元気だが、生きるのが下手で不幸な日本の子供


 9月3日、国連児童基金(UNICEFUnited Nations Children's Fund)が「子供の幸福度」調査で、日本は、世界の比較的裕福な国々38か国の中で20位、真ん中より少し下の席次に評価されたことが発表されました。

JBpressですべての写真や図表を見る

https://www.unicef-irc.org/publications/1140-worlds-of-influence-understanding-what-shapes-child-well-being-in-rich-countries.html

 嫌な指標ですが、分かりやすい偏差値でいえば45とか48程度のランクです。

 問題は、この結果を「そうか、真ん中ぐらいなのか・・・」と見るべきではないことにあります。

 実は、身体的健康度という観点からは、日本は世界でダントツの1位となりました。健康は優良児なのです。

 ところが同時に、精神的な幸福度、すなわち子供のメンタルな満足度や、自殺率による評価で、日本は38か国中37位。ほぼ最下位で、メンタルは病的な状態に近い。

 またソーシャルスキル、つまり読み書きそろばんなどの能力に加えて、会話し人とやり取りし、自己実現していく能力については27位と、最後尾30%の成績、ほとんど落ちこぼれています。

 それらを合算した結果が20位で、偏差値にすれば約45。その中身をもう少し詳しくみていくと次のようになります。

●Physical health:体だけは健康。しかし、その実態は乳児死亡率が低いとか、欧米先進国でも貧困層にみられる極端な肥満児などが少ないといった理由での1位です。

 つまり日本の食文化などに支えられた成績に過ぎません。

Skills:グローバル社会で生きていくうえでの逞しさは、下位30%で落ちこぼれつつある。

●Mentalwell-being(精神衛生、自殺率など):未来への不安や希望の欠如、精神的な不幸の観点からは先進国で最低最悪の水準にある。

 このような極めて由々しい状態が赤裸々に示されてしまいました。

 総合結果については日本支部から邦文の簡単なまとめが出ています(https://www.unicef.or.jp/jcu-cms/media-contents/2020/09/UNICEF-RC16_JPN.pdf)。

 このUNICEFリポート(https://www.unicef-irc.org/publications/1140-worlds-of-influence-understanding-what-shapes-child-well-being-in-rich-countries.html)のグローバルな狙いと、日本の実情、そこから予測される(最悪の)シナリオなどを、以下検討してみましょう。

お金はあるが、子供をないがしろに

 ユニセフ調査の対象は世界38か国。これは国連加盟国、全世界で196に上りますが、その中のトップ15%に入る豊かな国、裕福な国家を対象として実施されていることに、まず注目する必要があります。

 具体的には、EUならびにOECD(経済協力開発機構)に加盟する国々の、今回の場合は「COVID-19パンデミック直前のデータ」を使って、体系的に調査されたものです。

 つまり、この数字は「ここに戻れたらいいのに・・・」とみんなが切望する「コロナ以前」の時点で、日本は先進38か国の中で最も子供たちが精神的に不幸で、ティーンの自殺率も高い国であった。

 そこにコロナが襲いかかったとして、読むべき結果であることを意識する必要があります。

 調査はデンマークオランダノルウェーなど欧州圏所在の「豊かな北」の諸国が、国富を有効利用して、子供たちの幸せを大切に考えていることを、統計データを通じて示します。

 これは示唆的だと思うのですが、例えばデンマークは前回の「としまえん」閉園(https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/61917)にも記した通り、世界最古の遊園地「デュアハウスバッケン」(https://en.wikipedia.org/wiki/Dyrehavsbakken)や「チボリ」(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%9C%E3%83%AA%E5%85%AC%E5%9C%92)発祥の地です。

 ちょっとばかり少子化しようが高齢化しようが、遊園地を「災害避難公園」名目で売り払ったり、ふたを開けてみれば大半の面積をグローバルメディア資本の「スタジオツアー」が占め、むしろ現状より避難所面積が激減などという、カネの亡者による蹂躙のごとき事態は発生しようがありません。

 今回のユニセフ調査は、世界の社会全体としては豊かなはずの各国が、どの程度その富を子供たち自身の幸せ、精神的な安定や将来への希望、生きていくための力強い能力=スキルskills)に転化させているかを見るものです。

 非常に分かりやすく書いてしまえば、日本は「子供関係の施設も産業も、大人の営利の道具に成り下がって、子供たち自身は世界最低レベルで不幸」という現実を広くグローバルに喧伝するものになっているわけです。

 日本は、お金はそれなりに持っている。でも一部の大人がそれらを囲い込んでいて、国の4割方の若年層は希望を見失って途方に暮れている。

 そんな国に、コロナ直前まで私たちは生活していたことになります。

子供の自殺と不幸感

 具体的にデータを見てみましょう。日本は15~19歳のハイティーン人口10万人あたり7.5人の自殺者が出ています。

 世界に目を向けるとギリシャが1.4人で世界最小、ポルトガルが2.1人、イスラエルが2.4人、以下キプロストルコイタリアが2.4~2.5人と、古典古代以来の地中海世界、自殺を禁じるキリスト教カトリック」圏で低い数字が出ています。

