なぜ、頭がよく、金持ちで、ルックスのいい人ほど「バカ」になりやすいのか


なぜこの地上はバカな人間だらけなのか。バカはなぜバカなのか。バカを治す方法はあるのか。フランス心理学者が、アメリカの哲学者に「バカの学問的な傾向と対策」を聞いた――。

※本稿はジャンフランソワ・マルミオン編、田中裕子訳『「バカ」の研究』(亜紀書房)の一部を抜粋・編集したものです。

■バカの条件=「自分は特権を与えられるべき人間だ」

——あなたの理論によると、バカとはどういう人を指すのでしょう?

ジェームズわたしがバカと呼んでいるのは、まずもって、自分を非の打ちどころがない、社会生活で特権を与えられるべき人間だと思いこんでいるような人です。男性に多くて、女性には比較的少ないと思います。典型的な例が、郵便局の窓口の列に割りこもうとするバカです。ふつうは緊急時や、立っているのがつらい妊娠中の女性に与えられるべき特権が、どういうわけか自分にも与えられるはずだと信じているのです。

なぜかというと、自分はほかの人間より金持ち、イケメン、あるいは頭がいいと考えているから。「おれの時間はおまえたちより貴重なんだ」というわけです。そこでもし誰かが「みんなと同じように列に並んでください」と訴えても知らんぷりをしたり、逆ギレしたり。こういう人は、単に他人を見下しているのではありません。むしろ、相手にするに値しないと思っているのです。「おれの素晴らしさをわからないやつらなど、まるで話にならない」というふうに。

——バカはどこで何をしていてもバカなのでしょうか?

ジェームズそうとは限りません。たまたまタイミングが悪くてバカなふるまいをしてしまう者もいないわけではないと思います。たとえば、禁酒、禁煙、ダイエット中などでイライラしていたり、若気の至りだったり。ただ、わたしが思うに、本物のバカはほとんどの場所でバカなことをします。ただし、常に必ずというわけではありません。職場や街中ではバカだけど家庭ではそうではない、あるいはその逆、ということもありえます。100パーセントのバカはまずいないでしょう。例外はスターリンですけどね。頭のおかしい大量虐殺者であっただけでなく、どこで何をしていてもバカだったらしい。

■知性の高さは、バカになるかどうかとは関係がない

——物知りで頭がよい人でも、大バカのくそ野郎になることはありますか?

ジェームズそこまでひどいバカかどうかはわかりませんが、頭がよくてもバカになることはあります。わたしの考えでは、知性の高さは、バカになるかどうかとは関係がありません。むしろ、変に頭がよいせいで、ほかの人たちを見下してバカになることもあります。知性のほかに、裕福、ルックスがよいといった特徴があると、自分を高く評価しがちで、他人からもちやほやされやすい。つまり、恵まれた人のほうがうぬぼれバカになりやすいと言えるでしょう。

——そうすると、バカとは、知性の高さの問題ではなく、社会生活でどういうふるまいをするかによるということですか?

ジェームズまさしく、バカかどうかは社会でどういう言動をするかで決まります。その一方で、これは心の問題でもあります。バカは他人より自分のほうが価値が高いと勘違いしています。だからどんな状況であっても、まわりが自分に合わせるのが当然だと考えるのです。また、バカの友人の中には、バカの要求に嬉々としてしたがってしまう者がいます。ここには、ある面では集団力学上の問題があるのですが、その底にはもっと個人的で根深いものがあるので、治すのはなかなか難しいと思います。

■自覚したぐらいでバカは治らない

——自分のバカなふるまいを自覚しても、バカはバカのままなのでしょうか?

