30代女性の7割が「公共のウォシュレットはNG」 コロナの流行から抵抗も


公衆トイレにも、ウォシュレットがついている場合が多い。しかし不特定多数が使うことから、利用に抵抗がある人も多いようだ。

画像をもっと見る

■「抵抗を感じる」半数も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の46.9%が「公共のウォシュレットを使うのは抵抗を感じる」と回答した。

公共のウォシュレットを使うのは抵抗を感じるグラフ

関連記事:北斗晶、サービスエリアのトイレで見た光景に驚き 「すげー時代」

■不特定多数が利用しているので

性年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が高くなっている。

公共のウォシュレットを使うのは抵抗を感じる性年代別グラフ

どんなに衛生面に配慮されていても、気持ちの問題が強いという。

不特定多数が使っているようなトイレウォシュレットは、やはり使うのに抵抗がある。メーカーも衛生面への配慮はしているはずだけれど、気持ちの問題も大きい」(30代・女性)

ウォシュレットは、家でしか使わない。公衆トイレのものは、誰が使ったかもわからないところが不安に感じてしまう。たとえ『きれいだから大丈夫』と言われても、使いたくない」(40代・女性)

■新型コロナウイルスの流行から

新型コロナウイルスの流行から、公衆トイレの利用自体が怖くなったという人も。

「これまではあまり神経質なほうではなかったけれど、新型コロナの流行から公衆トイレの利用自体が怖くなっていた。外ではできるだけ、トイレに行きたくないくらい」(30代・女性)

新型コロナの流行以降は、かなり神経質になってきている。そのために公衆トイレウォシュレットは、やはり使う気にはならない」(20代・女性)

■おしりが拭きにくいため

体の大きな人は、おしりを拭くのも一苦労なのだ。

「僕は太っているので、おしりを拭くのも一苦労。公衆トイレはとくに狭いところも多いので、とても拭きにくい。ウォシュレットがあれば、とても助かる」(40代・男性)

体が不自由な人など、ウォシュレットを必要としている人がいるのだ。

おしりの拭ける私たちには、必要ないものなのかもしれない。しかし体が悪い人などにとっては、とても重要なものだと思う」(30代・女性)

ウォシュレットを必要としている人も、たくさんいるのだろう。

・合わせて読みたい→30代女性の6割がコロナを機会に政治に関心 これまで興味がなかった人も

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年9月18日2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

30代女性の7割が「公共のウォシュレットはNG」 コロナの流行から抵抗も


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ノズルにベッタリウ○コついてるの見ちゃってから自分も抵抗感強くなっちゃったな。


まず外で大きい方をなるべくしたくないな


普通に考えれば汚らしいのを使いまわしってわかるよね?家族でも嫌がる人いるって聞いたことあるし、そもそも公共物って上品な客しかいない場所ですら何あるかわからないのに余程じゃない限り使わないだろ。


出してそのまま作動させる人もいるだろうから飛び散りがね。自分はノズル洗浄の機能を信じて使うけれど。男は公共トイレの便座に対し、別の不安の方が大きいってのもあるかも。


はぁ?てめえら何れだけ高貴な存在なんだって感じ。王侯貴族にでもなったつもりか。日本の下水処理設備をもって、TOTO始めとする企業の最新型のトイレが設置されていて、有料ではなく、無料という破格のサービス受けている分際で選り好みするのか。なら、外でするな。絶対するな。先進国でも選りすぐりの最先端設備でもそんな嫌悪感もつなら、それこそ、使うのが勿体無い。


ウォシュレットってウン汁まき散らすのでかなり汚い。会社のトイレにウォシュレットあるけど絶対使わない。




この記事へのコメント

人気記事