下がり続ける日本人の読解力。「読みやすい本」に潜む脳への悪影響とは


 経済協力開発機構(OECD)は、3年に一度国際的な学習達成度の調査を行っている。OECD加盟国は、アメリカイギリス、韓国、エストニアなど37か国で、それらの国の15歳児を対象に、「読解力」「数学的リテラシー」「科学的リテラシー」の3部門で調査をしているのだ。

◆読めば読むほど読解力が下がる

photo via Pexels

 2018年に行われた調査によると、日本の数学的リテラシーは1位科学的リテラシーは2位と世界的にもトップレベルだった。しかし、読解力においては2012年には1位だったのが、順位が下がり続けて2018年には11位となった。韓国(5位)やアメリカ(9位)よりも低い結果である。

 この読解力については世界的にも低下傾向にあるが、日本もこのトレンドに沿って低下しており、他国に追い抜かれている

 このような結果を見ると、「最近の若者は本を読まなくなったからだ」と思う人がいるかもしれない。たしかに、読書量は減少しており、本を読む頻度が高い生徒のほうが読解力の得点が高いということがわかっている。

 ということは、もっと読書を推奨したほうがいいのだが、「何で読むのか」「何を読むか?」「どう読むか?」ということまで考えることが、読書効果を高めるためにはかなり重要だ。読み方を間違えると時間の無駄になったり、逆に読解力を下げることになってしまうかもしれない。

 「私は年間100冊も本を読んでる!」という人も、もしかしたら、その読書量がかえってあなたの読解力を下げてしまう読み方をしている可能性があるのだ。

スマホタブレットに合わせて脳が変化
 近年、書物に触れる方法は紙の本雑誌だけでなく、電子書籍noteのようなブログでも読書をすることができる。それぞれいい点はあるのだが、悪い点を把握しておかなければ、どんなに読書をしても、あなたの読解力は低下していく

 例えば、タブレット端末で読書をした場合と、紙の本で読んだ場合の読み方の違いについてだ。

 ご存知の方も多いだろうが、紙の本で読んだ場合は脳はじっくり読もうとするのだが、タブレットで読書をした場合、人間の目はジグザグかF字型で画面を見る「斜め読み」で読書をしてしまうことが最近の研究でわかっている。

 iPadに限らず、kindleのようなタブレットで読書をするときに、脳は画面を俯瞰して自分が気になるキーワードピックアップして結論を読み、それに納得できれば裏づけになる細部を読みにいくような読書スタイルを行ってしまうのだ。

 そうなると、本全体の論理構造や流れについて意識することがなくなってしまい、興味のある部分しか読まなくなってしまう。そのような読書習慣があると、脳もその読書方法に適用するよう変化する。そして、脳に合わない本やブログを読むときにストレスを感じてしまい、脳に合った本やブログ、つまり論理構造が複雑なものよりもシンプルに情報を得るためのものを読むようになってしまう

 そして実は、それはタブレットを使った読書に限定されるわけではなく、紙の読書でもそのようなスタイルの人が増えてきている。なぜなら、ネットで必要な情報を集めることが多く、そのときに斜め読みをしてしまい、脳がそれに合わせて変化しているからだ。

 例えば、最近よく売れている自己啓発本などは、論理構造を理解するために大量の脳メモリーを使って読者の“頭に汗をかかせる”ことなく、わかりやすい情報を与えるだけになっている。

◆「読みやすいから売れる」の皮肉
 そのような本をたくさん読んでも、読解力や考える力、理解する力は大きく身につけることができない。

 もちろん売れている本、流行の本を読むのもよいことだ。しかし、読解力を身につけるためには、できればアナログ、難しければデジタルでもいいので、日本の古典文学や哲学書のような、複雑な論理構造や行間理解が必要な読書を行う必要がある。もちろん、斜め読みをせずにだ。

 皆さんは、哲学書や古典文学を最近読んだだろうか?