ジェームズ困ったことに、自分がどういう行動をしているかを自覚していて、それを誇りに思っているバカはたくさんいます。「ああ、そうさ、おれは確かにバカだよ。だから何だ? おまえに文句を言われる筋合いはない」というように。だから、自覚したくらいではバカは治りません。バカの要塞の内側に閉じこもっているので、それを問題にするなど考えもしないのです。

ただ、絶対に変われないわけではないと思いますよ。大病をしたり、自動車事故に遭ったり、近親者が死去したり、という苦難を体験することで、少しは変われる者もいるでしょう。あるいは、歳をとったせいで変わる場合もあります。バカなことをするだけの体力がなくなったり、男性ホルモンテストステロンが減少したりするせいで。でも、それもめったにあることではないので、あまり期待しないほうがいいと思います。いずれにしても、自覚したくらいでバカがバカでなくなることはまずないでしょうね。

■「強さを見せつけ上に立とう」というオスの本能

——成人におけるバカの割合はどのくらいですか? 10パーセント? 50パーセント

ジェームズ国、地域、環境などによって異なります。アメリカカナダより多く、イタリアブラジルは日本より多い。まあ、日本はたいていの国に比べて少ないと思いますけど。時代によっても変わります。マスコミの報道を見る限り、アメリカは昔に比べると今のほうがずっと多いようです。でも、さすがにどんな国でも50パーセント以上ということはないでしょう。社会は、そこに暮らす人たちの協力と節度によって維持されていますが、どちらの能力もバカには欠けているからです。バカが50パーセントもいると社会が成り立たなくなってしまいます。

——どうしてバカがこんなにたくさんいるのでしょうか。生物の進化がそうさせたのですか?

ジェームズ確かに、バカが霊長類の本能と関連していることは間違いないと思います。自らの強さを見せつけて、集団のトップに立とうとするのは、霊長類のオス特有の行動です。自分がまわりより優れていると思いこんでいるバカは、それと同じことをしているわけです。でも、文明が発達し、体制が整えられた社会では、そうした要因が決定的になることはないでしょう。こうしたバカの出現は抑えられるはずです。現代では、個人主義がもてはやされるわがアメリカのような国で、とくにバカが大きな問題になっていると思います。

■バカへの対処法は「隔離」しかない

——バカにはどう対処すべきでしょうか。バカは治るのですか?

ジェームズバカが治るとは考えにくいので、関わらないにこしたことはないでしょう。職場に大バカ野郎が居座っていることがたまにありますが、それはその人が会社に何らかの利益や名誉をもたらすからだと思います。心理学者のロバート・サットンが、著書『チーム内の低劣人間をデリートせよ』〔邦訳:パンローリング〕でバカの取り扱い方法を説いていますけど、残念ながら必ずしもうまくいくとは限りません。だから、どんな手を使ってでもバカを隔離する方法を見いだすのが一番です。

そして、そのためには全員で一致団結しなければなりません。こちらが仲間割れをすると、バカはその隙を突いてのさばろうとします。一般社会のように大きなグループより、職場のような小さなグループでのほうがバカを隔離しやすいと思います。でも、一般社会でもバカを減らすためにできることは必ずあるはずです。ただ、バカはこちらがすることをいちいち邪魔するので、かなり難しい作業になることは間違いないでしょう。

■トランプのバカさは「名人芸」級

——家庭内にバカがいたらどうしたらいいのでしょうか?

ジェームズよくあるケースですが、とても難しい問題だと思います。なるべくバカを遠ざけることでどうにかしのいでいる場合が多いのではないでしょうか。たいていは、何らかの事情があって離婚できない妻が、バカ夫となるべく関わらないよう、話をしないで済むよう努力しています。妻は心の健康をどうにかして維持しなくてはならないのですが、それ以上どうすることもできないのです。

——2016年、あなたは、トランプ大統領就任における危険性を指摘した『くそったれ ドナルド・トランプ理論』(未邦訳)を上梓しました。トランプはやはり超絶大バカ野郎なのでしょうか、あるいは逆にしたたかな賢い人間なのでしょうか?

ジェームズトランプは超絶大バカ野郎……いや、ハイパーメガ級大バカくそ野郎ですよ。つまり、あの男は並みいるバカどもを差し置いて、そのバカの名人芸によって尊敬と称賛を集めるほどのバカです。通常、バカどもはバカの王様(あるいは、バカ大将)の座を巡ってデッドヒートを繰り広げるものですが、あれほど立て続けにバカなことばかりしでかすトランプの前には、誰ひとり足下にも及びません(おっと、例外がひとり。北朝鮮金正恩を忘れてはいけません)。トランプとバカを競いあった者たちは、のちにたいていは従順なしもべになり下がります(ニュージャージー州元知事のクリスクリスティのように)。

■天才ルソーも私人としては「ほぼバカ」

——哲学者にもバカはいますか?

