職場の「エアコン戦争」ついに決着 全国調査の結果→75%が「暑がりに合わせるべき」


まだまだ残暑というには厳しい暑さが続く。

熱中症にならないためにも適切な冷房使用が呼びかけられていることもあり、朝から晩までエアコンに当たっているという人も多いのではないだろうか。

確かに暑いのは嫌だが、冷え性の筆者はエアコンの効いた部屋に長くいるのはなかなか辛い。自宅ならば、寒くなってきたら温度を上げれば済むのだが、会社ではそうもいかない。出社時は上着がマストアイテムだ。

皆さんの中にも、筆者と同じような「寒がり」で、職場のエアコンが寒く感じている人もいるのではないだろうか。一方で、「暑がり」なのに職場のエアコンが弱く、苦しい思いをしている人もいるだろう。

では、暑がりと寒がりが同じフロアにいた場合、エアコンの設定温度はどちらに合わせるべきなのだろうか。

Jタウンネットは、2020年6月12日から8月26日まで、「エアコンの設定温度、どちらに合わせるべき?」をテーマに、アンケート調査を実施した。

得票数は1893票。暑がりVS寒がりのエアコン戦争、はたしてその結果は――。

「寒けりゃ服着ればいい」

こちらが、全国のアンケート結果を円グラフにまとめたものだ。

town20200826165237.jpg

結果を見ると、エアコンの設定温度を「暑がり」に合わせるべきと回答した人は全体の74.6%(1413票)。「寒がり」に合わせるべきと回答したのは全体の25.4%(480票)で、圧倒的に「暑がり」に合わせるべきという意見が優勢となっている。

その理由として、ツイッターでは、

「会社にめっちゃ暑がりな人がいるんだけど、見ていて毎日つらそうで可哀想。エアコンの温度って暑がりなの人に合わせるべきだと思う。寒い人は、一枚羽織ればいいけれどその逆は出来ないんだし」
「エアコン温度論争はさ、暑がりに合わせるしかないんだよ。寒けりゃ服着ればいいけど、暑いからって服脱いだって涼しくはならないからさ」

といったような意見が。

一方で、

「寒がり派だけど結局暑がり派に合わせるしかなく。脱げないから熱中症になるって言って一気に2度下げる人がいて腹立つ」
「まじで職場冷房強すぎる‥いくら身体に直接当たらないようにしてても寒い‥。あと上司が暑がりなのでエアコン設定温度に関してかなりぶつかり合っている」

と、「寒がり」な人たちの切実な意見も見られた。

また、このエアコン戦争、何も職場だけでのことではないらしい。Jタウンネット編集部には、読者から次のようなメッセージも届いている。

「実は会社内だけではなく我が家でも問題です。私は暑さにも寒さにも強いのですが主人が暑がりの寒がりで... 毎年体感温度で言い合いがあります。私は我慢しているわけではなくその温度に対応しているだけなのに今も主人のせいで鼻水が。毎年悩みの種です」

そのほか、家庭でのエアコン問題についてはツイッターでも

「エアコンが寒くて起きた。旦那と息子は暑がりで、寒がりな私はいつも我慢しています」
「暑がりの旦那さんがエアコンかけて扇風機つけてるからオフトゥンに避難してきました。暑がりさんと寒がりさんの同居は難しい...みたいなCMがあったな...」

といったコメントもあった。

town20200826165309.jpg

都道府県別に見ても、地域を問わず「暑がり」に合わせるべきという意見がほとんど。寒がり派が優勢だったのは、福島、栃木、山梨の3地域だけだった。「暑がり」優先は、どうやら全国共通の認識らしい。

このように結果としては「暑がり」派に合わせるべきという意見が圧勝だったが、いくら羽織っても寒いという人も少なからずいる様子である。この調査はあくまで参考として、互いを思いやった温度設定をしてほしい。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

USB卓上扇風機も増えてきたのだから、2度ぐらいなら高くても平気では。


寒がりに合わせるということは、熱中症対策で希望者に卓上エアコンを支給すると言うことで手を打ちましょう。


寒がりは単に服を着ればいいけど、暑がりは全裸になる訳にはいかないからな。


自分はどっちかと言うと寒がりで外の気温が37、38度の時も上着を持ち歩くくらいだし寒がりに合わせないでいいとおもう。上着を持っていけばいい話。でも極端に設定温度が低すぎる時は嫌だな


エアコンを勝手に消す寒がり女性社員さんが、暑くてランニングになる男性社員をだらしないと叱責するとかいうギャグ空間。寒いなら服を着れば良いのに


病院やショッピングモールが24度とか25度、弱冷房車で27度。設定28度に固執する人の感覚はズレている。


程度問題だわな。18度とかまで下げて風邪ひいてゲホゲホしてるのに頑として温度を上げないような*が実在するからなぁ


暑がりに合わせて自分は上着を羽織るとなんで寒いって言わないの?と聞いてくる上司。


決着も何も、こんなん議論するまでもなくそうするしかないだろ。既にコメントされてるけど寒い方は着ればいいけど、暑い方は脱ぐわけにいかないんだから。おっさんがシャツ*ランニングとか上半身裸にでもなった日にゃ気持ち悪いとかセクハラだと言い出すだろいい加減にしろ(笑)


扇風機の風を直撃させればいいじゃん。省エネにつながるし。それと痩せろピザ


さりげない話だが、確かに。夏は寒がりの方は暑さにも鈍感なところがあると熱中症の話で分かったっぽいし。寒いのなら自分で一枚余分に、か。


エアコンの冷風が一番当たる場所に暑がりを置けばいいのに大抵どこの会社もそうゆう場所に寒がりが座ってるんだよね。役職が上だからココじゃなきゃダメとかやってるから問題が解決しないのさ。


暑がりかどうかよりは、外と中を行き来する人に合わせるべきだと思う


エアコンの風が直接当たるような場所に寒がりの人がいると困るんだよなぁ…上着着たくらいじゃどうにもならんし.席替えも考えた方がいいと思うぞ.特に暑がりの外回りと寒がりの内勤が隣り合わせとかどっちにとっても不幸でしかない.


「寒いときは何かを着ればいいけど、暑いときは*も暑い」 ちびまる子トップクラスの正論だと思う。


空調服着ろよ?涼しいぜ~スーツ?ネクタイ?これだからジャパニーズビジネスマンは・・・僕はどこかでお葬式でもあるのかと勘違いしたよ


もう寒がりと暑がりは別の部屋にするしかないだろ


たかがエアコンで寒い寒いって代謝が衰えた年寄りかよ。 そんなに寒けりゃ外で仕事するか、ちょっと外出て全力疾走でもしてこいや




この記事へのコメント

人気記事