田舎育ちが振り返る「村社会の3つの特徴」描く漫画に共感と驚きの声 プライバシーのなさ、よそ者はよそ者など


 「これは、私が知っている村社会です」――福岡県のある田舎で生まれ育った作者が「村社会の3つの特徴」を振り返る漫画が、Twitterで共感や驚きなどさまざまな反響を呼んでいます。特に3つ目は重い話だ……。

【画像】マンガ全編

 投稿したのは、漫画家イラストレーターの新月ゆきさん。現在は東京都在住で、Twitternoteでエッセイ漫画やイラストと文章による体験レポなどを公開しています。

 まず村社会の特徴の1つ目として挙げているのは、プライバシーが筒抜けな点。特に仲が良いわけではないひとの家でさえも、リアルタイムな情報(例えば勤めている会社や彼氏・彼女の有無、夫婦ゲンカの理由など)を「知ってて当然」と話す母親に、「私のこともよその家で話題になっちょうんやろか?」とゾクリとした体験を描いています。

 特徴2つ目は、土地・先祖代々の人間関係があること。例えば初めて会う人でも、「苗字」だけで本家の住所や家族構成が分かってしまうということがあります。

 新月さんの場合、病院などの名前を呼ばれる場所で知らない人から話しかけられ、「どこどこ(本家の住所)の?」「もしかして○○さん(父親の名前)の娘さんね?」と聞かれ、最終的に「あーゆきさんねー」と言われたことがあるそうです。ちなみにその人は新月さんの父親の家の知り合いでした。

 そういった血や土地で人がつながっている村社会の“あたりまえ”の中で、新月さんはある日の出来事で、村には2種類の人間がいることに気がつきます。その出来事とは、母親が、外から引っ越してきた30代の夫婦のことを、監視するような怖い目で見ていたこと。トラブルはないものの、村から得る情報が少ない「得体の知れない者」として恐らく警戒していたのであろう母親の姿は印象的です。

 最後の特徴3つ目は、よそ者はよそ者。そして上記の2種類の人間とは、「村の人」か「よそ者」か。漫画では、新月さん自身も引っ越してきた夫婦のことを“新しい人”と潜在的に意識していたことが描かれ、その“よそ者”がいつ村の人になるのかという疑問について、「……たぶん死んでから」ではないかと想像する、重い話になるのでした。亡くなった2人の子どもが村に住み続けて、ようやく村の人になる――これはあくまで1つの考えですが、それだけ“よそ者はよそ者”という空気を、その村社会で生まれ育った作者が感じているのが分かるお話でした。

 コメントでは、3つ目の特徴に「強い衝撃を受けました…!」といった声から、「地元がまさにこんな感じ」「田舎に住んでるからわかる」などの共感の声が寄せられ話題に。その後、新月さんは「10~20代の頃は、(他人との)この距離感が息苦しかった」とツイートしつつ、一方で「助け合い精神が強い」といった村社会の別の特徴を挙げ、「村の誰かが困った時は、周囲の人間が助けようと動きます」と、村の人々の温かい面についても触れています。

画像提供:新月ゆき(@Shingetsu_yuki)さん

作者が感じる村社会の3つの特徴をわかりやすくまとめています


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 image.itmedia.co.jp)



<このニュースへのネットの反応>

まぁ普通に外部の人間から村を守るという意味では妥当な特徴だし、しゃーないんじゃない。これを逆にしたらよくわかるよ「普段何してるかわからない、どこに繋がりがあるかわからない人」「村に定着するかわからない人」こんなん治安が悪かったらそりゃ警戒されるよ。治安のいい日本だから嫌な風習になるが、治安が悪ければむしろ必要な風習


コロナに羅漢したからと石を投げたり家に火を放つ風習の田舎が世の中にはあるけど治安悪いと思うわ


それこそ有史以前から続く風習だろうからなかなか変わらないわな


読んで来た、リアルだな。「*でから」は当然の事だろうし、「村の人」はもう何代も*だ後だから当然だな。その後の感想も含めて、当たり前じゃないかとしか言えん。 前提として「他人の仲間にならなければ」と言う間違った観念がある。


外国人の場合なんか分かり易いがしきたりと言うか、日本の常識すら無いのも多いからな 多くの朝鮮シナ人なんて馴染もうともしないだけならまだしも日本に潜伏する工作員の場合もあるんだから警戒して当然 そういうことに無知なお花畑が相手に合わせた対応使い分けできなくて問題に加担する有様 防御機構としてはかなり優秀なんだから日本人はその価値見直せよ


