おじいさんが1人で営むケーキ店 『値札』にクスッとする人続出 「萌える」「最高かよ」


『せやろがいおじさん』という名前でYouTubeに動画を公開している、お笑いコンビ『リップサービス』の榎森耕助さんは、2020年8月3日Twitterを更新。

ケーキ店で見かけた光景を投稿したところ、反響が寄せられました。

おじいさんが1人で営んでいるというケーキ店を訪れた榎森さんは、ケーキの値段を記した値札を撮影。クスッとしてしまう1枚をご覧ください。

テラミス 1コ 250円

店のディスプレイには、おいしそうな洋菓子『ティラミス』が並んでいました。

『ティ』と発音する言葉を、年配の人がなぜか『テ』といっているのはよく聞かれますよね。

素朴さを感じる値札に、ネット上でも思わず和む人が相次ぎました。

おじいちゃん最高。近所にこの店があったら絶対に通います。

・お値段も良心的!応援したくなるお店ですね。おじいちゃん、頑張って。

・かわいくてキュンとしました。幸せな気持ちになります。

写真を見ただけでもほほ笑んでしまう、おじいさんの『テラミス』。どんな味がするのか食べてみたくなりますね!


[文・構成/grape編集部]

出典
@emorikousuke
※写真はイメージ


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 grapee.jp)



<このニュースへのネットの反応>

その昔、10250円に間違えられて(並列で1コ250円だとそう見えると言われて)、1コの文字を離して下に寄せた感がある。


テラミスwww すっごい失敗作に見える


老夫婦の営むラーメン屋さんのお品書きでチャシューメーンを見て吹き出しそうになった。次の瞬間ギャーザが視界に入って吹き出した。


子供の頃、キャラメルがうまく言えなくてカラメルになっちゃうばあちゃんが近所にいたのを思い出した。キャラメルが好きな孫に買ってきてあげようとして、なぜかカラメルソースたっぷりのプリンを買ってきてた。その孫は私の友人だったけど、プリンはプリンで好きだったから喜んでた。懐かしい思い出だ。


凡ミス、大ミス、特ミス、メガミス、その更に上ってことか(怖)


作った人がテラミスだっていってるんだからこれはそういう名前でいいんだ


まっつぐ行ってしがし、みたいな江戸っ子訛りでしょ


無駄に長くて注文しづらい名前よりよっぽどいい


爺ちゃんが作ったティラミス、美味しそうだ。


言葉なんて相手に伝えることが最優先だ*。予習しなければわからないビジネス用語()なんかより伝わるさね!


これの何がクスッとするのかさっぱり理解できん…


値札の名前をテラミスってますね


 典型的な年配あるあると、違ってるのに瞬時に何が言いたかったのか理解できる部分に面白みを感じている人たちが多いようだね。


テラワロスw


だいぶ前だがじーさまばーさまはティという発音ができないことをなんかの番組で検証していたな アイスティーがアイステーになったりアイステイーになったり もともと日本語に無い発音だったからだろう


うまそう


ノイロ100円。


シュミレーション→もしかして:シミュレーション


テラミス級巡洋艦


いやいや、よく調べてからじゃないと・・・ラーメンじゃないと公言するラーメンとかあるし。丁字路を笑い飛ばしたのとか・・・


会社の近くにあるじいさんたちが営業している中華屋のメニューの表記もそんな感じ。


久々の萌え


笑えなかった。テラミス、ティラミス、そんな名前があるのは知ってたけど、テラミスなら薬と反応しなきゃいけないのか・・・およよよ。


笑えなかったが和んだ。


こういうの少しほっこりと笑顔になるよね。横断幕に「○○祝賀パーテー」なんて書かれてるのも良いかも(何がだ)


おじいちゃんってことはパティシエ歴も長くて、出始めた30年前からテラミスってるんやな。


高齢者独特のカタカナ使いレトロっぽくて好き。


でーぶいでー(DVD)的な感じだねwしかしベテランであろうおじいちゃんの作ったテラミスなんて、絶対美味しいに決まってる!食べたい!


ティラミスがテラミスでもモンブランが紋舞らんでもおじいちゃんなら仕方ないね


ミルフィーユやシフォンケーキもどう書くのか見てみたくなる


そもそも一般的なティラミスの形状とは違う気がする…




この記事へのコメント

人気記事