昔の常識では恥をかく! コロナ禍で急増中のドライブデートで「本当に女子が求める」6つのエスコートとは


昔の常識では恥をかく! コロナ禍で急増中のドライブデートで「本当に女子が求める」6つのエスコートとは

さりげないサポートが好感度アップにつながる!

 コロナ禍でもデートはしたい、ということで今、ドライブデートが見直されています。公共交通機関を使えば不特定多数の人と接触する可能性が高くなりますが、クルマなら最低限の人との接触に抑えられ、窓を開けるなど換気をしっかりすれば、密になるリスクも軽減できるためです。これを機に初めてドライブデートにトライしようと計画している人も多いかもしれませんね。

 でも、運転に集中しなければいけないなか、彼女をしっかりエスコートできるのだろうか? 事前に準備するものや、当日気をつけるポイントはあるのだろうか? そんな不安を抱えている人もいると思います。昔はそれこそ、助手席のドアを開けて「どうぞ」なんて彼女を乗せてあげるのがジェントルマンイメージがありましたが、21世紀の今、それはちょっとやりすぎ。彼女のほうも恥ずかしくなってしまうかもしれません。そこで今回は、ドライブデートでのエスコート、イマドキの正解をご紹介したいと思います。

1)乗り込み時は荷物を預かってあげる

 まずは、待ち合わせ場所や彼女の家に迎えに行って、彼女が乗り込むとき。駐停車禁止の場所ではなく、防犯上も問題なく、運転席を離れられる状況であれば、おりて彼女を出迎えてあげましょう。でもそこで、ドアを開けるのではなく、彼女の荷物を預かってあげるのです。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

 じつは女性は、バッグなどをどこに置けばいいのかよくわからず、ずっと膝の上に抱えて座ってしまうことも多いもの。そこで彼の方から「荷物入れとくよ」と預かってもらえると、とても助かる場合があります。もし、すぐ使うものが入っているなど手元に置いておきたい場合は、「大丈夫」と断ると思いますので、無理に預かるのはやめましょうね。

2)ドアの開閉をサポートしてあげる

 そして次に、彼女が乗り込むときパート2。先ほど荷物を預かりましたが、それで終わりじゃありません。ドアを開けた先にガードレールや壁があったり、風が強い日だったりすると、ドアが開きすぎてぶつかってしまう可能性がありますよね。慣れていない女性はそれをかなり心配していますので、できればドアの先端に手を添えて、押さえていてあげると女性はとても安心するんです。これだけでもう、「わかってるな、優しいな」と感心するかもしれません。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

 そして女性はシートに座ると、開いているドアに手が届かない場合もありますので、そっとドアを閉めてあげましょう。そのときに、「閉めるよ」と声をかけるのを忘れずに。ドアに手を添えるのは乗るときだけでなく、もし間に合えば降りるときもやってあげるといいですね。

3)エアコンの風向きなどに注意

 ここからいよいよ車内での時間が始まるわけですが、まず気にしてあげたいのはエアコンの温度と風量、風向きです。男性に多い傾向として、エアコンの風が顔面に当たるような向きにしていることがありますが、女性の多くはそれが苦手です。目が乾いたり、せっかくのメイクが風でパリパリになってしまうことを恐れているからです。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

 さらに、男性はキンキンに冷やすのが好きな場合が多いですが、女性はもともと冷え性の人が多く、服装もスカートサンダルなどで男性よりも露出が多いので、冷やしすぎるのは苦手です。必ず、寒くないかどうか、風向きは大丈夫かどうか、聞いてあげてくださいね。必要なら、助手席側の調整方法を教えてあげて、「適当に調整していいからね」とひと言添えてあげると嬉しいと思います。

快適なドライブを楽しむための気遣いも心がけるとグッド

4)服装に応じてブランケットなどで足もとを対策

 続いて、エアコンの話にもつながりがありますが、とくに座面が低いスポーツカーなどに女性を乗せる場合に、気にしてあげたいのが足の露出です。座ることによって、立っているときよりもスカート丈が短くなってしまうので、目のやり場に困る男性もいるかもしれませんね。

 そんなときのために、車内にブランケットなど膝掛けになるものを準備しておくと安心です。「これ使って」と手渡してあげるだけで、好感度急上昇。ブランケットは肌を隠すだけでなく、寒さの調整にも使えるし、助手席側に直射日光が直撃している場合に身体をカバーしたりと、いろんなシーンで活躍します。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

5)BGMにもご用心を!

