「退職願が受理されない」29歳が職場に内容証明で郵送した結果


 会社をやめようと思う理由は人それぞれ。しかし、厄介なのは会社が退職の申し出になかなか応じてくれず、いたずらに期間を引き延ばされたり、退職届の受け取り自体を拒否されたりするケースです。

退職届
※写真はイメージです(以下、同じ)
 実際にこうしたトラブルは多いようで、田廣健治さん(仮名・29歳)もそのひとり。前職の通信設備会社では上司が退職を認めてくれず、当初予定していた時期よりもやめるのが半年ほど長引いてしまったといいます。

激務に耐え兼ねて退職を決意するも

「会社としての業績は悪くなかったのですが、慢性的な人材不足という問題を抱えていました。私は取引先との工事の調整などを担当していましたが、月数十時間の残業なしでは成り立たないほどの明らかオーバーワーク。微熱や下痢などの体調不良が続いたり、このままでは身体かメンタルのどっちかを間違いなく壊すと思っていました。人が増える気配もないし、仕事も増える一方。それで会社をやめようと決断したんです」

 しかし、これが長い道のりの始まりだったとは本人も知るよしもありませんでした

「上司であるチーフマネージャーに少し時間をもらい、そこで退職願を出して来月いっぱいでやめさせてほしいと伝えたんです。ところが、上司は退職願を受け取ろうとはせず、『気持ちはわかったが、思い留まってもらえないだろうか。仕事は負担が軽減できるように調整してみるから』と慰留を説得されました。それで私もこのときは上司を信じて引き下がり、しばらく様子を見ることにしたんです」

慰留されて一旦残ってみたが…

倍返し

 ですが、仕事量を減らしてくれるなどの配慮は一切してくれず、何事もなかったかのように気がつけば4か月が過ぎていました。

「上司は『会社に人を増やしてもらうように頼んでいるが、もう少し時間がかかる』って。けど、それはあくまで会社の事情であって、私が配慮するようなことじゃないですよね。それ以前に上司への不信感もあったので、今度は退職願をきちんと受け取ってもらいました」

 このときは退職がきちんと受理されたと思ったそうですが、実はそうではなかったのです。

「退職願」を預かった上司の言い分

「その後、2週間経っても引き継ぎの話なども何も出なかったため、上司に確認すると『あくまで俺が個人的に預かっただけ。しかも、お前が出したのは退職“願”と希望を伝えただけ、明確な退職の意思表示をしたわけじゃない』と言ってきたんです。政治家の答弁のような言い訳がましい内容で呆れましたが、普通の方法では退職もままならないと悟りました」

 このあからさまに部下の退職を拒否しようとする態度は、逆に田廣さんの闘志に火をつけることに。

 ネットで調べると自身と似たようなケースが数多く紹介されていました。その場合の対応方法などもいろいろなサイトで説明しており、「それを参考にやってみた」と当時を振り返ります。

退職願ではなく退職届を提出する

怒り

「もう上司に話をするだけ無駄だと思ったので、会社の人事宛に内容証明郵便で送りました。もちろん、今度は退職願ではなく退職届です。さすがに退職届を内容証明で送る社員なんて滅多にいないでしょうから人事の担当者に呼び出され、説明を求められましたのでそこで一部始終をぶちまけてやりました。結果、退職届は会社が受理し、翌々月の月末でやめることが正式に決まりました

 ちなみに田廣さんの上司は、自身の行為が部下への慰留工作としては明らかに行きすぎで、やり方にも問題があったと会社から厳重注意。そのことで本人から嫌味も言われたそうですが、「文句を言われる筋合いはありません」とスルー

 引き継ぎなどを済ませた後は、たまっていた有給休暇を消化して退職の日を迎えます。

退職の自由は保障されている

法律 政治

「送別会は上司に絡まれるのが目に見えていましたし、みなさん忙しくてそれどころじゃない雰囲気でしたのでこちらから辞退しました。内容証明で退職届って最初はビビりながら送りましたが、あそこまで効果絶大ならもっと早いうちにやっておけばよかったですよ

 なお民法第627条によると、雇用期間の定めがない労働者は、いつでも解約(退職)の申入れをすることができ、申入れから2週間たつと退職が成立します。

 これは要するに、社員には退職の自由が保障されているということ。やめたくても会社がやめさせてくれない人は、彼のように内容証明で退職届を会社に送ってみるのもいいかもしれませんね。

<取材・文/トシタカマサ イラスト/田山佳澄>

【トシタカマサ】

ビジネスや旅行、サブカルなど幅広いジャンルを扱うフリーライター。リサーチャーとしても活動しており、大好物は一般男女のスカッと話やトンデモエピソード。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

激務による体調不良に対する労災は下りないのだろうか?


労災は体か心がぶっ壊れるまで下りない


>>翌々月の月末でやめることが正式に決まりました この時点でおかしいんだけどな。あと引き継ぎなんてのも法で決まってる訳でも義務でもないんだからここまでこじれたら全部ぶん投げてやめても何も問題無いぞwww


法律に則って辞める2週間前に退職届だして後は粛々とその日まで業務こなして終わろうね。同業他社に就職と*るなら体裁として会社に対しての最低限の気遣いで1か月前に出そう。


そんなのを管理職に置いてる会社にどのみち未来は無いぞ


>お前が出したのは退職“願”と希望を伝えただけ  ←こんな屁理屈こねる会社なのにちゃんと辞めたのはむしろ礼儀正しいとすら言えるなw 激務で体壊したとか言ってブッチしてもバチは当たらなそうだがw


2週間先を指定した退職届⇒2週間の有給(残ってれば)申請で終了。


会社及び上司に引き留める権利は無いから、そのまま退職手続き進めておけば良いんだけどね。上司が会社に被害を与えるだけだし。


退職願いなるものを初めて聞いた気がするが、退職願いと退職届では失業保険に差が出るのだろうか?


