「靴下は白」 理不尽な「ブラック校則」、子どもの声聞き変えられない?


 例えば、「頭髪のツーブロック禁止」「靴下は白一色」など学校の「校則」の中には、理不尽で、世の中の多くの人から見ると、「なぜ、これが禁止されているのだろう?」と不思議に思うような、いわゆる「ブラック校則」が存在します。学校内の秩序を守るために、一定のルールは必要なのかもしれませんが、教師など学校側の都合のいいように校則が決められ、それを維持するためにブラック校則も変えられないでいるようにも思えます。

 そこで、子どもの声を取り入れることで、ブラック校則を変えることはできないのでしょうか。子どもの権利・法律問題に詳しい、佐藤みのり法律事務所の佐藤みのり弁護士に聞きました。

過去の校則を放置、トラブルへの恐怖…

Q.なぜ、学校は校則を決めることができるのですか。決めることができる、法的な根拠があるのですか。

佐藤さん「『学校は校則を決めることができる』などと定めた法律は存在せず、校則の法的根拠は、必ずしも明らかではありません。しかし、教育基本法には、学校での教育は『教育を受ける者が、“学校生活を営む上で必要な規律”を重んずる』ように行う旨を定めた条文があり(教育基本法6条2項)、校則の存在を前提にしているようにも読めます。

また、裁判においても、校則は『学校が独自に判断して定めるルール』であるとして、その存在を前提に、合理性などが判断されています。学校は集団生活を送る場なので、学校の秩序を維持し、子どもの安全を守るために、一定のルールが必要です。さらに、私立学校においては、建学の精神に基づく独自の校風と教育方針を具体化するものとして、校則を定める必要もあります。

こうした事情から、学校が校則を制定することは、法的にも社会的にも許容されているといえるでしょう」

Q.なぜ、「ブラック校則」が現在も変わることなく存在していると思われますか。

佐藤さん「昔から存在する校則を慣習として放置し、見直さなかったために残っているものも多くあるでしょう。その他に、集団生活を送る子どもを学校側が管理しやすくするためであったり、もめ事や事故を極端に恐れているためであったり、ということも考えられます。

学校によっては、社会的に一般的な髪形であっても『ポニーテールにすると、トラブルに巻き込まれる可能性が上がる』として禁止したり、『マフラーが絡まって事故につながるといけないから』と、冬でもマフラーを禁止したりするところがあるそうです。

さらに、保護者や地域からの声がブラック校則を残す原因になることもあるでしょう。『髪の色が明るい子がいるけれど、どうなっているんだ。風紀が乱れる』などと保護者や地域からクレームが入ると、校則を緩めるどころか、さらに厳しくしようとする動きにつながることがあります」

Q.子どもの声を取り入れることで、ブラック校則を変えることはできないのでしょうか。

佐藤さん「日本も批准している『子どもの権利条約』では、『子どもは、自分に関係のあることについて、自由に自分の意見を表す権利を持っていること、その意見は子どもの発達に応じて十分考慮されること』を定めています(子どもの権利条約12条)。まさに、校則は子ども自身の日々の学校生活に直接関わるものですので、子どもの意見を十分聞き、反映させるべき事柄だと思います。

しかし、現実は、子どもが『どうして禁止されているのですか』と尋ねても、学校側は『ルールだから守りなさい』と指導することが多いようです。校則は『上から与えられたもの』『すでに決まっていて変えられないもの』といった認識が広まっているのでしょう。

社会の変化や必要性に応じて、国会で法律の改正が行われるように、校則というルールも必要に応じて変えていくべきものです。ルールの合理性に疑問を抱くことは最初の一歩ですので、まず、子どもの『どうして駄目なのか』という声にしっかり耳を傾けてほしいと感じます」

Q.例えば、「ツーブロック禁止」という校則を、子どもが「おかしい」と感じて守らなかったとします。それに対して学校側が何らかの罰を与え、子どもが『その校則や罰は無効ではないか』と訴えたときには、現状の法律では勝てますか。あるいは、負けますか。

佐藤さん「裁判では、さまざまなことを総合的に考慮して判断されるので、裁判に勝つか、負けるかということを一概に言うことはできません。しかし、参考となる裁判例は存在します。

『男子は丸刈り』という校則を子どもが守らなかった事例で、裁判所は『校則自体は違法ではない』と判断しました。その理由の一つとして、『丸刈りの指導に従わなかったとしても、強制的に丸刈りにしてしまうとか、内申書の記載や学級委員の任命留保、あるいはクラブ活動参加の制限といった措置を予定していないこと』『丸刈り校則に違反した長髪の男子生徒に対して、処分はもとより直接の指導すら行われていないこと』を挙げています。

つまり、校則違反に対して制裁を加えた場合は、違法との判断がなされる可能性が十分あるということです。質問のケースでは、子どもツーブロック禁止校則に違反し、学校側が何らかの罰を与えたということですから、学校が下した処分や、処分の根拠となっている校則が違法だと裁判所が判断する可能性はあるといえるでしょう」

Q.子どもや世の中の大多数の人が「おかしい」と思うような校則を変えるとき、どのようにして子どもの声を取り入れたらよいのでしょうか。

佐藤さん「先述したように、まず、子どもの側から、校則について『なぜ駄目なのか』といった疑問の声が出た場合、学校側がきちんと向き合うことが大切でしょう。そこで、『ルールだから守るしかないのだ』と指導してしまうと、子どもは『何を言っても無駄』『上から言われたら、何も考えず守るしかない』と諦めてしまうかもしれません。

