小学2年生が3Dプリンタで作った作品に「すごい時代」と驚きの声 ソフトの使い方は動画で勉強、苦労した点は「顔の配置が難しかった」


 小学2年生の娘さんが3Dプリンタで作ったという立体工作作品が「これはすごい」「もうこんな時代なのか」と話題になっています。作品の猫ちゃんがかわいい

【画像】Zbrushでモデリングする小学2年生

 PCソフト3DCGの造形ツールZbrush」でモデリングし、それを3Dプリンタで出力しています。丸い体にお顔、さらに耳と足、後ろには小さな尻尾がついた「猫ちゃん」のフィギュアがかわいらしいです。そして驚くのは、小学2年生がYouTubeソフトの使い方を見て学び、自分でここまで作ったという事実。本当にすごい時代だ……。

 Twitterに投稿したナムチャンさんの娘さんが制作し、その後も「ヤスリで磨いたり、色塗ったり、ヒゲを接着剤でつけたり」と、最後までほとんど自分の力だけで完成させたことがツイートされています。

 ナムチャンさんによると、娘さんがZbrush3Dプリンタを扱うのは今回が初めて。製作時間は、3Dモデルの作成が動画で勉強しながら3時間、3Dプリントが5時間、出力後の加工で1時間、塗装が1時間半、猫ちゃんのヒゲパーツを付けるのに30分と、使い方等を学びつつ丁寧に作られたのがわかります。なお、「今では2分で猫ちゃんの3Dモデルを作れるようになりました」とのことで、改めてその成長速度に驚かされます。

 娘さん自身は、実際に作ってみた感想として「猫ちゃんの顔の配置が難しかった」とのこと。モデリングで配置する目の傾きによっては怒った顔になってしまうため何回もやり直したそうで、ただ同時に、簡単にやり直しができるツールの面に良さを感じたりもしたようです。また作品は、愛猫を見ながら模様を入れたり色を作ったりしたそうで、「飼っている猫の表情に似せられた」と上手くできた点を挙げてくれました。細かい部分では、3Dプリント後の紙やすり作業も「ザラザラをツルツルに」できたのは達成感があったようです。

 今回の娘さんの自由工作にあたってナムチャンさんがサポートしたのは、これまで子ども向けの「YouTube Kids」のみだった視聴環境を通常のYouTubeを見られるようにしたことと、加工・塗装で使う道具の準備、あとは使い方をはじめに少し教えたくらいとのことでした。「本当はがっつり教えたいのですが、言いすぎると(娘さんに)怒られる」そうで、あえてこの程度に抑えているという面もあるようです。

 ちなみにプラスチックメーカーに勤めているナムチャンさん自身も作ることが好きで、数日前には届いたばかりの3Dプリンタを使い、娘さんの希望で「手乗りトトロ」を出力する様子が投稿されていました。

 コメントでは「使い方を見せただけでここまで作れるなんてすごい」「猫ちゃんかわいい!」と娘さんの技術とセンスに感動する声が寄せられ、他にも「Zbrushなんて自分専門学校で習ったのに」と時代の流れを感じる声や、「家にZbrush3Dプリンターがあると言う環境がお子さんには良い環境ですね」といった声も上がるなど、多くの反響を呼んでいます。

画像提供:ナムチャン(@namchan_koushi)さん

3Dプリンタで出力した猫ちゃん


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

評価する側にも時代に応じた知識が求められる昨今。


3Dモデルの作成がすごい大変なのはわかるが、何かこう切ったり貼ったりてんやわんやしたものじゃない作品を「工作」とは素直に認めたくない気分。まぁ、今や小学校でもプログラミングやるわけだし学校の勉強とも関係あるとは思うんだけどさ。


