放置するだけで鶏むね肉が「パリパリ」「ジューシー」に仕上がる最強の焼き方 「30分チキン」を試してみた


 鶏むね肉が一番おいしく焼けると話題の調理法「30分チキン」を試してみました。焼くのが難しい鶏むね肉がパリパリジューシーに仕上がる方法とは――。

【画像で見る:30分チキンの作り方】

 話題の調理法を紹介したのは、Twitterユーザーのイナダシュンスケ(@inadashunsuke)さん。画期的な調理法には、18万3000件以上の“いいね”が寄せられています。

●「30分チキン」を試してみた

 用意するのは鶏むね肉と塩コショウ冷蔵庫から出したての冷たい鶏むね肉を、フライパンに皮目をしっかりと貼り付けるようにしてから塩コショウをします。あとは弱火にかけて30分放置するだけです。

 ついついフライパンの鶏肉を触りたくなりますが、ぐっとこらえて放置するのがポイント。火にかけたら最後まで絶対に動かしてはならないそうです。いちご飴の飴とおなじですね。

 焼き始めて5分でじわじわと脂がにじんできますが、まだ放置です。

 15分後にはさらに脂が出ていますがまだまだ触らず放置です。

 25分経過時点で、お好みでつぶしたニンニクローズマリーを入れてさらに放置します。めんどくさい場合は香草なしでももちろん大丈夫ですよ。

 30分後、ここでようやくひっくり返して、3秒数えてから火を止め10分放置。時間が来たら切りつけて完成です。

 お皿に盛り付けて早速一口。皮がカリッカリのパリッパリ、中はジューシーこれはすごいぞ……!

 イナダさんによると、少しでも動かしたり、焼くときに蓋をしたりするとこのパリパリ感は生み出せないそうで、とにかく放置するのが大事なようです。

 因みに今回は簡単なバルサミコソースも作ってみました。フライパンに残った「ジュ(焼き汁)」にバルサミコ酢を入れて、煮詰めながら塩コショウをすれば完成。気になる場合は茶こしやザルでこすと滑らかなソースが出来上がります。

 鶏肉の旨味がバッチリ出たソースは30分チキンと抜群の相性で本当においしいです。みなさんも作ってみてはいかがでしょうか。

レシピ紹介:イナダシュンスケ(@inadashunsuke)さん

maopain)

話題の「30分チキン」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

焼き上がりの形は変わるけど、チキンディアブル(悪魔風) みたいに鶏肉の上にお湯を入れた鍋を乗っけてフライパンに押し付けると皮が満遍なくパリっと仕上がる。鍋底があたるのは…って時はアルミホイルを被せるとよい感じ。北京ダックみたいに皮に調味料塗って乾*手もあるけど手間がね…。いずれにせよ温度上げすぎずジックリ焼き上げるのがパリパリにするコツ。おい飯テロォォ!


今はガスバーナーも容易に入手出来るから(仕上げとして)それを使うのもお勧めです


トンテキもだけどしばらく置いてると焦げないか不安になる


なお端っこは・・・


ここまでやらなくても、ブライン液に漬けとけば美味しく焼ける


これ昔、似たようなこと、”ガッ〇ン”でやってたね。


美味しそうに見えない盛り付け画像が素晴らしいわね・・・


写真の下のソースどっかで見たなと思ったら大竜牙だったわ


>vintel おおきに、ええアドバイスやわ。


>30分後、ここでようやくひっくり返して、3秒数えてから火を止め10分放置実質40分チキンじゃね?


鳥皮せんべいと同じ要領だな。鶏の皮から出た脂でカリカリに揚がる。そして10分放置の余熱で肉をジューシーに仕上げる。


蓋かけないのかw 蓋して焼いてたよ まぁそれでも美味かったけど


時間が来たら切りつけて完成です。←どこの通り魔だよww


弱火とはいえ放置はダメです。 必ずみ目の届く範囲で視覚に入る場所にいましょう。 スマホ見てそっちに集中とか以ての外だぞ。


やってみたけど使った肉が厚かったのかちゃんと出来てないっぽかった。なかなか難しい。おとなしく茹でてたれに漬け込むね…。皮は諦めます。


自前の油でポワレするようなもんか


鴨肉(30分)や豚バラの平切り(10分)や薄切りベーコン(10分)でよくやるな。パリパリに仕上げたベーコンと豚バラは絶品。記事のレシピもそうだけど肉自身の油が少ないと焦げるのが早くて失敗するから脂身は削がないようにするといいかも


薄くオリーブ油をひいて皮側から焼く。裏返したとき油が多いならキッチンペーパーで吸い取れば良い。どうせ安い肉の脂は旨くないのだから。




この記事へのコメント

人気記事