部下を指導しただけなのにパワハラ告発され厳重注意に…、むしろ逆パワハラなのでは?


働く堅実女子のためのビジネスで役立つマナー、今週は坂本あみさん(仮名・広告会社勤務・36歳)からの質問です。

「仕事量が多いと文句を言ったり、疲れたと言ってダラダラと作業をするだけでなく、注意をするとふてくされて態度がさらに悪くなる部下がいます。

こちらも忙しいときには目に余ると思いながら放っておいているのですが、さすがにちょっと許せない部分があって、本人を呼び出し、話をしました。そしたら、その会話を彼女は録音していて、パワハラだとして人事部に渡したのです。結果、私は厳重注意をうけることになりました。

多少感情的になっていたかもしれませんが、内容としては“勤務時間内は給与をもらっている社員としてきちんと仕事をしなさい ”ということで、会社に不利益をもたらす内容ではなく、むしろ貢献しているといっていいと思います。なのに、 私が悪いみたいに扱われて不快です。こんな理解のない会社、辞めてやろうかとすら思ってしまいました。どうしたらいいのでしょうか」

立場に差がある人間関係は、どんどん難しくなっていっている感があります。職場で指導する身になっていく30代の働く女性にとって、部下から、そして会社からパワハラ容疑をかけられるというのは不本意であるとともに、他人事ではないでしょう。このようなとき、どうすればいいのか、鈴木真理子さんに聞いてみましょう。

些細なこともパワハラの俎上にのせられる社会に

これまで、労働者の権利が曖昧で、ひどい扱いを受けながら働くということが日常化しているしている場が多くあったことは事実です。それによって心の病気になったり、働きすぎて命を落とすという悲しいことも少なくありませんでした。パワハラの公的な定義が生まれ、認識が高まったことで、多少なりとも労働者の環境が向上したというメリットは大きいはずです。

ただ一方で、相談者さんのように上の立場となった人たちから、「ダメな部下をただ注意しただけなのにひどい」「会社の利益向上のために貢献しているのに」「上に立つ人間はおとなしくしてなくちゃいけないの?」といった不満や戸惑いが噴出しているという状況も否めません。「弱いものにやさしく」という社会の正しさが、「強いものを糾弾する」という流れを生んでいるということはあるでしょう。

理不尽だとしても、いったんは受け止めるのが正解

パワハラの定義は、厚生労働省のサイトの「 職場におけるハラスメントの防止のために(セクシュアルハラスメント/妊娠・出産・育児休業等に関するハラスメント/パワーハラスメント) 」に明記されています。また、 令和元年6月5日に「女性の職業生活における活躍の推進等に関する法律等」の労働施策総合推進法、男女雇用機会均等法及び育児・介護休業法が改正されました。それにより、
職場におけるパワハラ防止のために対策することは、事業主の義務とされています。つまり法律に則っているわけです。

職場におけるパワハラの3要素は、「優越的な関係を背景とした言動」「業務上の必要かつ範囲を超えた言動」「労働者の就業環境が害される」です。相談者さんご本人が「多少感情的になった」と話されていることから、自覚があると考えると、会社が「優越的な関係を背景とした言動」と「業務上の必要かつ範囲を超えた言動」と判断して 「労働者の就業環境が害される」 という範疇だと認めざるを得なかったであろうと思います。

それでも厳重注意だけ、配置転換や降格なしという処分となったのは、穏便に済ませてくれたというだけでなく、相談者さんの立場も理解しているうえでだと思いますよ。それだけ、優秀なのだと思います。「こんな会社なんて」などと思わずに、今回の反省を今後の部下育成にどうぞ役立ててください。

また、告発した部下とギクシャクしないよう、冷静で平等な態度をとるよう心掛けてみてください。ムカつくところもあると思いますから、ストレスが溜まってしまうかもしれません。でもここは、あなたの将来のキャリアのためだと思ってぜひとも乗り越えてもらいたいところです。

優秀な人ほど、ダメな部下の態度が目に余るものかもしれません。

プロフィール

女子マナーの賢人 鈴木真理子

三井海上(現・三井住友海上)退職後、“伝える”“話す”“書く”能力を磨き、ビジネスコミュニケーションインストクターとして独立。セミナー、企業研修などで3万人以上に指導を行う。著書は『ズルいほど幸せな女になる40のワザ』(宝島社)のほか、近著『仕事のミスが激減する「手帳」「メモ」「ノート」術』(明日香出版社)、『絶対にミスをしない人の仕事のワザ』は7万部を超えるヒットとなる。 

(株)ヴィタミンMサイトhttp://www.vitaminm.jp/

関連画像


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「多少感情的になっていたかもしれませんが」>本当に多少なのかな?こういうのって本人が思ってる以上に過激な物言いになってることがあると思う


ずる賢い部下…パワハラで本当に苦しむ人たちを矮小化するようなことしないで欲しい


「受けた方がパワハラと感じるか否か」がパワハラの判断基準である以上、通報されるのは仕方がない。通報された機関や組織が事実関係を正しく確認して、「客観的にもパワハラと認められるから指導者を教育する」か、「パワハラには当たらないので通報者にどう受け止めたらいいのかを教育する」かをしっかり判断することが重要、というのが理想の形かな


