「医者」と聞くと男性を想像してしまう…自覚できない“無意識”はなぜ現れるのか


 医者、教授、アナウンサー、俳優、バンド

 こうした言葉を聞いて、皆さんはどんな人々を想像しますか?もしくは、結婚、カップルと聞いたときはどんな人々を想像するでしょうか?

 特に意識していなかったとしても、医者と聞いて女性のお医者さんを想像すること、カップルと聞いて同性のカップルを想像することは少ないのではないかと思います。

 なぜならこの社会でまだまだ「医者(教授、アナウンサーなどなど)は男性の職業」、「愛し合うのは異性のカップル」と言う想定がスタンダードだから。私たちが日頃何気なく使う言葉にも、様々な社会の構造が現れてきます。

 今回は、そんな言葉のなかに現れる社会の構造とその影響について漫画にしてみました。

【漫画で見る】言葉に現れる、私たちの無意識の偏見

 少年という文字の表面からは、特段ジェンダーに関する情報は読み取れないような気がします。しかし、少年という言葉で通常表されるのは「男の子」。その反対に「女の子」を表す言葉としては少女という言葉が用いられます。

 少年と少女。この文章を書いている筆者の私は小さい頃に感じた、この2つの言葉への違和感を今もよく思い返します。

「なぜ、ニュートラルな表現で男の子が表されるのに対して、女の子は特別に“女”という情報を付け加えなければいけないのだろうか?」

 このときからすでに、「社会では女性は男性の副次的な存在なのではないか」と薄々感じ取っていたのです。

「同性カップル」という言葉にも似た構造が

 その後、歴史や思想を学んでいくうちに、いかに社会全体が、そしてときには言語自体が「人間=男性」となっているか知ることになりました。だから、女性を指す場合はあえて“女性”という情報を付加しなければいけないのです。

 その他の世の中の“普通”から想定されない人々、たとえば異性愛者“ではない人”などの場合も同様です。わざわざ同性カップルであることを明記しなければ、多くの場合異性のカップルを想定されてしまうのですから。

 きっと、こうした言葉の端々にモヤモヤを経験してきた人は私の他にも多くいることと思います。

 けれど、こうしたモヤモヤを発信すると時折「そんな細かいことを気にしているの?」と言われてしまうこともあります。たしかに、こうした言葉を使っている人の多くはそこに悪意など込めておらず、ただ使っているだけ。当事者でも気にならない人はいるでしょう。

 しかし私はこうした言葉に現れる非対称性は、決して小さいこと、重箱のすみを突くようなことではないと考えています。なぜなら、それは漫画の中にもありますが、この言葉の非対称性はそのまま社会の非対称性を表しているから。そして、たとえ無意識であっても私たちは言葉によって多く影響されているからです。

 普段何気なく使っている言葉だからこそ、社会の非対称な構造や、私たち自身のもつ偏見を考え直すきっかけになるのだと思います。

(漫画:keika、編集後記:伊藤まり

 パレットークでは、「こうあるべき」を、超えてゆく。をテーマに、LGBTQ+、フェミニズム、多様性について、漫画やインタビューを通して発信している。

パレットーク / 多様性を考えるメディア

©パレットーク


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

じゃあ自分で新しい言葉を作って普及に努めればいい。何ら差別的な意図もなく、世間でも問題にされていない現状の言葉に対してああだこうだと文句をつけるのは、ただの言葉狩りでしかない。


女医が当たり前にいる日本で、今時医者と聞いて男性を思い浮かべて無意識に差別するのは、呼吸するように差別する文春位じゃないか?


お前の差別心を一般化しないでいただけますか?


