「便座が上がっているだけで怒る女性が分からない」という投稿に「そもそも蓋を閉めないと不潔」という声


マナーとして「開けたら閉めるべき」という声

マナーとして「開けたら閉めるべき」という声

用を足したあと、トイレの便座は上げるか、下げるかは男女間でしばしば問題になる。女性の中には、用を足した後に便座を下ろさない男性に不満を抱く人もいる。

「お悩み解決相談掲示板」には8月25日便座を下げない男性に怒る人の気持ちがわからないという投稿が寄せられた。投稿者は女性で、

「下げないと怒る女性がいますけど、自分で下げればいいだけなのになんで当たり前のように怒るんですか?(略) 私は女性ですが、家で上がってる便座を見ても何とも思わない」

と投げかける。相談者はさらに、「単純に便座は下がっているものという先入観なのか、それとも便座を上げっぱなしにする事によって何か不具合や危険な事が起こりやすくなるとか?」と疑問を抱いている。(文:ジャッカル薗部)

蓋を開けて水を流すと、水しぶきが2メートルにわたって飛ぶ可能性

たしかに便座を下ろすだけなら大きな手間ではない。しかしスレッドでは、問題は蓋が開いていることによる不衛生さという指摘が相次いでいる。便座が上がっているということは、蓋も開けっ放しなのだ。

「そもそも蓋をして水を流さないと、便器まわりに菌が飛び散ります。便座だけじゃなく、蓋も閉めるのがベスト。しかも便座はオシッコの跳ね返りもあるから、下げるのに、便座を触るのも汚いから衛生的に嫌です」

「個人的には、便座(便器の蓋)が上がったままは、不衛生な印象です。排泄後に流す前に、ふたを閉めた方が流す時の飛び散りが軽減される気がします」

東京ガストイレの蓋には「ウイルスや菌の拡散を防ぐ」役割があることを紹介している。蓋を開けたまま水を流した場合、水しぶきは2メートル近くも飛び散ることがあるという。実際、蓋をして流すほうが清潔で、その後わざわざ蓋を開く必要はないと考える人も多いようだ。

相談者は「便座が下がってないと怒るのは、女性の都合」と納得せず

それに男性が立ったまま用を足した場合、尿が周りに飛び散ることになる。そのため、あえて座って用を足す男性もいるとスレッド内に書かれている。また衛生面よりも、マナーとして「開けたら閉めるべき」と主張する人もいた。

「『開けたら閉める』という基本的なことが出来てないから、かな、と。(中略)その基本的なことがなってない、出来てない、と」

このように、相談者の質問に対しては衛生面やマナーであることといった点から便座は下げるべきという回答が寄せられた。

相談者は便座の上げ下げに厳しい女性は、元々夫への不満が積もり積もっており、それが噴出するひとつのきっかけが“便座”なのではないかと考えている。そのため「蓋を閉める利点はわかったけど、なぜ女性は便座が下がっていないのと怒るのか?」「下がっていないと嫌なのは女性の都合では?」と釈然としない様子だった。

「便座が上がっているだけで怒る女性が分からない」という投稿に「そもそも蓋を閉めないと不潔」という声


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

上がっていると下げる時便座触るから汚いとか言ってるが、そしたら逆に男の場合もそれ言えるわけで、つまり「下げておけ」っていうのは完全に女性本位な考え方なのでは。


和式トイレに戻せば解決。


指に便座の菌がつくんですが


この話題を見るとどうしてもサウスパークs16e01を思い出す。クライドのママが内蔵を吸い出されて、女「下げろよ!」男「こっちは上げて使う時もあるんだからお前らが下げろよ」で戦争になった話


更年期かな


フタを開いてウ○コが急にあったらビックリするじゃないか。


確かにこれめちゃくちゃ怒る女性おるね。年齢関係なく。面倒なので自分も座ってやる派になりました。


窓のないトイレの場合 蓋を閉めた方がトイレの壁はカビにくい。


冬に便座を温めてる場合は電気代がそれなりに違うらしい。勤め先で「電気代節約の為に便座の蓋は閉めてください」という張り紙が貼ってある。


洋式便器に落ちる確率が圧倒的に女性の方が高いじゃろ?


天邪鬼じゃないの?上がっても下がってもキレる女っているからね。


水しぶきが2メートルにわたって飛ぶ、ということは自分の顔にオシッコがかかるってことか。


蓋を閉めてから流す派が流し忘れた結果、デパートのトイレの蓋が無くなったんだっけ


ノロ等の対策で普段から蓋を閉めるのを習慣付けした方が良いけどね。


蓋をしないと菌やしぶきが2メートル近く飛び散るというが、蓋をしたら便座や蓋の裏などが菌まみれになってるんではないか?それに座るの?君たち


確か、あたしンちのお母さんが友達とのダベリで云ってたコトだけど、「つまんない事にいちいち怒ってるわけじゃない。つまんない事にも関わらず、何回言っても分らずに繰り返し注意させられるから怒っているんだ」とかいうヤツじゃないのか?この場合


