人種差別の無根拠を暴き、欺瞞に反対した史上最初の書


『レイシズム』(講談社) 著者:ルース・ベネディクト


意識的な差別を拒絶した後に

左利きのための鋏が発売されたのは、二十世紀も半ばのことであった。私の幼年期、親も学校も左利きの子を右利きに矯正する教育に励んでいた。私は眺めていただけだが、今の基準ではあれは無意識の差別だった。

1940年、世界はきわめて意識的な差別感情に襲われ、差別をめぐる大戦の渦中に脅えていた。新しい差別の口実は「人種(レイス)」と呼ばれ、十九世紀末に遡(さかのぼ)る似非科学を根拠としていた。従来の宗教的異端、階層差や言語、風俗にもとづく差別とは異なり、人種は肌の色や頭蓋骨の形態など遺伝形質に注目する点で、差別はかつてなく宿命的な重みを増すことになった。著者はこの時期に本書の筆を執り、人種差別の無根拠を暴き、欺瞞に反対する史上最初の人となった。

当然、筆法は論争的となり、ナチスの掲げる「アーリア人種」が虚構にすぎず、歴史的にも人類学的にも破廉恥な嘘であることが暴露される。ユダヤ人迫害が異教排斥でも異文化排除でもなく、じつは殺害を伴う財産強奪にすぎなかったことも告発される。第二次大戦の勃発はその前年だから、著者の主張は結果として、連合軍の対独開戦の理論的根拠、宣戦の理念の表明にもなっている。

だがその後の著者の本旨を辿ってゆくと、やがて人種差別はナチズムのような世界観ではなく、もっと曖昧な因襲に根ざして芽生えた悪徳だったことがわかる。古典といえるゴビノーの『人種不平等論』も、未来社会への展望を欠いた、凋落貴族の憤懣の吐露にすぎなかった。肌の色で差別された最初の人種はアメリカ先住民だが、迫害した英国系白人には人種差別の理論などなく、もっぱら空いた土地が欲しいだけであった。

もっとも人種差別の真の怖さはこの非論理性にあって、駁論(ばくろん)によって排除できないという点にあるのかもしれない。著者は巻末に近づくと、差別を生む社会的な土壌の側に目を向け、それを防ぐべく福祉政策の必要を説いている。黒人差別が貧困白人のあいだで強いという事実に鑑みると、福祉は差別集団を含む全国民を潤さなければならない。人々に平等を保障する民主主義と、それに原資を供給する「ソーシャルエンジニアリング」、国土建設、土壌保全、医療や教育、国民購買力の向上をめざす政策が不可欠になる。

いずれもニューディール時代の政策であって、著者はいかにも「時代の子」として誇り高く巻を閉じている。少なくともこの著書に関するかぎり、高説の内容に隙はなく、現代にも適用可能な社会理論として、新訳に値する成功を収めたことは間違いない。

一方、差別問題そのものは本書が古典となった現在、近代が世界化するなかでむしろ複雑化し、先に触れた無意識の差別、左利きの矯正を犯し始めていないだろうか。近代化は価値の体系だから、多様な「後進」文化の価値観と衝突し、無意識どころか、善意によってそれを抹殺する危険を秘めている。じつは著者の専攻する文化人類学も、前近代文化を主な対象として、客観的に観察する旨を標榜している。だが文化は自然現象ではないのだから、客観的に観察する姿勢はそれ自体、正当なのだろうか。とりあえず人類学は異文化を語る古老を情報提供者(インフォーマント)と呼ぶのをやめ、「お師匠さん」と敬うべきではないだろうか。

【書き手】
山崎 正和
1934(昭和9)年京都府生まれ。劇作家、評論家。中央教育審議会会長。文化功労者。京都大学文学部哲学科卒業、同大学院博士課程修了。関西大学教授、大阪大学教授、東亜大学学長等を歴任。著書に『世阿弥』『鴎外 闘う家長』『社交する人間』『装飾とデザイン』等。

【初出メディア
毎日新聞 2020年5月23日

【書誌情報】

レイシズム

著者:ルース・ベネディクト
翻訳:阿部 大樹
出版社:講談社
装丁:文庫(224ページ)
発売日:2020-04-10
ISBN-10:4065193877
ISBN-13:978-4065193877
レイシズム / ルース・ベネディクト
人種差別の無根拠を暴き、欺瞞に反対した史上最初の書