 次に、意外と無頓着な人が多いのが、車内のBGM。昔は、カセットテープに好きな曲をまとめてダビングして、ドライブデートのための音楽を用意した男性も多かったのですが、それは彼女のことを想って喜びそうな曲を集めていたものでした。でも近ごろはスマートフォンクルマと接続して、いつでも好きな曲が聴けるようになったこともあり、そうした「彼女スペシャル」的な音楽をセレクトして用意する男性も減ったように思います。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

 ハードロックやヘビーメタルレゲエなど癖の強い音楽が好きな男性は要注意。自分が好きだから相手も聴いていて心地いいだろう、という思い込みはやめましょう。合わない音楽がずっとかかっている車内というのは、けっこう苦痛です。彼女の好みを聞いて、自分と合うならOKですが、もし合わないようなら無難にラジオなどにしておいたほうがいいでしょう。

6)さり気なくトイレ休憩を提案する

 そして最後は、さりげなく気遣ってあげてほしいトイレ休憩。なかなか女性からは、トイレに行きたいとは言いだしにくいものなのです。ドライブ中に飲み物を楽しむのはいいのですが、必ず生理現象は起こりますよね。サービスエリアコンビニ道の駅など、トイレにも寄れる場所があったら、男性の方から定期的に「ちょっと寄ってこうか」と声をかけてあげると、とても嬉しいものなのです。

ドライブデートで気をつけてあげてほしいこと

 一般的にも、男性より女性の方がトイレが近いと言われていますので、女性からすると「さっき寄ったばかりなのに、また行きたいとはいいにくいな」と遠慮してしまいます。必死にガマンして体調を崩してしまうこともあるので、ぜひ男性から休憩を提案してあげてほしいと思います。

 というわけで、ドライブデートで女性が本当にしてほしいエスコートとは、決してうやうやしくドアを開けるなどというお嬢さま扱いではなくて、ちょっとした気遣いばかりなんですね。高いお金がかかることでも、難しいテクニックがいることでもないので、ぜひ次回から取り入れてみてほしいと思います。コロナに負けず、思い出に残るドライブデートを楽しんでくださいね

昔の常識では恥をかく! コロナ禍で急増中のドライブデートで「本当に女子が求める」6つのエスコートとは


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

普段からやらねーことを意識してやるのは疲れるんで、それで愛想が尽いたら会わなくてけっこう。


BGMやトイレ休憩は考えるけど、ブランケットやドア開閉、荷物の収納とかタクシーやビジネスクラスみたいなことをやらないのいけないのか。ここまでやってほしいって言う女性は会ったことがないけど?


対応がじいちゃんばあちゃん横に載せてるときにしか思えないんだが?


トレンディーなヤングアベックにバカウケ


自分でそれくらいやんなよってのばかり。世間知らずのわがままお嬢様かよ。


昭和かよ!


これって普通のことじゃないの? 子供の頃から親からもしデートするようになったらこうしなさいって言われ続けていたのだけど。


めんどくさい女は嫌われるぞ。マジで確実に。確実に売れ残る路線だよな?


恋人ならともかく、こういう気遣いし続けてたら家族には絶対なれんな


御姫様扱いに相応しいと思ったら、自然とそういう扱いになるものだ。我が身を顧みるべし。


運転手に気を遣わせるな!(ド正論)


もはや介護だな。おとなしく自分の90才になるばーちゃん連れてドライブに行くわ


女性活躍がーもそうだが、何故何でもかんでも男性が与えるのが当たり前だと思ってるんだろうな。ペットなのかな?よくそれで男尊女卑だの言えたもんんだ


恋人がほしいのか?使用人がほしいのか?


空気感染じゃあ車もNGだろうが


これを求めるのは30後半以上ですよw 今の若い女性はある程度自立してるのでこういう扱いされたくないって人のほうが多い。






この記事へのコメント

人気記事