「次亜塩素酸水」で新型コロナは消毒できず 北里大が市販の5製品で検証


新型コロナの消毒に効果があるのはどれ?

新型コロナの消毒に効果があるのはどれ?

北里研究所と北里大学9月1日、日常的に利用されているハンドソープや消毒液によって、新型コロナウイルスが不活性化できるかを検証した実験結果を発表した。同研究所は「研究成果によって、感染制御を確実に実行する指針となることが期待できる」としている。

市販のアルコール系消毒剤については、アルコール濃度50%以上の製品であれば、3万個の新型コロナウイルスを完全に消毒することが可能だった。

アルコール濃度50%以上なら完全消毒が可能

また、市場に流通している「キレイキレイ」「ミューズ」「ビオレ」といったハンドソープや「JOY」「キュキュット」といった台所洗剤、お掃除、ふき取り系製品についても同様の検証を実施。製品の使用方法に従って使用した場合、新型コロナウイルスを完全に消毒することができたという。

実験では、新型コロナウイルスを3万個含むウイルス液を、約10倍容量の70%、50%、40%、30%の濃度エタノールと混同して、1分間または10分間置き、消毒効果を調べた。

その結果、70%、50%濃度のエタノールでは1分間置くことで完全消毒が可能だったが、40%、30%では消毒は不十分で、生き残ったウイルスが細胞を死滅させてしまったという。また、30%濃度のエタノールでは10分間処理しても、消毒は不十分だった。

“空間除菌”で使われる二酸化塩素も効果なし

一方、同じく新型コロナウイルスに有効とみられていた次亜塩素酸水系の製品については、検証に使った6製品でいずれも3万個の新型コロナウイルスを完全に消毒できないことが分かった。社名と製品名については、5社中4社が非公開を希望。

実験では、0.5(5000ppm)、0.15(1500ppm)、0.1(1000ppm)、0.05(500ppm)、0.01(100ppm)の5段階の濃度の水溶液を作り、1分間および10分間の消毒処理を実施。その結果、1分間接触では、0.15(1500ppm)以上、10分間接触では0.1(1000ppm)以上の濃度の水溶液で完全に消毒できることが分かった。

しかし、厚生労働省が推奨する0.05(500ppm)濃度の水溶液では、10分間処理しても消毒が不十分で、生き残ったウイルスが細胞を死滅させてしまった。1分間で完全に消毒するためには、0.15%(1500ppm)の次亜塩素酸ナトリウム水溶液を使用する必要がある、と結論付けている。

“空間除菌”などに用いられる二酸化塩素水溶液(二酸化塩素0.01%)についても、製品の劣化がないことを確認してから試験を実施したが、3万個の新型コロナウイルスを完全に消毒することができなかった。社名、製品名の公開可否については回答がなかったという。

「次亜塩素酸水」で新型コロナは消毒できず 北里大が市販の5製品で検証


(出典 news.nicovideo.jp)







<このニュースへのネットの反応>

キャリコネの記事を鵜呑みにして大丈夫か?裏取ろう

とりあえず100%エタノールは殺菌効果が無いので知識もないのに買い占めるバカは止めてくれ

ウイルス周辺を保護してる油脂を取っ払えば不活性化(死滅)する訳だから、ひどい油汚れの時と同じ熱めの湯とマジカ(酵素+)でオッケーだけど、予防するべきものは他にもある*。キュキュットは同価格帯の他商品と比べて落ちが弱いぞ

次亜塩素酸水≠次亜塩素酸ナトリウム水溶液(ハイター薄め液) 基礎知識としてまずここからだな。前者は一部の製品に限って一応の効果が認められ、後者は濃度0.05%以上なら確実に効果があると厚生労働省はとっくに見解出してる。

それに、次亜塩素酸ナトリウムは酸化作用で有機物を破壊するってのは理解してるが、次亜塩素酸水って何でウィルスに効くのかイマイチ理解してねーや…。市販の次亜塩素酸水って要は弱酸性の液体よな…

無知な者が記事を書くと...こうなる典型...(^_^;)ハハハ

キャリコネってのもアレだけど,ベンダ名・製品名非公開に応じる研究所の存在がもうね…

塩化ベンザルコニウムはどうでしたかね

あと逆性石鹸の部類ね。医療用でなく、一般用(食品)のマニュアルでは「ノロウイルスの不活性化に効果なし」となっているんだが、7月以降、結構堂々と売られてるのよね、効果ないのを効果あるように書くのは、やめようねっていう法律はあったような気がする。メタノール入れちゃったてへぺろ(失明するぞやめろ)よりはずっといいけど。

ほんとぉ?

まあキャリコネの記事ではあるけど次亜塩素酸水の効果は4月頃でも言われてたからな

逆性石鹸って機械油の汚れを落とすのは覚えがあるけど……

次亜塩素酸よりもアルコール濃度50%でホントに効くのならそっちの方が有用な情報ですね。あくまでも70%以上が推奨で医療用はそれ以上が基準でしょうけど、一般家庭や企業なら50%の方が入手しやすいはずですし。

内容読んできたけど、記事後半はほぼ丸ごと発表データの引用。しかし製品名非公開ねぇ。元から効果がよく分からんと言われて使ってたやつだから驚きはないけど、この機に乗じて売ってた方は在庫と頭抱えそうだな。

店で空間除菌用に噴霧器を買った直後に「効果ないよ」言われて、今でも倉庫に噴霧器が眠っています(#^ω^)クソが

すげぇ雑なクソ記事。5000ppmの次亜塩素酸水なんて作れる訳がねぇだろ。記者が次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウム溶液が異なる物って知らんから引用が滅茶苦茶。市販の次亜塩素酸水があまりに粗悪な物が多すぎるのは確かだが、次亜塩素酸水自体の対新コロ効果は6月末にNITEによって証明されとる。厚生省はちゃんと次亜塩素酸水の定義付けをして管理しろ。

>アルコール濃度50%でホントに効くのなら←水で薄めてるのはケチだからじゃなくて、濃度が濃いとすぐ蒸発してしまうので、しばらく留めるために水をまぜてるだけですw

ひどい記事だなこれ。。まあ、どうしても心配なら、最近は60~80度くらいのエタノール(というか酒)がかなり出回ってるからそっち使うんだな。世界基準でいえば60パーありゃ充分だし、手ピカスプレーとかの空容器に入れ替えて玄関にでも置いとけそういや大学のころ、実験室のアルコールが見つからんくて70度のアブサンで器具消毒したら怒られたなー

次亜って始まりだから一緒やろ!って知識や意識しか持ってないのが丸わかりだな、不勉強だから記者は一から消毒液について勉強した方が良い

コロナ末期の時に試さないと駄目な事なのに今更言うの?

元の発表を見ると次亜塩素酸「ナトリウム」についての研究で、これらは塩素系漂白剤のこと。既存製品は6%溶液でキャップ計算を割合に直すとだいたい0.15%に薄めて使えとボトルに書いてある。つまり市販品の使い方の裏付けが取れたと言うわけだ。

次亜塩素酸水を20秒間水たまりみたいにひったひたにして拭き取ると効果ある

いや、濃度の問題であって、効果がないわけじゃないだr…なんだキャリコネの記事か、はい解散

なんだ市販品か

東亜なんとかって怪しい所のじゃないの?

※この記事を読んで よく分からなかった人へ「手洗い・うがいを こまめにね♪」「変な言葉に騙されないでね」でOK



この記事へのコメント

人気記事