「ごはん粒を残すと目がつぶれる」という日本の教えが持つ、深い意味


 中国メディア・斉魯晩報は14日、「お茶碗のごはん粒を残すと、目がつぶれる」という日本の民間の言い伝えに含まれた意味について考察する記事を掲載した。

 記事は、大学時代に知り合った日本のクラスメイトが食事の際に必ず茶碗のごはん粒を一粒たりとも残さず食べ、しばしば「きれいに全部食べないと、目がつぶれるよ」などと脅してきたというエピソードを紹介した。また、仕事で多くの日本人と接するようになると、かつてのクラスメイトと同じように考えている人が非常に多いことに気づいたとしている。

 そして、日本人がこのように考える理由について「ごはんを残すと農家に失礼」、「小さいころから言い聞かされた」、「お米には神様が宿っているから」、「残すと貧乏神がやってくる」といった意見が聞かれたと説明。結局のところ科学的な根拠はなく、いわば日本の民俗的な言い伝えであるとする一方で、伝統的な信仰以上に「第2次世界大戦後の悲痛な記憶に起源を持つ」印象を覚えるとの考えを示した。

 そのうえで、戦後の「欠食時代」にベビーブームが重なった時期に育った日本人は小さいころから親から「食べ物を無駄にしてはいけない」と厳しく言い聞かされて育ち、「残せば災いが来る」というさまざまな言い伝えが生まれたのだとした。また、高度成長を経て「飽食時代」に入ると、貧しい時代を知らない子どもたちが食べ物を平気で残す現象が生じたことから、日本政府が学校に対して食べ物を大切にする教育を施すよう指示したと紹介。その影響もあって、今もなお「ごはん粒を残すと目がつぶれる」といった類の話が残っているのだと伝えた。

 記事は最後に「日本人がごはんを残さないのは、表面的に見れば迷信なのだが、深く考察すれば教育の結果なのである。そこには、かつて飢えに苦しんだ国に刻まれた、食の安全に対する焦りが隠されているのだ」と評している。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

「ごはん粒を残すと目がつぶれる」という日本の教えが持つ、深い意味


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

別に日本人がご飯粒を残さないのは迷信信じてるからじゃねーわ。当たり前のことを当たり前として教育されてる結果だろ。ただ、今の日本人には貧乏臭いと感じるやつが少なからずいるがな。


目が潰れるは初めて聞いたな。米一粒には7人の神様が住んでるから粗末にしてはいけないってのはよく聞くけど


ご飯粒残さず食べてたら「意地汚いな」って言われたことがある。「米粒残したら目が潰れるって両親の教えなんです」って返したが、昭和生まれにそう言われたのはショックだった。


こういうのってガラの悪い家ほど平気で残した挙げ句、最後の一粒まで食べようとする相手に意地汚いなどと言うから、純粋に教育の結果だと思う。


「もったいない」精神が国連でも取り上げられたのを忘れてはいけない。


眼がつぶれるとか聞いたことないわ、単純に勿体ないで親も含めちゃんと躾してるかどうかだろ。親が口だけのガイジだと子供も口だけのガイジになるのと一緒。


大丈夫。女性と言うヒトモドキは食べ物を粗末にしても許されるらしいから。


考察が微妙にずれてる所がアレ。世界基準で見たらチャイナ基準は非常識なのよ?


自炊すると皿洗いし易くするために残さなくなるよ


現代人に何をいっても無駄だろ。心配しなくたって、もう10年もすれば気候変動による食糧危機によって、食料の大切さを認識するだろうよ。その前に戦争が起こるかな。


見た目が悪いし、洗うのが楽。チャイ人は汚いっていう概念がないんだろうな。チキンの骨とか平気で床に捨てる連中だし


親の実家は海岸沿いの集落なので、昔は町なかにイソガニやアカベンケイガ二がうろうろしてたらしい。そこで食べ残しの戒めは「(餌付けされて)寝床までカニが来るぞ」だったらしい。具体的に困る感じがいいw


戦前戦後関係ないと思うけどな。ただ、賞味期限を半年以上過ぎたものを「昔の人はこれぐらいのものは食ったから大丈夫」って食わせようとするジジババには、「だから昔の人は長生き出来なかったんだよ」って言って捨てさせるけどな


その言い伝えは知らんけど自分家で作った米だったから茶碗によそったご飯は一粒も残さず食うように教育されてたわ。あと目潰しって聞くと餅つきで突く前にやる下準備が思いつく


ご飯をべたべた付けた状態で食器を返却する奴とは仲良くしないことにしてる。提供する人のことも、後かたずけをする人のことも考えられないような配慮のない人間は大抵どこかでミスをする。


信用や誠実さがあるから「全部喰える」とも言えるんじゃあね?


四足のものは机以外食べるなんて言われる民族に貧乏くさいって言われても…


「戦後の記憶に起源」だって?、とんでもない、江戸期以前からだ。日本は朝廷や幕府から庶民に至るまで倹約の精神が浸透してたからな。


自分の祖母が脳梗塞で介護生活してた時、祖母がよくごはん食べ残してな。介護してた父が「ご飯粒一つで稲が一本生えるから無駄にしたらダメって教わったでしょ」と言ってたかな?半分目が見えてなかったから気づかないのも無理はなかったんだけどね。


「…食の安全に対する焦りが隠されているのだ」食の安全について何か書いてあったか?


躾の意味もあるだろうが、食べ物が不足していた時代に、食べられるときにしっかり食べておかないと(栄養失調に陥り)鳥目(夜盲症)になるぞ。という脅しでもあるんじゃないの? 昔は鳥目が多かったからね。白米にビタミンAは特別多くはないけれど、昔の人にはそんなことは関係ないし。食べ物の有り難味を理解できない人間に対しては、一番効果のある脅し文句だったのでしょう。


粒は残さなくても炊飯釜や食器にはかなりべとべとした物が残って取り切れない。これだけでも数粒分ある。




この記事へのコメント

人気記事