過疎化して潰れるのも納得だな


「治安のいい日本だから嫌な風習になる」、ではなく、「このような風習が治安を保つ」なんだよ。


ウチのネコもテリトリーに新しいネコがくるとギラギラした眼で観察してる


東京の人間の俺には概要はわかっても根っこの部分は判らないが、基本的には横溝正史の世界だと思ってる。


治安は、定着している人間が作るもので、流浪している人間には作れない。流浪している人間は治安にただ乗りしてるだけ。


いうてバブルの頃にそこそこの年齢で働いていた世代は大抵出稼ぎで一回は都市部に出てることが多いからよそ者に対して寛容(無視)な人も多いで。


定着は普通は3代目から定着と認められる。かつて「江戸っ子」も3代目から名乗るのを許された。


コロナ騒動見てたら全然治安守れてねーじゃん


>>せんちねる その定義にその土地の人と結婚していることを付け加えてもいいと思います。


村というかどこに言ったってそう。よそ者が嫌われるのはただ単に自分たちの常識を村に持ち込むから。そしてさらに村の常識に対して譲歩や理解を示さないとここで敵対する。会社に限らず都市部とかでもそうじゃないのかな。やり方を教えても「いいえ自分は結構です」と言われればどうしようもない。じゃあ何でこの会社(村)に来たのってなる。そういう人は村で自立してて孤立してる。


地方によって違うが一般に、村人として認められるためには、長期に住む以外に「冠・婚‣葬・祭・賦役」の付き合いが必要となる。そのすべて(十分)を付き合う人を村人と認め、蔡以外(八分)の付き合いを断る人を村八分という。


×蔡以外 〇葬以外


なんか新人を入れる企業みたいな感じね。ずっといるかわからないよそ者みたいな


なんか「せんちねる」とか言うのが連投しまくってて萎えた


うちの母親もどっからかご近所さんの情報仕入れてくるし、田舎+おばちゃんのコミュ力は強い。


べつに余所者が警戒されるのは解るが*まで警戒されっぱなしで改善される方法がないてのは絶望するわ


たとえば、大都市の高級住宅街だとどうなんでしょうね。


野暮天だが、羅漢(らかん)ではなく罹患(りかん)ですぜ。


村のイベントに参加して「何も知らない身ですがよろしくお願いします」ってやっときゃ大丈夫じゃね?(あと酒呑んで)


隣にどこの誰とも何やってるかもわからん人間がいる方が恐怖じゃねえか?そのせいであいさつしたら不審者、公園で飯食ってたら不審者っていう不信感に染まった都会が出来上がってるじゃん


海外でも村はそうだよ。自分たちで生きていかなければという意識が強いから。行政組織より身近な人たちが頼りになる。したがって本当に信頼できるのか観察するのは生きていくのには当然じゃない?


都会の高級住宅地も似たような傾向を示すけどね


コロナに羅漢(らかん)は草


ちなみに「三(世)代いないと江戸っ子じゃない」は、二世代程度じゃ田舎者臭さが抜けないからだけどな。


地元よりもディープな部落社会のことか。今の縛りは昔ほどじゃない。農業が近代化されて、共同作業が減ったからね。適合できるなら安心生活だし、不適合なら引っ越せばいい、実家や墓があるなら、出戻っても排除されたりしない。


こりゃ感覚違って当然だわ・・・俺は極力他人に深入りしたくない


ニワカアメ>そんな高級住宅街に詳しいわけじゃないが、ビジネス情報が絡むんで当然本人も家族も守秘義務守ると思う。 代表取締役は登記簿のるから住所はバレるが、それ以上の内情は相互不干渉じゃないの?(お互いの地位のため)


まじでディープなとこは、引っ越しの挨拶に来る前に、近所のおばはんが何か料理してタッパに入れた物もって押しかける、と思うのよ。あ、それ断ったらオープニングでゲームオーバーだからw


そりゃそうだ。東京のように常に人がで入る場所なら気にしてられないだろうけど、田舎は人との距離が密なんだよ。それが煩わしいというのなら田舎には合わないってだけ。それに強迫的に受け入れる必要はない。その風土に合わせるか、離れるかだけ。批判する必要もない。


ここのコメント見て、日本の参政権も治安維持のため、帰化して2世以降にすべきだと思った。子供の代からが真の日本国民。村の治安維持の方法を拡大解釈すると、帰化人や多重国籍者が政界に進出できる現状が危ないと再認識。


田舎に行ったら職場も同じ価値観。そして、人の立場は先祖代々の積み重ねで決まるから、新入りが入ると常に一番下に見られる。「自分」で評価がなされないから残るのは、老人と能力が無い人だけ。二度と田舎には行かないと決めた。


海外でもおばちゃんが地域の情報に詳しいのは世界共通みたいよ。アフリカでもご近所にちゃんと挨拶しないと無視されたりする(現地に住む日本人談)らしい


江戸っ子を名乗れるのは3代続いてから。ようするに孫の世代100年定住してから初めて地元民という認識になるんだよ。日本の田舎は推して知るべし。 日本特有の話かと思ったら、パリっ子とかニューヨーカーも3代100年住んでない本物ではないという話があるらしい。(ほんとかいな?)




この記事へのコメント

人気記事