無関係な人を意味する「赤の他人」の「赤」の語源は何?その由来を解説


自分とは無関係の人、縁もゆかりもない人のことを「赤の他人」と言いますよね。では、なぜ「赤の他人」というのでしょうか?



また「赤の他人」以外にも、「赤っ恥」「真っ赤な嘘」「赤裸々」など「赤」を使った日本語の表現がたくさんあります。



「赤」の語源は何なのでしょうか?その由来を調べてみました。



赤の他人とは



全く縁もゆかりもない人のことを「赤の他人」と言いますよね。まずは、「赤の他人」の意味や類義語をまとめてみましょう。



意味



「赤の他人」とは、全く縁のない他人、何の関わりもない他人、完全に無関係な人を意味します。



類義語



何の関わりもない人を意味する「赤の他人」の類義語には、「無縁の人」「縁もゆかりもない人」があります。



ちなみに縁もゆかりも・・・の「ゆかり」は、「所縁」と書き「縁」と同じ意味です。関係がないというのをこれでもか、というほど強調した言葉というわけですね。



「赤」の由来とされる説①



なぜ「赤の他人」は、ただの「他人」と言わず「赤」と表現するのでしょうか?



その由来はいくつかの諸説があります。その中でも代表的な物を2つ今回は解説していきますね。



赤は強調表現



由来のひとつに、赤は強調表現だというものがあります。



赤には「明らかに」という意味があるため、「赤の他人」は「明らかな他人」という意味で、他人であることをより強調するために使われています。



実際、私たちの周りには「赤」が強調表現として使われる言葉はあるものですよ。



赤を強調表現として用いる言葉



「赤の他人」の他にも、赤を強調表現として用いる言葉はいくつかあります。



赤っ恥



「赤っ恥」とは、ものすごく恥ずかしいことを意味します。赤面するほどひどい恥をかいた時に、「赤っ恥をかく」という表現をよくしますね。



真っ赤な嘘



「真っ赤な嘘」は本当の部分がまったくない嘘、明らかな嘘のことを言います。ただの「嘘」よりも明らかな嘘であることが分かりますね。



赤裸々



「赤裸々」は、包み隠さない、まるはだか、何もないという意味です。



一糸まとわない様子を「赤裸々」といい、話す上で全く何も包み隠すことがないという意味になります。



裸が2つ重なっている上に、赤でその様子を表現しているので、本当に何も隠していない状態というのが伝わってくる言葉ですね。



赤の反対は黒



日本語の「赤」の語源は意味と同様「アカ(明)るい」で、夜が明けてあかるくなるという意味から、色の「赤」に転用されました。



そして、日本語の「黒」の語源は「クラ(暗)い」で、日が暮れて暗くなるという意味から、色の「黒」に転用されました。



つまり、赤と黒は反対の意味になるのです。原始日本語では、黒の対義語は「白」ではなく、「赤」であったともいわれています。



ちなみに赤の対とされがちな「青」はぼんやりしている状態なので、対となる色がハッキリしたことを指す「白」とされています。



「赤」の由来とされる説②



「赤」の由来とされる説は、強調表現だけではありません。仏教用語である「閼伽(あか)」が転じたという説もあります。



閼伽とは仏教において仏前や墓前に供えられる水のこと。つまり、「赤の他人」は「閼伽のように冷たい関係の他人」という解釈になります。



まとめ



「赤の他人」「赤っ恥」「真っ赤な嘘」など、「赤」がつく言葉はたくさんあります。



「赤」の語源は諸説ありますが、その中のひとつに「赤は強調表現となる」という説があります。赤を付けることによってより強調した表現になるのです。



「赤の他人」はただ知らない人という意味合いではなく、全く無関係の人、縁もゆかりも全くない人という強調した意味になります。



「赤っ恥」「真っ赤な嘘」なども、「赤の他人」と同じように強調した表現になっています。



他にも、仏教用語で仏前や墓前に供えられる水を指す「閼伽(あか)」から来たという説もあります。この説の場合は、赤っ恥など他の言葉との関連はないということになります。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

無駄な文章と無駄な画像マシマシで「いかがでしたかブログ」レベル。


記事の流れが完全に「いかがでしたか?」ブログと同じで笑うしかない


NAVERまとめ並みに読みにくいイライラするから読むのやめた


検索したらすぐにフリー辞書で答えの出ることをどや感で記事にされましても。


もう少し掘り下げて、赤い糸とかも入れるべきだったかと


「赤」は他人


朱書きの破門状が出た人間を指す言葉じゃないん?


無駄すぎる改行、クソ広い間隔、明らかに必要のない前置き、まとめになってないまとめ、大して使う必要のない画像での分量の水増し。おまけに内容もググったら出てくるレベルときた。なろう小説でも読んでる方がマシな記事だわ。


この他人は赤く塗らねぇのかい?


貴様…塗りたいのか


ヘッ…冗談だよ!


ほーん確かに何で赤って言うんやろな…気になるしちょっと覗くか→スクロール→スクロール→スクロー(ry長いわ!解説するのにそこまで下潜らせなくてもいいやろがい!!!


こんだけ引き延ばしても根拠すっげぇ薄くてなんて無駄な記事なんだこれ…なんかの文献から引用するとかでも無かったし。赤の他人でググったらいの一番に出てくる内容をこんだけ引き延ばすな


これがpostfunならページ細切れにして何十回も次へ押させるんだな


悲しいかな、ここの怨嗟コメは掲載元には届かないんだよなあ。


掲載元見てきたが、あちらだと改行幅はそれほどでもないので、この間延びはニコニュースの仕様のようだ。


ほんとに文字書きが書いた文章なのか?流れが下手すぎ。もうちょっとうまくまとめられないものか。


本題に入るまでに何回スクロールさせるんだ。それと、由来2のやる気のなさ。1だけでよかったやん。


「これだけ説明できればチ○コちゃんにも叱られないでしょう」ぐらい気の利いた文書けばええのに


ここのコメ欄はニコニューの雑学カテゴリに一体何を期待しているんだ(困惑)


局部を隠すのに赤さんが用いられていたのは、何らかのメタファーだった…?


なんで赤なんだろうな、朱でも紅でも緋でも良さそうだが全部赤なんだよな。


何だこの生地を極限まで薄く伸ばしたような記事は…(激ウマギャグ)


5chの専門板にこういうのいるよなたまに


行間がクソ広いのとまとめがただの繰り返しなのを除けば入り口としてはいい記事なのでは


ほんとだ!赤い!


アカとは他人でいたいね、あいつら真っ赤な嘘だらけだ


共産主義者のことだゾ


暴言吐かないと*じゃう人がいますね。精神病院に行った方がいいですよ


記事のすべてがコメ欄のボトムズの下りで全て消し飛んだわ。


ゲーム脳だと赤は敵なイメージなんだよなあ 青は味方で。スパロボとかの影響かな?


赤るい、黒いかあ。なるほどねえ


近いうちにチコちゃんに取り上げられそう


筆者は赤っ恥という言葉を勉強した方がよかったですねぇ


青の時代の青って由来なんなんだよ。


色の対義語は面白かった。青竜・白虎、朱雀・玄武とか対になってるな


「明」から派生した赤、故に「明らか」と言う意味で赤が転用される場合がある。   ※白の語源=著し(しろし)≒印。対して青の語源=淡し(あわし)と言われる。   つまり、明白=二重強調表現と言える。




この記事へのコメント

人気記事