老後に不安を感じる人は8割超、過半数は「老後対策をしていない」 理由は「費用がかかるから」


老後に不安

老後に不安

セコムは9月8日老後の不安に関する意識調査の結果を発表した。調査は6月にネット上で実施し、20歳以上の男女500人から回答を得た。

「老後に不安を感じる」と回答した人は83.8%。性年代別にみると、「50代女性」(90.0%)が最多で、次いで「40代女性」(88.0%)、「30代女性」「50代男性」「60代以上男性」(各86.0%)などが上位に続いた。「20代男性」「40代男性」を除いたすべての性年代で8割以上が不安に感じていた。

老後に備えてしている対策、1位は「貯蓄」

不安に感じる理由を聞くと、1位は前年と同じく「病気やケガなどの健康不安」(77.1%)で微増した。以降は「経済的な負担に関する不安」(71.6%)、「介護に関する不安」(48.4%)などが続いた。

「老後に備えた対策をしている」と答えた人に内容を聞くと、1位は「貯蓄する」(61.5%)で、前年(54.2%)から大幅に増えていた。同社は「経済的な不安に対する意識の高さが見て取れます」とコメントしている。

2位以降は「食べ物に気をつける(栄養バランスを考える)、健康食品を利用する等」(56.0%)、「身体を鍛える(スポーツジムに通う等)」(47.4%)などと続く。

一方で「老後に備えた対策をしていない」と回答した人は53.2%。対策しない理由のうち、最多は「具体的にどのような対策をすればよいかわからないから」(57.1%)で、以降に「費用がかかるから」(23.7%)、「老後、社会情勢がどうなっているかわからないから」(18.8%)、「対策してもどれだけ効果があるか疑問に思っているから」(18.4%)などが続いた。

「家族・配偶者の認知症に対して不安を感じる」と回答した人は56.0%。自分(48.2%)よりも家族を心配していることが分かった。認知症になった場合は、自分、家族ともに半数以上が「病院に通い、認知症の進行を遅らせる」と答えている。

老後に不安を感じる人は8割超、過半数は「老後対策をしていない」 理由は「費用がかかるから」


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

真剣に生きて、真剣に倹約して、真剣に財産作って、それで老後財産足りないようならもう自分に出来ることは何もないんだから心配してもしゃあないわ。匹夫がお骨になるだけで、その運命は変えようがないんだから。政府に老後の生活を約束してもらっても、この国の経済規模と分配システムじゃ全員が健やかに生きるのは無理だってわかり切ってるから気休めにもならん。


せめて後悔しないように、適度に遊びながら若いうちから丁寧に人生設計するしかないね。年取ってから一番恨めしい相手が若いころの自分だっていうのが最悪のシナリオだから。自分の不幸を他人のせいに出来るうちはまだ幸せなんだ。明らかに自分の日頃の行いのせいで不幸になったという実績が出来てしまうと、もう老後は自尊心を保てずに無様に過ごすことになる。


全身がバランスよくゆっくりと老化が進むように日々の努力を重ねることはだれでもできるよ。生活習慣病を呼ぼこむ愚は犯すな。


こういう話で、二言目には投資投資とさも当然の如く彼らの退職金などを狙うゴミたちにはうんざりする。


日本では数十秒に一人亡くなってるけど、次が自分じゃない保証はない。


家族に迷惑がかかるうちは使えない手段だけど、そうではなくなったら適当に通り魔でもやって官営別荘暮らしが一番現実的なんだよなぁなによりも国が年金削りまくったりして率先してそういう社会をつくってるんだから


>明らかに自分の日頃の行いのせいで不幸になったという実績が出来てしまうと、 明らかにその実績があるのに目を背けるプロが日本には有権者の半分以上居るんで……。




この記事へのコメント

人気記事