家電販売員が明かす「値切りのルール」…交渉で損をしないための注意点は?


―[家電屋さんのトリセツ]―


 皆さん、こんにちは。関東の某家電量販店に勤務する現役販売員のスズキと申します。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな商品の販売に携わり、店長も務めたことがある私が日々の生活に役立つ家電の情報をお届けしていきます。前回は「買ってはいけない家電の見分け方」をお伝えしましたが、今回のテーマは「値切りのルール」です。

◆交渉のテクニックを知れば、値切れる可能性は急上昇

 今回は時期を選ばず、どんなときでも使える値引きのテクニックをご紹介します。事前の準備は、家電量販店に向かう前に欲しい商品の他店の価格をインターネットで調べるだけでOK。他店より安くできないこともありますが、我々としても「うちならここまで安くできますよ」と最低限の価格を提示しやすくなり、値切りの交渉がスムーズに進みやすくなります。

 また、欲しい商品が複数ある場合、一度に言わないのも交渉の上級テクニックです。たとえば、ビデオカメラブルーレイプレイヤーが欲しいときは、まずはビデオカメラで値切りを行います。そして、交渉がまとまったタイミングで、「実はブルーレイプレイヤーも欲しいんだけど、セットで買うからさらに安くしてくれませんか?」と交渉するのがオススメです。

 このように小出しで交渉されると、我々販売員は体力や気力を消耗しますが、大型受注になる可能性があるので、手放したくないのも事実。交渉がまとまるように、もう一踏ん張り値切りに応じようと前向きに検討しやすくなります。

 話しかける店員を見極めるのも、大幅な値切りを成功させる秘訣です。売り場には家電量販店の社員とメーカーの販売員がいますが、メーカーの販売員は家電量販店の社員ほど大胆な値引きができません。そのため、値切り交渉を行うときは、メーカーの服を着ていない家電量販店の社員に声をかけるのがセオリーです。

 服に付けていたり、首にかけていたりする社員証をチェックすることで見分けることができますので、ぜひチェックしてみてください。ただし、メーカー販売員のほうが家電量販店の社員よりも知識は豊富な場合が珍しくありません。商品についていろいろと相談したいときは、メーカー販売員に頼ったほうがいいでしょう。

◆「値引きされやすい/値引きされにくい商品」の違いは?

 商品によって値引きされやすいものとされにくいものがあります。全体的に新商品のほうが値引き額は大きくなる傾向なのは間違いありません。

 コストパフォーマンスを考えると、基本的には旧商品を狙ったほうがお得なことが多いですが、新商品に強いこだわりがある人は、値引き交渉してみてはどうでしょうか。たとえ値引きができなくても、新商品はポイントを多くつけてくれることもあります。

 逆に値引きが期待できないのは、パソコン全般と海外メーカーの商品です。

 そもそも家電量販店パソコンで利益を出そうとは考えていません。光回線など付随のサービスセットで利益を出そうとしているので、パソコンは最初から価格がかなり安く設定されていることが多く、それ以上の値下げに関してはそもそも交渉の余地がありません

 海外メーカーの商品は高価なもの、安価なものがありますが、前者はブランドイメージを守るため、後者はもともと安いので値引きに応じられないのです。

 最後に、高圧的な態度で交渉を進めるのは絶対にNGです。販売員も人間なので、人のよさそうなお客様にはサービスをしたくなりますが、高圧的な方には買っていただかくてもいいやという気持ちになります。

 短い時間ではありますが、販売員との信頼関係を築きながら値引き交渉をしていただけるとうれしいですね。

家電量販店スズキ
関東近郊の家電量販店で10年以上働く現役販売員。黒物から白物までジャンルを問わずさまざまな売り場を担当。実績が認められて大型店の店長を務めた経験もあるが、接客のほうが性に合うため、本部に直訴し現場復帰を果たす

―[家電屋さんのトリセツ]―




(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 wordpress.cbchintai.com)



<このニュースへのネットの反応>

相手側も把握してそうな交渉術もなんだかなと思うけど。それって最初からすでに「まさしく相手の思惑通り」に誘導されてるような。この手の値引き交渉とかに言えるのは「ボラれてること」と「損をしない事」を分けて考えれない人が多いってことに尽きる。あからさまにボラれてたり足元みられてなけりゃ、それでいいんだよ。


