まったく校則のないドイツの学校が「学級崩壊」と無縁なワケ


校則は誰のためにあるのか。ドイツ出身のサンドラ・ヘフェリン氏は「ドイツの学校には校則がないが、何の問題もなかった。厳しい校則で生徒を縛る日本のやり方は、みんなを不幸にするだけだ」という――。

■高校生の髪型がニュースになる驚き

先日、東京都予算特別委員会の質疑の動画インターネットを中心に話題となりました。

動画では共産党の池川友一都議会議員の「なぜ都立高校の校則ではツーブロックが禁止されているのか」という質問に対して、藤田裕司教育長が「その理由といたしましては、外見等が原因で事件や事故に遭うケースなどがございますため、生徒を守る趣旨から定めているものでございます」と回答しています。

確かにツーブロック高校生の髪型としては目立つため「絡まれる」などといった問題が一部で発生しているようです。しかし治安に関していえばドイツをはじめとするヨーロッパの国のほうが明らかに日本よりも治安が悪いにもかかわらず、「ツーブロック禁止」という校則はヨーロッパでは聞いたことはありません。

今回はこの「ツーブロック禁止」を例に海外と比較しながら「ニッポンの校則」というものについて考えてみたいと思います。

■ドイツの学校に校則がない理由

ツーブロック禁止」の校則に関するニュースが流れたとき、とても日本的なニュースだなと思いました。日本の一部の高校がツーブロックを禁止する背景には、髪型を規制することで生徒がどんどん派手になりいわゆる「荒れた学校」になるのを防ぐ目的もあるといいます。でも「生徒が派手にならないように」「学校が荒れないように」と生徒の生活面での指導をしているところが日本的だなと思いました。

筆者はドイツで育ちましたが、ドイツの学校には「校則」そのものがありません。そのため筆者が通っていたギムナジウムでは膝のあたりがビリビリに破かれたジーンズをはいて登校をする同級生もいましたし、胸元が大きく開いたデザインの服を着てデコルテを見せている生徒もいました。パーマはもちろん、毛染めからピアスまで「何でもあり」でした。

特に荒れた学校ではなくむしろ逆でしたが、なぜこんなにも生徒の自由が重んじられているのかというと、ドイツでは「身だしなみや生活指導は家庭の役割」「学校の役割は勉強の面倒を見るところ」といういわば役割分担に関する「すみ分け」がはっきりしているからです。そのため仮に生徒が学校の外で問題を起こしたり、またはトラブルに巻き込まれたとしても、学校の責任が問われることはありません。

もしもドイツで子供に「ツーブロック」を禁止するとしたら、それはドイツでは「学校」ではなく「親」の領域です。ただし実際にはドイツツーブロックを禁止する親の話は聞いたことはありません。

■カップルの「相部屋禁止」が唯一の規則だった

ドイツの学校には日本でいう生活指導の時間はありません。生徒が放課後にどこを歩いていようと、週末に何をしようと、学校や先生はノータッチです。生徒の「性生活」に関しても基本的にはノータッチであるため、結果として生徒の恋愛にも寛容です。学校で堂々と恋愛をしているカップルがいるのはドイツでは珍しくありません。

筆者が通っていたギムナジウムでも17歳の頃、先生公認のカップルがいました。このカップルは授業中に隣同士の席に座っていましたし、もちろん休み時間もいつも一緒に過ごしていました。

クラス修学旅行に行くことになった際、「修学旅行中に万一妊娠すると問題になるので、修学旅行中はカップルが同じ部屋に寝泊まりするのは禁止」という先生からのお達しがありました。それも頭ごなしにいうのではなく、カップルと先生がじっくり話し合ったうえでのルールでした。

このように恋愛も含めドイツの学校は生徒を「一個人」として扱うのが普通です。奇抜な格好や、とっぴな行動も「もうすぐ大人なのだから」ということで、「自立の証し」として見守ってくれていたように思います。

そうはいっても、「宿題をしない」「授業の邪魔をする」などといった問題行為についてドイツの学校は厳しく、先生から親に注意の手紙が送られることもあります。これが3回続くと、今度は校長から親に戒告の手紙が送られます。校長による戒告が3回続くと、生徒は退学になり別の学校へ転校を余儀なくされます。学校での暴力や授業の邪魔をするなどといった問題行為についてはこのように厳しい対応をとるドイツの学校ですが、生徒の身だしなみや放課後の生活態度など「授業や勉学と関係ない」とされていることに関する規制はないというわけです。