ジェームズその点で言うと、18世紀の哲学者、ジャンジャック・ルソーが興味深いと思います。〈利己心〉についてのルソーの考察は、バカの自己中心的な思考と、それによって引き起こされる弊害の大きさを理解するのに、非常に重要な文献です。ところがそのルソー自身は、実の子どもたちを孤児院に捨てるという利己的な行動をしています。ルソーは哲学者としては天才ですが、私人としてはバカに近いと言えるでしょう。

——バカについて書いた貴著『くそったれの理論』(未邦訳)を読んだバカたちの反応は?

ジェームズ喜んでくれていますよ。あたたかいメッセージをたくさんもらいました。

「この本を書いてくれてありがとう。子どもたちからもらったのですが、これを読んで気づきました。わたしは間違いなくバカです」
素晴らしい! 実によく書けているね!」

ただし、「これからは生き方を変えます」「もう今までのような行動はしません」と言われても、それは難しいとは思いますけど。わたしが個人的に知っているバカたちについては、本書を読んだかどうかわかりません。できるだけ関わりあいたくないですからね。

----------

アーロンジェームズ カルフォルニア大学アーバイン校哲学科教授
アメリカの哲学者。ハーバード大学にて博士号を取得。専門は倫理学、政治哲学。著書に『くそったれ ドナルド・トランプ理論 (Assholes: A Theory of Donald Trump)』(2016)、『くそったれの理論(Assholes: A Theory)』(2012)がある(いずれも未邦訳)

----------

----------

ジャンフランソワ・マルミオン 心理学専門誌『ル・セルクル・プシ』編集長
フランス心理学者。本書『「バカ」の研究Psychologie de la Connerie)』はフランスベストセラーに。シアンス・ユメンヌ社などから心理学関連の著作を多数刊行。編著に、本書と同シリーズの第二弾『バカの世界史(Histoire universelle de la connerie)』、第三弾『美形とブスの心理学Psychologie des beaux et des moches)』など。

----------

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/Spectral-Design


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「変に頭がよいせいで、ほかの人たちを見下してバカになることもあります」ってコーポレートサイコパスじゃねえか


こういうのなんて言うか知ってるぜ、『僻み』


そうだね、マスごみ関係者も学歴だけ高い*が多いね。


プレオンとかいう*な企業も、特権を与えられたと勘違いして、反日ヘイト記事ばかり載せてるよな?


釣りバカのハマちゃんは


実に朝鮮民族らしい嫉妬心の塊だな。頭がいい人間の言うことではない。


ここでは社会的に迷惑な存在をバカと言ってるみたいだけど、そのバカを貫いて大統領にまでなったなら、バカが正解ってことになるのでは。


面堂終太郎、ロッカーに入ります!


バカにも3種類いる。①世の中に貢献するバカ、②害を与えるバカ、③全く影響を与えないバカ。③はすぐわかるが、①と②は時が流れてみないと違いがわからない。そして圧倒的に多いのが③である


妬み、僻み、嫉み。人は何故筆者のような悲しい考え方をしてしまうのか


「本物のバカはほとんどの場所でバカなことをします」 > これは当たってる。


某国はやはりバカの割合も多いのだろうか


きみ は じつに ばか だなァ


傲慢タイプの*についてしか書いてないな。 「一部を抜粋・編集」とあるし、もともとはジェームズ氏の自著宣伝記事のようなので、有用な情報が入ってないのは当たり前か。 つまり、この記事には何の意味も有効性もない。


バカを多用しすぎていて、ゲシュタルト崩壊を起こしそう… 要は恵まれた環境しか知らない傲慢な人って事でしょう


常人からバカ扱いされるくら理解できないことができるから、頭が良かったり金持ちになれたりするということかもしれぬな。


「頭がよく、金持ちで、ルックスのいい人ほど」って子供の時から、周りが持て囃して手伝うから。こういう奴は朝も母親が着て起こしてくれる。散らかしたものは片づけてくれる。子供の時に何も苦労していない奴ほど成人になって何もできなくなる。


