自宅出産で大出血した女性が死亡 対応の遅れを指摘された助産師2名が出廷へ


水中出産ideabug/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

救急車を呼んで」と懇願するもなかなか聞き入れられず、そのまま気を失った産後の女性。付き添っていた助産師らの行動は、どう裁かれるのか。

■自宅出産を選択した女性

2012年1月、オーストラリアで暮らしていた妊婦(36)が「助産師を自宅に呼んで、家で赤ちゃんを産みたい」「出産用プールを設置して水中出産をしたい」と決めた。

準備も進み、出産当日に女性は助産師2名と夫に見守られながら、水中出産用プールの中へ。分娩は予定通りに進み元気な女の子を出産したが、その後に女性は大量に出血し始めた。

しかし女性は暗い部屋に設置されたプールに浸かったままだったため、助産師は女性が異常な量の血を流し続けていることに気づかなかったようだ。

関連記事:腕立て伏せ中に脳卒中 健康な20歳男性の脳に発見された奇形とは

■急速に悪化した体調

女性の体調悪化と大出血にしばらく気づかずにいた助産師らは、「フラフラする」「呼吸が苦しくなってきた」「救急車を呼んで」などと訴える女性の様子を確認。自分たちで対処しようと試みたが、ほどなくして女性は水に浸かったまま意識を失った。

出産が終わり1時間半以上が経過した頃、助産師らはようやく救急車を呼ぶことに。到着した救急隊員が女性の様子を確認したときには血の気も失せており、声をかけても反応すらできない状態だったという。

■搬送先の病院で死亡

女性は大量に血液を失ったことから臓器複数が甚大なダメージを受けた状態で、病院に到着して約12時間後に死亡を宣告された。生まれたばかりの赤ちゃん、そして長女と夫を遺しての早すぎる死だった。

女性の母親は、2016年にこの悲劇に言及。「娘は愛情あふれる母親でした」「孫たちが母親を亡くしてしまったことは悲劇です」とコメントしていた。

■助産師2名が裁判へ

検視官は、助産師らがすべきだった状態・体調の確認が不十分であったことを指摘。また助産師らが病院での出産システムについて批判的だったことも明らかになり、この件で起訴された助産師らは裁判を受けることになった。

女性の死から、すでに8年以上。間もなく始まる裁判で、助産師らはいったい何を話すのか。

・合わせて読みたい→新型コロナ重症化した妊婦が帝王切開後に死亡 妊娠中は免疫力が低下

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原

自宅出産で大出血した女性が死亡 対応の遅れを指摘された助産師2名が出廷へ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

出産って人間は脳が大きいから特に大変らしいね。文明を作れる知能を持てるギリギリの大きさで脳の限界が来るのは、神の思し召しかと思ってしまう。


命に関わることは病院で行うに限る


オーストラリアって助産師の人に医療行為を行う資格あるの?お気の毒にとは思うけど、万が一の時に処置できない人員と設備不足の自宅出産を現代で行う意味って…。


新生児の脳の大きさはギリギリじゃないし、完全にアウトなサイズだぞ。それをまかなうために人間は年中子供を生むんだ。


運が悪かったとしか言いようがないな。誰も悪くないが、逆に関係者全員が悪かったとも言える。


助産師悪くなくね?


自宅出産自体は問題ないが、危険だと判断したら早急に搬送する義務がある。


日本の助産師もたまに民間療法っぽい人がいるって話を聞くから、普通に病院で出産が良いと思うんだよね。まあ、病院にもその毛のある人がいるみたいだから、病院は選ぶべきだけど。


病院での出産は一番不自然で危険な行為!自然のままに出産するのが最高!アフリカの原住民なんかそこらでしゃがんで生んでるぞ


スいちゅは著しく止血が難しいし、血は真水に溶けるとヘモグロビンが崩壊して色が殆ど見えなくなる。水につからせたままという選択肢がありえない。わざとやっただろレベル。


日本でも助産院のような病院以外での出産を希望するケースは割と多い。ただ、助産師は医者じゃないし助産院も病院じゃないから、初期対応に遅れがあるのは否定はできない。そういうリスクを理解したうえで利用してね?


