回し蹴りで虐待死、児童を2人突落とし……なぜ死刑にならないの? 3つの事件から見る裁判の仕組み


「人が亡くなっている事件」でも、死刑判決が下されるとは限りません。無期懲役、あるいは有期刑になることもあります。

 ニュースを見ていて「刑が軽すぎる」「裁判員裁判で自分が裁くとしたらどうするだろう」などと疑問に感じることもあるのではないでしょうか? このように刑が分かれるのはなぜなのか、平成に起きた3つの具体的事件を例に、弁護士の亀石倫子さんが説明します。

“殺した”と“死なせた”は違う

ケース1】懲役8年は軽すぎるか?─尼崎 小1男児虐待死(平成13年
兵庫県尼崎市のS・T(24)、S・T(24)夫婦が、保護されていた児童養護施設から一時帰宅中のKくん(6)を虐待死。黒のポリ袋に詰めて運河に遺棄した。夫婦は再婚で、夫はKくんの継父だった。平成15年、二人とも一審で懲役8年が確定。既に刑期満了している

 若い夫婦が起こした事件です。夫(継父)と妻(母)は素手や布団叩きで男児の顔や手足を殴打し、夫は回し蹴りもした。男児は脳内出血を起こし、まもなく死亡。夫婦は遺体をポリ袋に入れ運河に投げ捨てた。

 これは傷害致死と死体遺棄の罪で裁かれました。殺意をもって“殺した”のであれば殺人罪に問われ極刑もあり得ますが、殺意はなく傷を負わせたことによって“死なせた”のであれば殺人にはならず、法定刑は3年以上の有期懲役です。今回のケースでは傷害致死罪で起訴されているので、その段階で「殺意はなかった」ことがわかっていたということになります。

 そして驚かれるかもしれませんが、どんなにひどい捨て方をしたとしても死体遺棄罪の法定刑の上限は3年です。窃盗罪の上限が10年であることと比べても遺棄については軽いという印象は否めませんが、これが現行のルールです。

 事件の概要だけに注目すると、この夫婦はなんてひどいことをしたのだ、もっと重い刑であって然るべきと思われるかもしれません。ただ、2人とも成育環境に問題があり、親から愛情をかけられずに育ちました。

 男児を自分たちで育てようと引き取ったものの愛情のかけ方がわからず、自分たちがされていたように虐待してしまった――。そんな夫婦の背景には同情の余地があり、また反省の態度も認められ、懲役8年となったと思われます。夫婦があまりにも未熟であったために起きた悲しい事件でした。

人数だけで死刑と決めてはいけない

ケース2】2人殺したのになぜ死刑ではないのか?─秋田 連続児童殺人(平成18年)→無期懲役
※川岸の道路脇で男児Gくん(7)の遺体が見つかり、その一カ月前にはGくん宅の二軒隣のAちゃん(9)も川で水死していたことから事件が発覚。 事故死扱いされていたAちゃんは、母親の畠山鈴香(33)に橋の欄干から突き落とされ水死。畠山は自分が殺害したにもかかわらず、当初Aちゃんを事故死と断定した警察に異議を申し立て、犯人捜しのビラを撒いていた。Gくんは絞殺して遺棄していた 。平成21年、二審が控訴棄却し、上告したが後に取り下げて無期懲役が確定

 33歳の女性が近所の男児を殺害して遺棄、その前月に事故死扱いされていた娘の転落死も女性が突き落としたものだった。

 これは幼い子ども2人に対する殺人罪で裁かれました。大変難しい裁判だったようです。

 その争点を見ていく前に少し硬い話をしますが、最高裁1983年、死刑を選択する際に考慮しなければならない9つの判断基準([1]犯罪の罪質、[2]動機、計画性、[3]態様、ことに殺害の手段方法の執拗性・残虐性、[4]結果の重大性、ことに殺害された被害者の数、[5]遺族の被害感情、[6]社会的影響、[7]犯人の年齢、[8]前科、[9]犯行後の情状)を示しました。永山基準と呼ばれるものです。刑事裁判ではこの基準が踏襲されています。

 日常会話でも「2人殺したんだから死刑だね」というようなことを言いませんか。永山基準では殺害された被害者の数が重視されていますから、その感覚はある意味正しいんです。ただ、人数だけで死刑が決まるわけではなく、永山基準が示す項目を一つひとつ検討し、さらに過去の死刑のケースとも比較したうえで判断しなければなりません。

 この裁判で被告人(当時)は娘に対する殺意を否認しました。ケース1でも触れたとおり、殺意の有無は非常に重要です。捜査段階では殺意を認めているため、その自白の任意性が争われています。また、男児を殺害した“動機”もはっきりせず、“計画性”があったという立証も推認でしかないことから、永山基準に照らして死刑を選択することができなかったものと思われます。