 これに対して先ほど言及したデンマークオランダノルウェーはのきなみ「プロテスタント」ですがデンマークが3.6人と日本の同世代に比べて自殺率は半分以下。オランダが4.8人、ノルウェーが5.1人、いずれも有意に低い。

 7.5人の日本と並んでいるのは7.3人の韓国、チリが8人、米国が8.7人・・・。

 警官による差別暴力事件などであのように揺れる米国に近い自殺率で、日本の若者は生きることに絶望しているのが、残酷な数字によって示されています。

 世界最悪のハイティーン自殺率が出ているのはリトアニアの18.2人で、バルト三国はいずれも高い数値が出ています。

 では、自殺と並んで若年層の精神的不幸感を図る指標である「人生の満足感(high life satisfaction)」の指標で見てみると、ハイティーンが最も生きがいを感じているのはオランダの90%でした。

オランダの90%
メキシコの86%

ルーマニアの85%
フィンランドの84%

クロアチアスイスの82%などが続きます。

 逆に、生きがいを見失ったワースト5を見てみると

マルタ:70%=3割の若者が人生を見失っている
韓国:67%=33%が人生に不満足

英国:64%=36%が生きあぐねている

日本:62%=約4割のハイティーンが、生きていて全く満足感が得られない状況で宙づりにされている。

 世界最低はトルコが53%。ですが、ここで先ほどの「自殺率」を見返していただきたいのです。世界で最も若者が未来を見い出せないトルコが、自殺率の少なさでは先進国トップ5に入っている。

 つまり「ソフトイスラム」の国、トルコでは、先行きが見い出せない不満な人生でも、悲観して自殺しようと思う若者は非常に少ない。

 また自殺率が際立って高いバルト三国の若者の人生への満足度を見てみると、自殺率最悪のリトアニア:82%で、エストニアラトビア:78%。

 軒並みトップテンに入っており「充実した青春」を若者たちが多数存在する半面、自殺率も高いことが分かります。つまり

●意に沿わない状況の中にあっても、そこで折れてしまわず、力強く立ち向かって行こうという活動的なトルコの若者たち

●多くのハイティーンが希望と生きがいに満ちた青春を送るなか、絶望に打ちひしがれて自殺する若者も少なくないダイナミックバルト三国の若者たち

 がある一方

●夢も希望も少ないまま、力なく人生に絶望して自殺者が多い韓国や日本の若者、という、困ったコントラストが際立って見えているわけです。

ドラえもんの土管、三丁目の夕日

 先ほどのハイティーンの人生満足度で、トップオランダですが、続いてメキシコルーマニアクロアチアと途上国や紛争後地域が名を連ねていたのをご記憶でしょうか?

 2018年の統計でメキシコは名目GDP(国内総生産)世界15位で世界3位の日本と比べて4分の1程度、ルーマニアは49位で日本の20分の1以下、クロアチアは77位で日本の1.2%程度の経済規模しかありません。

 しかし、国民一人当たりのGDPに直してみると、日本は約3.9万ドルの世界26位でトップルクセンブルク、約12万ドルと比べると3分の1しかなく、ルーマニアの1.2万ドル、クロアチアの1.5万ドルとの開きもGDP全体の比でなく近接している。

 そして何より、これらの国々には、かつて昭和の日本ではどこでも見られた成長の風景が、少なくともコロナ直前までは存在していた。

 藤子不二雄マンガドラえもんに描かれる空き地と土管、あるいは西岸良平「三丁目の夕日」の描く、昭和30年代高度成長期の日本は、美化されるばかりのノスタルジーの対象ではなく、いまだ社会は貧しく、トイレは汲み取りだったりもしたけれど、子供たちは空き地の三角ベース野球や、缶蹴りのようにジャンクおもちゃにして逞しく遊んでいたし、日々の生活に張り合いも夢もあった。

 半面、当時の自殺統計(https://www.mhlw.go.jp/wp/hakusyo/jisatsu/16/dl/1-01.pdf)を確認してみると、敗戦後の昭和22年から昭和33年まで自殺率はほぼ単調増加して、年間2万5000人に迫ります。

 しかし、池田内閣の打ち出した「所得倍増計画」の時期に急速に減少、年間1.5万人程度で推移します。

 この後、石油ショック以降また漸増し、バブル期に2.5万人を超え、1990年代にはまた2万人まで落ち着きますが、20世紀末アジア通貨危機以降、3万人超えの数字で高止まりしてしまいます。

 2010年代、日本の自殺統計は減少を見せ、年間2.5万人程度、これは人口が違うとはいえ高度成長期での最悪の数字と同じ水準とみることができます。

 明日への希望があり、絶望もあった昭和の日本と、バルト三国やメキシコの現状が、いろいろな面で響き合うのが分かります

ポストトゥルース劇場経済

 2012年以降の日本型MMTModern Monetary Theory現代貨幣理論」)の実践は、端的に言って市場と統計、メディアを操作して演出された劇場経済で、真の成長など全く遂げられていないのは、すでに誰もが認めるところでしょう。

