夫と「セックスレス」で離婚を決意した40代女性、「子どもがほしい」夢かなわず…慰謝料請求できる?


夫婦にとって、セックスレスは時に離婚の理由にもなり得る。東京都に住む会社員のヒロコさん(40代女性)も、その一人だ。

ヒロコさんが夫とセックスレスになったのは、結婚してすぐのことだった。子どもを望んでいるのに、「疲れている」「忙しい」ことなどを理由に拒否され続ける日々。夫とは何度も話し合いを重ねてきたが、状況は改善されなかった。

周囲に「子どもは?」と言われる度に、虚しさに襲われたという。ヒロコさんは自信をなくし、心療内科を受診するようにまでなった。

「最後に話し合ったときは、お互いに感情的になり、大げんかになりました。夫には『毎日、缶ビール6本も飲む女は抱きたくない』『家にいるときはジャージや部屋着。女性として見られない。そもそも、お前が悪いんだけど』と言われました」(ヒロコさん)

セックスレスの継続」を理由に離婚は認められる?

「完全に女性として否定された」と感じ、夫との離婚を決意したヒロコさん。子どもをもつことが夢だったが、「もう40代なので、正直諦めなければいけないと思っています。やるせない」と語る。

民法が定める離婚事由に「セックスレス」は明記されていない。では、セックスレスの継続を理由とする離婚は認められるのだろうか。

離婚問題に詳しい木下貴子弁護士は、つぎのように説明する。

「家族社会学の研究者の著書によると、結婚の機能として『個人に対する性的欲求充足の機能』が挙げられています。また、夫婦は原則として性関係を予定しており、『生殖の正当化を含み、自分の子が欲しいという願望を充足させる』のが夫婦であると考えられています。

そのため、特別に『性交渉しない・子どもを作らない夫婦となりましょう』という合意をしない限り、性交渉をし、子どもを持ちたいと求め合えるのが夫婦であると考えられます。

したがって、セックスレスの継続は、民法770条1項5号の『その他、婚姻を継続し難い重大な事由があるとき』に該当し、離婚が認められうるでしょう。

実際に『婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、そこにおける性関係の重要性に鑑みれば、病気や老齢などの理由から性関係を重視しない当事者間の合意があるような特段の事情のない限り、婚姻後長年にわたり性交渉のないこと』は、原則として婚姻を継続し難い重大な事由にあたるとする裁判例(昭和62年5月12日京都地裁判決)もあります。

ただし、性交渉をしないことについて『合理的な理由』がある場合には、セックスレスだけでは離婚が認められないこともあるでしょう。

今回のケースの場合、ヒロコさんの飲酒状況や服装がセックスレスの理由とされていますが、これは一般的には『合理的な理由』としては認められにくいでしょう」

慰謝料が認められる可能性は?

「もっと早く離婚を決断できていれば、別の人とやり直し、子どもをもつこともできたと思います」と話すヒロコさん。どんなに悔やんでも時間は戻らないことから、夫に対して慰謝料を請求することも検討しているという。

木下弁護士は「ヒロコさんのケースでは、慰謝料が認められる可能性はあります」と語る。

「合理的な理由も示さず、セックスレスが続いたケースで、200万円、500万円といった慰謝料が認められているケースもあります。

慰謝料の額はセックスレスの事実だけでなく、年齢、再婚可能性、婚姻の際の経済的負担、離婚による経済的不利益なども考慮されます。

性交渉は本能的な要素もあるため難しいところではあります。

しかし、ヒロコさんの夫が指摘する理由(ヒロコさんの飲酒や服装のこと)がセックスレスの原因だとしても、長期間のセックスレスが続いたことで出産適齢期を過ぎてしまい、『子どもがほしい』というヒロコさんにとっては大切な望みが叶えられないことに対しては、一定程度の慰謝料が認められる可能性はある事案だと思われます」

【取材協力弁護士
木下 貴子(きのした・たかこ)弁護士
離婚・親権・養育費の分野で1000件以上の案件を扱う。「離婚後の親子関係の援助について」「養育費」をテーマに講演。離婚調停での「話し方」アドバイスブックはこれまでに1万9000人以上が利用している。著書「離婚調停は話し方で変わる」「離婚回避・夫婦関係修復につなげる話し方の技術」がAmazon法律部門他ランキング第1位獲得。
事務所名:多治見ききょう法律事務所
事務所URLhttps://tajimi-law.com

夫と「セックスレス」で離婚を決意した40代女性、「子どもがほしい」夢かなわず…慰謝料請求できる?