 古典文学は美しい論理構造を持っており、前提知識がないとわからないものは少ない。難しくて読んで理解するのに時間がかかるが、論理構造がめちゃくちゃでわからないという類の本ではないので、脳の読解力の向上に繋がるのだ。

 現在売れている本は、今の日本人の読解力レベルに合わせてあるので、「読みやすいから売れている」という可能性もある。つまり、たくさん読んでも実にならないかもしれないのだ。また、書かれている内容が重複していることも珍しくない。

◆あえて読みにくい本を読む
 話を簡単にまとめると、読みやすい本は読んでいて楽だが、読みにくい本を読むことも必要だということだ。

 例えば、読解力を上げたいならば、ニーチェキルケゴールらの書いた哲学書や、太宰治夏目漱石の著書がオススメだ。比喩の内容を考えたり、論理構造やストーリーが美しく作られているので、読解力を身につけるのに効果的だろう。

 読者の皆さんも、このような読解力が必要な本を最近読んだのはいつだろうかと、思い返してみてほしい(もちろん、エッセシャル版や超訳版ではなく)。

 本をたくさん読むことはよいことだし、最新の情報を得るためにニュースブログ記事を読むのもよいことだ。だが、「何を読むか?」「どう読むか?」を意識して読まなければ、自分のスキルアップには繋がらない

【参考資料】
『OECD生徒の学習到達度調査(PISA)』国立教育政策研究所
デジタルで読む脳×紙の本で読む脳:「深い読み」ができるバイリテラシー脳を育てる』メアリアン・ウルフ

<文/山本マサヤ

【山本マサヤ
心理戦略コンサルタント。著書に『トップ2%の天才が使っている「人を操る」最強の心理術』がある。MENSA会員。心理学を使って「人・企業の可能性を広げる」ためのコンサルティングやセミナーを各所で開催中。

photo via Pexels


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ハーバービジネスオンラインの読者に何の期待してるんだか・・・


読者が記事元の名前と例の国以下という情報を認識した瞬間、コメント欄までの斜め読みを誘発する、とてもこうどなとらっぷ。


読む人の理解力がないという誹謗中傷やめてもらっていいですかね、反日・ビジネス・オンラインさんや。


文章を読む能力のは訓練で身につける特殊技能なので小さい頃からたくさん音読や写経を経験させなければならない


ハーバーの記事を情報源にしている人間は読解力だけでなく知性も低いか、もしくは母語が韓国語のどっちかだろ


本を読め読め五月蠅い奴ほど伝達力なくて頭が悪いんですが?教師とかチンパンとかな。自分で自分が賢いと思ってる連中って言えばわかりやすいかw


意図が読みにくい文章書いてるから相手にされてないのでしょう というかさ、お前の所の記事は目が滑るんだよ 一応読むけどさ


下がり続けるハーバーの部数


まあ長文は書いてるほうも何書いてるか判らなくなるし、変な文章多いよね。太字や下線あると読みづらいし。これは御記事に限らず広く一般に言えること。文字装飾をしやすいWebに多い。あと、書く練習が圧倒的に不足している。


夏目漱石は文学を一般大衆に親しまれるように再構築した功績が評価されているのであって、この人がいってる小説なんてのも当時は低俗なパルプフィクションと思われてたんですよね。んで、江戸時代の識字率を支えていたのは大衆文学なので。じゃあ江戸時代の書物読めるの?福沢諭吉の『学問のすゝめ』の「学問せざるべからず」とかいう書き方バカじゃないの?「学問するべき」でいいだろ。


この人ニーチェ読めとかいってますけど、キリスト教的価値観念に支配されてない日本人に『ツァラトゥストラ斯く語りき』読ませてもなんのこっちゃ?としか思わないと思うんですよね。読解力って作品に隠された政治的なメッセージやプロパガンダに騙されるなってことでもあると思うんですけど、常日頃からチェリーピッキングや確証バイアスに支配されてる記者はレヴィ=ストロース読めと。


太字多様で読みにくいったらありゃしない。内容以前の問題だな。


ハーバーにしてはわりとまともな記事だった。わかりやすい文章の本が売れやすい、というのはあるけど、これは作者がわかりやすくする努力をしているから。それが悪いわけじゃない。難しめの本に面白いものが少ないからだよ。最近の本で「11万部突破!」とか帯にあるの見たけど、ラノベとかはヘタすりゃケタが2つ違うくらい売れてるもの。人に読ませる魅力がないのが問題