じゃぁ「貧乏で、ブサイクで、キモヲタで、コミュ障で、ひきこもり子供部屋おじさん」は頭が良いのね、と。良かったじゃないかお前ら。


日本には適材適所と言う言葉があってだな また*と鋏は使いようと言うのも 将棋みたいなもんで特徴を生かし、チェスなんかと違い相手さえも取り込んで駒とする これが日本の思想 社会は有能だけで成立するにあらず 常に自分も過ちを繰り返す可能性があるから人を許し共に成長を目指す あ、でも朝鮮シナ人は最初から最後までお断りで


この本、有言実行で庶民に絶大な人気のあるトランプを*にするためだけに他の内容を付けたしたみたいな感じなんかね それだと著者への汚い金の出どころが容易に推測できるんだが


非表示にする場合はチェックを外す→

(出典 Youtube)

トランプは中東和平を実現したようですよ。これは途轍もなくすごい!本当のバカはどっちなのかはっきりしましたね。


努力と成長を辞めた奴から老いていく。


このジェームズ=サンの言わんとする事はわかる気もするが、トランプ=サンとキムが具体的にどこがどう『バカ』なのか書いてないな。特にトランプ=サンは一部マスコミから批判受けまくってるとはいえ、選挙公約を果たしてるだけとも聞いてますぞ。米国の有権者の多くも『バカ』と言いたいのかな?


「頭がよく」(中略)「バカになりやすい」って1行で矛盾してない?


良く解らんが、つまりトランプは超絶美老年なのか?


キムのほうは良く知らんが、日米の価値観とは全く相容れないってだけで、国民を弾圧しまくったり親族を無慈悲に暗*てても『バカ』とは限らん。アチラは文化文脈がまるで違う。支那において外国から領土領海やモノや利権や情報を盗みウソでごま*事が正義(=強盗の文脈)であるのと似たようなもんだ。


お口許が汚れていてよ。


「バカ」になりやすいのか× 元から「バカ」なの気づかないだけ◎


>>「頭がよく」(中略)「バカになりやすい」って1行で矛盾してない?<< そうとも限りませんぞ。世間には『高学歴バカ』って言葉があり、学校の勉強みたいに正解がはっきりしてる事には毎回100点取れるけど、実社会の正解が特にない事柄には満足に対応出来ない(筆者の言うところの『バカ』)、というヤツはかなり多い。


通報されるくらいに「貧乏で、ブサイクで、キモヲタで、コミュ障で、ひきこもり子供部屋おじさん」・・・・    長期間自室に引きこもれるということは、親が資産家ということ、親が高額報酬か資産持っていないと年単位で引籠りできない。ドアの前に食事置くという行為している母親事態子供をバカにする行為。家より外に楽しみ見つけれないようにした親の責任はどうする


まずバカの定義から言って一般的でないのがな。フランスの学者が主張するタイプの人間は日本語なら「自己中」に分類されるでしょ


周りに甘やかされた結果バカになるというのは、正にフェミのことやな。なるほどなぁ。


無職引きこもりもバカだわな。できる範囲内のことから順に手を付けずに、自分の能力より良い評価を企業や他者から求めてる時点でバカなんだろう。


すでに定着している言葉を再定義されてもねぇ。知らない人には?と思われるだけ。テーマ、何々は○○と知りたくもないことを決めつけるのが安物表現。


えげつないぐらい歪んだ評価だな。これ書いたやつの方が少なくともバカ。僻んでる暇があるならせめて整形する金貯めろ


一部の自分に意見する人をみんなネトウヨ扱いしてる奴ってこんな感じだよな、全員隔離してほしいわ。


ただの悪口じゃね?


▲ 「プレジデントオンライン」の運営会社は「一ツ橋グループ」。週刊ポスト&週刊プレイボーイの「小学館&集英社」の親玉。ティーン誌やファッション誌で、韓流タレントや「オルチャンメイク」など、韓国工作を1番に熱心だった工作出版社。 「一橋大学 百田尚樹 講演 妨害 韓国人」で検索


俺の意に沿わないやつは*だはこの手の文章としていいとして具体的にトランプ名指し批判してる割には内容が薄い


おっ、政治家の悪口かな?


完全に気のせいだぞ。ただそういうやつがバカだと被害が大きくなるから目立つだけだ。




この記事へのコメント

人気記事