(特定政治家の名を関しても大して意味がありませんので、すでに終わりつつあるアベノミクスといった表記はしないことにします)

 こうした政策の継続は、客観的に述べるなら、未来に残す負の遺産を確実に膨れ上がらせる効果を持ちます。

 これは「MMTでは成長しない」というべきではなく、逆であって、本稿では踏み込みませんが、すでに成長が見込めなくなった飽和社会で、何とか名目上の経済が回転して見えるよう、中央銀行と政府が一体となって演出するのがMMTの目論見です。

 オーソドックスなケインズの見方からすれば反則そのもののシナリオである、こうしたMMTで、日本なりの糊塗状態を損ね切った症例として、ナンチャラミクスの成れの果てがコロナ直前段階で、目の前に広がっていた状況でしょう。

 その間、形だけ買い支えらた資産経済のもと、一貫して真の成長を欠く実体経済の横這い~委縮の中で、夢も希望も描けず、自由な遊び場も失った子供たちが成長していった。

 日本の青少年はエンターテインメントも大人の商圏のターゲットとして蚕食されるに任されて、こんな状態になっている。

 若年層は、生の充溢感を欠き、陰湿ないじめなどは拡大しても、やりたいこと、青い炎で燃える対象を見つけられず、世界宗教の精神的支柱もないので、割と簡単にポキンと折れ、自殺してしまうケースも珍しくない。

 こういうコロナ直前までの日本の状況を、必然のようにして作り出している。

 そこに襲いかかったのがコロナパンデミックであり、学校の閉鎖、人事採用の変質といった、さらなる擾乱の嵐であったわけです。

 私たちはどうすればよいのか?

 問題は根深く、様々な波及効果が懸念されますが、紙幅が尽きましたので、対案は続稿で検討したいと思います。

(つづく)

[もっと知りたい!続けてお読みください →]  としまえん閉園に見るAIの落とし穴

[関連記事]

コロナ禍でも伸びる子、伸びない子

熱中症+コロナ予防へ「窓開け冷房」の薦め

どうすれば日本の子供に幸福感を抱かせることができるのか


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

政府・省庁は国民蔑ろ、企業は社員蔑ろ。これでは子供蔑ろにするよ。だからどうしろとJBpress。日本理歴史上、政府が国民の事を考えてきたのか。そして親たちは子供の事考えてきたのか。


ただただ日本を貶めたいだけのJBPRESS。読み書きそろばんとコミュ力を一緒くたにしてる時点でお察し。


少子化の中でかろうじて「低学歴の子沢山」が統計的に認められている日本社会。公教育に金かけないから経済成長できないとか、生まれた子が長じて後不幸になるとかならともかく、子供の頃から不幸だったんですね~不思議ですね。そんなに外遊びが必要なんでしょうか。


その点JBpressの社員は、反日記事を上げてれば金が貰えるから楽で良いな。


制服の廃止を国連にまで訴えるような子供がいるくらいだしなw まぁ、不幸をを焚き付ける大人が背後にいるからなんだけどね。


与えられた条件の中で、本当に欲しいモノを掴み取ればいい。親や環境の所為にして腐ってたら自分が可哀想だ。見せかけだけの罠には注意しないといけない。狡い大人の餌食にされない様にな。誰かを羨むのじゃ無く、本当の自分の満足を見つけ出さないとな。現代人は長生きだから、人生に主題が無いと騙されて散財する事になる。知識は、*まで自分のモノ。親がブレたら元も子も無いがな。


メキシコ86%にはもはや文明の性格とかそのへんが影響してる感じwこのへんの統計ではヨーロッパでは「私の人生は貴方より複雑に出来ている」フランスは、絶対上位にこないしw


タイトルみると今の子供は生きるの下手って読み取れるけど、子供じゃなくて大人や周りの環境の方に原因があると思う。生きにくい世の中にしたのは大人だよ。


日本でなら当たり前に享受できる幸せはあるがそれはあって当たり前なものであるから幸せじゃないと言う贅沢案件


どうせ伊東乾の記事だろ?幸福感なんて各国違うのに同じスケールの幸福度で測れるの?


日本に集らないと生きられない韓国、強請らないと生きられない独裁主義の中国に同じ事言えんの?


今時、子供だけ外遊びさせてたら放置子だと思われて虐待疑われますよ。昭和時代を引き合いに出しても何の参考にもなりません。子供の幸福は安全な食べ物と飲み物。勉強したり、好きなスポーツをしたり。手伝ってくれる親の元に生まれないと不幸だとは思う。貧富の差だけじゃ無く、親の意識だろうな。親が変な欲望や僻みを持っていない安定した人なら。不幸じゃないだろ。後は自分で掴む。




この記事へのコメント

人気記事