もっと賢い人の中には、その人の常識の範疇で解決してしまえるのかもしれないし、そんな彼らからするとほとんどの人が「普通に考えたらわかるのに」と思われているかもしれない。

自己責任という凶器の言葉

 不運にも、調べる方法を知らないまま大人になった人たちがいる。しかも金がなく、誰かに助けて欲しいが、誰が助けてくれるのかもわからないし、そもそも大人になって金の相談をするのは恥ずかしい。意を決して聞いてみても、

「普通に考えたらわかるだろうけど」

 と突き放されてしまう。これでは八方塞がりだ。別に頭が悪いわけではない。機会に恵まれなかっただけなのに。

「普通」は人それぞれだ。普通に考えたらわかる人というのは賢い人でもなんでもなくて、ただ幸運だったのだ。これまでの人生で、普通に調べればわかると知ることができた。

 不運にも不勉強なまま貧乏に苦しむ人こそ真に福祉を受けるべき人たちだと思うが、我先に国から金をもらおうとするのは、僕のような楽をして生きていく方法に飛びつくダメ人間たちで、彼らは受け取る方法も知らないまま今日と明日の不安をぼんやりと受け入れ続ける。

 そして彼らの存在は全く見えないので、自治体がそこにリーチすることもできない。悪循環だ。

 目に見える不勉強な人たちを救えるのは、その隣人だけだ。

「そんなのもわからないんじゃ話にならない」

 なんて言わずに、手を差し伸べるなら一旦調べ方から教えてみて欲しい。

 不勉強貧乏の人は最初に自分の住所を調べて、その後に自治体に電話をしてみるといい。役所の人は優しい。全然違う課の人が電話に出たとしても、聞けば大抵のことは教えてくれる。不安なら地図で調べて直接行ってみてもいいだろう。役所は選ばれた人間だけが入ることを許された空間ではない。

 そして国や自治体はもっと給付金や福祉関係の貸付金を多く用意して欲しい。

 僕はもう一通り申請して得た金を使い潰してしまったのでお金がありません。よろしくお願いします。

【犬】
フィリピンカジノで1万円が700万円になった経験からカジノにドはまり。その後仕事を辞めて、全財産をかけてカジノに乗り込んだが、そこで大負け。全財産を失い借金まみれに。その後は職を転々としつつ、総額500万円にもなる借金を返す日々。Twitternoteでカジノですべてを失った経験や、日々のギャンブル遊びについて情報を発信している。
Twitter@slave_of_girls
note→ギャンブル依存症

―[負け犬遠吠え]―


借金の催促にも慣れてしまえばどうってことないんです


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 www.mag2.com)



<このニュースへのネットの反応>

あの、何故他者が手を差し伸べるのが前提なのでしょうか。「教えてもらえなかった」、「そんなの知らない」などは禁句です、調べ方が分からないなら分からないなりの調べ方をしないことには話になりません。まあ、こんなことは「普通に考えたらわかるだろうけど」。


そういう分類って誰のためになるんです?


積み上げ式の人生を送らないとまともに生きていけないのは資本主義社会でも共産主義社会でも一緒です。むしろ共産主義社会のほうが一回でもミスするとアウトです。


なんだろう、働くという概念の一歩二歩手前で貧乏論展開してる感じ


まず働かんとどうにもならんやろ


こういった記事を読み、コメントできる人は「普通に考えたらわかるだろうけど」の立ち位置にどっぷりハマってるから、この記事を理解できる人はいないのではないかな?自分もそういう人いるなという程度の感覚しかない


コメ欄見てると氷河期が救われない部分が自分は他人に関係ないなんだろうね


クロちゃん、かな?


「天は自ら助くる者を助く」という言葉がありましてね


いいから金返せクズ


冒頭の数行読んでクズっぷりがわかって読むのをやめた


内容はおいておいて、記事投稿してギャンブル結果を報告する辺り、負債が大きいだけで優秀な部類なんだよな。後は、ギャンブルを動画配信すればその手の需要はあるんじゃないか?


キャリコネかSPAかと思ったけどSPAだったわ。


分類については1と3はよく見てるなと思うが、3は知恵遅れ発達障害などの頭の病気でもなければ流石に擁護できない ただもし引き籠りなどで人間としての線路を早い内に外れてしまった場合でかつしっかりとした保護者がいない場合、社会へのまずの一歩目をどこで学べるかと言われると難しいかもしれない 警察か役所に行って福祉課から住居や教育機関最終的に仕事斡旋してもらう位かなあ


いくつか共感得られちゃった意見はあるが‥でも結局言い訳だよね、貧乏/無職であることの正当化にしか見えない。


無気力型貧乏はかなり共感できた。自分がまさにそうで、将来絶対困るだろうけど、それでも今は別に貧乏でいいやって思ってる感じ。きっと10年後後悔する。


めちゃくちゃわかる。一度落ちてしまうと本当に情報にアクセスできなくなる。周りも底辺だから、学も知識もない。だから這い上がるチャンスにたどり着けない。でも自分もそうだったし、どん底を知ってる分ちょっとしたきっかけさえつかめれば必死に這い上がれたりするんだよ。


上にも書かれてるけど、近くの人間に助けももとめないで、思考停止してたり、他人のせいにするだけの人間を誰が助けるだろうか。少なくとも、現状から抜け出すための第一歩は、助けを誰でもいいから求めることと、現状を変えようとする強い意志。それがあれば何かしらの抜け出す機会を与えてくれる人がいる。結局本人次第かと。


考えてるふりして何も考えてないよね。周りを引きずりこんで不安定にさせるのうまそう


言いたいのは結局最後の3行だけだろ






この記事へのコメント

人気記事