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

古老を師と敬えというのも無意識の差別なんだよぁ。この著者は*だから、特別扱いも差別だと気付いていないのか。


「国籍」と「人種」を故意に混同させて、在日コリアンの特権工作に加担したいのがバレバレですよ。 在日コリアンは、日本に「帰化」しないままで、日本人と同じ権利を要求してるのが問題なんだからね。朝鮮学校もしかり。 差別じゃなくて「差別化」です


人種と国籍は別。イチローがアメリカに帰化したらアメリカ人になる。


程度の問題。


どっかで見た事あんなと思ったら「菊と刀」の人だった。原著は1942年発行だけどなこの本。


>今の基準ではあれは無意識の差別だった。 機能性の問題をそう変換してる時点で異常としか。


「より優秀な遺伝子を取り込み、自分の遺伝子を残す」、は生物の基本的な本能だけどな。その過程の中で人種というカテゴリーができ、遺伝形質に対する長年にわたる価値評価が、人種差別を作りだしてきたわけだが。


本来、遺伝形質ではない文化・教育・技術・習慣・宗教などの後天的な民族・集団形質が、人種特徴としてとらえられ、固定観念化して差別されているのが問題なのだ。


まあ、現代においては種々の差別がある。性差別・体格差別・学歴差別・障害者差別・その他など、本人にはどうしようもないものが多い。人種差別だけを特別扱いするのもどうかと思うが。


左利きの矯正は,右利きが圧倒的多数の世の中で不利益を生じないための自衛策と言う意味があると思っているんだが? どこにでも左利き用の道具が用意されているわけじゃないし,それを用意しろってのは無茶な話だ.個人的には矯正された結果両利きになってる人を見ると「便利でええなぁ」って思う.


最も現代では「他人に人種差別のレッテルを強いる事の無根拠性」が批判されているんだがな


知ってるか?差別ってのは口にした瞬間から「した奴の差別」になるんだぞ、無意識の差別?結構だ、無意識に区別出来る程度にはソレには違和感があるって事だからね。君らの言う差別はただの「金づる」だろうから無差別を口にする奴ほど差別してるって事になるんだけど?


逆差別というものがあってだな。差別利権もあるしな。人類皆平等とか困るでしょ。どっちも。


「左利きだね」って言いふらしてくる、私はマイノリティあなたはマイノリティっていう勝利が確定したいわゆるスカムが好きな人種はおるよ


こういう過去の名著を利用してリベラルマンセー保守は*扱いしてくる連中って当然のように自分自身はエリート側に配置してやがるよな。単に支配者側に回って楽したいだけじゃねえか


差別しているという人たちは、既に定まった秩序の中で平穏に暮らしているのに、平和を乱して迷惑をかけるから、非難・排除されそうになっているだけです。大多数の普通の人々に危機感を与えるようなことをしなければ差別などされない。現地の環境を受け入れる気持ちと同化意識が足りないのです。


>「便利でええなぁ」と思う  傍から見たらそう思うやろうけど、ガキの頃に無理して矯正された奴は大なり小なり身体のバランスが崩れて長いこと苦しんどる。特に左で出来てたことが右では出来んというのが物凄いストレスになるんやで。


多数派の右利き想定の機械をむりやり左手で作動させると左利き操作者が自分の操作した機械に殴り*れたりするんですが、、、


差別は撲滅されるべきだが、差別を利用して優遇を勝ち取ろうとする輩も同様に撲滅すべき。そういうやつは自分が最も差別を推奨していることに気づいていない。もしくは気づいて利用している


結局嫌な気持ちになる人をなるべく少なくするよう社会は動く。黒人の、白人に*れるかもという不安が、白人の黒人に*れるかもという不安より、質と量が(瞬間的に)多いからアメリカではあんなことが起こってる。


差別と区別の線引きが曖昧な所があるのが問題なのかなとは思う。トイレや更衣室を男女別にするのは区別だろう。生活保護を自国民だけにするのも当然区別だと思うのだがね?生活保護は憲法の「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」為にあるのだから他国の人間にまで適用するのはおかしいよね?


「福祉は差別集団を含む全国民を潤さなければならない」←この辺が言いたいことなのかもしれんが、日本は国民じゃないのを潤しすぎだと思うよ。


思想と現実の齟齬は、平等を唱えていたジェファーソンが黒人奴隷を所有していたとか、立地点や時代が変われば、言ってることとやってることに齟齬を生じるような仕組みになっている。




この記事へのコメント

人気記事