今に残る古典はゴミ作品が除かれているともいえるが、そもそも弾数も少ないからな。今となっては微妙ってものもある。 ところでハーバーが言うと、最近の読者は記事の裏ばっか読んで記者の意図通りに躍らないんだが、これは日本人の読解力が低いせいニダっと愚痴をこぼしてる様に見える


ハーバーだのプレオンだのいった反日勢力は読解力がどうとか以前に人語が理解できないじゃない。PCR検査の例をとってみても、検査だけ増やしても無駄とか、そもそも精度が低いとか、誰でもわかるような言葉で反論されても、しつこくケンサケンサ喚いてたし。あれでこの連中はホントに人語が理解できないんだなって確信したよ。


まあ、文章力の無いマスコミを読んでたらそうなるねぇ、、、「天〇人〇」とか、、、


■ 【読解力ランキング】のカラクリ。 → この記事では隠しているが、上位10か国を見ると「移民国家」「青田買い国家」なのが分かる。 1位上海、2位シンガポール、3位マカオ。 要するに「他国から優秀な子供を集めてる」のが正体だ。つまり、「自国民の子供ではない」のだ。アメリカの有名大学と同じ。青田買い、人買い。


▲ その学習到達度ランキングの上位4位が、北京、シンガポール、マカオ、香港、って事を、少しはおかしいと怪しめ。 なぜマカオ?なぜ香港? シンガポールの首相も中国人華僑な訳で、なぜ上位1~4位が中国系で独占してるのか、不審に思え。読解力がないって、こういう事じゃねーのかい?


▲上位の、シンガポール、マカオ、香港、カナダ、フィンランド、は移民大国、植民地であり、「自国の国民」じゃないだろ、*が。他国の優秀な子供達を輸入してる、「青田買い」だろ。つまりは、「自国で教育した訳ではない」だろ。茶番過ぎる。


▲ この上位10か国が、移民立国の植民地であり、「自国民の子供を育てるのが上手い」のではなく、単に、「他国の優秀な子供を買い漁ってるだけ」を看破する事を、【読解力が優れている】と言うのであれば、「日本人の読解力が落ちている」という指摘は、正しい。


ちなみに、2009年度の読解力ランキングは、1位「上海」、2位「韓国」。 お察しですね


ハーパーとプレオンの記事を真剣に読む暇があったら東スポ読むわ。


この手の記事、例えば「幸福度ランキング」「男女平等ランキング」「報道の自由度ランキング」の場合、1位~10位を明確に表示しないのは、【カラクリ】がバレちゃうから。  2009年度の読解力ランキングは、1位「上海」、2位「韓国」。 ← 上海在住の中国人が優秀なのではない。外国から子供を集めてると言うだけ。


東スポ読むわ ← このニコニコニュースに、東スポは提供してないが、「リアルライブ」の運営会社は読売であり、記者は東スポと同じだ。


じゃあナックルでも読も。


まあ、文章の意味を曲解する一番の職業はマスコミだけどな。  「ナチスに学ばなければならない」とかな


文章構造の理解だけでなく、漢字・熟語・慣用句等々の知識がない時に調べてまで文章を読もうとする人が減ったというか……既知の領域でストレスフリーにいきたい人が増えた気がする。


だからってよく分からない文章を長々と書くハーバー、プレオンの記事はどうかと思う。


読解力が下がってる原因はおたくら文屋の書く能力がごみクズレベルになってるから9割読み飛ばさないと事実を曲げられるからやぞ


「新聞で順位ひっくり返したる!」くらい言う気骨見せろよ文系もどき。


反日ハーバーの読者の読解力が減るのは仕方ないんじゃない?ハーバーの*な記事ばかり読んでいたら、知能が下がるのは仕方ない。


まぁ言ってる事自体は分かる ここのコメント欄でも自分の都合の良い部分の文章しか読めずに記事の内容とは見当違いのコメント残しちゃってるバカを結構見るもんな


本や記事書いてる人ですら、論理力とか失ってるのおるからね。


ニーチェやキルケゴールを推薦するって本気か? 読解力の無いやつが簡単に読めるような代物じゃないぞ。せいぜいラッセルの哲学入門がいいところだ




この記事へのコメント

人気記事