炎天下で眩しくても我慢する!?日本人の6割以上はサングラスをつけない理由


日差しが強いこの季節、外出する際は紫外線対策が欠かせません。紫外線対策に必要なアイテムといえば、日焼け止めクリームや帽子、日傘、そして目の紫外線カットするサングラスも必要ですよね。
しかし日本人サングラスに対して、紫外線対策とは違った特別なイメージを持っている人も少なくないようです。

西日が眩しい運転中でもドライバーの約4割はサングラスをせず

株式会社IZone Japanでは30代~50代の女性を対象に「夏の紫外線対策」をアンケート。こちらによると圧倒的に多かったのは「日焼け止めクリーム」(71.7%)で、それ以下の結果は次の通りとなっています。

●30~50代女性の「夏の紫外線対策」
日焼け止めクリームを塗る……71.7%
日傘をさす……57.0%
帽子を被る……42.2%
できるだけ日向を避ける……39.1%
長袖・長ズボンを着る……30.5%
サングラスをかける……24.2%
紫外線対策サプリを飲む……3.0%

「日傘をさす」「帽子を被る」「できるだけ日向を避ける」といった項目が続く中、「サングラスをかける」はわずか24.2%。そこで同調査では夏にサングラスをかける頻度と、かけるタイミングについてアンケートを行ないました。結果は次の通りです。

サングラスをかけるタイミングについて「おしゃれをしたいとき」と回答したのは11.7%でした。

サングラスをかけるタイミングで一番多かったのは「車を運転するとき」。確かに運転中は西日や夜間の対向車のヘッドライトが気になるケースが多く、運転に支障をきたすこともあります。しかしそんな運転中でもサングラスを装着する人は57.0%で、残り4割はかけていません。そして夏全般でも「サングラスはかけていない」と答えた人は62.7%もいるのです。

室内でもサングラスをしている女性もたまにいますが……。

日本人の根強い先入観“サングラス=チャラい”

なぜ夏に強い日差しが照りつける日本で、これほどサングラスが浸透していないのでしょうか?それについての大きなキーポイントとなりそうなのは、日本人が抱くサングラスに対するイメージ。同調査では「サングラスをかけている方に対する印象を教えてください」と質問したところ、次のような結果となりました。

おしゃれ」と「気取っている」は紙一重なのかもしれません。

紫外線対策に気を遣っているように見える」と回答した人は23.0%で、それよりも多かったのが「気取っているように見える」(35.4%)となっています。さらに「おしゃれに気を遣っているように見える」(15.2%)、「大人っぽくてかっこよく見える」(9.6%)、「品がないように見える」(7.3%)と、紫外線とは関係ないイメージに関する回答が多数。またサングラスをかけていない人の具体的な意見の中にも、「どうしてもサングラスといえばチャラチャラした人がかけるイメージというのがあるから」(30代/専業主婦/愛知県)、「紫外線対策と思っても、自分の中ではまだまだファッションとして敷居が高いものだから」(30代/職業訓練生/岩手県といった内容がありました。つまり日本ではサングラスをしていると、よくも悪くもなんらかのファッションメッセージを発信していると捉えられてしまうケースが多いのです。

確かに昭和の時代には、不良やアウトローな人のファッションアイテムとしてサングラスを活用している人がたくさんいました。しかし今は令和の時代で、紫外線も当時より今のほうが強いはず。先入観にとらわれず、紫外線予防としてサングラスを活用したいところです。

調査概要:サングラスに関する調査
【調査日】2020年7月17日(金)~2020年7月18日(土)
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】1,147
【調査対象】30代~50代女性
モニター提供元】ゼネラルリサーチ

関連画像


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

目線が隠れるから感情を読みにくいというのはある


なんかの番組で、欧米人は口元を隠すと表情がわからないのでマスクを嫌い、日本人は感情を目で見て判断するので眼鏡やサングラスを嫌うという話があった。確かに以前接客業で眼鏡は失礼にあたるっていう話題があったし、欧米人はマスク着けた奴を怪しい奴と思うからへぇって思った


つけますよ。(色付きの)


単純に瞳の色が薄い人は光に弱いのでサングラスして、濃い色の人はまぶしさに強いから日常では必要ないんじゃないのか?


