「アルバイトにも賞与」最高裁で弁論へ、原告女性「支給日に非正規も笑える社会に」…大阪医科薬科大事件


アルバイトにも賞与ーー。高裁で初めての判断が出た大阪医科大(現・学校法人大阪医科薬科大)事件の上告審で、9月15日最高裁で弁論が開かれる。原告となった元アルバイト職員の女性も意見陳述に臨む。

9月にはこの事件も含めて、正規雇用と非正規雇用との間に不合理な格差を設けることを禁じた「旧労働契約法20条」をめぐる五事件で最高裁の弁論がある。

女性側は、賞与こそが正規と非正規の大きな格差を生み出しているなどとして、同大でアルバイトに賞与が支給されないことを労契法20条違反とした高裁の判断を維持するよう求めている。

賞与ゼロで大きな年収格差

女性は2013年1月に同大に秘書として採用された。正職員と同じフルタイムだが、時給制のアルバイトだった。

ただ、隣の研究室の正職員が教授ら6人を担当していたのに対し、女性の担当は15人からスタート。最後は30人になったという。

しかし、年収は正職員の秘書の3分の1ほど。事務系の新卒正職員と比べても、基本給は8割程度だったが、賞与がない分、年収では倍近くの差がついた。

女性は増員を要請したが、達成されることはなく、そのうちに適応障害で休職することに。しかし、ここでもアルバイトだったため、正職員らはもらえる病気欠勤にともなう賃金が支給されなかった。

納得できない女性は「嫌な思いをするだけ」と言う家族の反対もある中、裁判を起こした。しかし、一審は完全敗訴。「やっぱり裁判なんて大それたことをしなければよかった」と後悔したこともあったという。

しかし、高裁では、基本給についての格差は合法(のちに確定)とされたものの、賞与など一部で逆転の判断が出た。

高裁では賞与の性質がポイント

今回、最高裁で争われているのは、(1)賞与、(2)病気休職中の給与、の2点だ。

まず賞与について、同大では査定に関係なく、正職員に対しては年間約4.6カ月分、契約職員には正職員の支給率の80%を支給していた。

大学側は、正職員に賞与を出すことについて、業績貢献にともなう賃金の後払い的な性格があることや、長く働いてもらうためであるなどとする。

一方、高裁は、賞与が年齢や在職年数と連動していないことや、長期雇用を必ずしも前提とせず、業務内容にも制限がある契約職員にも80%が払われていることに着目した。

判決では、同大の賞与には、「在籍し、就労していたことそれ自体に対する対価」としての性質があるとして、アルバイトに賞与を出さないのは違法と判断。そのうえで、功労の度合いも加味し、アルバイトには、正職員の支給基準の60%は必要とした。

また、病気休職中の給与等についても、大学側が長く働いてもらうためなどと主張したのに対し、高裁はアルバイトでも契約更新の可能性はあるなどとして、一部ではあるが支給を認めた。

「非正規労働者も賞与支給日に笑える社会に」

今回、この事件では特に賞与の点が注目されている。

「同一労働同一賃金」で同じく最高裁で争われている「日本郵便事件」や「メトロコマース事件」では、賞与の金額(正規雇用との格差)部分について上告が受理されず、格差を合法とした高裁判決が確定している。一方、今回は賞与ゼロというケースだ。

同種裁判の弁論が集まっていることから、事例判断にとどまらず、賞与について最高裁が何らかの基準を示す可能性が高いと考えられる。

女性は「賞与支給日に下を向いていた非正規労働者も一緒に笑いあえる社会であってほしい」としている。

「アルバイトにも賞与」最高裁で弁論へ、原告女性「支給日に非正規も笑える社会に」…大阪医科薬科大事件


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ばかだなぁ・・・アルバイトの採用基準が跳ね上がる結果になるだけだぞ。


基準は上がらない。ただ、半年毎に一度切ってから再度雇うだけ。


個人事業主にも賞与をとか言い出す人が現れそうだ。


底なしの*だな。責任の有無とかも入っているって知らないのか。さらに言えば正規でよければいい話だろ


給与が少ないのに比例して責任も少ないのが非正規だと思う。これで非正規なのに正社員並みの責任負わされてるなら別だけど。


正職員もボーナス無しにすれば平等だな


本人が非正規希望じゃないのが問題なんだろ


正社員と同等の報酬を受け取れるとなれば、同等の責任や結果も求められるようになるんだけど、それを望むフリーターはどれだけいるんだろ?


