「一刻も早く同性婚を認めて」 パートナーシップ制度では解消されない課題、“新たな結婚・婚姻のカタチ”の議論も



 「会社に行くために一歩外に出た瞬間から、異性愛者の仮面をかぶるみたいな感じ」。

 そう苦しい胸の内を語ってくれたのは、同性のパートナーがいるEさん(20代)。同性婚を認めない民法などの規定は違憲だとして去年2月に提起され、現在5カ所の裁判所で審理が続けられている「結婚の自由をすべての人に」訴訟の原告でもある。8月には、法廷で尋問も受けた。

・【映像】「結婚の自由をすべての人に」同性パートナーを持つゲイの当事者と考える

 そんな彼女が利用するのが「同性パートナーシップ制度」だ。自治体が同性カップルの関係を婚姻と同等のものと認め、証明書などを発行する制度で、5年前に東京・渋谷区世田谷区で始まったのを皮切りに、9月1日現在、全国59の自治体が導入している。

 

 ただ、この制度には法的な力がないのが現実だ。「私のパートナーが事故に遭って病院に運ばれた場合、駆け付けた私は家族として扱ってもらえるのかどうか。災害が起きて避難所で生活せざるを得なくなった場合、2人で暮らすことができるのか。そんな不安についてお話した」。法廷でEさんは、結婚できないことによる不利益が計り知れないと訴えたという。
 

■理解が進んでいない「パートナーシップ制度」

 現在では公正証書を作成する同性カップルも増えてきているといい、ある程度の不安材料もカバーできるというが、それでも日本の婚姻制度に同性婚は必要だと訴える。「確かにパートナーシップ制度によって、自分たちの存在、関係性が公的に認められたという安心感は出てきたし、同性婚に向けた第一歩と受け止めている方も周りには多い。その一方で、例えば私が駐車場を借りに行った時、パートナーシップ制度の書類を見た業者さんに“これってどういうこと?”と言われた。企業も含め、周知を徹底していく必要もある。やはり法律で認められた婚姻ではない以上、全ての不安が消えたわけではない」。

 Eさんが参加する「結婚の自由をすべての人に」訴訟の弁護団メンバーでもある寺原真希子弁護士も「必要に迫られた自治体が仕方なくやっている制度。婚姻と同じ権利が法的に与えられているわけではないので、不便は絶対に解消されない」と話す。
 

■なぜ国会での議論は進まないのか

 欧米、そして台湾などでも同性婚が制度化される中、なぜ日本では実現できないのだろうか。寺原弁護士は「2018年の調査では、実に78%の方が賛成している。しかし民法を改正するのは国会なので、やはり国会議員の理解が進んでいないということが大きいと思う。反対派の議員の方がおっしゃるのは、主に伝統的な婚姻制度が崩壊する、少子化になる、子どもがかわいそうだ、という3点だ」と話す。

 「婚姻制度を大転換させようと思っているわけではなく、今の婚姻制度の中に同性カップルも入れてくださいというだけの話だ。少子化についても、生物学的に2人に子どもはできないので、同性婚を認めるかどうかとは無関係だ。そして子どもがかわいそうという見方も、マジョリティ側が持つ差別・偏見であって、同性婚の反対理由に挙げるのはおかしい。私が代表を務めるマリッジ・フォーオールジャパンでも国会議員の方々にお会いしているが、野党の方は賛成だし、与党の方も、個人的にお会いすると“いいんじゃない”という方が結構いらっしゃる。ただ、党として気持ちが一致するところまではいっていない。やはり“これを通さないといけない”とう思いに至るまで、実感が伝わっていないのだと思う」。

 七崎氏も、「私も“伝統的な家族”という話をよくされてきた。しかしそれは一定数の人が結婚を許されていないという、差別の上に成り立っているものだと思う。それを今後も続けていくのかどうかだ。また、私が結婚式を挙げた時にも、“子どもを持つのはやめてくれ。子どもがかわいそうだ”といろんな人に言われた。ものすごくプライベートな話なのに、同性カップルだからといって簡単に踏み込まれてしまうことに、すごく悔しい思いをした」と語った。
 