一番いいのは何度も通って常連になること、そうすりゃ頼んでもないのに値下げしてくれるし販促品とかのおみあげまで付けてくれるぞ


公平に売らないと不信感が募って不快ゆえに不買い


こういうのが面倒くさいんで不公平の無い通販でいいです。


ネットで買え


家電屋や新車の値引きとかも、普通の店(一部のコンビニ・ドラッグストア)での過度なポイント割引・優遇とか見てたら、よっぽど後者のほうが不公平感のが強いけどな。


面倒くさい。時間の無駄。


何で交渉しないと安く買えないんだよ普段は詐欺まがい価格ってことじゃねぇかめんどくせぇなそりゃネット通販に客とられるわ


販売価格の違いにはそれなりの理由があるんだから安いと思ったんならそこで買えよ。そもそも「家電は値切るもの」っていう考えが普通になってるのがおかしい


大型家電は多少高くても 実店舗もしくは 近くに実店舗があり 修理窓口になりそうな大手電機屋のWEBから買うのがお勧め、最悪 初期不良つかまされた時に 修理or新品交換してくれる。


値切れる=価値の無い物を買っている という頭は無いんだよな


そもそも家電で値切りって実在するの?*みたいでやだな


白物は贔屓の直営店からしか買わない事にしてる。仕事でこっちが無理を頼む事もあるからな。


金使って経済回さんと、巡り巡っててめえの給料が減るぞ


家電はネットで買うわ。値切り交渉なんて無理


値切り交渉する時間でネット通販の最安値探す


通販サイトで目星つけて、店舗で実物見て、納得いったら安い方で買う。断る時は、声かけてくれてありがとうって言う。その一言でしつこい食い下がりはしにくくなるし、穏便に去れる。


車なら値引き交渉するが家電程度ならしないな、ただネット通販含め相場は調べる


値切る人は安くしてもらう以外にも、自分の交渉術でまけさせたって満足感も得たいって目的があるんじゃないかな


日刊SPA!ってまだ昭和のような値引き交渉術なんての書いてんだ(頭大丈夫?)値引き交渉とかそんなのは無駄な時間


店側がとっくに定めた値段があって、従業員の裁量で値段が変えられるかなんて分らんのになんでいじらしく値引きを請おうとするのだ値切りは個人でやってる八百屋とかそういうところだけにしとけよ


家電量販店では値切り交渉をしてその場の信頼関係を作らないと足元を見られるんですね、通販だけのほうが負担少なそう。


そもそも値切りできるのが当然になると、困る人達だって多くなる。 関係のない店が「あの店は値切りできるのになんでここではできないの?」と理不尽なクレームだって受けたりする。 価格は正当な価格に設定して、それ以上上げる事も下げる事もできないようにきっちりするべき。 代わりに、ポイントを付けるとかそういうサービスをすればいい。


大前提として、交渉なんだから双方に等しい利益がなければ成立しないよな?お前がが値切って発生した損失分何か店側に利益を与えてるのか?


大口で買う、オプションも買う、他の製品も買う、店にプラスアルファのベネフィットを与えて初めて「" そ の 代 わ り に " 少し値段を勉強してくれない?」という交渉のテーブルにつける。値段交渉とチンピラのカツアゲの区別がついてないアホは客でもなんでもないから店から叩き出せよ。


相手を損させて自分は得するという考え方が合わないので、自分は損をするカモでいいです。それが*だというならそこまでお金に困ってないし損する*でいいです


貧乏人は能力がなくてできないことを俺は迷惑だからやらないとか自分を持ち上げる理由にするからみじめだよな。自分が確定申告しない理由なんかはうまい理由が付けられないのでなんでやらないのか問いただすと怒りだすw


>mayer サラリーマンでやってない人居ないと思うけど・・・確定申告。ほぼ匿名同然の場所でどこに向けた声*らはっきりさせず俺は分かってる風意見を言っても、それこそ負け犬の遠吠えなんじゃ?せめて自分語りがほしい




この記事へのコメント

人気記事