コロナで凶暴化する“世間”。感染者への攻撃は、なぜ起こるのか?/鴻上尚史


―[連載「ドン・キホーテピアス」<文/鴻上尚史>]―


◆凶暴化する“世間” 感染者への攻撃は、なぜ起こるのか?

 8月19日に新刊がでます。『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(講談社現代新書)です。

「日本世間学会」の代表である九州工業大学の名誉教授の佐藤直樹さんと対談しました。

 コロナによって、僕がずっと追求している「世間」や「同調圧力」が凶暴化していると感じ、緊急対談をお願いしたのです。

 佐藤さんと対談してなるほどと思ったのは、「社会」と「世間」の違いについて、「社会」は「法のルール」によってコントロールされている、ということです。

「社会」は、自分と関係ない人達の集まりですから、ちゃんと法が支配しないと「万人の万人に対する闘争(ホッブズ)」になるというのが歴史の証言です。

「世間」は、自分と関係のある人達の集団ですから、「法のルール」ではなく、「気持ち」とか「絆」「おもいやり」などがルールになります。

 で、「社会」がほとんど存在せず、中途半端に壊れた「世間」に生きている私達日本人は、私達を強く縛るものは「法のルール」よりも、「思い」とか「つながり」になっています。

 日本では、殺人事件がヨーロッパの3分の1、アメリカの17分の1で、犯罪がそもそも少ないから、「犯罪をおかすな」ではなく「迷惑をかけるな」が世間のルールになることは前回、書きました。

 その結果、コロナ禍で何が起こるかというと法律とは無関係に、「私的警察」が力を持ってしまうということです。

 7月29日、岩手で最初の感染者が出たと発表された時は、感染者の勤め先やネット上に中傷や差別発言が相次ぎました。

 会社に電話したり、直接来社して、「名前を教えろ」とか「クビにしろ」と言ったり、ネット上に感染者の名前、住所を特定して発表しようとする人達です。

 岩手県達増拓也知事は感染者が出る以前から、「第一号になっても県はその人を責めません」「感染者は出ていいので、コロナかもと思ったら相談してほしい。陽性は悪ではない」と呼びかけていました。