そのためドイツでは生徒が何か危険なものに巻き込まれる可能性があったとしても、規則として何かを禁止することはありません。法は守らなくてはいけませんが、それは学校の問題ではなく生徒個人の問題だと考えられています。したがって仮に何かに巻き込まれる可能性が否定できなくても、その上で自分のスタイルを守るか否かは生徒本人の判断に委ねられています。

■ドイツの学校で大事にされている「多様性」

ドイツの学校の先生が生徒の生活面にタッチしないのは、「先生による管理が時間の面でも労力の面でも不可能」だと考えられているからでもあります。

ドイツの学校に給食はなく、当然日本の小学校でたまに問題になるような「完食指導」もありません。それは「食」も「私」に該当すると考えられているからです。よって「食」に関する指導は家庭の管轄です。

ドイツにはイスラム教徒の生徒も多く、彼らは豚肉が食べられません。また親がベジタリアンで、「子供に肉は食べさせない」という方針の家庭もあります。色んな主義や考え方がある中で、学校が生徒をひとつの方向に「これが正しい」と導くことは不可能だと考えられています。

日本人からすると、このような割り切った考え方であるドイツの学校は「冷たい」と感じるかもしれません。でも勉強以外のさまざまなことが本人や家庭に委ねられていることの利点は確かにあるのです。それは、わざわざ「多様性」を主張しなくても、「自然な形で多様性が保たれている」点です。

いろいろな肌の色の人がいて、さまざまな髪質の人がいる。家庭によって文化も違えば、生徒個人の好みもいろいろ――学校はまさに「社会には色んな人がいる」ことを学ぶ場所です。

日本の学校でも外国人や外国にルーツを持つ生徒は増えています。学校が「黒髪の直毛」をスタンダードとし、そうでない髪質や髪色の生徒に「地毛届」の提出を求めることは時に人種差別の問題もはらんでいます。

学校が「子供が将来社会に出た時にうまくやっていけるよう準備をするところ」であるならば、校則による「縛り」はむしろ逆効果なのではないでしょうか。校則により均一的な格好を長年強いられてきた生徒が社会に出た時に「多様性」というものにポジティブに向き合えるのか――そんなことが心配になってきます。

■そもそも「校則」は必要なのか

都立高校186校、都立中高一貫校5校の全191校を検査した結果、83.1%の全日制の高校に生徒の頭髪に関する校則があることが分かっています。生まれつき髪の色が明るい生徒が学校に地毛届を提出させられる問題もまだなくなっていません。

日本の校則は規定が細かく、女子生徒の制服のスカートの丈に関する規定があったり、靴下がワンポイント禁止だったり、寒い冬場でもコートやマフラーが禁止されていたり、さらには生徒の下着の色まで決められていたりします。

今回の「ツーブロック禁止」についてインターネットでは「理不尽」「意味不明ルールの典型」など非難の声も多く見られました。

そんななかで尾木ママはブログに「ツーブロックは、自由でもいいし、禁止でもいいと思います。一番のポイントは【誰が決めたのか】ということ」と自身の見解を述べ、続けて「高校生にもなって、いちいち細々とした校則を学校の先生たちがきめる。(一部中略)学校生活を快適に過ごすかどうかは生徒たちの問題です。生徒会で議論して決めるのが筋ではないでしょうか?」と書きました。

つまり同じルールであっても、大人が勝手に決めるのではなく、あくまでも生徒が互いに話し合った上で決められたルールであるべきだと尾木ママは主張しています。

ただ校則がない学校に通っていた筆者は「学校に校則ってそもそも必要なの?」と思ってしまいました。

■未成年だから髪型や下着の色に口を出してもいいのか

仮に生徒同士でルールを決めたとしましょう。生徒が多数決で「下着の色は白に限る」と決めたとして、なぜ他人が決めた色の下着を身に着けなくてはいけないのかと疑問に思います。

社会人に置き換えて、この問題を考えてみましょう。仮に会社の平社員同士の多くが「ブラジャーの色は赤がいいと思う」と思ったとしても、口に出すことは難しいでしょう。異性がいる場合は間違いなくセクハラになりますし、自身が身に着ける下着について、他人が意見を述べること自体がおかしいからです。