法廷で見聞きしたことだけで判断する

ケース3】非常に悪質な殺人なのになぜ死刑ではないのか?─高槻 養子縁組保険金殺人(平成22年)→懲役23年
※保険金をだまし取る目的で養子縁組した女性(36)を殺害。袋詰めにされた女性の遺体が堤防で発見された。養父母として女性の捜索願を出していた宇野ひとみ(35) 和馬(39)夫婦が女性の養父母にしては若過ぎることや、女性に多額の保険金を掛けていたことから関与が発覚。詐欺グループを結成し、ほかにも保険金殺人や交通事故保険金詐欺を繰り返していた。和馬の養父やひとみの実母も犠牲になっている。事件発覚後、和馬は練炭自殺を装って殺害されている。宇野ひとみ平成28年最高裁が上告棄却し懲役23年が確定。佐々木一幸(42)は懲役20年。、詫間良治(39)は懲役22年、  死体遺棄のみのI・M(36)は懲役3年4カ月

 35歳の女性が養女にした女性に保険金をかけ、知人男性と共謀して殺害、遺棄した。実行犯は知人男性で、女性は殺人を共謀した。殺人を共謀した者も実行犯と同様の重罪です。

 一審は裁判員裁判でした。最高裁まで争われ、被告人(当時)は一貫して無罪を主張し、実行犯の「殺人を依頼された」という供述の真偽が最大の争点でした。判決では殺人の共謀があったと認められ、求刑が23年でしたから量刑も重かったといえます。

 この女性は何度も姓を変えて詐欺を繰り返し、不審な死に方をした養父や母親にも保険金をかけていたことが報道されていました。そのため、懲役23年を軽いと見る人もいたでしょう。しかし、「日ごろから怪しげなことをしていた」「この人ならやりかねない」といった感情が量刑に影響を及ぼすことがあってはいけません。裁判ではあくまでも法廷に出された証拠のみで判断します。

 凶悪な犯罪、社会の関心が高い重大犯罪、死刑か無期懲役かを決める難しい裁判に一般市民が参加するようになって10年が経ちました。裁判員に選ばれていなくても、どうして死刑になったのか、どうして有期刑なのかという視点で事件を考えることは社会の一員として意味のある、とても大事なことだと思っています。

text:Atsuko Komine

(亀石 倫子/週刊文春WOMAN 創刊号

亀石倫子さん


(出典 news.nicovideo.jp)


(出典 amd.c.yimg.jp)



<このニュースへのネットの反応>

ヒント: 在日だから


ヒント: 民主党最大の支持母体が日弁連だから


自分の子供を虐待する時点で同情の余地なんて無いだろ 


夫婦の成育環境に問題があり、愛情の掛け方が解らずに虐待死させたのは同情の余地がある。いやないだろ、アホか。やっぱ文春は異常者の集団だな。


日本の司法制度は凶悪犯罪犯に対して甘すぎる、加害者の人権を過剰に保護し過ぎている、凶悪犯罪者に人権など無用だ、死刑に処すべし。


死体になってしまえばどんな命も屁理屈の道具か。殺意はなくとも悪意はあっただろうに。救われない命に祈る。


「*つもりでやった(殺人)」と「結果的に*だ(過失致死)」には天と地の差があるという解釈が成り立ってしまうのが現行法。だから公判で「殺意の有無」が良く焦点になる。


あんまり良い事じゃないと思うんですよねこれ、警察検察も殺意の証明がややこしいから無難に過失致死罪で起訴するケースが出てきますし。


一番酷いと思うのは「遊びでやってた、まさか*とは思わなかった」なんて言い訳にすらならないレベルの幼稚な訴えが時々受け入れられて減刑されることにある。


加減がきかず*せる*を世に放つなっつってんだろ(全ギレ)


日本の司法は甘々だから私刑も横行するんだろ?


感情論で刑を決められる程司法は甘くないのよ


こういう案件受ける時は被告側に絶対に殺意を認めるなって言うらしいなある意味で法律のエキスパートだよ、穴だらけだからそこに匿う半ば逃がし屋みたいなもんだな


司法関係者は法のルールに沿って運用する。刑法の厳罰化は立法府のお仕事。つまり国会。包括的に刑法を改定するときは、世論を背にして、改定の時期(ゴール)を定めて、超党派でやっている国が多い。日本ではそもそも、包括改正自体、議論されたことがないと思う


全部死刑でいいんじゃね?軽犯罪にまで適用するのはどうかと思うが、少なくとも殺人・強*・強盗殺人辺りは全部死刑で。


裁判官も人だし死刑相当の犯罪者とは言え、人を死に追いやる死刑を言い渡すのは多大なストレスになる。だから過去の判例を基準とする。その為にあるのが永山基準(簡単に言うと、4人以上*た18歳以上は、死刑になる可能性が高い。詳細は各自でどうぞ)要するに裁判官を守る基準である。ただ現代に則してないかもしれないから、その辺りは今後考えて新しい基準作った方がいいかもね。


人を死に追いやる死刑を言い渡すのは多大なストレスになるってのも解るけど重罪を言い渡して出所後逆恨みされる可能性(その筋の人とか)があるってのもストレスになりそうだけどな


この写真の人が犯人かと思った


復讐者が加害者を故*るより、被害者遺族が真実を知りたくて拷問した結果、図らずも絶命してしまったほうが罪が軽くなる、と。自殺に追い込めればさらに軽くなるのかな?


なるね。自殺幇助は強盗傷害並みの刑しかつかない。で、まあなんでこんなことになるかというと、一言で「検察にやる気がない」んだよ。日教組とどっこいの思想な連中だから「上に逆らうのは*で当たり前」という意識がある




この記事へのコメント

人気記事