「病院に行けた」「毎日家族とご飯が食べられる」在宅勤務についてのアンケート結果に共感の声


 在宅勤務についてのアンケート結果がネット上で話題となっている。

 これは「うにさん」という方の投稿で、「勤め先で在宅勤務してどうだったかのアンケートを取ったんだけど『毎日家族と一緒にご飯が食べられて幸せだった』とか『子育てに参加できて嬉しかった』とか『平日なのに仕事に穴空けずに病院行けた』とかみんなそういう回答で、我々は今まで色んなもの犠牲にして出社してたんだなって思った。」と投稿していた。

▶映像:在宅勤務どうだった?に共感の声続々

 この投稿が瞬く間に反響を呼び、「職場のうるさい私語が聞こえなくて仕事がはかどります」「在宅でいける業種の人はずっと在宅でもいいくらいですね」「これを機に在宅勤務が認められる世の中になってほしいですね」などの共感の声が寄せられ、10万以上の「いいね」がついた。

 これは在宅勤務にしての反応を社員約50人から募ったアンケート結果で、それ以外でも「今まで通勤に使っていたエネルギーを仕事にすべて使うことができたので作業効率が上がった」「トイレが空いてない、話し声がうるさい、誰かの臭いが気になるなど環境的なストレスがなくて仕事に集中できた」などの声も寄せられたという。
 

 投稿者は「当たり前にできているべき事だと思うんですけど、それができた事に感動してしまうほど、仕事に囚われていたのだなと今更ながら気が付き衝撃を受けました」とコメント、そして「勤務時間や残業など当たり前とされてきた働き方について今一度見直してほしいと願っているのではと思います」と感想を語った。
 
「病院に行けた」「毎日家族とご飯が食べられる」在宅勤務についてのアンケート結果に共感の声


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

職種によっては事実上の24時間待機になるんだよなあ


それは事実上「在宅勤務ができる」内に入らない業種という事なのでは……?ただ業務時間を区切ってないだけなら*というだけだが。


独り暮らしだと夏場の電気代が跳ね上がるのがな。それと訪問販売員なんかが来て仕事を中断されるのは会社の話し声なんかよりも煩わしく感じる。


>cresc. 知り合いのSEが、在宅勤務中に出世したら夜中の2時に電話で叩き起こされてそこから12時間勤務するのがデフォになったって愚痴ってた


まあそりゃ在宅ワーク出来ない仕事が一番*だが、かといってそれを解消するすべがないしなあ、それこそ物質を転送できるようになればいいんだろうが、医療や介護はそうもいかないし(介護は少しオンラインシステム化し始めてるが)


亭主元気で留守がいいってぇ言葉がありまして・・・


結局は会社の上層部の姿勢次第なんよね、仕事の効率よりも「会社に来ることそのもの」を美徳としている古い脳味噌の人はまだまだ多い。あと、「調べている時間」「考えている時間」みたいな、形に残らない労働時間を正しく評価されるかどうか。知り合いのプログラマーは処理を短くまとめたら、書いたコードの行数が少ないからとサボっていた扱いを受けたと愚痴っていたよ。


書類だけの仕事なら電子化すれば幾らでも在宅対応できそうなものだが、一番の壁って役所なんだよね。アイツら紙で持って来い紙でって時代錯誤の文化に狂ったように憑かれてるから


そもそもその仕事必要なの?


正社員は在宅勤務、派遣や契約に仕事場で仕事を任せているんだろうな。所詮、奴隷を作って豊かな生活しか出来ない屑連中の集まりだ。だから、犠牲者がでましたとか?感染拡大して医療現場が崩壊、武漢みたいに一家全員*でいましたという結果になったとしても同情出来ない。結論は、派遣とか?契約の人とか?地方へ行った方が良い。こんな*以下の連中の奴隷になる必要は断じてない。


干してやればいいんだよ。首吊るまでな。




この記事へのコメント

人気記事