■一気に進めるべきなのか、段階的に進めるべきなのか

 一刻も早く同性婚を導入すべきとの立場を取る作家の乙武洋匡氏は「差別の多くは無知や不勉強から起こっている。しっかり勉強した上で反対しているのではなく、“こういうものに反対するのが保守だ”という思い込み、テンプレとして言っている方も多いと思う。例えば保守派として知られている自民党稲田朋美議員はパレードに参加するくらいLGBTQへの理解が深く、同性婚にも賛成の立場だ。稲田さんは“保守からリベラルに転向したのかと言われるが、そうではない。家族を大切に思う気持ちが保守であって、LGBTQの方々も家族になれる仕組みを作るべきなんじゃないか”と言っていた。非常に筋が通った意見だと思った」と話す。

 他方、元経産官僚の宇佐美典也氏は、「どの程度まで婚姻と同等の権利を認めるかは別として、私自身は前向きだ。ただ、とても話しづらいことだが、私の身近にも強硬に反対している人がいる。ナンセンスと思われるかもしれないが、家や戸籍そのもの守ることが自分の使命で、次の世代にも継いでほしいという、まさに伝統的な家族観を持っている人だ。つまり、家族の概念をどの程度拡張するかという問題だ。そして、どの国にも“なんとなく嫌だ”と思っているが、口には出さないサイレントマジョリティーがいると思う。政治家がこの問題を取り上げようとしないのも、そういう理由で票にならないからだ。そういう人たちに対する配慮もあっていいし、台湾が特別法みたいなものを作ったように、まずは既存の制度とは別の制度を作り、やってみて問題ないから一緒にしようという進め方があってもいいのではないか」と問題提起する。

 「婚姻には民法、そして手続法として戸籍法がある。私はこの二つを切り分けて考えるべきだと思っている。世の中には、この戸籍こそが家族を体現するものだと思いこんで反対している有権者が多いわけなので、同性婚向けの戸籍みたいなものを作ればお互いにウィン-ウィンになるのではないか。そもそも日本の戸籍制度は、戦前は家単位だったのを、戦後に個人単位にしようとしたが、紙不足だとして家族単位になった。本当は個人単位にした方がいいんだから、そのための流れを作るべきだと思っている」。

 寺原弁護士は「別々の制度にした国のほとんどが、それでは不平等だということで同性婚に変えた。問題がないから一緒にしようではなく、問題があるから一緒にして、同性婚にした。やはり婚姻とあえて別枠にし続ければ、異性カップルと同じものが同性カップルには与えられないんだというメッセージのようなものが継続してしまう。私たちが訴訟をしているのも、民法を改正するためだ。異性間であっても同性間であっても婚姻の届はできるという条文が必要だが、それ以外は“夫・妻”を“婚姻の当事者”、“父・母”を“親”と、表現を変えるだけでいいほとんどが解決する。野党が提出した法律案も、そのような変更点になっている」とした。(ABEMA/『ABEMA Prime』より)
 
「一刻も早く同性婚を認めて」 パートナーシップ制度では解消されない課題、“新たな結婚・婚姻のカタチ”の議論も


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

なんで、そんなに慌ててるんですかねぇ?


家族間でなければ不可能な手続きや相続の問題があるのは確かなので、パートナーシップ制度をもっと拡充させればいいと思うけど。同性婚にしたところで差別する奴はするので、それは差別する奴の問題であって制度の問題ではない。


なんか、こういう不都合が生じるかもしれないって不安と、実際に生じてる不都合がごっちゃに紹介されてるからわかりにくい。実際に生じてる不都合のみあげて、これを解消するためにこういう制度を導入してくれとかってやってった方が成果を上げられると思うけど。


優遇されないのは差別ニダーとかやってる内はお前等が認められる事はねぇよ


夫と妻がいて夫婦、夫婦関係を社会的に公認するのが婚姻だ。夫と妻が存在しない婚姻は成立しない。「書類の文言を書き換えれば良い」との主張は、法を無視する暴論である。


駄目なものは駄目なんじゃい!!!


