「ときとして正論は暴力になる」現代社会を風刺したメリケンサック


 その人としては良かれと思ってする批判。しかし、ときとして行き過ぎた「正論」は暴力になるーー。インターネットの世界では「正論で殴る」という表現が使われることがあるが、このネットスラングから生まれたメリケンサックが、ネット上で話題となっている。

柴田阿弥キャスターがはめているのはスタッフが作った厚紙製のもの
 それは医療ロボットの開発・経営者でもある吉田りょうさん(@Mach1ne_4423)が製作したアクリル素材の「正論で殴れるメリケンサック」。吉田さんは、「正論で殴れるメリケンサック作りました。 論破出来なかった相手に正論パンチ(物理)をしたい方にオススメです。」というコメントと共に、2枚の画像をTwitterに投稿。拳にはめる武器・メリケンサックと同様に持ち手部分に指を通して握れるように四つの穴が空いており、その上部には「正論」という文字が象られている。

 この「正論メリケンサック」は特に意図はなく趣味で作ったものだそうだが、Twitterに投稿したところ「ほ、ほしい」「正に『ぐぅ正論』」「振りかざすための大きいやつもお願いします」「いい武器ですね」「正論は時に人を傷つけるかもしれないということですね」などの声とともに25.2万件以上のいいねが殺到。吉田さんいわく「アクリルをレーザーカットするだけなので1個1分くらいで作ることができます」と意外に製作が簡単なこともあり、販売を決定。価格は3500円(送料別)で、オプションで好きな文字を入れることも可能。昨日時点で100件以上の注文が入った。

 販売に踏み切った吉田さんだが、購入者に向けて「『正論メリケンサック』で人を殴ってはいけません!殴ると正論が(物理的に)折れてしまうので…つまり正論で殴っちゃいけないということなのです」と注意喚起。あくまで正論メリケンサックは武器ではないと強調している。

 このニュースを紹介した「ABEMAヒルズ」にコメンテーターとして出演していたBuzzFeed Japan記者の神庭亮介氏も「正論メリケンサック」には興味津々で、「ネット記者をやっていると、正論というか、これが正しいんじゃないですか?と批判する記事を書かなければならないこともある。そういうときに、自分が正しいと思うことほど、殴るんじゃなくて優しく伝えなければいけないと戒めるためにも(手元に置いておきたい)。これは殴ったら壊れてしまう『正論』で、そういうところもアートっぽい。現代社会を風刺している」とそのメッセージ性の強さに惹かれている様子。柴田阿弥キャスターも「結局『正論』では殴れないということをこのメリケンサックから学びましたね」と感じ入っていた。

ABEMAヒルズ/ABEMAより)
 
「ときとして正論は暴力になる」現代社会を風刺したメリケンサック


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

フェイクが蔓延るよりマシ


正論へし折って罷り通ったらそれはそっちが武力的じゃないだけの暴力だからなあ。


これで人殴ったら正論部分がへし折れるだろうから、そういう皮肉もあるのかもね


本当にあらゆる事情を見た上での「正論」であるのなら何も問題は無いのでは。言った本人が正論と思ってても、背景が違う事情が違うタイミングがそぐわない言い方が悪過ぎて正しいけど正論ではないetcという事は多いと思いますが、それは「正論になってない」と言うべきで「正論で殴られた」は可笑しな表現だと考えますな。


マスコミがフェイクで暴力するのは何で?


「正論は暴力」などというのは敗北主義者のいうことだ。仮にの話として、この世に「正論」などというものが確実に存在し得たとしよう。人間如きの知覚能力でそれをどうやって認識できるというのか?『ウィッチャー3』でゲラルトがウーマに尋ねた「普遍的事実は存在するか?それとも精神的概念にすぎないか?」という問いに貴方ならなんと答えるのか?


正論言われてこまるの屁理屈こねる嘘つきだけですが


フェイクが一方的に殴るじゃん


ひろゆきにニヤけ顔で論破されたらめっちゃ腹立つのは理解できるwわりと正論並べてくるから言い返せんしw


誹謗中傷 正論やめて なんや耳に痛い言葉なんか全部聴きたくない ってんやね まぁわかるけどなんかね


正論で殴られたら、それ以上の暴論で殴り返せってお隣とそれ絡みの団体から学んだよ。


正論ってのはそれを証明する根拠あって正論なのですよ。学問の世界では1つの正論を確立するためにすさまじい労力を要しますし、軽々しく使って欲しくはありません。ネットでよく使われているのは「それっぽい論」「多数派の論」でしかありません。だから現実では通用しないし、「正論だけではやっていけない」なんて輩が出てくる。


正論メリケンサックを装備するくらいなら反省シールをおでこに貼っておけ


正論が暴力になるのは、前提条件を無視するから。ちゃんと前提条件を考慮したうえで話してれば正論は暴力にならんよ。「ときとして」とかどういう状況で暴力になることを考えもしないただの思考放棄。正論そのものが駄目だってのはアホがいうこと。あと、前提条件を隠して相談するやつがいるのも問題。たいていはプライドの話になるんだろうが


今日のブーメラン報道はここですか?


