「ジャラジャラ音がしそう」「拡大しても本物に見える」 色鉛筆で描いた鍵の絵がすごい金属感とリアリティー


 見ただけでは絵だと信じられないくらいリアルな「鍵」の色鉛筆画がTwitterで「金属感がすごい」「拡大しても本物に見える」と話題です。思わずじっくり見たくなる一枚……!

【動画】リアルな鍵の絵のメイキング

 たくさんの鍵がついているキーリングが紙の上に置いてある……ようにしか見えない、すさまじいクオリティーの絵を色鉛筆で描いています。拡大すると、鍵の色から反射や影、微妙な傷や錆びなどの経年劣化が1つ1つ丁寧に描かれており、いずれも金属感がありつつも、それぞれに違いを感じられる繊細な表現に驚きます。

 約17万いいねを集めたこの鍵の絵を描いたのは、リアルな絵や存在感のある人物画などで注目を集めている、現在17歳の慧人さん。ツイートでは、絵の上に鉛筆を転がす“証拠動画”も投稿。あらためて本当に絵だとわかった人から「ホントだ!」「素晴らしい」「凄すぎて笑いしか出てこん」と感動する声が上がっています。

 ちなみに制作過程も公開しており、この時点で「これが絵だと理解するのに10秒位掛った」と話題になっていました。明らかに描いている途中なのですが、すでにリアルなため「え?紙切ってその間に鍵突っ込んでんじゃないの?」と混乱する人の声が上がるほどです。色鉛筆で鍵を“作ってる”感がすごい

 慧人さんの作品はTwitterのほかにInstagram(@yassun0222k)でも公開中。幅広い絵・イラストを見ることができますよ。

画像提供:慧人(@Yassun0222K)さん

慧人さんが描いた鍵のイラスト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

絵は上手いけど光は微妙じゃない?紙や机に当たってる光と鍵(絵)にあたってる光が違いすぎて浮いて見える。絵の部分だけ彩度(?)が違いすぎるよね。手前の鍵がややピンボケしてるのも気になるし、言い出したらきりがない。一瞬見て「騙された」の一発芸で終わるね。見れば見るほど粗が見える。技術が飛びぬけてる感はない。


すげえな。机に置いてあったら取ろうとして紙に指がぶつかるところまでイメージできたわ。


ゲームの画像も影と光の表現で見え方が変わる。


19世紀、風景や人物がメインだったリアリズムが、21世紀、日常品になっているのが絵画の流れ(違)


質感とか言ってるけど色合いが不自然。拡大して見れば見るほど絵にしか見えない。リアルを追求するならもっと色使いを慎重にすべき。


やっぱこういうのチラッと見てスゲースゲー言ってられるのって幸せなんだな


ケチ付けるのは絵が描けない奴の妬み認定者と すごいけどだから何?というちゃぶ台返しと こんな記事で給料云々という職業コメンテーター いずれかの出現に花京院の魂


>あまざけ  きっとこれを超える絵を描いてくれるはずなので期待したいところですね


素直にすごいと思うわ


絵に対する評価は人それぞれ。有名画家の絵が万人に理解出来るかと言ったらそうでは無い。それとも作者はただ賞賛して貰いたいだけなの?他人の意見にケチ付けたとか言ってるのは感性が無い証拠。


コメントで違和感を抱いたが結局自分には出来ないのでほめる、すごい。


こんなのスゴイの一言以外いらんやろw


色合いが不自然、色使いを慎重にすべきと批判するが具体的な指摘は出来ず、貶めることしかできない


自分が色鉛筆で描いても、対象に似てる色を鮮明に出せんしな。やっぱ腕が悪いんやろな。


花京院の魂はいらないけどこれ何の意味があるのとしか思わない。そっくりな絵を描くぐらいなら写真でいいってピカソとかも言ってたと思う。


>bussetsu 『そっくりな絵に慣れてない人間』に「手で書いたの? おーすげー」と思わせる意味は確実にあるよ。見せる対象の想定が「慣れてる人間」なら意味薄いのは確かだが


これは『そっくりな絵』とはちょい違って『紙の上に置いてあるように見える絵』。写真で撮ってもそうはならん。ので「おー、紙の上に置いてあるように見える」と思わせる意味が本来の狙いと思うかな。(だから前レス最後は『薄い』で『ない』ではない)


>>baron >>よしクン >>なとろ >>bussetsu ねーねー絵はもう描けたのー?もっとすごい絵描けたんだろうな楽しみだなー




この記事へのコメント

人気記事