帰省した5人に1人が「誹謗中傷」被害、「石を投げられた」も


 ゼネラルリサーチは、「帰省と新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷被害」に関する意識調査を、帰省先が関東圏外の人を対象に実施し、その結果を8月27日に発表した。

画像付きの記事はこちら



 「今年のお盆は帰省したか」と質問したところ、8割近くが「いいえ(75.7%)」と回答した。帰省しなかった理由としては、「周囲の目が気になるから(20代/女性/愛知県)」「お盆は混むので新幹線などが心配で別の月に考えている(30代/女性/東京都)」「感染者が多い地域から高齢者が多い地域に帰るのは危険と判断したから(40代/男性/福岡県)」「親にコロナを感染させたくなかったから(40代/男性/東京都)」などが挙がった。

 親や身内への感染リスクを懸念して、新型コロナウイルスを持ち込まないようにと注意を払って帰省しなかった人が多いようだ。また、周りの目を気にして帰省を諦めた人もいることから、新型コロナウイルスが終息してから帰省しようと考えている人も多いと思われる。

 「新型コロナウイルスにより、帰省をしなかったことで良かったと思うことは何か」と質問したところ、「出費が抑えられた(32.8%)」と回答した人が最も多く、次いで「時間を自由に使うことができた(24.2%)」「受けるかもしれない誹謗中傷を回避できた(16.7%)」「帰省ブルーを回避できた(8.2%)」と続いた。

 帰省先までの距離が長いと、新幹線飛行機といった交通機関を利用する必要があるため1回の帰省で多くのお金がかかる。さらには、帰省することで誹謗中傷や嫌がらせを周りから受ける可能性を回避できたと考える人もいるようだ。新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷について、一部報道でも取り上げられていたことから、自分だけでなく身内にも被害が及ばないよう懸念していたのかもしれない。

 また、帰省がなくなったことで“帰省ブルー”を回避できたと思う人もいることが分かった。新型コロナウイルスを理由に今年の帰省ブルーを回避することで、金銭的にも心にも余裕をもてたという人がいるのではないかと思われる。

 「帰省の際に注意したことはあるか」と質問したところ、「帰省先での外出を控えた(44.8%)」と回答した人が最も多く、次いで「公共交通機関を使わず、車で帰省した(39.9%)」「帰省先で人と会うのを極力控えた(38.7%)」「帰省することを周りに言わなかった(34.7%)」「帰省する旨をSNSなどで投稿しなかった(23.4%)」「帰省期間を例年より短くした(21.8%)」と続いた。

 帰省した人も感染予防対策に十分に注意を払っていたことで、いつもより神経を使ったのではないか。予防意識をもちつつ、自分や家族に迷惑をかけないよう帰省することを周りに伝えることを避けた人もいるようだ。

 お盆に入るにあたり、各都道府県自治体の中でもお盆による帰省について意見が割れた。帰省を控えることや、帰省しても大人数での同窓会などを控えるよう促す地域がある中で、帰省したことによって周りから誹謗中傷を受けるといった被害もあった。

 そこで、「帰省したことで、誹謗中傷の被害にあったか」と質問したところ、2割以上が「はい(20.6%)」と回答した。約5人に1人の人が、帰省時に誹謗中傷の被害にあっているようだ。

 具体的に、帰省時に受けた誹謗中傷の被害を聞くと、「このご時世に帰省すんなとか帰れとか悪口を言われた(20代/女性/鳥取県)」「石を投げられた(30代/男性/北海道)」「周囲の人から冷ややかな言葉があった(40代/男性/大阪府)」「面と向かって『早く帰って』と言われた(50代/男性/北海道)」「非難の落書きを郵便受けに投げ込まれた(60代/男性/大阪府)」といった声が挙がった。

 帰省したことに対して冷たい言葉を浴びるだけでなく、石を投げられたり、郵便受けに心ない言葉を書いた落書きを入れられたりと、場合によっては傷害などの事件になりかねない誹謗中傷を受けた人がいるということが分かった。

