「夫は床で就寝、お風呂は最後」急増する妻への感染防ぐには


代替テキスト
(写真:共同通信

東京都では8月に入って2週間で40~50代の家庭内感染者がおよそ120人を記録。さらに東京都の担当者によると、家庭内感染した40~50代のうちの約7割が女性で、“夫からの感染”が増えているという。これを防ぐにはどうすればいいのか。帝京大学大学院公衆衛生学研究科の高橋謙造教授は言う。

「夫が帰宅したらすぐ衣服は洗濯したり、入浴するなどの基本的対策をしてください。バッグなどの持ち物は玄関に置き、部屋に持ち込まないこと。持ち手や外側部分を除菌することも大事です。

家族は気がつかないうちに感染してしまうので、帰宅者を迎える側はすぐに近づかないように。自宅では換気も1時間に1回、10分はしてください。今は暑いのでエアコンはつけっぱなしでの換気でいいです。換気扇もフルで回していいでしょう。扇風機も併用すればさらに換気効果は上がります」

実際に夫から感染した40歳主婦・A子さんは「ふだん、夫と同じ布団で寝ていた」ことが感染理由ではないかと分析。

「確かに寝るときは、できれば夫婦の寝室を別にしたほうが感染リスクは低いです」

と語るのは感染症専門医、のぞみクリニックの筋野恵介院長だ。

「寝室を別にするのが難しい場合は布団を離して敷くとか、ベッドの場合はもう1枚布団を用意できれば、それを床に敷いて、妻がベッド、夫が床で寝て高低差をつけるのも効果的。外で働いており、感染リスクの高い夫のほうが、必ず下に寝てください」

“夫が下”という原則は、食事の際も同様だという。

「飛沫は下に落ちるので、感染リスクのある人は低い位置にいることがポイントです。食事はできれば時間差で食べたほうがいいですが、同時に食べる場合は、たとえばテーブルが4人掛けなら互い違いに座るとか、妻や子供はテーブルに座り、夫は低いソファに座るなどでもいいです」

お風呂トイレの使い方にも、工夫が必要だ。

お風呂は夫が最後がいいと思います。もし先に入る場合は、入浴後に5~10分は換気をしてから次の人が入るようにしてください。トイレも本当は換気扇を回しっぱなしでいいと思いますが、使用した人が最後に便座を除菌スプレーなどで消毒してから出て、その後5~10分はドアを開けたまま換気してから次の人が使用するほうがいいでしょう。歯磨き粉やタオルなどを共有するのもやめたほうがいいです」

筋野院長は、外で働く夫を持つ妻にこう助言する。

「会社勤めだと『食べに行こうよ』とランチのお誘いもあると思います。奥さまたちには夫の外での感染リスクを下げるためには、頑張ってお弁当を作っていただいて、夫に自席で食べるようにしてもらうことも効果的だと思います。もちろん、夜の会食も控えてもらうこともリスクを下げます。

夫の仕事や職場の環境によっても感染リスクはさまざま。各家庭がリスクに応じて対策の強弱をつければいいと思います。夫の職場で会議がたくさんあったり、人との接触が避けられない職場環境の場合は、よりしっかり対策をしたほうがいいでしょう。一番の対策は、夫に徹底的に“家庭内にウイルスを持ち込まない”よう意識してもらうことです」

「女性自身」2020年9月1日号 掲載



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

この記事に書いている状況になる夫婦って、元々大して好きで結婚したのではない夫婦、上司が取りまとめた社内結婚や親族がまとめた縁談とか、仕方なく結婚しただけ、本当に好きで結婚した夫婦はこうはならない。


このような状況になる前に、夫自身が感染しないような生活する。会社では嫌われものになるけれど。


これ夫だけではない。買い物に行ったりパートしてる奥さんだって同じくリスクはある。一番良いのは外から帰ったらシャワー入って着てるもの全部洗え!口は歯磨きしろ。それでだいぶリスクは下げれる。


【女性自身】は「光文社」。文字通り「フラッシュ」の発刊元。【講談社】の傘下であり、「日刊ゲンダイ」の記者が女性自身&フラッシュで記事を書いてる。 この記事はゲンダイと同じと思えばよい。


光文社は「女性自身」の出版元であり、26年前から雅子様バッシングで稼いでいる。「光」というように「週刊FLASH」でもある。 講談社の傘下であり、記者は日刊ゲンダイと同じ。ゲンダイは新聞を自称してるが、新聞協会に入れてない


寝室だけでなく、生活空間を完全に分割しなきゃ意味ないだろ。夫は玄関は使わず窓から出入り、洗面所で体を洗え。


【家庭内感染した40~50代のうちの約7割が女性】←つまりこいつら推定的に専業主婦ってことだろ? 男のほうが外で働いてる割合が高いことなんて考えるまでもねえんだから、夫のせいだっていう前に、妻がきちんと健康管理ないし家事やれてないって部分は間違いなくあるだろうに・・・ウイルスを持ち込むなだなんて物理的に不可能なことほざくなよ、院内感染も起きてんだから。


そもそも7割が女性っていうなら3割は男性なんだろ? そいつらの専業主婦、兼業主婦、ないし専業主夫および兼業主夫の割合もちゃんと出せよ。何でも男のせいにして解決すると思うのは勝手だが、同じ職種ないし職場でも、出向く場所や頻度ではふつう男のほうが多いんだから、ウイルス拾わずに暮らすことなんか不可能に近いぞ?


あと、このマヌケどもが酒や女関連でウイルス拾ってきた可能性もおおいにあるわけだが、そっちの可能性にはなぜ言及しないんだろうね? 酒はクソ、*はクソ、在日特権ヤクザ様のシノギはくそ、っていう印象がついたら困るから? そういうとこまで精査せずにオトコガーと叫びたがってるようにしか見えないぜ・・・夫婦のくせに片方だけのせいにするって、相当歪んだオツムだよ。


離婚して別居すれば解決しません?


なぜ夫にだけそれを求める。自分も同じことをやれ。


感染リスク対策としては理にかなってるのかもしれんが…家族のために稼いで来ているのにこの扱いではキレ散らかしても罪はない。流石にあんまりにもあんまりだ。


離婚一択。


夫のランチは毎日500円なのに自分だけ「3000円のランチ食って何が悪い!」とか言って炎上したツイフェミおらんかったっけ あんま覚えてないけど 夫に何かを強いるなら一蓮托生で妻も我慢しようや


一蓮托生、夫がかかったらもう覚悟くらい決めろよ。もしくはもう別居ですね。そっちのほうが夫も気楽だろ。


家事育児してくれる旦那様を奴隷扱いですか?嫁は家事育児も仕事も出来ない癖に。


最近は学校で子供が感染してくるパターンも増えてるし、そもそも共働きも多いんですけどね。やるだけ無駄って話なんだけど、ンなこと書いても金にはならないやつらが煽ってるのよね。




この記事へのコメント

人気記事