便座が上がってることが許せないような女は、わざわざ蓋閉めたりしないだろ


>ただいま絶望中 空気中に漂ってるのを吸い込むのはよくないとマジレス


たまに微妙にモノが残ってる時があるから下げないな


飛沫と保温を考えたら下げるよね、普通


公共なんか特に便座が上がって裏見せられる状態だと気持ち悪くなるのはある。


いやわかるわこれ自分であげたんだからさげろや、他人が嫌だってなってんのにそれ指摘されると逆切れってなんだよ


キャリコネは誰かを対立させ煽ることでしか記事が書けないんだ


うちの女どももすんげーキレ散ら*、親父が生きてた間は何も言わなかったくせに。男一人はつらいよ


ウチでは蓋が自動で開閉する便座に取り換えたのを機に、小も座ってするようにしました。


きっとそういうことを言う人は無菌室に住んでるんだろうね。 


どんなに綺麗に洗っても最近は手や道具に少しは残ってるから、寿司とか生菓子は食べられないね。 それ以前に食べ物自体に菌はいる*。 ある程度は気にした方がいいけど、それ以上は気持ちの問題だね。


トイレのことで大騒ぎしながら、エッチのときには平気で相手のものを口にするし、口の中も菌だらけなのにキスする*。 好きな人のは汚くないけど嫌いな人のは汚いとか言う人がいるように、気持ちの問題が大きい。 行き過ぎると潔癖症になる。


「こんくらいで怒るなよ(はあ?お前がこっちの都合に合わせて当然だろ)」ってこっちを見下しているのが丸わかりだから腹立つんだと思うよ。


とりあえずどちらも座ってやれば解決するんでしょ?そこまで揉めるような事か?


潔癖症になるとめちゃくちゃ不潔になる。 温泉とか風呂とか雑菌だらけだから入れないし、歯ブラシも恐いんだって。 そんな状態で体をめったに洗わずに雑菌だらけの布団で寝てるんだよね。 食器用スポンジも恐いし、タオルも恐いんだって。 洗濯機が雑菌だらけだから洗濯もできないよね。 「ちゃんと殺菌してるから」って言う周りの人に騙されてなんとか生活できてる。 気持ちの問題


しょんべん飛び散るから座れ議論はわかるけど(でも*に悪そうなので拒否)、流す時にも飛び散ってるという主張は誤差だろと突っ込みたくなる。そのレベルのことでクレーム入れられると相手したくないなというのが正直な気持ち。


「下がっていないことそれ自体」で発狂する奴は腐るほどいるけど、「蓋を閉めずに流すな」という切り口はまだまだ少数派。まあ根がそういう理性的な話じゃないから当然だが


サウスパークの便座回思い出した


蓋はどれだけ汚れてもOK


怒ってもいいけどちゃんと理由も言わないと


浴場とトイレの間に扉のない温泉を思い出した


トイレに入って用を足してケツを拭いた後ってどうする? 手を洗う前にパンツやズボンを触っちゃうよね。 その日中はパンツとズボンは菌まみれ。 洗濯機で洗っても100%は落ちないんだけどね。 出先のトイレで個室に入るとカギかけるよね。 そのカギって前の人が個室から出る前に手を洗ってない状態で触ってるんだよね。 さてそういうの気にする人はどうするんだろう。 


どちらの意見が正しいとか正しくないとかそういうのは置いといて、「便座が降りてると思って座って便器にケツを突っ込んでしまった時の絶望感」は男でも理解できるので男が気を付けるべきなのだろう。別にションベンの後に便座下げるくらい大した手間でもないしな。但し「座って小便しろ」という意見には*の状態によっては便器に*が当たるので絶対に嫌だと返します


フタの裏側「くっ…」


服屋に行ったらいろんな人がいろんなモノを触ってきた手で服を触ってるのに、それを平気でみんな試着してるんだよね。 買って帰って洗わずに着たりね。 そのままクローゼットに入れちゃったら他の服にも菌がw そういうのは気にしないから生きていけるんだよ。 だいたいスマホなんて菌まみれ。 カバンをトイレの個室に持ち込んで、洗って無い手で触ってそのカバンを洗わない。


これじゃぁ野グソ最強説だな。


蓋を閉めなくても水が飛び散らない便座を誰か開発してくれないかな。


理屈じゃないよ、「愛が足りない」


ちなみに便座と便器との隙間からも水は飛び散ってるんだけどね。 


面白い事に「便座を下げろ!」と言う女性陣は「フタを閉めろ」とは言わないんだよな。衛生面を考えるならフタ閉めろよ…。


座って小便をすると、小便をしてる間はケツと腿裏が蓋になってるわけだから、飛沫がケツと腿裏にびっしりと付いてるってことだね。


「理屈」を使えば男は動くのに、こんなどうでもいいところで「愛」みたいな目減りする弾を使うなと


多分トイレ掃除を全面的にあなたがやっているのなら女性は怒らないよ


良し悪しで語るもんではないが、男の車と女の便器はその人の本質を暴くのでよく見ておくといいかな


べっ別に女性の為に便座を下げたんじゃないんだから! 衛生面を考慮して『蓋』をしたんだから! 勘違いするんじゃねーぞっ


いや…「便座が上がったままになっている」という時点で、便座を上げて周囲に小水が飛び散るような用の足し方をしているのが丸わかりだからだよ。隠してくれよ。知らなければそんなに気分悪くもならないのに、丸わかりだから入った瞬間その空間にいることを後悔するだろうが。