差別主義者の乙武が、差別ニダーと叫んでる時点で同性婚は*ということでしょ。それにしても少子化少子化叫んでるくせに、同性婚を認めろとか、相変わらずマッチポンプのゴミマだな。


日本の婚姻制度が古いのは事実、未だに夫婦別姓も許されていないんだ。はっきり言って同性婚より夫婦別姓が許されないのほうが問題だと思うね。だからさ、婚姻制度を変えようよ、今すぐに!古くて悪いものは変えていかなくてはならないんだ!!


同性婚が認められている国で結婚して来いよ


理解を求めるならLGBとTを一緒にするのをまずやめろと何度も言われてるだろ。


すぐ近くに戸籍や名前ロンダリングをたくらむ悪い国がなければ考えてもいいんだろうけどねー


だからできるところに行きなよ。それができないくらいにその程度の決意なのですか?こんなこと言わせないでください。てかほんと慌てすぎ。なにかあるんですか?


日本国籍が手に入りやすくなるし、日本の戸籍破壊できるしで反日野郎には万々歳だな。誰がそんなもん認めるかってんだ!ふざけんな!


養子制度でも利用したら?結婚は異性間でするものって言う概念の破壊が目的だから無理か?w。自らの性癖を一般化する為に社会通念や制度を変えようとするなんてほんといい迷惑なんだわ。同性愛の事なんて知りたくもねえし関わりしたくもねえから、お前らが気分良く生きる為には周りは勉強するべきだからと知りたくもねえ事教えこまされ、さらに何かしらの配慮を強要されるのもお断り。


急いで無理に制度を改変しても白い目は減らないどころか増えると思うんだが。保証欲しさに形式に拘って性急に進めるより昔より遥かに寛容になった今の世を緩やかに穏やかにすごごした方がお得なのでは? 少なくとも携帯会社で*リストを共有された人やW不倫を周辺に絨毯爆撃されたカップルよりは生きやすいと思う


事実婚の権利大きくするようにって主張はしないのかな?


実際に不便を感じている人達がいて、国民のほとんども賛成なのだから、さっさと同性婚認めるべきでしょう。やらない理由がないです。


以前にも書いたが、LGBTの問題を「世界」に問うた時点で「賛成か反対」の二極に別れるのは当然のことで、「関わらなければどうでもいい」層が「おまえ(自分)が関わったらどうする」と是非を問われることになった。確かに法制度などは進んだが、「反対者」に対し「差別=悪」を使ったため「思想弾圧」と受け取られ、より根の深い問題になってしまっている。それが現代だ。


どこの国民がほとんど賛成なんですか?聞いたことありませんね・・・。


内縁関係もふくめた婚外パートナー制度充実させりゃあいいのに、なんでわざわざ婚姻制度変えようとするんだろうなあ。 性の多様性を認めろという一方で、他人が大事にしてる婚姻制度は破壊しようとする、その行為こそ既成概念にとらわれた行いではないのか?


好きな人と一緒にいられればいいんでしょ?なんで結婚の制度にこだわるの?結局は実利目当てなだけじゃないかというね。


Tは治療して自分と向き合い子孫を残すサイクルに戻ってんのにLGBときたら同性婚をごり押し。ただの趣向ってだけも加えて邪魔な存在でしか無いな。


日本差別意識、同町圧力が強い国だから無理無理ここのコメント欄みてもわかるだろ?