手作り料理ではなく冷凍食品をすごいと評価するのと同じレベル、え違う?そうですか・・・。


よくできてると思う。自分が小学生の頃は、紙を溶かして粘土みたいなものを作り、蟹の壁掛けを作ったかな。時代が違うよね。


>CUBIC 彼女はその冷凍食品のレシピを企業に送って完成品を返送してもらった。冷凍食品のレシピを考え、企業に伝わるように書類を纏めた部分が評価点になりますな。


>下手の横好き これからの造形とは何かをプレゼンテーションするための工作ってことに気がつかないのかなあ……これだから老害はイヤになるよ


仕事で3Dプリンター使って建物の模型作るけど本当に面倒というか覚えるのが大変。子供は興味で突き進むから覚えも早いんだろうなぁ。羨ましい。


下手の横好き>『インターネットのセットアップがすごい大変なのはわかるが、何かこう電話かけたりスターター送ってもらったりしたものじゃない接続を「インターネット」とは素直に認めたくない気分』こうですか?じゃああなたはニコ動にアクセスする時もダイヤルアップ接続なんですね、お疲れ様~^^


こういうのは実際には親が隣で手をだしててほとんど全部やったけど「子供が作った!」と言うと話題になるので子供がぜんぶやってたことにしてるだけ 


家庭内でPCから3Dモデリングソフト、3Dプリンタなど環境が全部そろっているからできたこと。一般家庭では絶対無理。この少女がこのままモデリング技術者になるのならいいけれど。必ず高校卒業時には一般の高校生となっている。今まででも天才少年とか言われた奴ほど成人になったらボロボロになっている


>admin そういうお前はどうなんだ、一人だけで出来たことなんかあるのか。あったとしても土くれ固めただけのモノだろうしそれも影響を受けた作品たちのパクりなんだろ^^酸素吸ってるのも俺達のパクりなんだからホスゲンでも吸って生きててよ^^


「すごいなぁ」「ぼくはそうは思わないなぁ」「へ~」で終わらず場外乱闘が発生しているところを見ると、ああ、ニコニューだなって感じがしますね。(場外罵声)


>つば九郎のむすこ そうですか、高専出た後鬱になって仕事なくなった私へのヘイトスピーチですか?


>ビビビ うるせえよ、●されてえか。


チャンスって大事やな


コメントにエクセルで計算しても電卓使ってないからダメって言うのと似てるようなこと言ってる人がいると思った。


>下手の横好き その気持ちよく分かるけど、スタートレックぐらいの時代の工作になるとホログラムルームでコンピューターに指示して設計して転送器に出力するのが工作になるから、こんなのまだ手作業でやってるようなもんよ。安心しな


3D造形とアウトプットのノウハウ(PC上での3次元位置把握や、塊にするか切り離して接着かの見極め、機種によるプリント速度と精度の調整等々)が有れば、手とヘラと小刀で造形する基礎(と今のところ小学校で教えているもの)は不要という人が出て来そう、、、という、漠然とした違和感は有るかも。これからは両方、義務教育でとなるとそれも大変だし、小学校から選択科目とか?


普通の家に3Dプリンターなんてないだろ、自慢か


無効>今は家庭用の3Ⅾプリンターなんてのもあるんですよ?(4~5万で買えます) 普通のレベルは時代によって違います。そういう嫉妬は置いといて評価できないのはダメですよ? 小学生で3ⅮCADを使いこなすのは本当にすごいことではありますし


色々種類はあるが今は3Dプリンターも手頃に買える時代だぞ。アマゾン見てご覧。一般的に家庭に必要かと問われればNOだろうが。親とか兄弟の趣味で家にあったのかな?それに別に専門の技術者にならなくたっていいだろう。小学校の頃サッカーとか野球のクラブチームに入ってた子は全員がプロスポーツ選手になるわけではないように、この子も経験を活かしたりしなかったりして生きてくよ


モデリング結構難しいんだよな。なんでこれを素直に褒めれないのかが意味不明。


完成したならyoutubeの設定を元に戻そう それ以外の感想はない


時代は粘土板と画用紙からコンピュータに移ったのねー


真面目にレスすると、3Dで作れるってのは地味にすごい。大人になってからじゃ出来ないこと。なにせ作っているうちに酔うからね。


>認めたくない気分 俺には文脈から「私的な感傷に過ぎない懐古主義、自分でも古臭い考えだとは思っている」と理解しているようにも読み取れるんだが…


なぜパンジャンドラムを作らなかったのか


子供の工作ってのは1から手作業で切ったり貼ったりしてこそだろって一回思った、これが時代の流れと自分の老いか


いいね。これを続けて収益化を目指したらいいんじゃないかな


学校の授業で粘土をこねるなり木を削るなりする工作も体験するだろうから成長すれば自身でその違いに気づけるんじゃないかな。


コンピュータを介してか介さないかの違いだね。コンピュータを介した工作で学べることもあれば、介さない工作で学べる事もある。どちらかにすれば、どちらかにない事を学べるというだけであって僕はどっちも好きなんだけど、アナログな手法、デジタルな手法のどちらかだけに偏るのは嫌だね。