>「便座が上がったままになっている」という時点で、便座を上げて周囲に小水が飛び散るような用の足し方をしているのが丸わかりだからだよ。←座って小便しろというのに比べたら蓋を閉めるなんてなんでもない。その理屈なら秒で従うよまじで。


どうせ手洗わないんだからそんな事気にしてもしょうがないだろ 


取り合えず人によって違う事を男女の対立に仕立て上げるの辞めませんか?


不衛生を論点にした場合「男性であろうと座って用を足す」以外の答えが完全アウトになるって話する?


蓋開けたときに残り香ですげぇ臭かったことがあったんで開けてるわ


男は黙って立小便(昭和の男)


トイレで菌の多い箇所の一つにトイレに置いてある物の中では吸湿性の高いトイレットペーパーってのがあるんだ。湿気に乗って菌も移動するからな。下手すりゃ便座よりも菌が多いらしいぞ。不衛生を語るなら紙を使用分だけを持ち込むのが一番になるがそこまでやってるやつがどれだけいるのか


トイレの壁1回きちんときれいに拭いてみたらどんだけ汚れてるか実感できるぞマジで。


男性が洋式トイレで立ってやると時々便器から狙い外すんだよね。それを掃除するのが面倒だから座ってやるようになりました。


匂いしてる時点で*物質が鼻にくっついてるってことだからから蓋してようがしてまいが不潔なんだよなぁ。。。まあ理屈じゃなくて「不快だからイヤ!」の感情論なんだから反論とか意味ないんだけど


みずしぶきが2mにわたって飛ぶって、蓋しめると便座のなかで充満してるわけで。結局どうしようと不潔では?むしろ便座は直接肌触れる部分だし、なら蓋開けたほうがマシな気がするが・・・。まあ好きにすりゃいいけど


「自分が使うときに便座が下がってない」これを責めるための理由付けなだけだからぶっちゃけ衛生とかどうでもいい「下げない」を否定できれば何でもOK


てか、うちの会社のは蓋ついてないんだが……。


前はコンビニのトイレ借りたら大抵蓋開いてる場合が多かったな・・・女性用のほうは知らんけど。今はコロナ対策で蓋閉めること推奨してるから大体閉まってるね


それより、生○用品捨てて帰るのやめてくれませんかね…(元コンビニ店員並感


温便座の電気代に関しては、ちょっとまえにTOTOが「あっためる便座、蓋開けてても閉めてても電気代変わんないよ」と公表してたよね。


おいら男だけど、さすがにこの投稿者の発言は意味が分からない。嫌がる気持ちを想像することすらできないのは病気だよ。


過去作から大量の家具を消したくせにやたらめったらトイレのバリエーション増やした某森はやっぱりクソゲーなんだなって。


ふたを開けるときのドキドキ感、嬉しくないです。目視だけで安心したい。


便座下げてからジョバジョバするね☆


とりあえずトイレ掃除してる人の意思に従うかな


どうでもいいけど座ってする派の男子はちゃんと尿道に負担をかけない姿勢や自分のサイズに合う便座を探してね。個人差もあるけど将来癌のリスクになるくらい負担のある行為になってるからね


小便器は蓋がないから男は蓋が開いてる状態に違和感ない人が多いのかも。公衆トイレだと便座でも蓋ないことの方が多いし。でも便座は流石に下げて欲しい。


とくに理由もなく締めてたわ。っていうか蓋が飛散防止のためにあったのを初めて知った。 最近のトイレならそこまで飛散しないと思うけど古いタイプはけっこう豪快に流れるからな・・・ 


根本的な生活習慣のことだから、キレる人がいてもおかしくはない


上げた便座は下げないと自分が女装殺人犯ってバレるからなぁ


彼女も伴侶もいない俺には関係のない話であった


もっともらしい理由つけてるけど、女は便座に触りたくないだけだろ。自分が楽するために相手に煩わしさを押し付けるとか何様だ


キャリコネ定期


「下げるのに、便座を触るのも汚いから衛生的に嫌です」 男は上げる時にもっと汚い下面を触らないといけないんだが?まぁ実際は頑張って側面だけ触って持ち上げるけどさぁ …つーか書いてて思ったけど、汚いって思ってる便座によく座れるな。矛盾してて意味分からんわ。




この記事へのコメント

人気記事