自転車の練習してたらコワイ人たちが…… 自転車に乗れるようになったきっかけ描く実体験漫画がぶっ飛んでる


 子どものころ、思わぬきっかけで自転車に乗れるようになった体験談を描いた漫画がぶっ飛んでいます。死ぬ気になったら人間なんでもできる……!

【画像】マンガ全編

 作者で漫画家の林たかあき(@1207Hayashi)さんが小学1年生のころの出来事。その日林さんは、お母さんと一緒に公園で自転車に乗る練習をしていました。

 お母さん自転車から手を離すとすぐ転んでしまい、「一生公共交通機関を使って生きていく」と、自転車に乗ることを諦めかけた林さん。そんな親子に声をかけて来たのは……。

 明らかヤクザっぽい親分と子分の2人組でした。自転車に苦戦する様子を見て、親分が子分に「お前ちょっと教えてやれ」と指示します。

 断る隙もない林さん親子。親分は「優しく教えてやれよ」と言いますが教わる側は恐怖心しかありません。指導方法はお母さんと変わりませんが、怖くてたまらない林さん。子分は「思いっきり漕げ!!」と自転車を支えていた手を離します。

 「コケたら殺される……!」。恐怖心から、手を離されても一人でこけずに進むことができた林さん。その姿を見届けた親分と子分は車で颯爽と去って行きました。これはこれで結果オーライ?

 林さん曰くこの体験は「実話」で、漫画には登場していませんが車の中では派手な女性が煙草を吸っていたとのこと。

 漫画を読んだTwitterユーザーからは「人間必死になればなんでもできるというけど実際その必死の状況に置かれたら堪らない」「ヒトは生命の危険を感じると何でもできる実例」「人間ってすげぇよな」と、窮地に立たされた人間は能力を発揮できることを再認識するコメントが寄せられていました。

画像提供:林たかあきさん

『ボクが自転車に乗れるようになったキッカケ』


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

その方たちは単なる気まぐれで教えたんでしょうかね…。とりあえず無事で良かったですいろんな意味で


やさしい・・・のか?


もしそこでコケてたら今ごろはコンクリート詰めで海の底か、命拾いしたな


自転車でコケる理由の1つが恐怖心で漕ぐのを躊躇する事による速度不足だから、別の恐怖心で追い立てるのは、ある意味合理的…かも?


コワイ!


コワイ人達より教える時に離すよって言っちゃうことに疑問を感じた…自分の時は「ちゃんと持っててよ!」「持ってるよ」「持っててよー!」「持ってるよー」を繰り返したらいつの間にか手を離されてたから…


真島の兄さんだったら必死で漕かんかい!ってドス持ちながら追っかける


やくざが普通に公園にいた時代か。今ならやっぱ声かけるだけでも通報されたらどうにかされちゃうんかね。


在日不審者。 日本人拉致問題とは、北朝鮮工作員がいちいち誘拐しに来る事ではない。日本国内の在日コリアンが、近所で日本人を誘拐し、最寄りの朝鮮学校で金に換える「人身売買」


チャリ(意味深)の練習(意味深)してたらその道のプロ(意味深)ぽい人きて手ほどき(意味深)されたのか


実は親分は自転車を諦めてしまった過去があり、同じように挫けそうになっている子供に自分を重ね、つい声をかけてしまったのだ。思えば自転車に乗れなかったことが人生の分岐点だったかもしれない。自転車を漕ぎだした子供を車から見届け、もしかしたらあの時自転車に乗れていたら違う人生になっていたかもな、と親分は過去に思いをはせるのだった。(ここまで妄想




この記事へのコメント

人気記事