サングラスは白人文化。瞳の色が有色人種に比べて薄いから、光を吸収できず、有色人種より眩しく感じる。それぐらい知っとけ。


なんだ、「Suits WOMAN」って小学館じゃん。週刊ポストのとこだ。プレジデントオンラインの運営会社「一ツ橋グループ」が親会社だ。小学館はティーン誌やファッション誌で、オルチャンメイク、コンス、韓流タレントを大宣伝してた筆頭株。


今は色無しのサングラスあるので。ただの眼鏡に見えるから私はそれ使ってる。


他の方も書き込んでるが、人種による体質の違いでFAなんだが案外知らない人も居るかもね。海外のゲームをやってると暗がりが暗すぎて見えないことが多々あるが、これも白人種と黄色人種などで目に違いがあるからだったりする。


目は消耗品だから年取ってから苦労したくなかったらサングラスつけた方がいいぞ。


このご時世マスクにサングラス付けたら不審者に見えて職質くらってしまうよ


悪いこた言わんから目が辛いなら素直にグラサン付けなさいよ…多少、似合わなくてもお辛いよりはマシでしょ


眼鏡かけているから


目のためにはサングラスが嫌なら日傘かつばがしっかりある帽子を利用した方がいいのは確か。サングラスもUVカットが付いていて色の濃くない方がいいらしい。色の濃いのは目の為には逆効果らしい。


元々持っていない=買いに行くのがめんどい


視界が暗いと瞳孔が開く。そうすると紫外線も入りやすくなって目にダメージがいくので、サングラスは紫外線カットできるやつを買いましょう。


紫外線カットのサングラス 紫外線カットの効果が徐々に衰えるそうなので調べてください。


人種による光感受性の違いは1970年代の日本の子供用雑誌でしかソースが見当たらない与太話で、研究中ではあるものの一切実証されていませんよ。


 眩しさ抑えてお目めぱっちりになるけど、その分紫外線がグッサリって見たことがある。紫外線も防いでくれる奴だと安心だね。


チャライというか、ダサイ。日本人に似合ってないんだよね。それとダサイとわかっていて付けてる人の大半がオッサンかオバサンか勘違いしてそうな連中なのもイメージ悪い。


度入りサングラスが安いなら欲しい。あと、自分が似合うなら買うだけ買ってたかも、くらいかしら、サングラスについて思うのは。


ダサいし痛い奴がかけてるイメージしかない


人種による違いを言ってるやつがいるけど、まぶしいもんはまぶしいのに、掛けないのはなんでって話に対する回答なんだからこれでいいんだよ。


老人性白内障の原因は、紫外線。サングラスは人種を問わず必需品。花粉対策にもなる。紫外線100%カットで可視光線90%透過のもある。役に立つサングラスはそれなりのお値段だが安物は本当にカッコだけだから、スペックを吟味して使用環境と自分の頭蓋骨にフィットするか確認して買うべし。


逆パンダになるんだよね。


つければシャムさんの出来上がり「うぃーす!どもーシャムでぇ~す!」


>barutoro  同じ光でも人種的に眩しさの感じ方が違うって話だぞ。


何故眩しいのにかけないのって一方的な決めつけにされているだけで、それが必要なほど眩しいと感じてないからかけてない人が多いってだけでしょ


調光サングラスほしい(室内室外で掛けかえるのがめんどくさい


そろそろ日本の紫外線も破壊的な気候帯に入ってきたから無理せずかけた方がいい


雪国で歩く時や運転時は必須だよ


夏の紫外線もそうだが、海上での反射、冬の雪国の照り返しとかあるからな・・・やっぱりサングラスあった方が良いかもしれない


俺も感覚としてチャラいと感じるが、実際に気候が昔とは違っているからな。必要なら使用すべきと考える。物理現象は人種や文化には関係なく作用するわけで。あと「エアコンは甘え」とか言っちゃう昭和の老害のようになりたくないしな。


時世のマスクと日光避けに帽子被ってるので、これでサングラス付けるとパーフェクト不審者装備になってしまふ・・・


帽子かぶれば良くね


久しぶりにグラサンみたな。タモリさん以来か。


遮光器土偶タイプはカッコいいかもしれない。


今は良いけど年取って後悔しても遅いからやれる事はやっとく、クーラーとかと一緒で便利な物は使えば良い。入れ墨とかと違うんだから不適切な時に外せば良いだけだし


目が光に弱くてサングラス付けたいけど格好付けと思われるんだよなー。この文化変わってくれないかな~。今は紫外線も強くなってるし、普通の人も害あると思うんだけど。


小泉大臣の出番かなグラサン会見ですよ首相だと叩かれるだけだから…




この記事へのコメント

人気記事