俺は真っ先に女医さん思い浮かべるけど。


織田信長は女性


▲ マスコミや野党の言う多様性は、結局は「在日コリアンの特権」にすべて結び付いてる。だから、しばき隊&シールズは渋谷LGBTパレードに必ず参加してる。渋谷区の区長「長谷部健」は博報堂社員


「多様性工作」は、「日本人らしさ」「男らしさ」を潰す為の工作。 在日、公明党、日弁連、が主にやってる。


「個」の押し付けに注意しよう。こいつらは日本の子供達から、「ナショナリズム」「愛国心」を妨害したくて工作してるに過ぎない。 国内貢献より「国際貢献!」、企業に貢献するより「ボランティア!」。個を強調し、集団を否定するのは、社会の破壊が目的であり、「多様性」、つまり結局は【在日利権】に結び付けるのが目的。だからLGBTパレードにシバキ隊やシールズが参加してる


女子児童から「赤いランドセル」を奪い去ったり、絵の具から「肌色」を排除したのもこいつらだ。 聖徳太子を「厩戸王」に変えさせたり、「いい国作ろう」が気に入らないので、1192年を変更させた


だったら文句つけるより、女性が色んな業界で活躍できる手助けをしてそれを長く続けていくしかない。この記事の理論だと「正義といえば私」といえば明日からそれがスタンダート、そうじゃないのは社会が歪んで無自覚な差別主義者が大勢いるせいらしい。


でしたら、あなたは携帯といわれて携帯電話だと訂正していますか?結局自分の意見にそれらしい理由を適当につけているようにしか見えませんよ


近代化するまでは男性の医者しかいなかったからだろそんなこともわからんのかこの編集者は。逆に医者=女性を想像すると*だとか差別だと騒ぐくせに


14歳からの読解力で読んだ内容だな


自分がそう思うから周りもそうなんだろうという思考は子供のうちに卒業しとけよ。


メイドとか*嬢とか、女性が前提の職ならまだしも、大概の職業は自分と同じ性別をイメージして想像しないか?


めんどくさい人だな、そんなに差別をこじつけるから、何でもかんでも差別に見えるんだろ。


だったら女が女社会を作ればいいんじゃないの?男が男の都合のいい様に作ってきた男社会をそこまで蔑んでる癖に何でそこまで男社会の中で女を認めさせたいの?精神が完全にリスカ*だね


似非フェミ=女性優遇主義者は同性にも毛虫のように嫌われてても気が付かないほどのアホじゃないとなれないって事が記事を読むとよく分かるな


"バニー"と聞いて男性を想像しないのも差別ですね!そのうちゲームなどによく出る"くノ一"もアウトだと言い出すのかな?


医者、教師は男性で、看護師、保育士は女性ってあるある。つまり男が稼いでて当たり前な社会だと根っこで思ってるってこと。女性にとって自分より収入の少ない男性は永遠に結婚対象外。


"痴漢"(という単語)「やぁ!」(犯罪と性別を結び付けているのだから、"看護婦"や"スチュワーデス"よりよっぽど問題と思うけど、いまだに使われていますね。例えば、"変質者"という言い方もできますよね?)


砂糖は甘い、塩はしょっぱい、経験からの多数で括り一々例外を意識しない合理的な処理


他人の頭の中まで自分好みに作り変えたいって奴が、こうあるべきを超えていくとか自己矛盾してるだろw先ず貴方が他人に対し、こうあるべきってのを捨ててどうぞw


女医想像してフル*の奴もいるかもしれないだろ


実際問題人数の比率が男性の方が多い職業なんて普通だしそれが自然と浮かぶのも悪いことじゃない。そうなっているのには何かしらの理由がある、女性に理系志望者が少ないとかそもそも生物学的には異性愛が正常で同性愛は異常性癖。何が不満なんだ?


男性か女性かは関係ない。性別ではなく一人の人間として考えたいって事でしょ?なら別にどっちかの性別に偏ってても気にしなくていいって事にならない?


同数に近いくらいいるなら両方思い浮かべるけど、数に格差があれば多数の方を思い浮かべるのは当たり前だと思うけど。玉子焼きと聞いて、材料にアヒルやウズラやダチョウの卵を思い浮かべる人なんてそんなにいないでしょ?


