飛行機内の「マスク拒否」でトラブル続出 降機の理由「安全阻害行為」とは?


ピーチ・アビエーションの便でマスクの着用を拒否し大声で騒いだ乗客が臨時着陸して降ろされるトラブル9月7日に発生したばかりだが、今度は別の航空会社で離陸前に降ろされるトラブルが発生した。

報道によると、トラブル9月12日北海道の奥尻空港から函館空港に向かう北海道エアシステム(HAC)の機内で発生。離陸前、マスクをしていない男性に対し、客室乗務員が着用を求めたところ、出発を促す言動を繰り返すなど応じなかった。理由の問いかけにも回答がなかったという。

このため、機長は、航空法上の「安全阻害行為」に当たると判断し、男性に降りるよう命じた。男性は降機に応じたが、出発は約30分遅れたという。

7日のトラブルでも安全阻害行為を理由に飛行機を降ろされているが、「安全阻害行為」とはどのようなものなのか。

「安全阻害行為等」については機長が判断

航空法は、以下の行為を「安全阻害行為等」と定義している(73条の3)。

(1)航空機の安全を害する行為
(2)航空機内にいる他人の身体・財産に危害を及ぼす行為
(3)航空機内の秩序を乱す行為
(4)航空機内の規律に違反する行為

その上で、機長は、機内で安全阻害行為等をし、又はしようとしていると信ずるに足りる相当な理由がある場合、必要な限度で、拘束などの措置をとったり、降機させたりできるとされている(73条の4第1項)。

つまり、安全阻害行為等が実際に行われている場合のほか、行われる可能性が高いという段階でも、相当な理由があれば、機長の判断で未然に防ぐために一定の措置をとれるということだ。

マスク着用拒否だけが理由ではない

9月に続けて発生した両トラブルとも、コロナ禍との関係で、マスクの着用拒否が注目を集めているが、拒否したこと自体がただちに「安全阻害行為等」に該当するわけではない。

2020年5月に策定された「航空分野における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」では、機内の座席での対策について、「旅客に会話をなるべく控えることを呼びかけるとともに、マスクの着用を要請すること(幼児及び着用が難しい理由のある旅客を除く)」と定めている。

マスク着用はあくまで要請であり、義務ではない。実際に、7日のピーチ便では、男性はマスクを着けないまま、他の乗客が別の席に移動する形で対応して離陸している。

マスク着用拒否自体がただちに「安全阻害行為等」に当たると判断したわけではないことを示しているといえるだろう。

ピーチ便では「侮辱罪だ」「やれるものならやってみろ」などの威嚇的な言動があったとされており、これらの言動なども含め、機長が「安全阻害行為等」に当たると判断し、臨時着陸して降機を命じたとみられる。

HAC便のトラブルについては、報道によれば、客室乗務員などとのやり取りから安全が確認できなかったとされており、最終的にはピーチ便と同じような判断がされたものとみられる。

すべては安全な航行のために

なお、機長は、「安全阻害行為等」のうち、以下(1)〜(8)の行為をした者に対して、禁止命令を出せる(航空法73条の4第5項、同法施行規則164条の16・17)。命令に違反した場合、50万円以下の罰金の対象になる(同法150条5号の4)。

(1)正当な理由なく乗降口の扉などを操作
(2)トイレ内での喫煙(電子たばこや加熱式たばこ等を含む)
(3)乗務員の業務妨害
(4)携帯電話などの電子機器の使用
(5)座席ベルトの未装着
(6)離陸時に座席の背やテーブルなどを元に戻さないこと
(7)脱出の妨げとなる場所への手荷物放置
(8)正当な理由なく非常用機器を使用

電子たばこや加熱式たばこ等の喫煙禁止は、2020年7月1日ガイドライン改正であらためて明確化された点だ。

機長には機内における強い権限があるが、これらはすべて安全な航行に全責任を負っているがゆえに認められているものだ。

旅客機航空事故は、ひとたび発生すると大勢の死傷者が出るなど悲劇的な事態となり得る。利用者一人一人が「安全阻害行為等」と判断されるようなことをしないよう、心がけておくべきだろう。

飛行機内の「マスク拒否」でトラブル続出 降機の理由「安全阻害行為」とは?