>>Go その「危険」と判断を下すためにはバイタルサインと医学知識と診察経験が必要なんよ。1時間半ぼーっと突っ立ってたわけじゃないだろうけど、医者と助産師の違いが生死を分けちゃったかもね。


おおマ○コよ こんなことで*でしまうとは情けない


妊婦、助産婦双方共に出産の危険を防ぐべく妊婦に病院での状態検査はさせておくべきだっただろう


出産って、生物的に自然な行為であるはずなのに、何で命の危険に晒されるほどの重労働なのだろうか


生まれた子が「自分の所為で…」なんて思うようになってしまったら…辛い…


1人バカなコメントしてて草


わざわざ自分から失血*確率を上げていくとか、*としか思えない。


最近は「誰かが被害者」で「誰かが悪」、そうじゃないとおかしい!って人が増えたよね。 人間は神じゃないから100%なんてない


大量の血や羊水は当然股間から色んなもんが出るっつーのになーんでプールなんかでやろうと思ったんだよ、っていうのもあるし、プールなんてこけただけで*可能性のある場に出産した妊婦放置するのもおかしいよね


30代後半なら普通に高リスク出産でそれなりの準備をしておかなきゃダメだろ??


>また助産師らが病院での出産システムについて批判的だったことも明らかになり、このへんの偏見と医者の世話になるまいとする偏狭なプライドが女性を死に追いやった一因だろう。


自宅でだろうと病院でだろうと出産は楽なもんじゃないちなみに病院でだと出産中に膣をハサミで切られるらしい(陣痛の痛みで切られる感覚わからないらしい)けど母からこの話聞いたときは血の気が引いたわ


まあ助産師も病院外で水中出産みたいなのもカルト崩れやヒッピー崩れ多いし、リスク承知でやって*だんだから本望でしょ。病院使わないで出産するってのがどれだけリスク高いか死亡率激増するか現代人なら少し調べりゃすぐ分かることだし


愛情あふれる母親は、より安全な出産よりもエキセントリックな出産を選ばない。


水中分娩は出産時における負担や痛みを和らげるってきいたことあるけど、大量出血時におけるリスクってのも聞いたことあるなぁ。外国じゃどうかわかんないけど、民間の助産師が水中分娩とか特殊も特殊の分娩法をちゃんとできるのかって疑問も・・・。まぁ・・・こちら外野にしてみれば運がなかった、としか・・・。お悔やみ申し上げます。


産みの苦しみの理由は創世記まで遡らないと分からない


反医療の類。日本も他人事じゃない。


>>Mikiさん 何らか悲劇を避け得る方法はなかったかと考えるのは人情として普通の事だし、「助産師らが病院での出産システムについて批判的だった」というサジェストがあれば、その意見に流される人もいるでしょう。どちらにしても、母親を亡くした子供らと夫の心境を思えば、再発防止策を願わない人は居ないとおもいますよ。


自宅で産むと助産師は、医者とか呼ばれると自分たちの不名誉になるからってなかなか呼ばないらしいね。古くは日本でも産婆を呼んで自宅出産してた時代は、けっこうあった話。


医学が発展し過ぎて出産は命がけって意識が薄れてるんやろうな そんでアホな奴が自宅出産とかのリスクしか増えない訳の分からない思想にかぶれて、無駄に命を危険に晒すわけだ


日本でもホメオパシーを信じてる助産師が新生児に必要な薬を投与せずに*せた事件があったな。インチキ民間療法はどんどん訴えられればいいと思う。


外国は自由な代わりに義務も権利も少ない。つまりアッサリ*事が多い。


高度な教育が受けられないから、わからない事が多い→心の安寧のために、おかしな宗教や組織に縋り、時に他人を妄信する→騙されたり、*。 もとのIQの問題でもあるだろうけど、でも本人は幸せに*だだろうねぇこれは・・・


「自然分娩が良い!!」って頑なに信じてリスクの高い方法で出産して赤ん坊*たり、自分がなんか*だりってけっこうあるのよね。遺族にとっては悲しむべきことだろうし、その気持ちは十分理解出来るが、同時になんとも**しいとも思ってしまう。


>>ムラサキさん 間違ってたら申し訳ないのですが、人間の場合、その他の動物に比べて完全な直立歩行になったせいで出産に対するリスクが高くなってると呼んだ記憶があります。




この記事へのコメント

人気記事