「英国の寿司あるある」 ネタをよく見てみると?


寿司、うどんおにぎりなど、日本生まれの食べ物たちは、今や海を渡り、その地域で独自の進化を遂げています。

だからなのでしょうか…日本人からしてみると、時にツッコミたくなってしまうようなものも。

イギリスロンドン在住のNoire(@Lovelylndeed)さんが投稿した、『イギリス版・寿司』の写真をご紹介します。

ネタをよく見てみると?

スーパーマーケットなどで売られているパック寿司は、マグロやイカなど、さまざまなネタが詰め合わされている場合がほとんどです。

しかし、イギリスで売られているパック寿司の場合は…。

そう…ネタをよく見てみると、すべてサーモン

投稿者さんいわく、こういったパターンイギリスではあるあるなのだそうです。

日本なら『サーモンづくし』や『サーモンセット』などと名前が付きそうなもの。しかし、海外ではネタが何かよりも、寿司であることを伝えるほうが大切なのでしょうか…。

ネットの声】

サーモン好きの私にとっては夢のようです。

・もっとも『ハズレ』のない寿司ネタ。

シンガポールも同じような感じです!

コメントを見ると、フランスやタイなど、ほかの国でも寿司といえばサーモンである場合が多い様子。

そうした『寿司=サーモン』のイメージを持っている海外の人が来日したら、サーモン以外の寿司ネタが豊富なことにきっと驚くのではないでしょうか。


[文・構成/grape編集部]

出典
@Lovelylndeed


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 travel-asean.com)



<このニュースへのネットの反応>

まぁサーモンの殆どが欧州産だし、(偏見だが)カルフォニアロールを巻き寿司だと主張するよりはましかと。


ノルウェーのサーモンは現地で捌かれて流通する物も多いので、スーパーレベルの寿司ネタには最適なんだろうな。海外で魚は生で喰わない場合が多い=丸ごと流通だから、スーパーに魚を捌く設備はない。


寿司の名を貶めたり起源捏造主張されたりしないのなら何でもいい。現地の人においしいと思ってもらえるのだったらね。


サーモンうまいけどな。むしろ日本人の「サーモン蔑視」が酷いわ。寿司屋が置いてないってのが来るって。海外産の魚をいくつも使ってるし、和名に置き換えた「偽装魚」さえ使ってるのにな。所詮、サーモンという「横文字だから」忌避してるんだ。もったいない話だ


おいしいのでしょうけど 1種類のみ・・w


寿司屋がサーモンを置いてないのは、単に「横文字だから」だ。なのに「イクラ」は置いてる。ロシア語なのにな? オクラと同じで「一見日本語ぽく聞こえる物はOKだww」という心理構造だよ。


にぎり、巻きずし、カリフォルニアロール、刺身とバリエーションも豊か(なおサーモンオンリー)俺得だわこの寿司、日本のスーパーもたまにはこういうの出していいのよ


南アフリカとかでもサーモンだけって聞いた。


向こうではタコやマグロはあまり馴染みがないらしいからねぇ。その点シャケは世界各地で広く親しまれているから無難と言えば無難だね。


しゃけではない、サーモンだ。という4コマ漫画のネタを思い出した。「お寿司だよ!」だったかな?


英国のスシと聞いて、マーマイトでも塗ってあるのかと思った(偏見)


英国といえばニシンだろ!ニシンも刺身に出来るのに何故やらないのか!もっと英国面を前面に出して行けよ!


スターゲイジ-スシやめろ


『「SUSHI」という名の寿司っぽい何か』よりは、ネタはサーモンのみだが握りや巻き物がしっかりできているからマシな方だな。


鰤、雲丹、帆立もおいしのに・・・英国って舌が残念なの?


流通上、魚が生で食えるって保証がないから冷凍で安定して入るサーモン、マグロ、エビあたりだけになるとか…イカやホタテのねっとり系もあまり良くないらしい。日本の当然のように生食できるほど管理された流通に乾杯。 …それでもまぁ日本のスーパー、安い回転寿司のもコスト的には当然というか概ね冷凍やフィレで入ってくるのなんですが…


せめて切っただけじゃなくて炙りとマヨたまねぎと軍艦はネギトロみたいにたたいてほしい。


それに欧州からしたら日本はチーズや食肉加工品が貧弱で種類少なすぎてナニコレ?レベルなのでまぁお互い様。両方好きだから生産者もっと頑張ってと地道に応援してる


寿司屋のサーモン蔑視とか、どこの店の話だ?流石に高級老舗の事情は知らんが、今時回っていない寿司屋だってサーモンぐらい出てあるぞ?


日本でも、スーパーの寿司はどんどんサーモンにシフトしています。たぶん、理由はマグロよりも原価が安いから。サーモン苦手な知人がいて、ちょっと困ってます。


ふと恐怖した。欧州の軍艦・・・シュールストレミング巻き。サーモンが流行るワケだw


鮭の英名がsalmon、鱒の英名がtroutだが、日本でサーモンとして売られているのは大体鱒。さらにはサーモントラウトなるものまである。


「英国の」っていうから、てっきりマーマイトが塗ってあるとか魚が突き刺さってるとか冒涜的なウナギのゼリー寄せが乗ってるとかかと思ったから、ごく普通でびっくりした。


サーモン豊作


向こうじゃ寿司をスモークするんだってな。美味しいのかな?


食べきる前に飽きそう


卵焼きください・・・


まいばすけっとにも同じようなのあるよ


何だ思ったより真面じゃないか。ネタがサーモンのみってだけで。


料理人が紅茶キメて作ってるんだろうな・・・ユニオンジャックのパーカーを着たピンク色のパンジャンドラムマスターが見えたような気がした


サーモン蔑視感があるのは寄生虫関係だと思ってる。今は一度冷凍にすることで感染リスクを落としたり無菌養殖とかもあるらしいけど、昔はそうもいかなかったから歴史が浅い=慣れ親しむのに時間が足りてなかったのかと。同じサケ科で鱒寿司とか酢漬けにして寄生虫処理したものなら食べられていたわけだし。日本の魚でも川魚の寿司ネタがあまり見ないのと一緒。


サーモンしかないと言ってる人いるけど、ロンドンのスーパーやコンビニでサンドイッチ買ったら具がハムだけ、レタスだけとか普通にあるからな。具材が一種類というのに抵抗が無いんだろう。


スシを補給している


現地改修ってだけじゃろ?日本だってそういうの山程ある。それが現地の人が美味しく食う方法ならそれでいい。




この記事へのコメント

人気記事