「教師の能力が劣るわけではない」と語る全身タトゥーの小学校教師に物議(仏)<動画あり>


【この記事の動画を見る】

もし幼稚園小学校に臨時でやってきた教師が全身にタトゥーを入れていたら、子供たちはどんな反応をするだろうか。日本であればタトゥーが発覚した時点で採用はされないだろうが、フランスに住む35歳の男性教師は「怖がるのは一瞬だけ。タトゥーをしていても教師の能力が劣るわけではない」と持論を展開し物議を醸している。見えないところだけならまだしも、彼のタトゥーは眼球にまで及んでいるのだ。『Oddity Central』『The Sun』などが伝えている。

仏パリ出身のシルヴァン・エレーヌさん(Sylvain Helaine、35)が初めてタトゥーに挑戦したのは、英ロンドンに住んでいた27歳の時だった。それからというものシルヴァンさんはすっかりタトゥーに魅せられ、今では頭頂部からつま先、手のひら、口の中、舌、男性器に至るまで全身にタトゥーを施している。また「失明の恐れがあるから」と躊躇していた眼球にも最近、黒のタトゥーを入れ、シルヴァンさんには白目がない。

Euronews』によると、シルヴァンさんはこれまでの8年間でタトゥーに約740万円(6万ユーロ)を費やしたそうで、彼は「身体がインクで100%埋めつくされるまで、タトゥーを止めることはない。健康への影響がない限りはね。情熱を注げるものにはどれだけお金をかけても惜しいとは思わないし、タトゥーが増えるほど自分が幸せになるのを感じるんだ。他の人が私をどう見るとか、そんなことは気にしなくなったね。タトゥーはアートだよ。常に進化しているんだ」と言い切る。

そんなシルヴァンさんは12年前、武道のコーチを辞めて教師になった。現在はモデルコメディアンとして活躍する傍ら仏エソンヌ県の臨時教員をしており、時には全く面識のない児童や親がいる学校で教鞭をとる。

ルヴァンさんは「初めてのクラスでは、外見だけを見て私を怖がる親や子供がいるけど、それは自然なことだと思う。でもきちんと挨拶をして『しっかりとした知識を持った教師』とわかると、『普通の人間と何ら変わりがない』と思ってくれるんだよ。子供たちに必要なのは2~3分かな。すぐに打ち解けられるんだ。時々校庭で遊んでいる私を見て、苦情を言ってくる人がいるけど、1000人に1人くらいだね。私のクラスで文句を言う親はいないよ」と明かし、こう続けた。

タトゥーをしているからって、教師としての能力が劣るってことはないと思う。私はいつも全力で仕事をしているし、教師の仕事は大好きなんだ。それに子供たちは私を見て“寛容であること”や、“他人をリスペクトすること”を学んでくれると思っているよ。」

そんなシルヴァンさんの言葉を裏付けるように、教え子の1人はこう語っている。

「正直なところ、初めてタトゥーが入った眼球を見た時は怖かったわ。でも私の両親に『怖がる必要はない』って言われたの。今はどちらかというと、私の大好きな先生の1人よ!」

おフランスでは、公立学校の校内などで宗教的な標章や服装を禁じているが、タトゥー自体は禁止されていない。しかしながらルヴァンさんのタトゥーはここ数週間、マスコミを巻き込んで盛んに議論が行われており、特に低年齢の親から「教師として相応しくない」との声が多数あがったようだ。その結果、シルヴァンさんは幼稚園児の指導が禁止され、6歳から11歳までの子供たちのみを教えることになったという。

画像は『The Sun 2020年9月23日付「ART CLASS Tattoo addict primary school teacher Freaky Hoody with blackened EYEBALLS terrifies kids with all-over body art」(Credit: Social media)』『Sylvain 2020年9月26日Instagram「Man cave」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

教師始めてからタトゥー入れたんだ。能力は劣ってなくとも脳力が劣ってたか。


怖がるのは一瞬だけとか言ってるけど、どう見ても一瞬ではないし、生徒を教師が怖がらせる時点で論外なのが解らないとか、能力すら劣っているんですけど。


そもそもスタートラインにすら立てないはずだろ本来なら


全身にタトゥー入れなきゃ、より評価されてるだろうに…。そういう意味では能力が劣っているとも言う。


個々の能力は知らんが、統計的には劣ってると思うよ


能力の問題じゃないってわからない奴に子供を教育してほしくないだろ。


欲望を抑えられなかったんだから、人格が劣ってるだろ。少なくても教師としては非適格。


教師には能力よりも人間性の方が求められると思う、淫行の前科がある教師に自分の子供を任せられないのと同じ事 社会的倫理や価値観よりも自分の価値観を重視する人間に教師は向いてない


まず教え子が善悪の区別などがまだ完全に理解できる年齢じゃないからね。憧れてマネする子供が出てからじゃ遅いと思うんだが…


教師なのに入れ墨入れたらどういう反応が返ってくるかも想像できないっていうのが能力の欠如でなくて何だというのか?


「怖がるのは一瞬だけ」とか言って、じゃあこの教師に感化されて児童が真似してタトゥー入れたりしたら責任取れるのかって話だと思うんだが。


この(周囲の嫌悪感と言う意味の)結果を見ると「やっぱり刺青は嫌われる要因じゃないか」としか思えないですよね 刺青擁護派の人がどう言った考えなのか気に成りますね


優れた教師が全裸で教壇立とうとしても「あの人は立派な教師だから」って庇うの? って話。能力云々以外に問題が出るんだよ分かれよ


仮にだが「服を着ることと教師としての能力は関係ない」とか言って全裸で授業しようとしたら止めるだろって書こうとしたら既に似たようなことが書かれてた。


講師としてはそうかもね。でも教育者としてはどう?「教える」と「育てる」・・・このような教育者に子供たちを育てさせたくないな。




この記事へのコメント

人気記事