そう考えると、相手が未成年で学生だからといって、大人が平然と下着にまで口を出すのはやはり理不尽だと思ってしまいます。

甲子園を見ても分かるように、日本では丸坊主男子高校生にふさわしい髪型だとされているフシがあります。確かに丸刈りにしてしまえば、髪の手入れに手間がかからないのは確かです。

しかし「手間がかからないこと」を選ぶのか、それとも「おしゃれ」を選ぶのかは本来は各自が決めれば良いわけです。そこを統一させて全員を丸刈りにさせてしまうのは、大人たちによる「高校生らしさ」の押し付けなのかもしれません。

■校則は結局「ダレ得」でもない

校則があることにより窮屈な思いをするのは生徒ばかりではありません。生徒に対する細かい規則があることで、先生もそれらの規定が守られているかどうかをチェックしなくてはならなくなります。このことにより、そうでなくても部活等の時間外労働に忙殺されている先生に負担が強いられるわけです。そういったことも考えると、「校則があるのはダレ得でもない」と思います。

ヨーロッパの学校とは違い、日本の学校では「地域の目」も気になるといいます。しかし地域からの「お宅の学校の女子生徒はスカートの丈が短い」「お宅の学校の男子生徒はツーブロックが多い」などといったクレームには、どこかの芸能事務所のように学校は「プライベートは生徒に任せています」と返すのが理想的だと思います。

そもそも今の時代、「ツーブロックを禁止すること」は別の意味でも問題です。コロナ禍で美容室や理髪店に行くことがはばかられるいま、自宅でバリカンを使って気軽にできるツーブロックこそが時代に沿った髪型だと思うのですが、どうでしょうか。

----------

サンドラ・ヘフェリ 著述家・コラムニスト
ドイツミュンヘン出身。日本語ドイツ語の両方が母国語。自身が日独ハーフであることから、「ハーフ」にまつわる問題に興味を持ち、「多文化共生」をテーマに執筆活動をしている。ホームページ「ハーフを考えよう!」 著書に『ハーフが美人なんて妄想ですから‼』(中公新書ラクレ)、『体育会系 日本を蝕む病』(光文社新書)など。

----------

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/KiroM


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本でも高偏差値の学校は校則なんてあってないようなもんだけどな。そこ行けばいいだけなのでは。


日本と欧州の差、人種の多様性d(-- 国を崩壊させてる馬韓国みたいにはなりたくないね<(--


「学級崩壊」と無縁なワケ に繋がる文章が記事内に一切無いのですが。 まぁプレオンにまともな内容を期待する方が間違ってるか


ドイツではいじめが認定されると加害者は強制退学になり、別地域にいかないといけないらしい。その辺りは日本より良いかも。まあ日本の教育は制度というか仲間内の庇い合いが酷いのがな。。尤も、ドイツでは先生に気に入られないと良い点数が貰えないという問題もあるらしいが


もしかして学級崩壊してるのを「多様性」って言葉でごまかしてない?


またプレオンか。熱中症でイライラしてるのかな?


基本の考え方とかベースになってる水準が違うよね、結果を見ればルールを遵守する日本の良い部分もあるとは思うけど、単一的だったり自発性に欠け受動的だったりもする。こういう比較や研究はすべきだと思うよ。


ドイツは学級崩壊どうこうよりも、難民による治安悪化と中国の経済侵略を受けて国として終わりかけてることは良いのか?まあ中国に媚びてるプレオンとしては、反日さえできれば、ドイツがどうなるとどうでも良い訳か。


最初から崩壊してるから、崩壊とは無縁なのかなって...


多様性と言うのなら、ドイツの学校に無くて日本の学校にある校則もまた国単位の規模で見た多様性の1つなのではないでしょうか?


