閉店相次ぐ全国のカラオケ店… カラオケ機器売却相談が続々と


代替テキスト

今、カラオケ業界全体が窮地に立たされている。

全国に約6000店舗あるカラオケボックスのうち、閉店したとみられる店が500店を超えたと、日本カラオケボックス協会連合会の発表により明らかとなった。

緊急事態宣言が発令された、4月から5月にかけては、ほぼすべてのカラオケ店が営業の全面自粛を強いられ、9月に入っても15日まで飲食店の営業時間短縮の要請が出された。

以前のような営業ができない上に、歌唱時は飛沫感染のリスクが高まるとされたことで、客足は依然として減ったままだ。カラオケ機器リース業者はこう話す。

「大手ではない小さな規模の店からカラオケ機器を売却したいという相談がよくきます。ただ、緊急事態宣言の前後の時期は、今後どうなるかわからない、先行きが不透明ということもあって、買い取りを停止していました。今では再開していますが、こちらとしても格安の値段を提示せざるを得なくて、交渉成立になりづらい状況ですね」(リース業者)

どうせ店を畳むのであれば、機器を売ってお金に変えたい。ところが、コロナ禍の完全な収束時期が読めない状況では、そんな希望もままならない状況にある。

客足を以前と同じように戻し、起死回生を図るべく、カラオケ店では、どのような施策が取られているのだろうか。

カラオケスナックのような業態なら、付随するサービスでいくらでも工夫できます。ただ、カラオケボックスとなると、どうしていいか分からない、どこも立ち往生のような状況です。一応、感染予防策として、客の入れ替え時にマイクグリルボール(網の部分)を付け替えたり、マスクを着用したまま歌うことを推奨したりしています」(前出・リース業者)



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ヒトカラ専門店にしてみては


まぁ、この状態でどうやって景気回復なんかが出来るのかだよな。


タイトーX-55の復活か?!(なお騒音対策)


コロナ禍じゃ行きづらいのは確か。


いくらワクチン開発しようが終息には治療薬が必要だししばらくは無理だろうな。ワクチンは一定期間発症を抑えるだけで感染者の治療はできないんだし。


今のカラオケ店はジジィ・ババぁの入りびたり場になったからね。朝から夜まで集まって歌っている何て。年金生活者でないと無理。よく今まで営業できていたよ。駅前の居酒屋と一緒の状態。


今はカラオケなんぞ、1人ならPCやゲーム機で出来るしな。騒音被害が出ない家庭環境に限るけど。


かつてビックエコーの経営が傾いた時は「会議室として使えるよ」で、元々客が少ない平日の昼に客を呼び込むことに成功したが、今のコロナ禍ではな。


ヒトカラ専門にしても単価低くて回らないだろうし難しいよなあ…


カラオケルームは定期的な換気もしずらいでしょうし


防音と閉所、組み合わせがわるいなあ。


カプセルホテルの豪華版みたいな営業すればいいんじゃないでしょうかね><


もともと過剰で飽和していたのでは?


カラオケ店には悪いけど、無理矢理にでも一緒にカラオケ行こうぜ!ってゴリ押ししてくる奴がいなくなったから正直今の環境に感謝してる


大型テレビと安いAVシステムで、シアタールームにすればいい。ソフトは客が持ち込みで。


まねきねこ「カラオケ店です。全国に新店舗拡大中です。まねきねこです。よろしくおねがいします。」って感じでよく見るようになったぞ。


「3密」の要件全部満たしちゃってるから仕方ないね、防音が大事だから換気なんて無理だし 北海道のカラオケ店でジジババのクラスター大量発生したのは痛かったな


機械が肝なのにそれを売っちゃうとか余程追い詰められてるんだろうな。コロナ発覚時点で閉店して機器だけ退避させてその他を全て手放すとは行かなかったのだろうか


飲み会の二次会でインフルエンザから治ったばかりの課長にくっついてカラオケにいった連中がみんな感染して阿鼻叫喚になったのを思い出したwww あ、きっぱり拒否しましたよwwwww


コロナがまだ船で、待機中の誰も深刻に考えていないときに、突然閉店したカラオケ屋あったな。同じ面子で、すぐ別の店始めてたから、破産とかじゃないみたいだし、タイミングか早々に判断したのかわからないけど、今みたら素晴らしい英断だったと、地元じゃちょっと有名。




この記事へのコメント

人気記事