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 image.news.livedoor.com)



<このニュースへのネットの反応>

何もかも遅い20年前にやっておくべきだったな


若いころに「体目的の男は嫌」とかワガママ言ってなければ、結婚後*する相手と結婚して子供産めたんじゃない?「誰でも良い訳じゃなくて、その旦那との子供が良かった」と言うなら、なぜそれほど愛していた人から慰謝料取ろうとするのか。


結婚前に話し合っておくべき事項は色々あるが、金の管理の仕方・お互いの働き方・子供何人欲しいか、は最低限必要だろ それぞれの人生がこれらの選択次第で大きく変わるんだから


>『毎日、缶ビール6本も飲む女は抱きたくない』…んでこれ言われて改めたりちゃんと話し合ったりしたんかいな


結婚したらやりたくない女としないといけないのか。最早拷問だな。


真剣な話かと思ったら、また弁護士ですか。そうですか。


一番重要な「何歳で結婚したのか」が抜けてんだろ。レス期間が長いのか短いのかも分からんし「*レスを理由にした離婚なら慰謝料が取れます」って結論ありきじゃん


まあこの人には一定の同情はするんだけどさ、女がしたくない場合は男がガマンすべきみたいになるのに、男がしたくない場合は男に慰謝料請求とかいう話になってんのはなんなんだよ


ハニートラップ?


まぁ、ジャージのアル中じゃ物理的に勃たないとされても多少は仕方ないのか…?その辺、女側は努力していたのか?


1缶ずつ呑んで判断力を失ってからダラダラと追加で開けて6缶に達するパターンだな。1日に瓶1本を2人で分けあって終わりと約束しておけばこうも呆れられてないはず。アル中なんだと思う。


一応定年過ぎても子供作る機能が使える男性と、長く見ても20年くらいしかまともに妊娠できる身体でいられない女性ではこの辺の感覚は違うだろうな。慰めに金取るくらいならさっさと別れてしまえばよかったんじゃね…まぁどっちにしろレスにならんようコミュニケーションとれない関係性の夫婦のもとで育っても窮屈じゃろ。両親の仲悪いの地獄ゾ


「配偶者が毎日大量の酒を飲み*を強要してきます。拒否したら離婚だ、慰謝料請求だ、と脅迫されました」


これ男女が逆だった場合は、弁護士ドットコムは同じ回答にはならないでしょ。弁護士ドットコムは*だからな。『毎日、缶ビール6本も飲む女は抱きたくない』、酒臭くてだらしないということでしょ、誰だってこんな女抱きたくない。


大酒飲みで身嗜みに気を使わない配偶者…情を掛けずサッサと別れていればよかったね。


「女性として見られない」ような人との*の強要なんて地獄でしかない。男は「女」にしか反応しないんですよ。裁判になっても妻側からのハラスメントでの過失相殺で慰謝料の請求は出来ないと思います。


つーか、当時は専業主婦だったんじゃないのかこれ。会社に勤めてて毎日6缶飲めるわけがない。


これでフェミの仲間入りですか。また、ゴミが増える。


この手の人間って男にしろ女にしろ誰かのせいにするばかりで「原因の一部は自分にもあるのではないか?」っていう考えがこれっぽちもないよね。記事見た感じだと10割相手が悪い事にしようとしてる印象を受ける。一方的に悲劇のヒロイン気取ってるようじゃこの夫じゃなくても抱いてくれないと思うよ。


男女逆でも同じなのかどうなのか気になる。


大体、夫婦不和の基本原因は*レス。*レスを良しとするなら、他人と*する自由は与えてやらないといけないと思う。


禁句なんだろうけどさ。「体重は?」。毎日ビール6缶を空け続けて何年かはしらんけど、旦那が体力的な負担、最悪生命の危機すら感じる体格って事は無い?


「旦那が泥酔状態で性交渉を迫ってきます。断り続けたら離婚すると言われ慰謝料まで請求されました」うん、逆でも男性側が袋叩きにされるパターンだわ


人間なんて論理だけで生きてるわけじゃないから「*レス=相手に求められてない」ことがきっかけで、いろんな不和が少しずつ育ってく物なのよ。結婚してない奴には判らないだろうけど。


とりあえず結婚してない奴が「だから俺は結婚しない」と胸を張るような話じゃないよ。嫁がさせなければ、旦那は浮気をするわけで。勝ち誇ったように特殊例を出すが、実際は逆も同じなんだよ。


夫の*レスが度々記事になるが、逆に妻の*レスも多いんじゃないか?男の場合、誰にも相談したりSNSに書き込んだりせず我慢するから表に出ないだけでさ




この記事へのコメント

人気記事