とんでもないデカさのにぎり寿司を食べられる わかさ鮨がコスパ最高


100円回転寿司の大きさに慣れてしまうと、港町などで食べる大きめの握り寿司を見て「デカっ!」と思ってしまうことも多い。

そんなデカい寿司といえば、東京都三鷹市にある寿司店のわかさ鮨は、とんでもないデカさのにぎり寿司を食べられることで知られている。

画像をもっと見る

■デカ盛り寿司が人気の店

店は住宅街にあり、最寄りの三鷹駅から徒歩20分ほどかかる。

ランチ1200円とリーズナブルな価格だが、実際に頼んでみると…!!

関連記事:くら寿司「AIまぐろ」普通のまぐろと変わらない説 本当か確かめてみた結果

■とにかく巨大な寿司

ランチの内容は寿司のゲタからはみ出るほど盛られたにぎり8貫と、鉄火巻き

写真だとわかりづらいが、1つが回転寿司の数倍の大きさのにぎりである。

■ふんわりと握られていて激ウマ

まず手始めにイカを食べると、デカいのでにぎりもカチカチかと思いきや、予想外にふんわりと握られていて激ウマ!

まぐろ100円回転寿司まぐろの8倍ぐらいはありそうなデカさで、食べ応えがハンパじゃない。それなのに身はしっとりしたいいまぐろを使っており、臭みは感じられなかった。

■男性でも苦戦するデカさ

タコはたこ焼き10個ぐらいは作れそうな大きさ。スーパーのパック寿司と比較しても最低3人前はありそうなデカ盛りなので、男性でも食べ終わるころには苦しくなるだろう。

しかし、デカ盛りにありがちな大味な寿司ではないため、最後まで美味しく食べることができた。

■消毒も徹底

店内はあまり広くはないが、しっかりと業者に頼んで消毒をしているようなので、安心して食事をすることができる。デカ盛りと寿司マニアならぜひ行っておきたいわかさ鮨、次回はぜひ特上を頼んでみたいと思える店であった。

【わかさ鮨】

181-0013 東京都三鷹市下連雀7-6-24

・合わせて読みたい→はま寿司のテイクアウトで『ばらちらし』を作ると最強美味 大人も納得のウマさ

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

とんでもないデカさのにぎり寿司を食べられる わかさ鮨がコスパ最高


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

実際に食べたことあるけど、シャリが本当に握り拳ぐらいあって8貫で腹がパンパンになったわ・・・


大きい寿司は好きじゃないけど、美味しければ食べちゃうのかなあ。


1200円でこれならいいっすねえ。


昔四条河原町下ルに有った「田舎寿司」はもっとデカかったがシャリは普通サイズだったねぇ、、、バカが「ワサビが足りない!」と言ったのでワサビをコブシ大に握っただけのが出て来て大笑いしたっけ、、、


江戸時代の初期の握り寿司はデカかったらしい。しかし、一口で食いきれんから、二つに切って出し始めた。そのうち、半分の大きさで二貫出すようになったとか。時代に逆行してんな。


親が好きだから連れて行ってあげたいけど、遠いから無理かな。


うーむ…お得感はあれど、腹を満たすより味を楽しみたいんだよな寿司は。そしてあまり早くに腹が一杯になると味を楽しめなくなるだろうジレンマ。


ただ”デカっ!”って云うだけじゃ、大きさ分かんねえだろうが!読者に伝える気あんのか!?「写真ではわかりにくい」と言い訳する前に、スマホを隣に並べるとか、掌に乗せて写真を撮るとか、工夫しろ!!こんなくそ記事、載せるな!!!


「ニコニコニュース」運営への要望。見出しに【し〇べぇ発】とか、【秒刊S〇NDAY発】とか、記事の編集先を記載して欲しい、そうすればこんな”雑”な記事を目にしなくて済む。


>シャリが本当に握り拳ぐらいあってそんなにでかいのか…。記事内容の8倍のマグロとか見て「何言ってんだこの記者」とか思ってごめんなさい。


一緒に写っている割りばしから推測すると、大体8cmくらいありそうだな


大きいだけで、おいしそうには見えない。握り寿司はおにぎりじゃない。


回転ずしのシャリが小さくなりすぎてる気もするけど...


やっぱ隣にマイルドセブン並べんと




この記事へのコメント

人気記事