「できない約束しないで」親を信じられなくなったエピソードに反響相次ぐ 投稿主を取材


 誕生日クリスマスなど、子供にとってプレゼントがもらえる日は心から楽しみにしているもの。しかし、中には希望のプレゼントがもらえなかった“思い出”を持って親になった人もいる。3人の子供の母でもあるゆっこるん(@yukko_s17)さんもその一人。

【映像】「親を信用しなくなった」プレゼントの中身(1分ごろ~)

 「中2の時、どうしてもPCが欲しくて『学年5番以内に入ったらPC買ってくれ』と言ったら親からOK出た」というゆっこるんさん。当時、それまで30番以内しか入ったことなかったゆっこるんさんだったが、がんぱって学年で5番目になったところ、なぜかパソコンではなく、親からは自転車プレゼントされたという。ゆっこるんさんが自身のTwitterで、このエピソードとともに「あれ以来親は信用しなくなったし勉強も頑張らなくなった。約束守るって本当に大切」とツイートすると、共感の声が殺到。15万いいね(※8月21日13時現在)がつく反響が寄せられている。

 さらに、ゆっこるんさんのツイートには“約束エピソード”を持つ人から多数の体験談が寄せられており、「僕も『手伝い頑張ったらゲーム買ってあげる』と言われ皿洗いやら犬の散歩やら手伝ったけど『その調子で頑張ってくれたら助かるねぇ』で終わりガッカリ」や「私も中学のテストで学年3番以内に入ったらMDコンポ買ってくれると約束したのに、3番になったのに買ってくれなかった(妹には無条件で買い与えてたのに……)」など、共感の声が相次いだ。

 また中には「学年1桁以内に入ったら好きなアーティストライブに行かせてくれるって約束してくれた。頑張っても10位だったけど親はライブに行かせてくれたのを思い出しました」や「娘に『運動会で1位になったら(プレゼント)買ってあげる!』と約束してたけど負けてしまった……号泣する娘に『負けたけど頑張ったから(プレゼント)買ってあげるよ』と告げたら『それは違う~』とさらに号泣されました……」など、忘れられない“約束エピソード”も。

 ニュース番組「ABEMAヒルズ」のスタッフが投稿主であるゆっこるん(@yukko_s17)さんを取材したところ、ゆっこるんさんは「PC以外ねだったことはなかったんですけどね……お財布事情もあったのかと」と推測。「投稿に寄せられた同様の“約束エピソード”を読んでいると胸が痛くなる一方で、自身の経験を反面教師にしている方も多く、一層子供との約束は守ろうと思いました」とコメントした。

 「子供に対しても一人の人間としてしっかり向き合える大人が増えることを願っています」と語るゆっこるんさん。また、現在ゆっこるんさん自身は子供との約束をどうしているか聞くと「できない約束はしない。約束したら守る」がルールだという。

ABEMA/『ABEMAヒルズ』より)
「できない約束しないで」親を信じられなくなったエピソードに反響相次ぐ 投稿主を取材


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

こういう約束違いは一生忘れないよ まぁ勉強怠って最終的に困るのは子供だけどね


家計を理解せずに生きてられるって素敵。


「あれ以来親は信用しなくなったし勉強も頑張らなくなった。」復讐が済んで良かったね。


自転車を買ってくれただけでもいいじゃない。自転車を買ったということは少なくとも必要な状態ではあったのでしょ? 約束の反故は問題だけど、贅沢な不満にしかおもえないよ。


>通報されるくらいに 守れない約束なら最初からするなよ。くだらない弁護w


約束を守らないのはいかんだろうな。それで子供がやさぐれてしまったら却って教育に良くないだろうし。せめて約束を守れなかったなら何故守れなかったのかを子供に言わないと。まあその内容によってはますます子供がやさぐれるかもだが


家計を理解していない→家計の問題なら買って欲しいと言われたときにお金がないから無理だと説明すればいいだけ自転車を買ってくれただけでも良い→論点のすり替えであって、約束を守らなかった説明にはなっていない


裕福でないから子供には嘘をついてもいいという主張の人、ちょっと何言ってるのか分からない


生きて帰ったら一緒に誕生日をお祝いしような…。


そら二重の意味で子息を舐めとるからの。一つは能力の下算、高いインセンティブを出しても結果を残せない、故に空手形でも問題無いという思惑。二つ目は契約不履行。インセンティブ契約に対する報酬を出せないのだから、信用が地の底まで落ちるのは想像に難くない。


物の価値で泣いてるのもあるだろうが必死での頑張りに対して親の過小評価っていうのが心を深く傷つけられたのだろう。やら金がねーんだからだの、勉強しなくなれば自分が困るだのとかじゃねーのよ。信頼なのよ


条件を達成したらPCを買ってくれるというから勉強を頑張ったのに、その結果が勝手な格下げで自転車では意味ないでしょ。贅沢な不満とか意味が解らないし、勝手に買う品を変えて良い理由にならない。嘘吐きは泥棒の始まりと教わらなかったのかね。


子供の頃は親の用意できる世界が全てだからなぁ。金銭絡むと恨めしいのもわからんでもない。パソコンは本体以外も諸々金かかるし、貯金やお年玉っつても限度あるからな…


約束エピソードじゃないけど小学生の時にミニバスの主将に選ばれたのに親に力不足だから辞退しろって言われて次の日泣きながら先生のところに行ったんだよ…結構なショックだったし一生忘れないわ


「あの時の謝罪と、希望があれば、賠償をしたい」と申し入れがあった場合、どう返答するつもりでおるのかね。


出来ないなら 最初から 約束を しなければいい。ただそれだけ。それでも何故約束をするのか、私の経験からの偏見ですが万が一子供が約束を達成しても親は守れなくても構わないという未必の故意(最大限の好意的解釈)が有るからじゃないでしょうかね。で実際その場面になったら「金が無いもんはどげんせーぇってや!」とごねれば良いと。親本人が約束を其の程度にしか見てないのしょう


大学に進学させる金が無いと、正直に子供に言え無いプライドの高さ故、成績の良い子供の勉強の邪魔をする親が居ると聞いた事が有る。この人の親は、娘同様に頭は回ったんだろうなあww。子供のヤル気を見事に削いだのだから。勉強は自分の為にやることに気が付かない学業優秀な娘も気の毒だがな。貧すれば鈍するの典型例。正直になれたら歪む事も無いのに。貧乏故のプライドなのか?。


たとえ買うのが難しくてもせめて買ってあげる物を変える事ぐらいは了解取れよって話だわな。何勝手に変えてんだよってとこが重要だと思う。


親の心、子知らずとは言うが逆もまた真なりってね、子供心が分かってないから簡単に約束をひっくり返す。




この記事へのコメント

人気記事