非正規雇用を止めさせて正規雇用にすれば済む話だ、本来なら非正規雇用など学生アルバイトや主婦パートだけで良いものを、専業の職員まで非正規雇用にして労働条件を悪化させている、内需が拡大しない訳だ


こんなん裁判で勝っても職場で針の筵に座るような思いするだけだしあまり割に合わないと思うけど、よくやるよなぁ・・・


本来は非正規職員という制度を国が認めたのが誤りなのだが、いまさら全員解雇し再雇用することは不可能。正規職員からしても、転勤・職位職務変更・査定による資格給与の変更・自己啓発による能力の向上、等の義務を負わない非正規と同じ報酬は受け入れがたい。


無能が職を失い死に、有能が仕事が増えて*。


1990年代はアルバイトやパートにも賞与があったからフリーターや兼業主婦も笑顔で仕事してたもんだが、今は正規非正規関係なくみんな*だ魚の目だからなぁ。かと言って賞与を与えたところでそれが新鮮な魚の目に戻るのか?と聞かれればそれは無いと断言できる。もう金の問題だけじゃなくなって来てるんだよ


勘違いされてる方多いようですが、現在は「非正規職員」ではなく「準社員」若しくは「契約社員」が正しいです。それでも「非正規職員」が無くならないのは「日雇い労働者・日雇い派遣(現在ではバイトル?)」等の短期の仕事で金が欲しい・堅い仕事に就きたくない・良い生活はしたいでも仕事に拘束されたくない。等の人間が一定数実在するからです(本当)


非正規は辞職しやすいというメリットがある以上、仕方ないことでは?あと、非正規と正規で業務の責任範囲が同じでも違和感はありません。非正規の方が業務範囲が広ければ当然責任範囲も大きいです。賃金と責任範囲は独立して考えるべきでは


こんな裁判やってる時間があればその分働いた方がよっぽど金になると思うが…目的が待遇改善というよりも足を引っ張ることに主観を置いているような印象を受ける


例えばルーチン以外でトラブルがあった時もアルバイトだけで対応するって事?技術的に対応できても、正規に委ねる事だってあるでしょ。賞与はそう言うのも含めての対価。同一賃金を求めるなら、そういう事もアルバイトにも責任を負って貰う事になる。それをアルバイトに落とし込むなんて現実的に無理。アルバイトと正規職員の労働は、本当の意味で"同一"にはなりえない。


「支給日に非正規も笑える社会に」と言ってもお偉いさんには鼻で笑われるだけなんだよな、現状を変えるんなら一足飛びに訴えるんじゃなくて職場で自分→会社→非正規への啓発と地道にやらないといけない。


正規か非正規かなんてお店に来るお客様には関係ない、正社員と同じです、って言うなら、みんな正規にすれば良いんじゃねって話?


おもしろい事例だよね。国家や経団連は明らかに日本人を安く使い潰そうとしている。派遣やアルバイトの拡大もその流れのひとつなのは間違いない。そのアルバイトに最高裁がボーナスの支給を認めとしたら、これはとてもおもしろいことになる。ぜひとも勝訴を勝ち取って、強欲な資本家共にダメージを与えてやってほしい。


私がバイトしてた20年前の大学生の頃でも、賞与くらいあったよ。せいぜい10万くらいだけど。今の企業ってそんなにケチなのね~。


時給のアルバイトに30人担当させるってありうるの


あらゆる労働の条件を見直すのは良いこと。でも、本件は一コメが全てな気がする。アルバイト採用が難しくなって誰も彼もが苦労しそう。ただでさえ複雑な日本の労働法のせいで、労働流動性が低下して全てのメリットを打ち消しそう。


その条件で応募したのだから出ないのは分かってただろ。パートの管理してた人間からすると、非正規にしか収まれない人間の受け皿が無くなるか期間が絞られるだけって印象しか受けない。


正社員が6人担当で、アルバイトは最初から15人担当でその後30人になるってのはひどいな。


正社員は正社員なりに努力と苦労と修練の歴史がある。今の待遇はお前さんの人生の評価そのものなんだよ。


あ、ちなみに僕は無職です。


正社員と同じ以上の仕事して賞与もらえないのはな、人件費ケチろうとした会社のツケだろうが。あと、非正規と正社員は雇用形態の差しかないから、辞めやすい辞めにくいに差はないぞ。法的に退職届で雇用契約は自由に打ち切れる。


正社員は責任を取る?いやいざとなったら辞めるだけだぞwトンズラするバイトと変わらんw


???「正社員の賞与をなくせば格差はなくなりますね^^」


比較対象が少なくて6人と30人でどっちがどうなのかわからん。差が多過ぎてそもそも比較の内容が間違ってるんじゃないかと。


固定でボーナスが年2回なり決まっている会社の場合、正社員は役職に応じて賞与と固定給の割合等が決められ、『会社がピンチだとボーナスが減って収入が下がる』というデメリットがあります。一方で時給であるアルバイトは会社がピンチでも切られない限り収入は変わりません。どちらかの働き方も一長一短です。都合のいい部分だけ見て主張するならば、首を絞める結果になるでしょう。