部下の勤務態度を録画した上で、コレを注意しませんがよろしいですね、と判断責任を丸投げするしかない


うちの会社の違う部署でもあったわ。あれやってくれ、って言ったらパワハラだーって喚いたやつ。ちなみに言った本人は真夏の暑い中汗だくになりながら外で仕事中、喚いたやつはエアコンの効いた車内でずっとのんびり寛ぎ中。


パワハラというものへの扱いが加速した時点でこうなるのは判り切っていた事では?立場が低い事が武器になるという事を学んだ奴らがそれを利用しないと思い込んでいた訳でもあるまいに、きちんと議論を突き詰めるでもなく受けの良さだけ狙ってマナーやルールを組んだ結果がこれさ。


パワハラの訴えがあった場合は、普通同じ部署の人間などにヒヤリングがされる。厳重注意でも実際に処分が下っている以上、周りから見てもパワハラだったんだろ。何も出来なくなると喚いている輩は、自身のマネジメント能力と適応能力の無さを自覚するところから始めれば?


知恵袋と同レベルだな。 自分にとって都合の良いことだけを並べて「私悪くないですよね!?」って。 こういうのはもう現場の映像と音声がないとどっちが悪いか判断出来んわ。


信用って大事だよな。


今度は「厳重注意」に対して過剰な注意扱いで不快だったとして更に上に訴えようか(報復脳)


片方の意見だけでは何とも言えんが、相手が録音しててそれを根拠にパワハラと認められているのなら、相手の方が若干説得力あるかな


お前を厳重注意にした人事部も同じこと思ってるよ。「ダメなパワハラ上司を指導しただけだ」ってな。


感情的になって注意している状況の録音を聞いた人事部がパワハラと判断しましたが、会社に理解がないだけであり私は悪くありません。いや、第三者がパワハラだって判断してるんだから認めろよ。そんなんいうなら部下の態度だってお前に理解がないだけで部下は悪くないよ。


そもそも「逆パワハラ」なんて言葉は無いだろ。「優越的な関係を背景とした言動」は上司が部下に対してだけでなく、部下が上司に対してでも当てはまる。パワハラの問題があって強く出れない上司に対して部下が増長した言動をとるのはまさにこれに該当するし、当て嵌まる限りはパワハラ以外の何物でもない。会社のコンプラ部門がちゃんとそこを理解して対応しろって話だわ。


訴えられて審査して是正勧告受けたって事はそういうことだろ?下は無能で上も無理解とか36にもなって自分に幻想抱き過ぎだろ


パワハラを面白おかしく脚色してバラエティ番組で放送してたテレビ局の責任も大きいだろうねぇ。実際新入社員を指導するという内容で注意されたら即パワハラだと騒ぎ立てるという内容のお話を番組内で流していたこともあるのだし、参考にする人達も出てくるでしょ。サブカルやネットを使う人は犯罪者予備軍と騒いでた連中が率先して謝罪会見しなきゃいけないんじゃない?


今まで上司側がパワハラしまくってたからな。今は攻守交替で部下側の攻撃の番よ。野球と一緒や


録音ごと提出した上でパワハラ判定になったなら普通にパワハラだったのでは?証言だけならともかく音声付きでってなるとな


少なくとも録音された音声を聞いて第三者がパワハラ認定してるんだからそういうことでしょ。会社のためとか言ってるけど、会社はそれを否定してるんだし。不満があるならやめればいい。本当に常識がないのは誰かわかるよ。


ハラスメントの判断を避けるため、部下に注意を与える場合は、さらに自分の上司も呼んで業務上の必要な行為として承認させ、上司立会いのもとで注意を与えましょうね。


辞めたいんならその思った理由言って辞める言えばいいんちゃいます?そこでどうなるかが会社にとってのあなたの価値でしょ


受けたほうが一方的に裁量できる刑事罰ってどう考えてもヤバいと思うんだ。差別とかセクハラとかパワハラとか。こんなんじゃ社会が回らなくなっちゃうよ。


録音なんかされてる時点で普段からの部下に対する物言いに問題があったんだろ。 何の理由もなく上司の話をたまたま録音してる奴なんざいないだろうし


根拠を示し懇切丁寧に教えてもロジハラとか言い出す今の若い人に教えることはできないよ。自分で勝手に調べてね。出来が悪かったら何度でも突っ返すけど。


パワハラ認定されるのはそう簡単なことではない。よほど酷いパワハラでもパワハラ認定されないことも多い。パワハラに認定されたなら客観的に見てもパワハラだったんだろうな。自分のやった卑劣な行い、心の底から反省しな!


普段の関係性が良好でないと、こうした注意は得てしてハラスメントになる。判定基準が本人が嫌がるかどうかだからね。この点は十分注意したほうがいい。




この記事へのコメント

人気記事