「『毒メシ』をやめて成績アップ!」レタスクラブ記事が物議 説明なく削除→謝罪「唐揚げを否定するようなコンテンツを...」


生活情報サイト「レタスクラブニュース」が2020年9月17日に配信した記事「『毒メシ』をやめて成績アップ子どもが天才になる食事」が突如、削除された。

子どもの学力向上を妨げる原因に「毒メシ」を挙げ、食生活改善の必要性を訴える内容だが、SNS上では懐疑的な声が広がっていた。

「腸や脳に炎症を引き起こす」

記事は、マンガ形式で展開する。見出しに(1)との通し番号があり、連載の初回とみられる。

主な内容はこうだ。学習塾で指導する講師が、瞑想中などに落ち着きのない生徒を見つける。授業後の休憩中、この生徒が唐揚げ弁当を食べており、「今日も唐揚げ弁当か」と声をかけると、「唐揚げ大好きなんだもん!」と返事があった。

講師が「もしかしたら食べるものと子どもたちの学力には何か関係があるかもしれない」と考えていると、見知らぬ男性がいきなり現れ、「そうなんだよ兄さん!現代の子どもたちの食べているものの多くが『毒メシ』なんだ!」と同意した。

マンガによれば、学力向上を妨げる要因の一つは「毒メシ」だといい、勉強の前に「健康的な頭脳を取り戻すことが必要」だと断言する。

「毒メシ」がどのような食品を指すのかは明らかにしていないが、「腸や脳に炎症を引き起こす」「血糖値のコントロール機能を破壊する」「体から栄養を奪い取り、毒を与える」と特徴を説明している。

その後、母親が子どものために弁当を作る描写が挟まれる。2か月後、落ち着きのなかった生徒の集中力は高まり、テスト100点を取った――。とのストーリーだ。

「精神疾患やアレルギー、アトピーなどの症状を引き起こす原因に」

記事は、KADOKAWAの新刊を基にして書かれている。

記事には「話題の書籍『子どもが天才になる食事』から、子どもの能力をぐんぐん伸ばす食事改善のメソッドを公開します」との記述があり、この書籍は9月17日に刊行された『子どもが天才になる食事 2週間で脳が生まれ変わり成績アップ!』を指す。レタスクラブニュースKADOKAWAが運営しており、記事は同書の宣伝が目的とみられる。

本の著者は、中学受験専門塾を経営する菊池洋匡氏と、鍼灸院を経営する菊池則公氏。高濃度ビタミンC点滴療法学会理事などを務める医師の宮澤賢史氏が監修した。

プレスリリースによれば、本では子どもの能力を奪う食事を「毒メシ」、能力を開花させる食事を「受かるメシ」と名付け、前者の例として

・牛乳やヨーグルトなど多くの「乳製品」を含むもの
マグロなど「水銀」を含む大型魚
・菓子パンやチョコレートなど「トランス脂肪酸」を多く含むもの

後者は、

ゴボウワカメアボカドなど食物繊維を多く含むもの
・パンと比べグルテンが少ないご飯
ニンニクブロッコリー、白菜など解毒作用効果のある「イソチオアネート」を含むもの

を示している。

毒メシの弊害として「成績が伸びないどころか、精神疾患アレルギーアトピーなどの症状を引き起こす原因にもなるそうです。また、IQを下げるだけでなく、様々な発達障害をも引き起こしてしまう事も研究結果で明らか」と説明し、反対に「受かるメシ」は、「あるお子さんは2週間もしないうちに集中力がアップ。成績もどんどんアップしていき1年後にはとうとう東京大学に受かってしまったそうです」とエピソードとともにメリットを伝えた。

レタスクラブニュースの記事内容をめぐっては、SNS上で懐疑的な見方が広がり、ツイッターで話題のキーワードランキング化する「Yahoo!リアルタイム検索」で「毒メシ」が1位(18日夕時点)となった。

そうした声を受けてか、同日に読者への説明がないまま記事は削除された。

その後18日20時すぎ、レタスクラブ公式ツイッターを更新。削除理由を「反響の大きさから、驚いて削除の対応をしてしまいました。後ほど、記事を復活いたします」と説明し、「唐揚げを否定するようなコンテンツを掲載してしまったこと、多くの方に不快な思いをさせてしまったことを深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

その上で、「改めて、栄養の観点から『唐揚げ』について専門家に取材し、記事をアップすることでメディアとしての見解をお伝えしたいと思います」と検証記事を配信する意向を伝えた。

J-CASTニュース編集部 谷本陵)

削除された記事


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

こいつらが毒じゃん・・・


こんな胡散臭いのを信じるのは意識高い系の*親しか居ねーよ。


唐揚げ弁当を『毒メシ』呼ばわりは流石に無いわ。


メシよりこいつ等のほうが毒だから...


60fpsのゲームで1フレ技を1秒に60回決めるにはカフェインではもはや足りない。とかそういう話だと思ったら全然違った


偏ってるだけだ。副菜で補えばいい


専門家に取材? いやいや、なんにせよ誇大広告だろ


まぁ唐揚げが身体にいいか?と問われれば悪い方に分類したくはなるがな


トランス脂肪酸も植物油も脳の血管が詰まるしすい臓がやられるし、揚げ物は食べないにこしたことはない。


近頃の親はフードファディズムも知らんのか


ヤクザが売ってバカが読む


>反響の大きさに驚いて記事を削除してしまいましたこれが令和のQBKですか?