朝日さんいっつも正論で殴られてるもんな。開き直っちゃうのも無理はないな。


つまり捏造の反日ヘイトで殴り掛かってくる朝日新聞系列からすると、正論で殴り返されるのは困るということでしょ?


「特に意図はなく趣味で作ったものだ」っつってんだろーがッ。存在しないジョークの行間読んでんじゃねえ。


相手の言い分を正論だと思うなら、それを素直に認めた上で自分の考えを言えばいいだけなのに、認めずに言い訳したり、果てには さも自分の方が正しいかのように誤魔化すから自分が痛い目を見るんだよ。また、「正誤は別にして、とにかく自分を受け入れてほしい心情」の時もあるのは分かるけど、そのへんはネットには求めないほうが良い。


禿た人に「禿たね」や、太った人に「太ったね」と言うのは”正論で殴る”だと思うけど、泥棒した人に「泥棒」や、嘘ついた人に「嘘つき」は殴るではないと思う。同じ正論でも違いはあると思うよ。


正論で返されるような行いをしないようにするのが先だろ


悪行を指摘するのは正論でいいけど、悪行を理由に落とし前要求するのは正論なのだろうか


自分の意見を言ったら暴力振るわれた場合は…


正論は殴るではなく日本刀でスパッと一刀両断するようなものだと思う


正論が通ると困る世の中だったら、そっちの方が人間は生きられなくなるだろうが


このメリケンみると毎回思うけど文字の配置がおかしいよね・・・手首痛めそう。それに殴った後相手の顔に「正論」の文字が残る配置にしないと(´・ω・`)


正論は暴力と言い出す暴論(意味:道理から外れた主張、乱暴な意見、または、論理性を欠く議論)


正論で殴られる原因が自分にあるのだから殴られたと自覚しないと。原因がないのに殴ってきたら、それはただの暴力。


製作者はジョークのつもりで作ったみたいだからそんな意図はないと思う


正論が暴力とか言う前に、反省しろ。


こういう「人の議論を茶化して煽るような奴」は嫌いだなぁ。正論なんて一つの物事に対して何個もある訳で、それをどうまとめていくかが一番大事なのに、こんな一つの論だけで押し切ったり・押し切られたりするのは極論というのであって、ましてやそれを助長するようなこんなグッズが出てくる事に腹が立つ。人の議論を何だと思ってんの?


正論ごもっともだが、で、お前が言ったその正論、自分で守れんの?守れてんの?レベルのヤツはなんというか困る。口だけだったらなんとでも言えるから本当に守れてんのか検証しようがないし。


手痛い正論がメリケンサックなら医療やワクチン方面のデマは核兵器やな


正論を言われるのが嫌なら、正論を言われるような行動をとるなよ。何も無かったら正論なんて言われないよ。


安全地帯から一方的に殴れば暴力、殴り合えばコミュニケーションよ。もっとみんな殴り合おう


ペンの暴力=新聞屋、週刊誌。放送の暴力=マスゴミ。


日本を牛耳って上級国民しながら、被害者の振りで同情させて美味しい思いしてきたから、止める事が出来ないんだろうなww。作り上げた流行、興味を持たない日本人を、遅れてる、変わってると煽り、意のままに操って好き勝ってに扱って来たから、現代日本人は笛吹けど踊らず。残念だなww。流行に乗って散財する軽薄な人間より、今の日本で尊敬されるのは研究発表を極めてる人だろうな。


こいつアホ。正論に殴られて負けるってことは、単純に間違ってただけでしょ。


「正論を返されてぐうの音も出ない連中はどんな意見を述べていたのか」まで含めての問題なんだが、正論部分だけ取り上げてどうするんだ?


この、女性キャスターのドヤ顔がジワるww


正論でぶん殴って良いのは、正論を通すべき場合であるがな。正論を通すと筋が通らなくなることも世の中にはある。それは、その正論を通して誰もがその正論に従ってしまったら、世の中が成り立たなくなることがある場合だ。ただその場合、正論をぶつけた方が「そうはならない」と言って自らの正論をへし折ることもあるので、世の中は面白いものだと思うぞ。


正論で間違った事をぶん殴れる大人になれる様に頑張りますw




この記事へのコメント

人気記事