 「誹謗中傷を受け、どのように対策をしたか」と質問したところ、「家族や友人に相談(52.9%)」と回答した人が最も多く、次いで「警察に相談(27.5%)」「役所などにある新型コロナウイルスに関する窓口に相談(19.6%)」「何もしていない(15.7%)」「引越し(13.7%)」「学校または勤めている企業に相談(9.8%)」「友人宅に宿泊(9.8%)」と続いた。

 家族や友人に相談するだけでなく、警察や自治体などが開設している窓口に相談してみるのも一つの手かもしれない。さらには、誹謗中傷を受け“引越し”を余儀なくされた人もいることが分かった。近所に噂が回ってしまい、引越しせざるを得ない状況に追い込まれてしまった人もいると思われる。

 「知人や友人で、新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷を受けた人はいるか」と質問したところ、10.8%の人が「はい」と回答した。約10人に1人の割合で、知人や友人が新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷を受けているようだ。

 知人や友人が受けた誹謗中傷については、「同じ会社内で陽性者が出た際にSNS上や地域内で会社名を名指しして非難されることがあった(20代/女性/愛知県)」「コロナウイルスにかかった友人がSNSざまぁみろとか自業自得など心ない言葉を言われていた(20代/女性/鳥取県)」「県外ナンバーであることで絡まれた(40代/男性/神奈川県)」「名前や職業や子どもの事が拡散された(50代/男性/鳥取県)」「濃厚接触者で自宅待機していたら家の回りに人が集まりSNSで拡散された(60代/女性/神奈川県)」などが挙がった。

 SNS上で心ない書き込みが書かれるだけでなく、個人情報なども拡散されてしまうといった被害にあっている人がいることが分かった。また、県外ナンバーというだけで、非難されてしまう人もいることから、新型コロナウイルスにまつわる誹謗中傷について深刻であることがうかがえる結果となった。

帰省による誹謗中傷の実態


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

愉しい時代になったもんや


「石を投げる」「怪文書を送りつける」などは問題外の傷害・脅迫事件なのだが、他人から面と向かって「来るな」「帰れ」と言われるぐらいは容易に想像できる社会状況なのに、それをわかって帰省したのなら文句の出ようはずもないだろ。わからず帰省したなら、そりゃバカだよ。


仙台民か・・・


親が*から帰省するとかなら解るけど、そうじゃないのに自制も出来ずに帰る*が多い事。


北海道は仙台だった・・・?


無尽君 まあ北海道には仙台藩とゆかりのある伊達市があるからね


対策をしている人としていない人の見分けのつけようがないのだから、誹謗中傷が起きてもおかしくないだろう。 ワクチンがあれば身元保証書になるのだが、それがないうちはやむを得ない理由があったとしても批判を覚悟で行くしかないんだろうな。


田舎でしか生きられない人間が田舎に残る、という実態がある。そういう人たちからすると、わざわざ不便な田舎に帰ってくる意味がわからん、こちとら命が掛かってるのにアホちゃうか(多くの老人と貴重な赤子で大正義334)、って事になる。


自分達の息子や娘に帰省するなと止めてるその横でホイホイ迎え入れていたならば、そりゃ腹も立つだろうからね。あと何回顔が見られるかという気持ちは分かるし当然だと思うけど、やっぱり今年のお盆はなるべく控えた方が良かったかも。


5人に1人ということは万単位の人間が誹謗中傷を受けたんやね


大した用も無く、望まれてもいないのに帰るような人間性だからコロナに託けて叩かれてるだけコロナで無くてもどの道誹謗されるぞ


癩病(ハンセン病)やAIDSのときも同じような過激な差別行動があった。無知や忘却は同じことを繰り返す。自分らも同じように攻撃される側になるという可能性を考えないことも。


帰省したら誹謗中傷の的になると予想出来ない奴って小学生低学年以上の年齢では有り得ないだろ。え、実在するの?マジで?そいつら本当に人間?ゴブリンとかじゃなくて?


何を言っても誹謗中傷という行為を正当化出来るものでもないが、それだけアホが居るという想定をしていないという点だけはどうなんだろな。


石は傷害罪やな


そもそもこんな状況で帰省するな。そんな無茶をするくらいなら*ビに出る方がまだ世の中の為になるわ


やるほうもやるほうだがそもそも自己責任だからな?被害者面するなよ?