だったら愛し合うという言葉で*を思い浮かべないのは差別かよアホ


メイドと聞いて男を想像するか?俺はしなくもない


女医ってAVでしか見たことない


「愛し合うのは異性のカップル」と言う想定がスタンダードなのは、イメージとして間違ってはいないだろ。 たとえば自動車と聞いて一番ポピュラーな普通乗用車を想像するようなものであって、医学部卒業者の男女比が6:4で半々に近付きつつある医師と一緒にするなよ。


‘少年'という日本語を使ってきた日本社会の歴史をちょっとでも考えれば、なぜそこにジェンダーがあるのかなんて理解できるだろうに。言葉の歴史を考察もしないで物書きやってんのか、ちょろい商売だな。


田島陽子「女には老女という言葉があるのに男にはない差別だ!」大竹まこと「昔から爺、婆って言葉あるじゃねぇか。お前の無知を差別にすんな。」


じゃあ男医って言って? え?医者? 男性女性どっち?って一々訊かせないで。


職業を聞いて、仕事内容より性別を思い浮かべるなんてなかなかの*さんですね。


いつもの「パレットーク」の拗らせ記事だった・・・


大学で習う範囲なんだが、「少年」ていう言葉は場合によっては乳児~幅広く含む。祭のせいもあるが、日本は「少年」という括りで男女・子供問わず*するっつー未分化慣習にGHQが性別教育でテコ入れした。言葉で分化したいなら、定義化しろ。そしたら言葉が増えた分、差別も増える。自称リベラルは、いたずらに差別を増やしてるだけ


定年があるか知らんけどそれまで医師続けられるなら医者って呼んでやるよ


絶対数が少ないのと文化的・社会的な無意識な刷り込みも有りますけど(日本では男女での色分けがされている等(例:公衆トイレのマーク)) 元々は共有の物でも印象や『この記事の様な*が多発した事によって』新しく変な言葉が作られたケースも多いですよね(例:少年/少女 俳優/女優 医者/女医 学生/女学生等々)更に作られていない言葉も多数あるよね 青年→? 成年→?等


常日頃差別を考えてるからこういう思考に陥るんだろうな


過去に医者にかかった時に男性の医者に診てもらうことが多かった経験から想像しているだけじゃないの?想像すること自体が差別とか・・・憲法にある精神の自由とは何だったのか。差別に拘りすぎて過敏に反応しすぎなんだよ。本当に差別のない世の中にしたいなら、異なる考えに対してまず自分がおおらかな気持ちで認めないと相手が認めてくれない。記事はむしろ差別を助長している


そういうのは『保育士』と聞いて女性を連想しないヤツだけが言ってくれないかな?


人間、って言葉で男性だけを想像するなんてこと、やっぱ無いわ


現在も新型コロナウイルスと聞いて中国を想像しないように、世界中でプロパガンダが展開されていますが、どう思いますか?


でも保健室の先生は女だろ?


確かにフェミって聞いたら鬼のような形相してるババアを想像するしな


なんでもかんでも差別に見える人は生きるのが大変そうですね。差別してるのは自分だと気づかないのにね。


医者と聞いたら黒ストッキング履いた色っぽい美人女医を想像しますがなにか。サベツガーと言ってるお前が差別してんじゃねえかよ


少年法っていうのも差別だからって少女法でも作るの?


女性が社会進出してだいぶたってるから、頭に「女」ってつけるなんて、マスコミやらが話題性の為とかでつけるのと、AVくらいしかないんじゃないか?まだそんなこと引きずってるのかぁ。自分で自分を卑下する必要はないはずなんだが・・・


皮膚科の女医さん「痛いですよ」と言いながら液体窒素押し当ててくるドSさんだったな。まあ、いなくはない。


で、そのお前が言う偏見とやらを是正して何になるんだ?というのが肝要だと思うんですけど。


*性癖も差別しないなら話を聞いてやるよ


「名医」と言われたら男性を思い浮かべる人は多いかもしれないが「医者」で男性を思い浮かべるのが多いのはかかりつけの医者が男性が多いから?かかりつけが女医なら女性を思い浮かべてそう。


男か女か気にしているから男性医師が多いと文句垂れるんでしょ。どっちだっていいじゃん笑


「平等」「ニュートラル」を謳う人に限って、片方の差別のみを取り上げ、もう片方の差別は無視するか感情論で否定する




この記事へのコメント

人気記事