今あるルールも、おかしければ、話し合いによって変えていけるのだということ、子どもは意見を表明する権利があるのだということを、子どもに伝えることが重要だと思います。子どもは大人が耳を傾けてくれれば、主体的に行動するものです。

子ども自ら、生徒会などを通して校則の問題点を指摘し、どう変えていくべきか意見を述べるようになり、そのうち、教師や保護者に対し、話し合いを求めてくるようになるかもしれません。その際は、大人の側も子どもたちとしっかり話し合い、意見交換をすることが大切です」

オトナンサー編集部

「靴下は白一色」という校則も…


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 img.news.goo.ne.jp)



<このニュースへのネットの反応>

「靴下は白」「ツーブロック禁止」など、その程度も守れないのか?という程度の校則ばかりだな。「なぜ禁止なの?」と問う前に校則に反対する明確な理由を言え


ツーブロックはまぁアレだが、「靴下は白一色」は靴下も制服に含まれると考えれば全然おかしくないだろ。社会人になったら靴下やストッキングの色は自由に選べない職業も多いぞ。甘ったれんな。


昔は苦学生なんて言葉が有った。今はどうか知らんが決めてると低所得者の親御さんは大助かりで事前にやりくりできたって話。ただ時代が変わったのも事実、こうゆうのは一定の期間で見直しが必要では?集団生活をするのだからある程度の規律と規範は必要でその中での改造は自己主張で認めた方が今風かも


「理不尽」ってのは社会経験を積んでこの世の理を理解した人間にこそ許された言葉です。決して中高生が使っていい言葉では無いんですよ、本来。服装が周囲に与える影響だとか、そういったデータを教育者側はきちんと集めているし分析しているのです。多くの人間が理解できないだけで、何故そういった校則があるかを専門家はきちんと説明していますし、同じ専門家は納得していますよ。


以前「女生徒の下着の色を決める」のは*校則か否かで揉めました。「隠している下着の色がどう影響するんだ!」と言う*派に対し、「隠していてもスカートがめくれたり、雨で濡れたりで見えてしまうのが現実。そういった時に派手な色の下着を見た別の生徒が彼女に対しどんな噂をするか想像がつきますか? その生徒を守るためでもあるのです」と適切派は主張しました。


髪型だとか服装だとか、そういったものが及ぼすのは得てして周囲の人間の「無意識」です。だから「そんなわけないだろう」という影響が何度も起きてしまうのです。学生側はそういった校則に反発していても、大人、特に子供を普段から見ている親世代は反発していない。それは大人が学生の事を考えていないからではなく、むしろその逆だと私は思いますよ。


NO EMPTY・都筑(とちく)みらい←校則なんて守ってると、将来こいつらみたいな*なおっさんおばさんになるぞ。校則は守らなくていいよ。


貧乏、あるいは貧困と密接な関係があるから。最悪の貧困基準でも教育の網を抜けないようにしてることに想像が及ばないらしい


校則は不合理なことに意味(合理性)があると主張する人は、自分で言ってて本当に変だと思わないのかな?論理ではなく経験論に基づいた教育を受けるからそうなるのか


真面目に言うと髪型や服装でマウント取ってくる人間は一定数いるんですよ、学生時代だと特に裕福な家庭の子とかが多い…だから学校側も余計なトラブル減らすためなるべく統一させたいんでしょ


校則を抱いて焼死したい輩が多すぎるからな


「この決まりにはこういう意味があるんですよ」とか言う人いるけど最初に作った人も維持してる人達もそこまで考えてないと思うよ


下着とかは流石にどうかと思うけど、学校側は生徒を守る責任があるんだし、トラブルに巻き込まれにくくなるように格好はできるだけ統一しましょうと言うのは理解できるけどね。まあ今の時代そんなルールいるか?と議論するのも、必要ないならなくすのも大事だと思うけどね。


既存の学校そのものをなくさないといけない。


靴下の色を統一するのはいいんですけど、なんで黒にしないんでしょう。社会人なら靴下は黒だし、学生なんて部活やらですぐ靴下汚すから白であるメリットなんてないのに。ひょっとして白靴下フェチの所業?


靴下は白、というか靴下も学校指定のだった身としてはそれくらい守れと言いたい。


靴下も下着も理容室も全て学校指定にするのだ もちろん教員も学校指定のものを着用して生徒の手本となるのだ


学校はおしゃれする場所ではない。勘違いすんな。


学校、会社など人が集団で活動するには最適ではないけど多くの人が可能な選択肢をとらないといけない。「一人ひとり」「その時の状況で」を考えていると時間がいくらあっても足りないし何も決められないため特別困ることでないなら「ルールだから」という割り切りも重要(この靴下の例があてはまるかはわからないが)。要は部分最適と全体最適のようなもの


*校則も共産党が関わってますし、芸能人もTwitterで協力していて胡散臭いです、時期的にも。それに、大人が作ったものを周囲の大人が騒いで変えさせようとしているだけです。しかも、多くの人は結果を見ないで少し騒いだら投げっぱなしですし。それはよくはならないでしょうね


服装や髪形が自由な学校に行けばすむだけなのでは?




この記事へのコメント

人気記事