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

マスク拒否を認めたら今度は隣でゲホゲホやられた別の客が不満に思って、とか際限なく拡大するだろ、これまでの例はどれも門前払いじゃなくて旅客機内でのマスク提供や空き席への案内を伴っていたのにそれでもゴネてる例ばかり、事前調整可能なガイドラインを無断で乗り越える危険な人間を客と一緒に運べる訳がない


なぜか料金を支払っている自分は何を言ってもいい、やってもいいと勘違いしている人が多いんだよ。要するに自分しか見えてない。


ピーチみたいに小型機のみなんてダメな会社だよ。コロナの今は半分の客しか載せれないから簡単にダブルブッキングになりやすい。飛行機移動辞めればいいのだよ。日本国内は列車移動と自動車移動で十分だ。航空会社ほどわがままな会社無いよ。


応酬なんて環境対策・自然保護で航空機移動から鉄道移動に切り替え始めている


そんなにマスクが嫌なら、どこか山奥にネット回線でも引いて、マスクせずに一人で生きて行けばいいんじゃない?今この時にマスクに文句言う様な人達は、人間社会の中で生きていくのに向いてないでしょ。


拒否案件の2件とも中高年の自尊心が高そうな男性だが、他人も利用する交通機関を利用するなら規約くらい守れないのだろうか?


些細な事すら受け入れずに反抗する脳味噌の持ち主って、マジで安全に関わる様な事さえ従わない可能性が高いからな、残当。


一般庶民なんて、飛行機=747しかないと思っている。定員が200人・100人の物もあるの知らない。マスゴミ達も飛行機の種類と定員を発表しない。北海道の飛行機なんてバスより狭いのに。


コロナの件で逆張りする奴いるよね。もういいだろとか、マスクなんて…とか言う奴。公共の場で大っぴらにそういう事言ってみれば?と言いたくなる。


ピーチで降ろされたやつ運行に障害出たから航空会社から損害金1000万賠償請求されたんじゃなかったっけあと先考えずに自分本意にはいいおきゅうねhttps://www.google.co.jp/amp/s/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/18884953/


航空機に限った話でなく責任者の指示には従えってだけの事ね。聞かれてもだんまり、要請しても拒否じゃこいつ危ないって思われても仕方ない


仮にノーマスクの人がコロナだった場合機内にまき散らすことになるわけだから航空会社にも利用客にも迷惑がかかるってことを分かるべきだと思うそんなにマスクがイヤなら自分の足で移動すればいい


弁護士ドットコムのマトモな記事は希少だな


マスク真理教ではないけど、そこのルールに従えないならマスク着用を求める施設や乗り物を利用しなきゃいいだけだろ。


利用規約に同意したという自覚無さすぎ。


少なくとも飛行機の中では機長が神様でCAは神の使い。逆らう者は飛行機に乗るな。


飛行機っていう空中にある密室っていう特殊な状況下で地上と同じ扱いを受けれると思ってたのが大間違いだもんなあ。


不思議な事に「コックピットに詰め寄っている」事とか 極めて少数の所しか出さないのですよ(参考:https://news.yahoo.co.jp/articles/f7306b088c714009f925b27e4624331f0e7cf9c4(記事内を「コックピット」で検索すると話が早い)) 如何考えても超危険人物じゃないか


この人らがどういう理由で飛行機を利用しようとしたのかは知らないけど、もし仕事で移動しなきゃいけないとかだったらクビものの事案だよね


そら安全第一の航空会社で「会社側の言うこと聞きません」なんて客は乗せられんわな


チケットの予約時に念書に署名貰う様にして不要のトラブルを回避するなど対策しないとどんどん増えるぞ。


航空機と乗員乗客の安全を守るという義務が機長にはあって権利もあるからな。ああいうのを追い出すのは問題は無いな。


ああいう事やる奴は一種のテロリストだろう。…あー、お前ら、いつもは「テロリスト」とか言ってネットで大騒ぎするくせにな?…あいつら友達とかか?w


「マスク拒否」で降機ではなく、「マスク拒否でトラブルを起こした」から降機なんだよなぁ


spin>>そもそもチケット購入の時点で念書に署名はしてるんやで。


「個人の人権ガー」的な記事かと思ったらまともな記事だった




この記事へのコメント

人気記事