まあたぶんその代わりセンセーになめた態度とって授業妨害なんかした日には、年少とか関係なく単位貰えずに留年するんだろうなあっさりと。日本の教育はこれを病的なまでに怖れて今に至るけど、それもどうなんだろうな。どこかで真面目な奴が*をみる状態になってないかな


学級崩壊云々以前に社会が移民に乗っ取られてるじゃん。


「多様性」って「自己責任」とセットなんで、生徒の評価下げまくって良い権利を担任に与える所からかな


ずっと昔、ドイツの子供がトルコ人の子供にいじめられてもドイツ人の大人は守ってやれないという話をテレビで?知った。ドイツの子供の肩を持ってトルコの子供を責めると差別扱いされるからと。欧米では~日本と違って~と、地上の楽園みたいな報道されても真に受けられませんわ。


*が蔓延しすぎててもう取り締まれないから、いっそのこと合法化してマフィアの収入減にならないようにしてしまおうとか、そういった種類の開き直りに似たものを感じる。移民受け入れ過ぎてて社会が混沌とした状況にあるし、中国に媚びてるのもドイツだし。別にそれらを日本がマネする必要はないと思うな。


ドイツって中学校くらいで将来の進路を決めるんだろう?と思って調べてみたら10歳で進路決定、中等教育はストレートで卒業できるのが6割強とか。そりゃあ、*やって学級崩壊なんて起こす暇無いよな


民度が高い学校ほど細かな校則は不要となる。なんでもかんでも校則不要というのは間違いで民度の低い学校ならある程度は必要。日本の細かな校則問題はそのほとんどが民度の低かった時代につくられ現在は民度の高い学校で起こっている。


多様性だの校則だのじゃないよね、これ。  先生がちゃんと生徒を怒っていいかどうかの差だよね。  しつけも学校でやれ、親のいちゃもんは全て聞け、生徒様は神様だ、殴っちゃダメ声も荒げちゃダメ生徒のやりたいことは全て許せでもイジメも学級崩壊も先生が悪い、こんなのどうにもならんわ


こりゃ問題が無いのではなく、学校が問責される立場に無いだけやの。日本の学校というシステムは兵営に準じて設計されとるから、学校側に一定の責任も要求され、保護者も自分の持ち分を学校に押し付けがち。


ドイツ大学「学費を無料にしてやってんだから、コッチにも生徒を選ぶ権利ぐらい与えてくれ!」


校則があろうが、なかろうが、教育現場に適正な人材と政策を出せない監督者が無能なだけ。


ギャルヤンキー風だけじゃなくて、「清潔感のある若者らしい身だしなみ」に違反するマジキモ野郎も取り締まってくれや


親の意識が違うだけなのでは?日本の親は何かあったら学校のせいにするじゃろ。知らんがなって言ったらモンスターに絡まれること必須


以前まではドイツに対して好意的に見れたけど、ここ最近のドイツのアホガイジっぷりを見るともうね・・・


役割と責任の分担をしっかりして、学校が責任を負わないなら学級崩壊なんて無いでしょうね。学校は取り合えずやることをやればよくなり、無駄に干渉すること無く生徒を切り捨てるでしょう


かわりに学校は一切責任を取らないわけか。これはこれで悪くないような気もする。あくまでも勉強を教えるだけの関係って事で


>校長による戒告が3回続くと、生徒は退学になり別の学校へ転校  ←結局厄介払いして居なかったことにしてるだけやんw


『生徒が多数決で「下着の色は白に限る」と決めたとして、なぜ他人が決めた色の下着を身に着けなくてはいけないのかと疑問に思います。』 話し合ってる時に言えよ


日本は学校が生活面での指導をしてると書いてるけれど、生活面での指導の第一は家庭であるべきって事は日本だって同じだよ。それを言わずに学校に押し付けておいて、学校が生活面に口出しするのはおかしいって無茶苦茶な話じゃないか。


まあ、その分ドイツはできない子はがんがん見捨てるわけだしな。ツーブロック禁止はおかしい!なんて言ってる奴はどんどん落こぼれるだろうよ。


学校含め地域全体で子供を守ろうとしている日本と、勝手にしろと野放しにするドイツ。どっちが子供に優しいのか


校則のほぼない私立に通ってたけど偏差値も結構あったからなのか民度高くて大きな問題を起こす(巻き込まれる)ような奴はいなかったよでも世の中には民度もクソもないガキもいるから校則が不要というわけにはいかないだろうね


日本の校則は法律並みかそれ以上の規律かのように使われてるのが異常なんだよ


日本だって偏差値の高い所は相当に校則緩いんじゃなかったっけ? 大体、偏差値が低くなるにつれ校則が厳しくなって行ったはず。クソガキ相手には強権を振るわざるを得ないってことだろ。




この記事へのコメント

人気記事