三田友梨佳アナ、黒人男性銃撃事件に訴え 「ド正論」「勇気がある」と称賛


三田友梨佳(写真提供:JP News

フジテレビ三田友梨佳アナウンサーが27日放送の『Live News α』(同系)に出演。ウィスコンシン州で発生した、黒人男性が背後から警官に銃撃された事件をめぐる差別問題にコメントし、SNS上で反響を呼んでいる。

■差別問題の背景

「ウエスタン&サザンオープン」の女子シングルスに出場していた大坂なおみ選手が、「私はアスリートである前に1人の黒人女性です。黒人女性としてテニスよりももっと大事な問題があります」と準決勝を棄権するなど、抗議の声が相次ぐ同問題。

番組には哲学者の萱野稔人氏がリモート出演し、「問題を根深くしているのは、もちろん差別が深刻だという現状はあるんですけど、それと同時に、何が差別かをめぐる人々の認識が根深い」と指摘する。

関連記事:『とくダネ』尾木ママ、ツーブロックに大賛成の理由 「最強のアンサー」

■「事実関係は冷静に考える必要がある」

今回の銃撃事件について、差別を告発する側は「一定の人種の人たちが日頃から職務質問をされやすいとか、色眼鏡で見られるとか、そういったことの延長線で今回の銃撃事件がある」と考えるが、一方では「(黒人男性が)警察の制止を振り切って、車に乗ろうとした。暴走するかもしれない、車の中に武器が隠されているかもしれない。だから銃撃事件が起こる。これは差別とは関係ない」と考える人もいるとし、両者の溝が深いと話す。

萱野氏の発言を受けて三田アナは、「差別は絶対あってはならないものです。それは全ての人種に対して言えることです」と切り出し、「ですが、こうした事件の時に反射的に人種差別へ結びつけるのではなくて、この黒人男性が車にナイフを所持していたとの話もあります。また米国の銃社会にも目を向けて、事実関係は冷静に考える必要もあるように思います」と訴えた。

■SNS上で「素晴らしい」の声も

差別問題は許されないとしつつも、事件の背景にもしっかりと目を向ける必要があると話した三田アナに、SNS上では「素晴らしいわ。ド正論」「まっとうな意見」「勉強しているのが伝わる」「本当にバランス感覚が良い」との声が続出。

また、「こういう意見を言うのも勇気がいるでしょう」「いつもながら勇気がある」と称賛する声もあがっている。

■渋谷ハロウィンの問題でも…

三田アナといえば、これまでも数々の発言が話題に。「渋谷ハロウィン」の問題では、「大人たちがハメを外すような要素は全くない」とバッサリ切り捨て、1億円の税金を投入して警備を強化したことにも触れ、「日本ではこんなに災害が続いていて、人手もお金も必要なときに1億円も税金を投入して、警察も警備を強化しなければならない状況というのは、非常に残念に思います」とコメントしていた。

ときに厳しい意見も臆することなく述べる三田アナの姿勢に、信頼を置いている視聴者は多いよう。彼女が言うように、今回の銃撃事件含め、差別問題についても冷静に考える必要があるだろう。

・合わせて読みたい→加藤浩次、知識ないコロナ差別をバッサリ切り捨て 「よく言ってくれた!」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

三田友梨佳アナ、黒人男性銃撃事件に訴え 「ド正論」「勇気がある」と称賛


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

警察も警備を強化しなければならない状況というのは、非常に残念に思います ← 今回の意見と全く真逆な意見なんだがどこがド正論なのか


そりゃ相手が銃やナイフを隠し持っている可能性もあるが、それでも武器を持っているかどうかわからない相手の背中に7発も銃弾を撃ち込むのは過剰防衛だろう。これではそこいらのギャングと変わらない。


撃たれたのが白人ならニュースにもならなかったんだろうな


「また黒人が*れた!黒人だから*れたんだ!」って主張自体が黒人差別なんじゃないかと思う今日この頃.黒人だろうが白人だろうが黄色人種だろうが犯罪者は犯罪者.


はあ?あの男性、女同士のケンカの仲裁してただけらしいぞ?それで撃たれてちゃわけないや。子供の前で。


正論というよりクズ論。


相手が何を持ち出すか分からない危機感のない奴は、部屋に閉じこもってないでアメリカの銃社会を体験してみたら


正論言うのは勝手だけど日本を巻き込むようなリスクがあるんだから、黙ってろバカ女


lk>>お花畑すぎるわ、持ってるか分からないからこそ確実に無力化しなければならない。ここで撃たない、撃てない警官が何人も殉職してる。そう言う現場で戦ってんだよアメリカの警官は


何でもかんでも差別に結び付けられるからもう関わりたくない→結果余計に差別を助長する気がするわ


>>akilaさん コミュニケーションの問題だと私は思いますね。アメリカは日本よりも人を*道具も豊富ですし、それ故に警察にしろ犯罪者にしろ互いが互いを信用できないからこそ極端に血なまぐさい結論へと陥りやすくなるものかと。 まるで加減を知らない子供同士の喧嘩を見ているような気分ですよ。


銃社会であることは正直大事な事ではないのです。問題は、銃を持つ人間、銃がある社会の割にはその社会の住人の頭が悪すぎることです。 これでは自由の国だという前に、ありあまる自由によって他人を信頼できなくなったコミュ障達が自分の巣に引きこもって怯えて暮らしているという印象の方が適切ですよ。 アメリカの田舎は特にそういう傾向を感じました。


とても冷静に物事見れてるなって印象だな。某テニスプレイヤーよりよほど。


どこぞのテニスゴリラと違って知能が高いなw


>>db 撃たれた黒人男性は家庭内暴力と性的暴行で逮捕状が出ていて、女性の通報を受けて駆け付けた警官の制止を無視して撃たれたのだけど?妄想を口に出してはいけませんと、親に教わらなかったのか?


職質拒否する奴も凶器持ってるかも知れないから射*た方がいいね、制止を無視して逃げる痴漢も当然射殺だ。まあ現実には容疑や嫌疑だけで射*ていいわけは無く、裁判で有罪になるまでは飽くまで容疑者であって犯罪者ではないからな。


撃たなければ撃ち*れる、がアメリカの銃社会だからねぇ・・難しい所


大阪も棄権撤回したし、差別じゃなかった。そう言う事やろ。




この記事へのコメント

人気記事