*職場ってのはいつまで経ってもなくならんな、社名世の中に全力で晒せ


冷静かつ正しく、厳然たる対応だ。こういう方が出てくれるお陰で、今後の退職が少しは楽になるだろう。会社側の対応は何も変わらなくても、この手本はネット検索で出るのだから。


>>翌々月の月末でやめることが正式に決まりました この時点でおかしいんだけどな。 ←いきなり辞める宣言をして会社との繋がりを全部切ると、退職金の手配が云々で最悪貰えなくなる。うちの業務規程はその関係で最低一か月前には言えとある。あと有休が一か月分以上溜まっていたことも考えられる。


追い詰められてブチ切れて強硬手段まで取ったのに翌々月末まで残ってあげる社畜の鑑


よし、やめっか!(過労死ライン越え継続中に案件外の社内業務を追加中)


上司の言い訳は阿呆だが退職の意思が固まってるなら退職届が正解なのは正論


退職願いはこうなるから円満に出れなければこの形で届をぶち込むのが良いね。きちんと責任果たして素晴らしい


あと >翌々月の月末でやめることが正式に決まりました とあるけど、これどうせ辞める人間なんだし、ほぼ仕事せずに定時退社しても良いからボーナスタイムだぞ。有給を突っ込んだら(40日たまってるなら)約2か月は遊べるしな。


この上司の対応は問題ありまくりだから、今回の行動はいいと思う。  ただ、月の残業が数十時間程度で限界ってのは、低すぎないか?  2~3時間程度の残業なんて、よくあると思うけどな。


就職氷河期頃設立の会社は人材を使いつぶすこの手の*が多い。残業代を出さないで残業や休日出勤を強要してさらに辞めさせてくれない会社もある。そんなの出勤しなきゃいいと言う人もいるが大量の仕事を押し付けられると何とかしなきゃいけないと無理してでも働く人は多い。行政がちゃんと取り締まるべきだが政治家の先生にもこういった企業の経営者がいるので及び腰なのが現実。


退職願と退職届の違いも知らない方がアホ。他人は親じゃないぞ。


>どっかん 36協定どうなってんの?法に触れないギリギリ攻めてますってか?


上司の管理能力低すぎない?


まあこんな管理職を置いている会社ならさっさと辞めるのが正解。


意外とすんなり辞められたな。ここから更にゴネが続くと思ってたのに


法律的には2週間前だったかな。このケースでは当事者は何の問題もないと思うけど。


カバチタレの1話だな


>TotO  通信設備会社じゃ建設業だし36協定の適用除外だろう電気工事の施工管理してるが繁忙期だと1か月以上休みないし一日18時間労働とかザラにある


これ多分、上司は上層部に人員増員要請すら行ってなかったんじゃなかろうか


なんで退職届出さないんですか?ってなる


今やめたら訴えるぞ!が入ってないやん!


翌々月の月末に突っ込みいれてる奴もいるが、最短で2週間でやめることが可能なだけで有給や社保の手続き考えりゃそんなもんだよ、転職先が決まってればいいが決まってなければ社保の任意継続まで視野に入れとかないと地獄見るし


こういうの見てて思うんだが会社はよく辞めたがってる社員を待遇変えないまま留めてるもんだ。ヤケを起こして機密の流出が起こったり会社の評判を下げる事件を起こしてもおかしくないのに。


電話で辞めますっつって明日から行かなきゃいいだけだろ。なぜ行くのか?完全に会社に精神を支配されてるというか肉体を遠隔操作されてるね。


翌々月の月末はあくまで日付上だろう。体壊すぐらいの激務なら有休も1か月分ぐらいたまってるだろうから出社は実質翌月末までだっただろう。というか退職する人はそういう人ばかりだぞ。それを知らないのはニートか自営業かお子様か。


退職代行サービスなんてものが存在する理由


退職届は2週間前でいいし有給がたまってるならその分使ってもいいし会社で何日以上の欠勤で~解雇みたいな記述があるならその分隙間開けて有給つかって未払いがあれば会社都合としてやめてその後請求すればよいぞ


喝だコリャ!>正式な手続きを踏んで会社からごちゃごちゃ言われる隙を作らないのは大事だと思う。後々困るよ。


上司が退職受理を拒否した段階で人事にぶちまけてればもっと早く話は済んだのかなあとも思う。


いかなる理由があろうと退職は保証されているから受理しないってのは無視していいぞ。届けだして2週間後に業務そのまま離席したまま帰っても文句言われる筋合いないで。むこうは警察にも弁護士にも相手にされんから安心してブッパしてええで。


36協定なんぞ形式だけよ、順守するわけがない


労基署行ってみろ。


普通は退職の手続きを調べる途中で退職願と退職届の違いに気付くと思うんだが。。。いい加減な仕事してるから逆にカモにされてんだよ。


社畜自慢する気もないが「月数十時間の残業」って割と普通では? もちろん、体調不良とか出てるなら(出てなくても)、辞めるのは自由だが


俺は辞めるっていってから半年働いたけど、引継ぎの人がきたら逃げるように辞めてやったぜ。ちなみに労働基準監督署は適用されねぇんだとか意味の分からんことをいう会社だったのでしかたないよな!




この記事へのコメント

人気記事