またこの手の宗教か


どんな食い物でも材料と手法を吟味して毒を無くして美味しく食べる、モノを見た時の一声は「で、味は?」が日本人。フグの白子すら何とかして食材に変えた民族性から考えれば、この記事は日本人の嗜好では無いな。


毒も喰らう 栄養も喰らう。両方を共に美味いと感じ血肉に変える度量こそが食には肝要だ。


ヴィーガンの攻撃性を見るに食事が知能、性格に影響を与えるかは疑問が残る


反響が大きいと驚いて思わず記事を削除しちゃう所ちょっとかわいい。


野菜食わないと、あんなんのに成っちゃうよ。っていうサンプルがいますね


こういうのを信じるような脳みそしてる奴はそれしか食べなくなってそのうち栄養失調になる


毒飯って表記が極論に走った様に見えただけで、理論自体は欧米で数年前に確立された奴だね、刑務所や学校で通常の高カロリーの飲食物からヘルシーな健康志向の食品に変えた結果、問題行動を起こす頻度が激減したり作業や勉強の効率が激増したりと良い事ばかりでしたって奴、まあ最後はその高カロリーの食品提供してる諸団体に叩き潰されて終わったんだけどねw


詐欺広告CMみたいに話を盛らないと読まれない(目に付かない)時代の産物ですね。


食べ物で気を使うべき点は、健康維持と本人のモチベーションに繋がるかどうか。奇をてらった方法で他人との差を付けようなんてのは、地道な努力からの逃げだぞ?


「身体から栄養を奪い取る」食材って、そんなんがあるんならダイエット業界が放っておかないんだがなw


毒じゃないものを毒扱いすんな。砂糖中毒とか失笑もんですわ。いいか。ただ単に「過ぎたるは猶及ばざるが如し」なだけだ。これだけ覚えとけ。


こんな本を書く時点で「毒メシ」を食べてないのに頭悪いじゃん。それとも「毒メシ」食べてないから頭悪いの?


最近読んだ、マクロビ料理本を思い出したわ(表紙の「マクロビ」を見落としてた)。食材の陰陽とか、放射能ガーとか、汚染されていない土で作った土鍋云々とか、色々と香ばしい事柄が書き連ねてあった。書いた本人はともかく、良く出版する気になったなと


唐揚弁当食す


ゼロカロリー理論はかわいいもんだな


病気、受験、資格等の本が誇張煽り入れてるのは今に始まった事じゃない。だが唐揚げ教を敵にしたのは失敗だったな。


そもそも最初に学習塾で瞑想って…小学生の時に進学塾の一番上のクラスにいたが当然そんなことやってなかったぞ…宗教臭さが漂ってますねぇ…


人が日常的に食べてるモノを毒メシとか…勉強は出来るタイプの*かな? せめて「非促進」的な言い回しくらいしてよ。


なんで自分たちが勧めたい食事を宣伝するために他の料理を卑下する必要があるんですか?


勇次郎先生を見習えそれはさておき、判断基準がじっとしてられるかどうかなのがムカつくな努力で東大には行けるかもしれんが天才にはなれないぞ


嘘でも詐欺でも誹謗中傷でも出版社は無敵だからな、最近だとちょっと評判を落とす程度のダメージがあるか。


発達障害を「引き起こす」・・・?あれは先天性のものでは?まあ向精神薬には食欲にすげえ影響するものもあるし食いすぎる奴は多い気がするけどさ。原因と結果が逆転してないか?それと受かるメシの例に上がってるニンニクな、人間の許容量が多いだけでほとんどの生物にとっては毒やぞ。そんなこと言いだしたら何を食おうが量が過剰なら毒だけどね


毒メシ食ってればこういう思考にならないなら毒メシでええわ


毒飯食ってもそれなりに豊な人生送ってる私は勝ち組か


マスコミやメディアの凋落の典型的パターン。取材も調査もせず裏づけ無しで思いつきで記事を書く。取材しないなら記者じゃなく詩人だ。


乳製品まで敵視してる辺り、以前クル病で子供*かけた毒親ビーガンと同じニオイがしますね…


そんなに毒飯食わせない!って言うならお前が育ってきた環境で一切の毒飯排除されてたんかと問い詰めたい。第一そんな事に気を回す暇があるならもっと正確な科学に基づいた知識を手に入れる手間をかけてどうぞ。


砂糖中毒に関しては、糖尿患者の生活管理に携わると「こいつ行動がヤク中と一緒だわ」って考え変わると思う。


一年後には東大に受かったって事は既に学力あっただろ


毒も食えないような奴が強くなれる分けねーじゃんw


本当の毒を食ってから掲載してくれ


小学校は給食に牛乳を出すことで児童の能力を抑えていた…?


水だろうと野菜だろうと過剰に摂取すれば毒となる。カフェインやモルヒネなど少量の毒を薬として利用する事も出来る。何事もバランスが大事だということだ。そしてそれは思想にも同じことが言える。特定の食物を単純に毒と見なす片寄った考え、それそのものが毒である。


思い込みって大事なんだねー


こんな内容の記事読んで真に受けるようなら、食事や栄養バランス以前に根本的に頭悪いだろうから、食事云々に悩む前に「脳を活性化させる石」や「脳を目覚めさせる水」とか買わないように気をつけるべきだな。


乳製品は睡眠の質を高めることで子供の成長、日中の意欲向上などの効果が期待出来る。チョコレートはブドウ糖とカカオポリフェノールが脳の活性化に作用する。




この記事へのコメント

人気記事