バイトなり派遣なりの口癖は「正社員と同じ仕事をしている」ですが、実際にそれを証明した人間を自分は見たことがありません。ネットで主張してお仲間でそうだそうだとやっているうちは何も変わらないでしょうね。


バイトとか日雇いの待遇を上げようとすればするほど、そういう仕事しか無い自分達の首を締めてることに気づいた方がいい


正直最高裁まで行ったことが驚きです。非正規社員の身勝手ではないでしょうか。訴える時間で自己研鑽やスキルアップに励むのが道理ではないでしょうか。正社員の方より働いていると思っていらっしゃるようですが、実際にはどうか会社に問い合わせるべきです。権利を主張する前に、勤労の義務を果たす必要があります


これで賞与基準に満たないバイトを怠慢を理由に首切れるな(ニッコリ)


お隣でもバイトの最低賃金上げたら失業率ハネ上がったりしてたろ。その辺ちゃんと考えてやってんのかな・・・。


正規がサボって非正規仕事全部丸投げしてるのは見た事あるよ。郵便局っていうところなんだけどね


正規非正規問わず、権利の主張はドンドンしたほうが良いよ…労働者が側弱すぎる、ご存じの通り弱者には自殺に追い込むぐらいの扱いをするのが日本の社会だからね。子供はいじめ*れ、大人になってはパワハラセクハラで鬱になり自殺、生き残っても歳とったら虐待される、そんな事がザラに起きる社会。強者の横暴を見て見ぬふりしたつけはいずれ回ってきますよ。


仕事の内容と責任にも違いがあるし、そもそも賃金安く済ませるためのバイトだから同じような待遇必要ならそもそもバイト雇う意味ないしな。賞与が出ないのはバイト始める前に確認したら分かることだろうし、後出しで訴えるのはどうかと思うがね。


真面目にやっていて信頼と(雇用側の)配慮があれば賞与がある事もあります(最近は全体的に不景気・内部留保優先等で行われない…悲しいなぁ)


値段なりの仕事すればいいだけでは?値段に合わなければ断ればよい。人に雇ってもらっているのに、これだけ頑張ったから○○円はください!は無しでしょう。


正規と非正規の責任や仕事ぶりの差は賞与の金額で表せばいい。非正規が0円固定というのは説明がつかない。というだけおの話じゃないか?


後非正規の方が退職しやすいという意見があるがこれは間違い。正規社員は14日間開ければいつでも退職できるが、非正規は雇用期間が決まっているのでその途中で退職する自由はない。


アルバイトという名前が消えて、別の何かになるだけ


非正規制度無くしてしまえ 派遣も全部無くせ・・・まぁもう無理なんだろうなグレートリセット(笑)でもして経済崩壊させて0からのスタートでもしないと


こういう場面で女を使うってのが察しちゃうんだよなあ


担当人数だけが仕事の量じゃないと思うけど。判断迷った時は責任負えないからと社員に委ねるんでしょ。そういう責任はなしで賞与といった社員と同等の待遇を求めるのは違和感。バイトだからと適応障害の労災下りなくて訴えるなら分からなくもないけど。


勤労の義務とか言っているの頭正気か?勤労の義務は国に対してのことであって元々資本家の不労所得に対するものだぞ。何様のつもりだよ。こういうのを見るとアファーマティヴな行動は必要だから会社の雇用の内情はガンガン暴露していいと思う。ろくでもない会社は潰したほうがいい。じゃないと「勤労の義務ガー」とか言ってる奴隷商人を増やすことになる。竹中みたいな鬼畜はもういらん。


これは短期のアルバイトしかなくなりますね


賞与前にクビ。新しくバイト雇うサイクルですね。


いや、雇用条件に納得して応募したんじゃないの?? とはいえ、教師の臨時採用枠みたいなのは救ってほしいなとは思う。教職に就きたい、という希望を悪用した奴隷制みたいなのが多すぎるこの国は。


ここの勤務形態は知らんが正社員と比べて非正規はどのくらい簡単なんだ? 責任も勤務状況もほぼ一緒というのなら賞与が貰えないのは可笑しいと主張するのも分かるが。


もう、みんな生活保護になっちまえ!! 


仕事と責任の量はどうだったの?


同一労働同一賃金で考えるなら正社員と同じフルタイム労働で賞与なしというのはどうなんでしょうかね。というか何で秘書を契約社員でなくアルバイトで雇うのかが疑問なんだけど。




この記事へのコメント

人気記事