すまん、誤字った同調圧力だ


中国ヤバいから早く日本国籍残したいんだね。わかるよ。お亡くなりになってくださいね。


必要が無いから。いい加減に結婚って制度を「好きな人と家族になる制度」だと思い込むな。婚姻は「男女が家族になる制度」に過ぎない。よって同性愛は好きにすればよいが、だからと言って同性婚を認める必要性はない。


こんな事言ってるけどパートナーシップを受けた同性カップルの大半がすでに別れてるんですよ そんなあやふやな連中のために世の中の仕組みは変えられない


まず、同性婚を主張される方々は自分達が生物としては少数派、悪い言い方をすれば異常なのを認識してください。その上で法的に婚姻範囲の拡大を願うなら時間をかけて多数派に理解を深めて貰うように活動するのが先。更に多数派である反対派やコメ欄にある懸念を潰していけば望む方向に進む。例を挙げると少子化なら同性同士の遺伝子を掛け合わせて新しく子供を作れる技術を確立するとか。


自分らが普通ではないことにまず認知してから、話してください。少数のくせにうぜえ


そういう国に移住した方が早いだろうにな。鬱陶しい。


献金が足りないからですよ。もっと大々的に報道して世論を変えないと認められないです。


そもそも結婚の後の扶養控除とかの仕組みって、女性が妊娠をして子育てをして満足に働けないけれどある程度の収入は得たい、というところを拾ってる部分もあると思うんだ。そこを実現しない人がそれを掻っ払っていくのはどう思われるかわかるよね?


生物として異常なんだし差別しないのはともかく、優遇する必要はないよな?


ほんの少しでも社会生活を営んだ経験があるなら現行の制度に+αする「だけ」なんて絶対言えないんですけどねぇ。


自分達に都合の良い事ばっかり言って それに伴う欠点を一切言わないから信用されないし支持もされない  少なくとも日本では戸籍取得による悪用が充分に懸念される状態に成っているので同姓婚をした(開示請求等が出来る様に)記録や犯罪履歴無し・外国籍無効等を自分達でキチンと考えてから行動とってね


同性婚は絶対反対だ!!


法で同性婚を認めてたところで迫害や差別は無くならないんだよなぁ・・・・・


結婚できなくてもいいから同性愛者やってるんじゃないんですか?


今のままで不便はない、今のままでいい、今のままがいい。


お前らのその異常性癖のせいで子供の頃に襲われて以降大人になるまでトラウマ抱える羽目になってたんだけど、なに権利だけ主張してんの?こっちは公共施設すら使ってほしくないんだよ。被害者増えたらたまったもんじゃねぇ


扶養控除と子供云々に関して言えばじゃあ不妊の男女夫婦とかもNGだし、逆にこれから先iPS細胞とかで*作る技術が安定して認可されたら女女夫婦ならどっちも子供産めるけど男女夫婦と比べて(扶養とは変わりそうだけど)控除は2倍にでもするの? って話で、結局その理論は現行の制度にも、将来的な制度にもそぐわないと思う


必要性が分からない。個人の感情論(好きだからなど)ではなく国の利益として必要なのかと思う。男女なら子どもが生まれ育てるという生産があるけどさ・・・差別とかさみしい人とか言われそうだけど国を一つの会社として考えるとそこまでして法改正する必要ある?同性婚は無理でも養子縁組で同じようなことはできるじゃん。必要?


制度あんじゃん。それで事足りるでしょ。と、「本当の」同性愛者たちはほうっておいてほしいという声が聞こえてくるみたいだし?表立って動いてる奴ら、怪しすぎだわ。あとなんでも差別って言えばいいと思ってるのほ、んと嫌い


知らねぇよお前らの特殊性癖なんざ。


結婚関係で手当てを受けられないAセクシャルに対して不平等だから、もう結婚周りの一切の手当て、特典をなくそうか。


僕も同性婚には賛成やけど、乙武さんはマイナスでしかないから黙っててほしい。パートナーシップ制度が出来たんなら、同性愛者もちゃんと認められてきたって事だし、反対の人を対立煽りする必要はないでしょ。日本に産まれてよかったぜ。


ロリコン「我々にも権利を認めろ」


いま日本で同性婚が認められたとしても、「同性婚が認められた」=「差別が無くなる」訳じゃないので、昔から同性婚を認めてる国に行った方が良いんじゃないか。




この記事へのコメント

人気記事