雨宮くん  高等専門学校出ても何も身についていなかったら鬱にもなるよ。高専でて鬱になる会社に行けなかったのだから、だったら高専でトップになってろよ。高専出たから何なの


このまま成長すれば、将来的には銃も3Dプリンタで作れそうですね。


これ普通にすごいでしょ 空間認識やプログラミングの知識とそれを理解する論理的思考。それが小学校2年生の時点で発揮できているのがすごい。 親の接し方もいいね。教育に関心があって実践してる感じがする。 こういう新しい世代が新しい世界を作っていくんだと思うとドキドキするわ。 近未来が本当に近いものだと実感させられる。 それまで大人が世界を支えられるかが問題だな。


十万程度するソフトが使える環境というのも大事ですな3Dプリンタもピンキリとはいえちょっと良いもので50万はする


1コメで後から出てくる老害コメを置き論破するのやめなさい


ひと昔前は手彫りだったんだよな。俺も小さな彫刻を授業で作ったよ。手触りや力加減の感覚、削るたびに確認したり、と。何ができたのか、完成したの*ら忘れてしまったけどとても大変だったように感じてる。今はプログラミングするだけで機械頼り。時代なんだろうが味気ないな。


…なんで嫉妬してるの?


俺もどっちかと言えば版画とか工作は手でする方だったけどこれはこれでも良い事だと思うんだよなぁ。自分の手で触れて作る経験も、必要な知識から考えて作業をコンピュータに入力して作る事もどっちも価値ある事だと思うんだけど。片方を貶めるっていうのは、その人は貶めている方の価値を認めていないって事かな?それとも貶めている方の価値が分からないのかな?


>志士丸@お前アスペ?あ、いや。アスペにも失礼だったな。


>つば九郎のむすこ 在学中に鬱になってるんですが?あなたは文盲ですか?ああ、文盲さんに失礼でしたね。どちらにせよあなたがヘイト撒き散らすクソ老害ということは分かったのでとっととご隠居なさるか草葉の陰にお隠れになっては?


neverみたいなコメントばっか


>3Dモデルの作成が動画で勉強しながら3時間????? しゅごい……この小学2年生しゅごい……


これはこれで凄い才能だと思うけど、来年から手作りに限るっていうレギュレーションが追加されそう(他の子供達との平準化という名目やらで)。


ものを作る=工作。自分から働きかけて作ったのなら立派なこと。3dプリンターが使えれば創作の幅は一気に広がるから暇な人は試してみて欲しい


返してくるアホ> なにこいつ?記事の感想言えよwwなに身の程知らずなシャドーボクシングしてんの?気持ち悪ww


子供の頃にこのような技術に触れさせるのは将来の仕事に生かせる可能性もあるし、点数取るのが目標の勉強よりはるかに価値があると思う。何より自分の手で作って完成させて褒めて貰ったという成功体験は宝になるよ。粘土でも木工作品でも3Dプリンタでも同じことだ。それに優劣を付けようとする方が愚かしい


スカルプト系かな?片側作ってミラーしてくれますみたいな。次はマテリアル彩色かテクスチャシール作ったりしたらステップアップ出来るかなー


これのすごさは簡単に言えばこの技術まで覚えれるなら今の社会で食っていけるレベルにまでいるネットにでもいるプロにでも次のステップを教えて貰えればもう金取れるレベルになれるで


>sikisn そうだよね。色んな技術に触れる事が一番だと思う。どれも価値ある事だから、そこに優劣はないはずだよね。ただ道具や機材の質、扱う子供に差が出てしまう事もあるから、そこで子供が躓かないように何らかの配慮は欲しいと思う。




この記事へのコメント

人気記事