若者が田舎から都会に出る理由の一端を垣間見れるコロナ帰省騒動


>PLAYER AIDSやハンセン氏病と新型コロナウィルスじゃ感染力が全然違うから一緒にしちゃだめだよ。前者は誤解に基づく風評被害だが、「コロナがうつる」はれっきとした事実だ。


誹謗中傷は論外としておいても、帰省とはいえ安易に遠出すれば批判される事は容易に想像できるし自分が無症状や感染前の可能性を考えれば移動も怖くないか?


抑えるべきだけど、誰か*だ後の初盆とか誰かが*だとかしっかりとした理由なら帰る方が良いと思う。自制できない奴は論外。一方で誹謗中傷する奴は気持ちは解らんでもないが赦される事じゃない。石を投げたり家や人に危害を加えるような悪質な奴は容赦なく逮捕するべきだと思うね。


いじめや村八分と同じだぞ。相手に非があれば悪を懲らしめるという名目の元何をしても許されるという考えをこじらせた人間が必ず現れ、やがて暴力が正当化され同調圧力でブレーキが効かなくなる。心象が悪いのは分かるが、帰省する側にもそれなりの理由があるかもしれない、自分も帰省しなければならなくなった時自分で首を絞める、私刑の蔓延に繋がるという可能性まで頭を回すべきだ。


石投げるとか本当に法治国家の人間なんですかね?江戸時代にでも生きてるんでしょうか


日本村


石投げる側も*うとして投げたんだろ?*でも文句ねぇよな?な!、反撃くらい予想できるよね?っていうと狂ってそうだけどコロナに置き換えるとなんかジコセキニンとかジゴウジトクになってしまうのよね


仮に親が死にそうだから帰省するんだとしてだ、石投げた奴らは皆そうと分かるわけ?どうせ事情も知らずに石投げるんだろ?じゃあどんな理由でも一緒だろうが


「誹謗中傷を受け、どのように対策をしたか」と質問したところ・・・こんな質問が出る世の中になってしまったんだな。。。


暴力でも中傷でもバイオテロでもなんかこういう人間ってAが悪いからってBが起こす行動は無敵状態で行われるとか思ってない?非自粛狩りの警察狩りの~ってそういうの想定しないの?


コロナに関しちゃ、世界中どこでも毎日さんざん煽られてるからな


一人暮らしの祖母とかコロナ以来ボケが悪化しちゃってそろそろ面倒見ないとまずそうだってのにそういうクソ共が出てきてまともにそこで暮らせなくなったらそれこそ危ないからってことで様子見にも行けてねーんだ ざけんな


今の状況で親が危篤だとかの緊急要件以外で帰省したら後ろ指刺されても仕方ないが、だからって暴力暴言が許されるわけがないんだよなぁ。とりあえず他県からの帰省者に嫌がらせをしにいく自粛警察さんは「菌を持ってるかもしれない人の所にわざわざ出向く」っていうもっとも自粛すべき行為を自ら行ってるって気づこうね


石を投げた犯罪者は警察に出頭して、どうぞ。


合算でいいから自粛警察狩りで国内ランキングに残るくらいのキルスコアでも出してくれるとスカッとするのですが


あと、帰省する人って地元の繋がりも強い人も多いから、投げた相手が知人の親戚や同級生ってこともあるんだよ。実家近所なら町内会の声大きい人とそういう関係とかね。田舎だからこそ、迂闊なことしないほうがいいはずなんだけどね。


確かに予見できたことかもしれんが「やっていいことの理由」にはならんぞ?わかったか私刑キッズ??


根回しもせず帰省とは・・・


日本人ももはや底辺の人種になりつつあるな。隣の国のこと笑ってられん。


家族構成によっちゃ罹患すると高確率で『親*』『子*』になりかねないってのもある。こういっちゃなんだが、被害者が次の加害者になるってのが怖いところ。


ハンセン病当時もきっとこんな感じだったんやろうなって


21世紀の日本でまさかここまで私刑が横行するとは思ってなかったわそりゃ数世紀前は魔女狩りとか言って*まくるわな


くまみこか


また仙台か




この記事へのコメント

人気記事