「陽性第一号」になることを恐れて、県民が相談や検査をためらうことを心配したのです。

 感染者が出た後、知事は、会見で中傷発言に対して「犯罪にあたる場合もある。厳格に臨む意味で、(中傷に対しては)鬼になる必要がある」と強調しました。

 知事の発言はじつに当然です。でも、犯罪になるかどうかを判断することが、この国では「鬼になる」必要があることかと思うと、暗澹たる気持ちになります。

◆明確な基準のない“世間のルール

「法のルール」は、明確です。裁判所で裁かれて、罰金の金額や収監の期間が数字で出ます。

 法治国家であるかぎり、当事者が全く知らないうちに、罰金が増えたり収監される期間が倍になったりはしません。

 でも、世間のルールである「思い」とか「絆」には、明確な罰金も刑期もありません。謝り方、つぐない方も明確ではないのです。

 明確ではないのに、確実に罰はあるのです。「世間」から引っ越すか自死するしか、この強力であいまいな罰から逃れる方法はありません。

 普段は、人間関係に「法のルール」を持ち出すと、「水臭い」とか「大仰な」なんて言われます。

 けれど、コロナ禍のような非常時では、明確な基準がないまま忖度し、思いだけをルールにすることは本当に危険なのです。

 いつ、自分が「攻撃される側」に回るか、明確な基準がないのですから。

「法のルール」は明確にあります。この一線を超えたら犯罪者だという基準です。

 もし、裁判官が「今日は気分が悪いので厳しめの判決を出します」なんて言ってたら、この国は大混乱に陥るでしょう。

 けれど、「世間」のルールは、誰かの気分で犯罪になるのです。誰かの気分で中傷され、ネットに書かれ、ビラを撒かれるのです。

 感染者の名前を特定してネットにあげる、なんてのは間違いなく犯罪です。法で厳しく裁かれるべきです。

 各地の感染者に攻撃をしている人達は、世間のルールをどんどん厳しくしていって、将来の自分の首を自分で絞めているのです。

―[連載「ドン・キホーテピアス」<文/鴻上尚史>]―




(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

まるで漫画版、デビルマンの最後の方だな・・・どっちが感染者かわかりゃ*ぇ


マスコミが率先して「この芸能人が感染しましたよー!!!!!」って大喜びで扇動してるじゃん。なに一般人だけやってる感だしてんの。


↑悪魔であるかどうかは実際には分からないけど、コロナであるかどうかは分かるだろ。*かヌ装。デビルマンのは「疑心暗鬼」であって、コロナと全然違うだろ


この記事、レッテル貼りの典型だから鬱陶しいけど、「同調圧力がどれほど悪い事なのか」という説明が欠けてる。レッテル貼りだからな。「負けず嫌い」と同じだよ。相手にレッテル貼りだけして、負けず嫌いの何が駄目なのかは言わない。


▲SPA!の運営会社は、ハーバービジネスオンラインと同じ【扶桑社】で、親会社は【フジテレビ】。 フジの筆頭株主は、2005年から民主党政権誕生まで【ソフトバンク】。 ▲小林よしのりと一緒にネトウヨ連呼とレッテル貼りしか能がない、古参フェイクメディア


8月19日に新刊がでます。『同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか』(講談社現代新書)です。 ←←←←← 「現代新書」とは、日刊ゲンダイのことな。このニコニコニュースから、サイゾー系列の(おたぽるトカナリテラビジネスジャーナル)と一緒に、シッポ巻いて逃げだした、あの、高名な負け犬、ゲンダイの


ハーバービジネスと同じ運営会社「扶桑社&フジテレビ」のSPA!が、日刊ゲンダイの講談社からの書籍を宣伝してやがる


感染者を攻撃する人って自分も感染するかもしれないってことを考えたことあるんだろうか


リンチ殺人をした未成年、犬猫を虐待死させた者、飲酒運転で死亡事故を起こした者などに対する私的警察行為に関してもだが、どうして私的警察が横行するかというと、結局「法のルールによる罰が釣り合ってない」から。犬猫虐待、飲酒運転は世間の批判から法改正されたけど、コロナ警察は政府が対応を自治体に丸投げし、国民の自粛に期待している限りこの流れは止まらないだろう


マスゴミって口を開けば567禍しか言えないんだな


そもそも「社会=無関係の他人」と「世間=知り合い」なんて定義はないからね。勝手にヘンな定義するな。


冷静に考えれば、明日には自分が罹患者になるかも知れないというリスクがあるんだけど、口先だけで「俺コロナ」と言った者が刑罰を下され、一方、コロナに罹患していながら県外に遠出したスプレッダーがお咎めなし、という現状からすると、そりゃ不文律による攻撃性が高まるのは必然だろう。隔離に応じなかった人間を罰しない限りはこの流れは続くよ。


マスゴミは災害や疫病の不安は煽るだけ煽って儲けても国民の平和は一文にもならないとする冷血無責任な特亜のデマ会社だからな


ただの感染者に罪はないよねぇ。ある程度対策してても感染する時はするものだし。罪があるとすればそれを迫害する(治療のための隔離ではない)人と故意に感染を広めようとする感染者。それと無警戒で「遊びに」遠出するような健常者もかな・・・。感染しているのを知っていて帰郷したり無警戒でわざわざ遊びに遠出するような人はさすがに擁護できないね・・・


感染者と敢えて大きな括りで一般論述べてるとこがなんだかなあw感染の仕方感染後の振る舞いによって同じ感染者でも天地の開きがあると思いますけどねえw勿論法に触れるやり方でリンチするのはNGだけど、人から非難されるような行為をして感染広げる危険を周りにもたらしたのなら誰もお付き合いしてくれなくなるのは当たり前wそれで居た堪れず引越しとかなっても知らんがなw




この記事へのコメント

人気記事