20代に聞いた! 夏ボーナス、54.1%が「減った」「支給なし」


学情は7月20日20代の転職希望者を対象とした「夏の賞与」に関するアンケートの結果を発表した。調査期間は2020年7月10~15日、調査対象は20代専門転職サイト「Re就活」サイト来訪者で、有効回答は383人。
○支給額に「満足」は4割を下回る

今夏の賞与について増減を尋ねたところ、「昨年と同水準」が28.8%と最も多かったものの、「やや減った」が14.1%、「減った」が19.2%、「支給されなかった」が20.8%となり、過半数の54.1%が「減った」または「支給されなかった」と回答。一方、「増えた」「やや増えた」の合計は17.2%にとどまった。同調査では、「新型コロナウイルスの影響で、賞与の支給額を減額したり、支給を見送る企業が増えており、その影響を受けた」と分析している。

支給額が増えた人の満足度を調べると、「満足(やや含む)」と答えた割合は37.5%と4割を下回った。満足している理由としては、1位「新型コロナウイルスの影響があるなか、支給されたから」(48.1%)、2位「期待していたよりも支給額が多かったから」(29.6%)、3位「今年は支給されないかもと思っていたから」(25.9%)と続いた。

一方、賞与の支給額が増えた人でも、「不満(やや含む)」と答えた人は35.4%を占め、「満足している人」とほぼ同じ割合に。不満に感じた理由としては、1位「期待していたよりも支給額が少なかったから」(58.8%)、2位「緊急事態宣言中も出社していたから」(52.9%)、3位「感染リスクを抱えながら仕事をしていたから」(35.3%)と、「緊急事態宣言中の働き方」も満足度に影響していることがわかった。

賞与の支給額が減った人に満足度を聞くと、「不満(やや含む)」が75.0%に上った。不満に感じた理由としては、1位「昨年よりも支給額が減ったから」(60.3%)、2位「緊急事態宣言中も出社していたから」(50.0%)、3位「期待していたよりも支給額が少なかったから」(47.4%)の順となった。
(御木本千春)

画像提供:マイナビニュース


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

普段は「民間企業も増額してるから」と毎年増額する国会議員のボーナス。あれ、今年は?


企業的にも座ってるだけで給料もらえると思い込んでるアホを切り捨てる絶好のチャンスと思ってることだろう。金が減ったとぶー垂れる前に自分の仕事見直した方がいいぞ。


もう、賞与とか言う制度やめて月額均等割りしろやクソ企業、人がすぐやめるとかそのぐらいのリスク企業側がもてよ労働者ばかりにリスク負わせてるんじゃねぇよ


どうせこの数ヶ月、コロナでまともに仕事してないだろ。


GOTOがなくなりボーナスも減ったとなったら、一体お金はどこに使われるんだろうかね。全部貯金かな?まあ、この状況じゃあ妥当かもねえ。


公務員が増えたら即煽り報道して減ったら一切興味持たないマズゴミ


ボーナスってのはその呼び名の通り、本来は出す義務の無いものだからな。状況に合わせて減ったり無くなったりしても別に問題では無い。


コロナ禍で就職できない、派遣切りやバイトクビで収入ゼロの人が多くいる中、収入があるだけマシだと思え




この記事へのコメント

人気記事